二輪教習 一本橋のコツまとめ!橋をわたりきる3つのステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクの一本橋

こんにちは、Gon-Kです。

じつは二輪教習の一本橋に関する問い合わせってすごく多い。「橋に乗れない」とか「橋から落ちちゃう」とか・・・・。まぁ、それだけたくさんの人が苦手としてるってことですよね。でも、Gon-Kの経験からいうと、コツさえつかめば一本橋はうまく渡れる!そしてそのコツは練習すれば必ずあなたも習得できます。


たかが一本橋、されど一本橋

PR

本日のお題は一本橋。なんてことはない幅30 cm、長さ15 mの橋(平均台ともよばれる)を普通自動二輪は7秒、大型自動二輪は10秒でトコトコ走りきるというもの。こう書くとなんてことないですが、じつは当ブログによせられるコメントの中でも問いあわせの多さでトップ3に入る課題の1つが一本橋です。そう、みんな一本橋は苦手です。あなただけじゃない。

というわけで、一本橋に関する問いあわせがかなり多いので、今回はあらためてこの課題についてまとめてみました。Gon-K個人的には、一本橋は3つのステップをクリアすれば走りきれると思ってます。あなたの二輪免許取得の参考なればうれしいです。

一本橋の3ステップ

一本橋の3ステップ

Step 1.まずは一旦停止

一本橋に入る直前って一旦停止するよね。バイクを止めて体勢をととのえ、いざ挑戦!みたいな感じ。じつは、この停止時にバイクが橋に対してまっすぐ止まっていないといけません。ここで一本橋の成否の半分は決まっちゃいます。橋に対してバイクがななめだと、発進後に前輪が橋に対してななめにぶつかり、なんとか橋にのれたとしても高い確率でヨロヨロ落ちちゃう。ひどい場合は橋にものれないかも。

で、この橋に対してまっすぐ停止するためには、一本橋の直前の課題が終わって一本橋に向かうときすでにこのことを意識してなくちゃいけない。たとえば一本橋の直前の課題がスラロームだったとしたら、スラロームが終わって一本橋に向かって走ってる最中に「まっすぐ止まるぞぉ!」って意識します。なんとなく一本橋の前にきてなんとなく斜めに停止したりすると、その場でバイクの向きを変えるのはかなりツライじゃないですか。もしこれが卒検だとテンパっちゃってそのまま発進しちゃうよね。

まずは橋の直前でまっすぐ停止するのがポイントです。これむっちゃ大事なのでもう1回書きますね。まっすぐ停止です!詳細については以下の記事を参考にしてください。

参考記事

Step 2.橋に乗る

さていよいよ 橋にのります。橋にのるときは、前述の参考記事でも書いた通りまっすぐアプローチします。そしてポイントになるのが、あなたとバイクと橋の中心が一直線になってること。

せっかく橋に対してまっすぐにアプローチできても、この中心線がバラバラだとまっすぐ走れません。身長の低い人なんかだと、停止中は左の腰を大きく落として左足を地面につけてることが多いと思います。なのでそのまま発進すると体が左に落ち気味になってることがよくある。意識して中心線を一直線にそろえましょう。

参考記事

そうですねぇ、もう一人の自分が後ろからあなたを見ていて、「よし、まっすぐだ!」っていってるイメージでしょうか。

一本橋にのるときはまっすぐ

橋にのるときはかるく助走をつけてポンとのるといいです(ロケット加速はダメよ)。ここでタイムを稼ごうとしてノロノロすすむと、橋の前端を登りきれず失敗します。この動作をいかにサクッと終わらせるかが、一本橋通過の成否を左右しますから。

発進の時は軽く前傾姿勢をとりましょう。発進のいきおいで体がうしろにもっていかれると、橋の前端に前輪が当たったときにふらつく原因になる。あ、前傾姿勢っていっても猫背はダメですよ。猫背になると橋にのるときのショックで上半身がグニャってなるし、上半身の力みがぬけないから。前傾姿勢については以下の記事を参考にしてください。

参考記事

そして、前輪が橋の前端に当たるときには両腕に軽いショックが来ますよね。前輪が段差を越えるので下方からの突きあげがあるのは当然といえば当然です。このとき、軽くひじを曲げて突きあげのショックを吸収してあげましょう。このとき腕がつっぱってると上半身が揺れて走りがふらつく原因になります。

参考記事

ちなみに、前傾姿勢も上半身のリラックスも正しくニーグリップ(というかくるぶしグリップ)しないとできません。発進と同時にバイクの中心にポンとのったら、バシッとニーグリップ決めてくださいね。

参考記事

おっと、大事なことがあります。ニーグリップの大切な役割の中に重心を低くするってのがあります。じつは、このときにシートにどっかりすわりすぎるとよくありません。あなたのおしりとシートの間に大切な人の写真が1枚はさまってるつもりでいるとうまく走れますよ。え、意味わかんない?それじゃ以下の参考記事をご覧ください。

参考記事

一本橋に限らないんですが、走行中は頭がフラフラ 動かないようにしましょう。頭って意外にフラフラ動いちゃうんですが、頭が動くと走りもフラつきます。

卒検本番になると頭の中が真っ白になって練習したことが全部フッ飛んじゃう人がいます。そんな人は発進直前に「一本ばーし!」とか声にだすと、ふっと我にかえりますよ。

Step 3.橋を通過する

さて、橋に乗ったらいよいよ一本橋本番です。ちなみに一本橋は、後輪が完全に橋にのってからが勝負です。 後輪が完全に橋にのったら、引きずるように後輪ブレーキをかけ減速します。後輪が橋にのる前に減速すると、橋に登りきれなくてヨロける可能性大です。また、後輪が橋にのったあとにアクセルを急に戻しちゃうとと急なエンブジンレーキでバランス崩しやすいので注意です。

橋に乗ったら目線は橋の終点をガン見です。Step 2では目線は橋の前端にあったので、その目線をまっすぐ先の方にやり橋の終点をガン見します。たとえ横に立ってる指導員がイケメンでも、同じ教習生の中に可愛い娘がいても、絶対に左右に目線を泳がせちゃダメ。今あなたは人生を一本橋の終点に集中させるべきです!そしてあらためてあなたの体の背骨とバイクと橋が同一線上にあることを意識しましょう。

これでまっすぐ進む準備ができました。あとは半クラ一定アクセル一定ハンドルクイックイッと橋を渡りきります。橋の上での速度調節の基本はリアブレーキです。速すぎると思ったらアクセルを戻すんじゃなくリアブレーキをジワっと踏みましょう。一本橋の上でのバランスは、ハンドルクイックイッが基本です。足や膝をバタつかせてバランスをとろうとするとかえってフラつきます。橋の上では軽く前傾姿勢を保つことを忘れないでくださいね。体が後ろに反り返ってヒジが伸びてるとハンドルクイックイッってできないし、ハンドルに余計な力がかかります。あ、前傾っていっても猫背はダメですよ。目線が下を向きがちになるから。

一本橋の全体的な解説については、以下の記事が参考になるとうれしいです。

参考記事

もちろん、橋の上でもニーグリップ(くるぶしグリップ)は基本です。これができてないと他の小技を効かせてもバイクは安定しない。

橋の2/3くらいまで進んだら、橋の終点をガン見してた目線をさらに先に送ります。そのまま終点が近づくと目線が真下になるのであたまが下がっちゃう。具体的にどこを見ればいいかというと、そうですね、橋と同一線上にあってチョット遠いところにあるもの。停止線でもいいしフェンスでもいい。とにかく橋の終点よりちょい先をガン見します。

一本橋は目線

時間は7秒(10秒)より早くてもぜんぜんOK。むりして橋からおちて検定中止になるよりも、多少早く渡って減点ですむほうがマシですから。

人と比べてもしょうがない

二輪教習を受けてると、こっちが一本橋で脱輪しまくってるのにサクサク橋を渡っていく人がいます。そんなのみちゃうと「私には才能がない・・・」なんて感じちゃうかもしれないですね。正直なところGon-Kも脱輪派でした。でも、サクサク渡ってる人も実はあなたより先に教習を開始してるだけって場合が多いです。つまり、あなたより先に苦労してただけ。ホントにあっさり一本橋できちゃう人もたまにいるけど、そんな人とくらべてもしょうがない。できないから二輪教習受けてるんです!人によって得意不得意はあるもんです。橋から落ちまくってもあきらめずチャレンジしてください。

「もうイヤっ!!」ってなったら、当ブログのコメントに吐き出してくれればいいから。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. しま より:

    先日はお返事有り難うございました
    、しまです。
    前回補習となり復習項目を続けています。

    一本橋渡れる時と渡れない時があり
    、渡れないほうが多めです…

    教習初日に教官より、無意識にリアブレーキ踏みっ放しと指摘があり、
    意識しているのですが、今日久々また指摘されました。
    意識しているつもり、だったのでしょうか?

    どのようにしたら改善されるのか分からなくなってきました(泣き)

    また教官より「一本橋渡れないのはリアブレーキのせいかも」と指摘がありました。

    明日再度1段階みきわめリベンジです。
    こうしたら良いのではないか?とアドバイスいただけると嬉しいです。

    ちょっと落ち込んでしまいました。

    1. Gon-K より:

      確かに、教習所によっては一本橋でリアブレーキ使わないと教えるところもありますね。人によって合う乗り方が違うので、次回はいっそリアブレーキ使わないで一本橋トライしてみるのもいいかも知れないですね。
      それとは別にリアブレーキかけるべきところじゃないところで右足を無意識に踏みつけちゃってるようなら、くるぶしと親指側の足を車体にピッタリくっつけるようにしてみては如何でしょうか。足先がフラフラしてると思わずペダルを踏んじゃうんですが、これをやると足先が安定します。
      参考になるかな?

    2. しま より:

      Gon-Kさんアドバイス有り難うございます、しまです。

      今日はリアブレーキ無しでトライしてみようかと思います。
      (他の教習生を観察してみると使ってる人と使ってない人がいて、どちらでも良いみたいです)

      無意識のリアブレーキは一本橋だけではなく、踏まなくて良いところで踏んでしまっています(泣)

      くるぶしと親指側の足を車体にピッタリ。を意識します!

      今迄ずっと教官とマンツーでしたが
      (それ程危なげな教習生なんでしょうなぁ〜(´;ω;`))
      昨日「今日からもう1人一緒ね!」で
      「はいっ!(アワワワ」で緊張しまくり、
      いつもならしないミスしまくりでボロッボロでした…

      出来てたクランクもパイロン引っ掛けたり、ローからセカンドもまごついたり。

      自分なりに分析して、弱点は低速走行と無意識リアブレーキだな…と思いました。&一番の弱点は教習は楽しいのですが、緊張し過ぎなところかもと。。

      落ち着かなきゃですね。
      Gon-Kさんのアドバイスを心に頑張ります!

    3. Gon-K より:

      がんばれ〜!

  2. まちりん より:

    Gon-Kさん、おはようございます。

    2回目で無事、卒検合格しました〜!

    1回目はやはり、1本橋にやられました…。あと3メートルくらいのところで早いかな、と思ってアクセラ戻しちゃったらフラつきました…。練習では最近、1回も落ちてなかったので、ショックひとしおでしたが、気を取り直して、練習で出来てるんだから絶対出来る!と強い気持ちで2回目を挑んだら、無事クリア。

    Gon-Kさんのアドバイスに本当に感謝です!

    でも、やはり卒検は緊張しますね(^^;;
    いつもはやらないミス、結構しました。
    スタンド上げたまま、バイクまたいじゃったし、指示器戻し忘れちゃったし(-。-;
    でも、合格したら、こっちのもんですよね!寒い時期の免許取得になっちゃったけど、始まったばかりのバイクライフ楽しんじゃおうと思います(^ ^)

    *普通免許取れたら、何だか欲が出て来てしまい、大型も欲しいなぁ、と思ってしまったのですが、40代には厳しいと思いますか?

    1. Gon-K より:

      まちりんさん
      合格おめでとうございます!やっぱり実力十分でしたね。よかったよかった。
      大型の件だけれど、40代でも大型とってる人は多いですよ。っていうか、生活に一段落ついたのでバイクの免許取りたいって人は40代が多いように思います。
      大丈夫、年齢は関係ない(そりゃ若い方がのみこみは早いけど・・・)。
      楽しいバイクライフを!

  3. しま より:

    先日「免許を諦めないコツ」でお世話になりました、しまです。

    先日AT教習で卒検コースを学びました。一通り体験した後教官より「苦手なのはどれ?」と聞かれ「一本橋ですっ!」で、その後一本橋の練習をしました。

    AT教習で一本橋通過確率1/2、
    腕にまだ力入ってるよ〜、あと目線
    〜と。

    教習終わりに教官と色々話して、S字
    クランクは1速で(前々回出来てた時は1速、前回ダメダメだった時は2速でした)とアドバイスを受け、一本橋は「頑張れ!」と。

    坂道発進まだ未経験、スラロームはあと1秒(今9秒)と色々問題ありますが、今は打倒一本橋!です。
    明日教習がありこちらのブログの一本橋項目を読んでイメトレ中です。

    出来ない事多いけど教習が楽しくなってきました、頑張ります。

    1. Gon-K より:

      しまさん
      Gon-Kです。着実に前に進んでるようで何よりです。
      一本橋ではみんな苦戦します。まあ、それだけ強敵だってことですね。
      でも、練習すればきっといけますから大丈夫!
      頑張れ!!

  4. まちりん より:

    Gon-Kさん、こんばんは。
    明日、とうとう卒検です。
    仕事で出張に行っていたので、卒検までにちょっと間が空いてしまいました。
    強敵一本橋、ブログを読ませて頂いてから、成功率は格段に上がりましたが、今からめっちゃ緊張しています。

    無事クリアできるよう、祈っていて下さい!頑張ってきますっ!

    1. Gon-K より:

      まちりんさん
      おお、いよいよ卒検ですか。学んだことを出し切れば絶対大丈夫ですよ。無理して学んだ以上のことやる必要無いですから。まあ、卒検落ちても命は取られないし。気楽に行きましょう。
      ゆうゆうと頑張れ!

  5. まちりん より:

    はじめまして。46歳女性、教習中です。私も一本橋で大変苦労をしていたところ、このサイトに出会い読ませていただきました。なんと、読ませて頂いた次の日から 7秒をクリアでき、一本橋を失敗しなくなりました。たまにタイムが速くなってしまう時もありますが、本当にコツが掴め、教習所に向かうことが辛くなくなりました。
    これからもうすぐ卒検です。このサイトを熟読し、皆さんのコメントから力をいただいて挑戦していこうと思います。大変わかりやすいアドバイス、これからも参考にさせていただきます。

    1. Gon-K より:

      まちりんさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。
      当ブログがお役人立てて何よりですっつうか、次の日から効き目があったってのは、きっとまちりんさん自身がしっかり練習してたからじゃないでしょうか。素晴らしい。
      いよいよ卒検なんですね。寒くなる前に(もう寒いけど)免許取得しましょう。頑張れ!

  6. 45歳中年 より:

    はじめまして!普通二輪研修中の45歳中年です。ネットを検索してるとわかりやすい内容なので超参考にさせて頂いてます。本日一段階補修突入になりました。一段階の最終時間でやっとクランクS字を先生は無理やりさせられました、それは一本橋等全般ではるかに出来ないのに次に進めたくてもできない私に授業時間の最終になってしまってちょっとはさせやなと判断されたのでしょうけど、それくらい習得できないからです。その無理やりのクランクで、もともとエンスト立ちごけもまだするのに、フロントブレーキでふっとばされました。ひとつ言われたことを一つするのに必死なのに、次から次えと指摘されるし、コケると慌てるんですよね、コケるとキーもOFFにしない、サイドも立てない、とにかく慌ててとにかく立てたらいいみたいな、トータルひっくるめて何にもできないと最終の本日、全否定のみきわめにもなりませんでした、一つ言われたら言われたことをじっくり練習しないとわからないのです。
    姿勢姿勢と言われますが姿勢をどう直したらいいのかわからない、止まってくださいと言われるがクランクの最中どうとまっていいかわからない、
    クランクで前が詰まってるので止まると止まらなくていいと怒られる。
    アカン、アカンと注意の雨あられで出来てることが追いつけてません。
    追加予約で受け付けの人にしなければよかったと泣き言を言ってしまったし、
    先生も目も合わせてもらえません。
    同じ時期の入学した若い子は制限授業で二段階にいってます。

    1. Gon-K より:

      45歳中年さん
      こんばんは、Gon-Kです。
      中々ご苦労されているようですが、十分頑張ってると思いますよ。まぁ、教習所の指導員もいろんな人がいますので大変だとは思います。
      正直なところ、バイクの操作ってかなり特殊ですよね。手も足も体のバランスも全部バラバラに使わなきゃいけない(実際は調和取れてるんだけれど)。最初はできなくて当然です。そして残念ながら若い人ほど感覚的にバイクの乗り方を覚えてホイホイ教習を終了していくってのはよくあります。その反面、何回も失敗して教習オーバーしながら卒検までたどり着く人もお大勢います。最初はできなくって当然、みんなそうです。
      バイクの乗り方の習得ってやっぱり慣れがありますよね。本を読んでサクッと操作できるもんではない。人によって得て不得手はあるけれど、そこをカバーするのはとにかく乗って乗って慣れること。大丈夫あきらめなければきっといけます。目指すべきは人より上手くバイクに乗ることではなくって、自分なりのペースでいいから今の教習を終了すること。焦る必要はありません。
      まずは深呼吸して落ち着きましょう。スラロームに入る前、一本橋に入る前、S字に入る前、ほんの一瞬深呼吸して各コースの出口をみてください。そして自分なりに走ってる姿をイメージしてください。あとはとにかく慣れかな。バイク初心者にとっては質より量だと思います。
      がんばれ!

    2. 45歳中年 より:

      返事ありがとうございます、聞いてもらって心が助かります。
      一回の授業でされた指摘にこの様なサイトや雑誌から情報を探して次の授業で試すの。
      次は違う先生で違うことを言われる、よく皆さんあんな50分でバイクの使い方が、
      苦労されながらも補修もなしに理解していくなと驚きます。
      数回の説明でその場その場でなんですぐなんとかなるくらい操作が理解できるんやろ。

      だいたい習得する動機は、車の燃費が悪いから通勤移動はバイクにしよう、
      原付しょぼい125CC高速はしれない、高速なら150CCでは頼りない、良い車種がない
      免許とるならどうせ小型より普通にしよう、だけなので、友達がいてツーリングとか、
      ほしいバイクがあるわけでなく、経済的な理由からです。
      (それなのに免許代12万+車体30万~掛けててはあまり意味がないんだけど)
      だから今回、結果として苦労するなら止めといたらと後悔してるところもある。

      でもね、先生はころころ授業で代わるしいろんな先生がすべて、
      私はできてないとうつってるやろうけど、さすがに自分の中で出来ていってる。
      先生側で授業毎に自分達が見て出来てないところを注意してくれるやろけど、

      私の弱点は、言われる場数、すべてをやりつくさないといけない、とっさに実行できることが手順通りまで理解しないとわからないのよ、
      すべてで正解の操作・行動を編み出さないといけないのよ、
      私も思うけど私は時間がかかるよ、1段階でもこれなら2段階でもこれ、卒検でもこれ
      卒検でも慌てると頭が真っ白になるからそれでも操作が身体からでたら勝やし、
      そでも一本橋から落ちたりエンストしたら負けになる。

      ネットなどでみるけど、変に無難に安定して卒業するより私の場合、失敗しまくった方が
      いい、私みたいにどんくさくコケる人はいないかもしれないけど、
      学校で失敗を散々したほうがと捉えてる。

      一回の補習代4500円×4回まで有料で以降はかからない。エンドレスで頑張ります。
      今年中にはとりたいな~。
      また泣き言の相手してください。

    3. Gon-K より:

      45歳中年さん
      まぁ、急ぐこともないのでゆっくりいきましょう。とはいうものの、12月に入るとさすがに寒いです。
      今年中に取れるといいですね。

    4. 街もオフも直線女番長 より:

      47歳ガールズライダーです。
      あきらめないでがんばってください!45歳まだヤングだし!

  7. minmin より:

    Gon-K様

    はじめまして。
    minminと申します。

    素晴らしい情報を公開していただきありがとうございます。
    私は147cmの低身長ライダーです。

    Gon-Kさんのサイトを拝見し、9月28日にAT小型限定ですが、免許を取得することができました。

    当初はバイクでの曲がり方がさえわからない状態でした。
    そんなこともあり、これから免許を取得される方の助けになればと思い、私のブログで、Gon-Kさんのページを紹介させていただきました。

    https://usefulinfo.net/license/turn/

    本当にお世話になり、ありがとうございました。

    1. Gon-K より:

      minminさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。っていうか、AT小型ってMTとかなり勝手が違うと思うんですが、当ブログが役に立って良かったです。
      それからブログでの紹介誠にありがとうございます。恐縮です。こんなブログでよければいくらでも貼っつけてください。
      楽しいクロスカブライフを!

  8. R-25っす より:

    こんばんは^^*
    ピアノの練習しすぎで手首が腱鞘炎?になりバイクが乗れないおっちょこちょいR25っすです。
    一本橋は教官の「ハンドルクイックイ」でコツを掴めました。その教官には指導が解りやすくて感謝です。一本橋に乗ってる時間が長すぎて逆に笑顔で怒られました(笑)
    あの段差に乗り上げる感触が好きです。

    1. Gon-K より:

      乗り上げる感触ですか。いい意味で変態かも・・・・。

    2. R-25っす より:

      ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
      自分を探しに走っていきます!

    3. Gon-K より:

      いってらっしゃい!

  9. モカ より:

    こんにちは、先日は「恐怖心の克服」でお世話になりました。
    未だに恐怖心はありますが、少し楽しめるようになってきました♪

    一本橋、強敵でしたー。
    左折からすぐの停止線で真っ直ぐに停まれるようになるまで一時間。
    乗っては落ちを一時間。
    で、三時間目でやっとクリアでした。

    私が渡れなかった時の原因を振り返ると、
    発進の勢いのなさと前傾姿勢がうまく取れていなかったこと。
    そして何より目線でした。
    (って、ほぼ全部ダメダメでしたね)
    乗る時は出口付近を見ていたのですが、近づくのに合わせて目線を移動するのが下手で、
    ずっと出口を見続けてしまってました。
    結局目線が下がってしまい、途中落下;;
    なので、私の場合、乗ったらぼや~~~っと出口の先にある柱を見てました。
    見ようとするのではなく、あくまでぼや~~~っと(笑)

    ステップに乗せた内くるぶしだけでなく、
    両つま先を少し内側にと意識したところ、とても安定したように思います。

    サクサク渡れる人を見ると落ち込みましたが、
    誰と比較しても仕方ないですものね。
    いろいろ試しながら自分のペースで進んでいくしかないですよね。

    1. Gon-K より:

      モカさん
      コメントありがとうございます。誰のためでもなく自分のためのバイクだから、自分のペースで楽しめばいいですよね。大賛成です。

  10. ばんと より:

    こんにちは、ばんとです。

    55歳のオヤジなんですが、普通二輪免許取得のため、
    教習所に通い始めたところです。

    一本橋がうまく渡れず悩んでます。
    Gon-kさんのHPにたどり着きました。
    kindle版のマニュアルも購入しました。

    教官の熱い指導とGon-kさんのコツを頼りに、
    なんとか克服します。

    これからもよろしく!!

    1. Gon-K より:

      ばんとさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。
      その熱〜い思いで一本橋を激走してください!!(←7秒かけてですが・・)

    2. ばんと より:

      こんばんは、ばんとです。

      55歳にもなると色々経験してきました。
      車に関して言えば、小中学の大切な友人19歳のときに六甲山で
      失ってますし、私自身も交通事故に巻き込まれたこともありました。
      大阪市内の交通が発達したところに住んむようになり、リスク回
      避のため自家用車を手放しました。

      たまたまYOUTUBEの北海道を旅するモトブログ動画に触れて、
      『経験してないなぁ!』と感じ無性にバイクに乗りたくなったのです。

      55歳にもなると色々なところがすり減ってしまって、若いときなら
      簡単にできたこともできないのは当たり前のこと、今更免許が取
      れるのか不安になったので、近くの自動車教習所に問い合わせ
      たところ、『高年齢の方もバイク教習にきてます。見学にきてくだ
      さい』と話をいただき、見学して教官に、『”諦めなければ”絶対
      取れます』と太鼓判をいただいたので通いはじめた次第です。

      55歳になって色々とすり減ってしまってますが、いいようにすり
      減ってるところがありまして、教官の指導が素直に入ってきます。

      どうも私の問題は、
      1.始動時にふらつく。
      2.スピードがない
      3.バイクの重量の恐怖

      ということらしいのです。
      1.始動時にふらつく。のはチャリンコの癖が出てしまっているよ
      うで、十分に速度が出てないのに両足をステップに収めてしまっ
      て不安定になっているようです。自転車のときは両節をできるだ
      け早くペタルに載せて後輪を回して安定させてました。
      始動時にふらつくので、3メートルほどしかない助走で、一本橋に
      乗り上げるだけの十分な速度が得られないようです。

      私は十分に速度が出てから足をステップに載せることを、意識
      してやらないといけないようです。

      バイクの重量の恐怖の克服などは、バイクに乗って慣れていく
      しかないので、解決は練習しかないようです。

    3. Gon-K より:

      ばんとさん
      バイクはある程度エンジンが回ってないと安定しない乗り物なので、早くスピードに慣れるといいですね。
      ちょっと気になるのは、速度が上がってから足をステップに乗せるというところでしょうか。足をステップから下ろしてお尻とハンドルでバランスを保とうとする状態はバイクにとって不安定です。むしろ、早めに両足をステップにのせていかに速やかに加速するかが大事かなと。アクセルをちょっとだけ開けて徐々ににエンジンの回転が上がって速度も上がるのを待つのではなく、アクセルの開度を積極的に開けてゆき、速やかに加速すれば発進でふらつくことはなくなると思います。
      公道に出ると周りの交通と同じペースで発進する必要がありますよね。周りの車は徐々に速度を上げようとするバイクを待ってはくれません。急加速ではなくても速やかに速度を上げるのが発進時にふらつかないコツかと。
      頑張ってください!

    4. ばんと より:

      Gon-kさん、おはようございます。

      ん~。正確に伝わってない感じです。
      ほとんどバイクが停止してる状況で、両足をステップに
      乗せるているようです。
      チェンジの入れ方に問題がないので、少々ふらついても
      ガッと加速してしまうので、普通の発進だったら問題が
      出ません。
      それが一本橋は助走距離が短いので問題が露呈してます。
      自転車の発進・停止とバイクの発進・停止は、別ものだ
      ということのようです。

      以上は教官の指摘なのです。なるほどさすがです。

      最初は、10回チャレンジしても10回とも失敗してました
      が、後半はたまに成功するようになってました。

      成功したときの感じでは、一本橋さえ乗れてしまえば、
      半クラとRブレーキで結構安定して渡れました。

      来週補習が2時間あります。
      数をこなして、体に感覚を覚えさせます。

    5. Gon-K より:

      なるほど、教官の指摘ということであればそれを採用する方がいいですね。近くで見ている方が的確だと思います。
      頑張ってください。

    6. ばんと より:

      追記です。

      自転車の発進というのは、野球のヒッチャーが大きく振りかぶって
      投げてる感じです。ボールが投げられる前に、すでに大きく体が
      動いてます。

      バイクの発進というのは、二輪のレースを思い出してみると、
      スタート時にレーサーの左足は、動き出してからゆっくりと
      ステップに収まってました。これだったら体は大きく動きません。

      教官に、バイクの発進・停止時には、バランスを崩すような大きな
      動作はしないようにと、教えてもらいました。

    7. ばんと より:

      こんにちは、ばんとです。

      補講を受けてきました。一本橋を徹底して練習した
      ところ、一本橋に乗れるようになって最後まで渡れ
      る確率が上がってきました。
      一回も一本橋を渡れなかった前回と比べて格段の
      進歩がありました。
      私の場合は、数をこなして体に覚えさせるのが、
      いいようです。
      # 練習すればなんとかなりそうなので自身が出て
      # きました。

      ただどうもニーグリップが甘いらしいです。Gon-Kさん
      の極意、くるぶし当てをしようとしても、くるぶしが
      バイクにあたりません。天性のがに股なんだろうか!!
      ガニ股ゆえにニーグリップが甘く不安定になってます。

      どうしたものでしょうか?

    8. Gon-K より:

      ばんとさん
      結局のところバイクの運転って体で覚えなきゃいけないんですよね。そこはまったくおっしゃる通りと思います。練習あるのみ!
      くるぶしグリップの件ですが、つま先を意識して内股にして内側に向け、足のかかとから爪先までの内側のラインをピタッとバイクに添えるようなイメージにしてはどうでしょう。大切なのはくるぶし一点でグリップすることではなく、ひざ下全体でバイクをホールドすることです。
      がんばれ!

    9. ばんと より:

      毎度です。ばんとです。

      本日、一段階のみきわめを受けてきました。

      懸案の一本橋も一度も落ちることなく、なんとか坂道・スラローム・
      S字・クランクなども一度も失敗せずに一時限が終了しました。

      これまで”バイクに乗せていただいている”という感じでしたが、
      今日は”バイクに乗っている”という感じでした。

      教習入って間もなく一本橋が渡れず補修になってどうなるかなぁ
      と不安になりましたが、教官の仰るとおり”出来なくて当たり前、
      数をこなしてカラダで覚えなさい”と言われ、ひたすら二時間、
      落ちても落ちてもチャレンジしたのが良かったようです。
      バイクの重量への恐怖も減り、カラダがバイクに慣れてきた感じ
      がします。

      二段階がんばります。

    10. Gon-K より:

      ばんとさん
      いい感じですね!確実に進んでます。その調子で卒検目指してつき進んでください。
      がんばれ!

  11. もも より:

    一本橋とかなつかすぃ…(*´ω`*)
    指導員によって乗ったら橋の終点見たらいいとか
    橋見ずに真っ直ぐ正面見たらいいとか
    目線一定で数メートル先を見たらいいとか
    橋見ずに真っ直ぐとかどこ走ってるのか分かんなくなりそうだったのでヤダ無理って拒否したなぁ(//∇//)

    あーバイク乗らなきゃー(;´Д`)
    でもあれこれ準備して家から出るのがメンドクセー(´-ω-`)

    1. Gon-K より:

      ももさん
      コメントありがとうございます。
      ええ、確かに目線って人によっていろんな意見がありますね。Gon-K的には「目線一定で数メートル先」はちょっと上級、「橋見ずに真っ直ぐ正面見」はやったらふらついた」、「ヤダ無理って拒否した」は論外って感じでしょうか。結局のところ、いろいろやってみるしかないというところでしょうね。

      > でもあれこれ準備して家から
      > 出るのがメンドクセー(´-ω-`)
        ↑
      今晩はパジャマのかわりにライディングウェアを着て寝ましょう。そうすれば明日はそのまま出かけられますよ!

    2. もも より:

      ワタシは数メートル先を見てました
      もしや上級٩(๑´3`๑)۶
      まっすぐ正面は目の前の柱とかタイムとか見ながららしいですが橋のどの辺を走ってるのか分からないので不安感いっぱいでこわいからムーリー!!でした
      要は頭横に振ることなくしっかりニーグリップして右足と左足に均等に体重かけてれば最後まで渡れるよ!ってことだと解釈しました(o´∀`)b
      両腕も左右均等にフルパワーだったけどね(;´∀`)

    3. Gon-K より:

      おお、すでに本質を見抜いてたんですね!

    4. もも より:

      ライディングウェア着たまま寝たらプロテクターごつごつごわごわして寝られないよ!

    5. Gon-K より:

      だいじょうぶですよぉ、ももさんなら(←他人事)

  12. ちゃあ より:

    2週間前、卒検の一本橋で前輪が乗る前に落ちたちゃあです。私のための(⁉︎)記事をありがとうございます。
    忘れたかったのはバイクじゃなくて、教官や教習所のことでした。不信感は消えてませんが、来週補習2日と2回目の卒検です。
    敗因は、①5月に一本橋の乗り口で転んだため、勢いをつけて乗れなくなってる ②目線が下がってる、だと思います。
    前輪が一本橋に乗った時の目線はどこですか? 落ちる前の前輪が脳裏に焼き付いています。
    今まで落ちる時は必ず右側だったのは、何か癖があるのでしょうか?
    それと「ロケット加速」って何ですか?

    1. Gon-K より:

      ちゃあさん
      前輪が橋に乗る直前に目線を橋の終点に向けるといいと思います。前輪が橋に乗る瞬間まで橋の前端を凝視してると視線が真下になるのでふらつきやすいです。落ちる前の前輪が脳裏に焼き付いていたのはまさしく真下を見てたのかも。
      右に落ちるのは右手に力が入ってて、ハンドルを手前に引張ってないでしょうか。もしくは、リアブレーキを気にしすぎて右のステップにばかり荷重がかかってないでしょうか。手も足も左右均等に力をかけましょう(もちろん腕は力まない)。あと、シートに座る位置がバイクの真ん中じゃなくて左に落ち気味になってると右に行っちゃうと思います。
      ロケット加速とは・・・・・すみません。特殊なライテクでもなんでもないです。「橋に乗る時に一気に登ろうとしてロケットみたいにブオン!と急発進・急加速しないようにしましょう、軽く助走をつけてストンと乗ればいいです」って言いたかったんです。

    2. ちゃあ より:

      ありがとうございます。
      今日、補習再開して、一本橋で目線を上げたらずいぶん安定しました。
      ももさんも、ありがとうございます。

      右に落ちるのはGon-Kさんの指摘通り、リアブレーキ踏みすぎでした。
      アクセル回した時にフラついてると教官の指摘で、ほとんど回さないと上手くいきました(ブレーキもほとんど踏まず)。

      今日は少し年上の初心者大型のおじさま(50代?)と一緒で、やる気が出ました。
      中型から大型への40代男性、初心者大型の20代女性とも話せて、楽しかったです。

      明日が最後の補習になるように、頑張ってきま〜す。
      あさって卒検です。

    3. Gon-K より:

      ちゃあさん、がんばれ〜!!!

    4. ちゃあ より:

      ありがとうございます!
      小型二輪MT、合格しました‼︎
      8時間オーバーで、教習(7時間)より長く補習でしたが‥。

      最難関、最初の一本橋は早く渡り、急制動もOKで完走できました。
      教習の時の一本橋は約7秒、今日は4.7秒、いつもが遅すぎたようです。

      5月入校、ブランク1回目3カ月、ブランク2回目3週間、48歳で合格できました。
      「諦めなければ大丈夫」は本当でした。

      Gon-Kさんにはコツだけでなくいつも励ましてもらい、どうにか合格できました。
      ここがなかったら、断念してたかもしれません。
      本当にありがとうございました。

    5. Gon-K より:

      おーーーーーーーーーーーー!ちゃあさん、おめでとうございます。
      ついにくるべき時が来ましたね、本当に良かったです。努力は裏切らない。
      ってことはいよいよ本番ですね。
      楽しいバイクライフを!!

  13. Kazuki より:

    検定時に渡り切ったと安心し気を緩めたら、後輪が落ちかけて焦りました。
    検定員に乗車姿勢がちゃんと出来ていたので、落ちなかったねと言われたことを思い出しました。
    私も苦手だったんですが、Gon-Kさんの記事を読みコツを掴めたと思っています。
    現在取得中の方々、頑張ってくださいね。

    1. Gon-K より:

      Kazukiさん
      当ブログの記事が役に立てて嬉しいです。よかったよかった。でもそれはKazukiさんのテクですから!

  14. やゆ より:

    こんばんは、やゆです。

    私は大型の10秒に苦労しましたね。
    こちらで書いてあったコツや色んな教官の言う事を試してしみて取捨選択してました。
    ハンドルを小刻みに振るのはバランスが取れますが私はリカバリーの面でしなかったとかです。
    結局最後まで10秒いかなくて捨て課題として落ちない事だけを考えて乗ってました。

    話変わって、Gon.kさんの乗車姿勢って真っ直ぐ派ですか?それとも猫背派ですか?
    私は真っ直ぐ派なんですが街中には猫背派も結構いますよね?

    1. Gon-K より:

      やゆさん
      二輪教習は通っちゃえばこっちのもんです。結果オーライですね。
      Gon-Kは背筋伸ばす派です。こんなこと言うと怒られるかもしれないけど、猫背乗りって昭和のへたれサスの時代の乗り方だと思うんです。昔はサスがへぼかったので人間も一緒にショックを吸収してやる必要があって背中でグニュグニュしていた。でも今のサスは性能がいいので逆に体にかかるGをしっかりサスに伝えた方がバイクが安定すると思うんです。それに猫背だとステップ加重できないし。MOTO GPとかスーパークロスで猫背のプロライダーって見ないですよね・・・・。
      ただ時々思うのが、背筋を伸ばすことと背中を反ることを混同しているような意見がありますよね。背中伸ばすとお尻が出るからみたいなのは、背中が反ってるってことですから。そりゃ反るのは良くない。大切なのは背骨がまっすぐになってることだと思います。

    2. 街もオフも直線女番長 より:

      はい!はい!(挙手) Gon-Kさん、番長は昭和の犠牲者!
      昭和のバイクと昭和のライダーから、猫背で乗れと言われ続けた
      おかげでRALLYでもその癖が抜けない….ここぞという時は背骨
      まっすぐに意識しますけれども、渋滞などで疲れてくると、猫です。
      渋滞中のノロノロ運転時、あーこれが一本橋の感じだったかもなあと
      思い出しました。一本橋など意味はあるのかと疑問に思っている教習中
      の皆さん、公道では意味大ありですよー。

    3. Gon-K より:

      思うのですが、直線で慣性にまかせて乗ってる時はどんな姿勢でもバランスは崩れないんだと思います。コーナリングとか加速とか挙動変化してトラクションが必要になるときに背骨をまっすぐにしている方が効率よくGをグリップに変換できるのかと。あと、猫背だと背中を痛めるし。

  15. 820 より:

    こんにちは。820です。
    一本橋のときはシフトペダルも軽く踏んでました。リアブレーキと同じように踏むことで重心がブレないような気が。
    よく「鳩ぽっぽ」を歌うとだいたい10秒といいますが、私は間違って「どんぐりころころ」を歌ってました。歌い終わらないうちに橋が終わってしまうので、間違いに気づくまではずいぶん落ち込みました…。

    1. Gon-K より:

      820さん
      なるほど、歌ですか。確かに機械的に数字数えるより良さそうですね。ノリも良くなるし。
      歌を間違えて30秒くらい橋に乗ってるって落ちはなかったんですね・・・・

コメントを残す

*