二輪教習の度胸試し 急制動のコツはアクセルオフで進入!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
急制動

こんにちは、Gon-Kです。

今回は、急制動です。他の教習科目なら、「転んで少しずつ上手になる」ということがありますが、急制動に関しては、できれば転びたくないですよね。ダメージが大きすぎます。すでに転倒を経験してトラウマになった方もいるかもしれません。一見、度胸一発に見える(見えない?)急制動ですが、バイクの挙動を理解していれば、転ばず安全に止まれます。そして、そのためには、落ち着いて制動開始地点に進入することが大切です。落ち着くためのコツは、ズバリ、アクセルオフで進入することです。急制動に力は不要です。小柄でも非力でも、コツさえつかめば止まれます。まっすぐ進むだけなので、卓越したバランス感覚も不要です。さあ、一緒に急制動をクリアしましょう。


 

普通自動二輪及び大型自動二輪の急制動では、決められた制動開始地点でブレーキングを開始し、11 m先の停止限界位置までにバイクを停止させます。雨で路面が濡れている場合は、11 mが14 mに伸びます。制動開始地点では、速度が40 km/h出ている必要があります。検定では、転倒したり停止限界位置を超えて停止してしまうと、検定中止になります。

急制動のコース

アクセルオフ

早速、具体論に入ります。

まず、速度です。急制動では、制動開始地点に進入する瞬間に、速度が40 km/h出ている必要があります。ありがちなのが、制動開始地点まで目一杯加速して40 km/hとし、制動開始地点通過の直後にアクセルを戻してブレーキングに入るという方法です。この方法だと、ブレーキング直前までスピードメーターに注意を払わなくてはいけないので、ブレーキのタイミングが遅れます。必然的に制動距離が伸びてしまいます。また、制動開始地点に来た時点で速度が40 km/hに達していない場合、それ以上加速する余地がありません。ではどうしましょう・・・・。

急制動、加速して進入はダメ

それは、制動開始地点に進入するより手前で42〜45 km/hくらいを確保し、制動開始地点より手前でアクセルを戻してしまうことです。冒頭でも触れましたが、ここが一番大事なポイントです。これにより、制動開始地点にはアクセルを戻した状態、つまり惰性で進入でき、かつ、速度はちょうど40 km/hになっています。この動作のメリットは、アクセルをオフにしているので、制動開始地点で既にエンジンブレーキが効いていることと、制動開始地点で既に40 km/h出ているので、アクセルの操作に神経を使う必要がないことです。よって、ブレーキ操作に全神経を集中させることができます。急制動はアクセルオフで進入

アクセルを戻す場所は、制動開始地点よりもバイク2−3台手前が良いと思います。加速が42 km/hなのか、もしくは、45 km/hなのかにより、この場所と制動開始地点までの距離は変わります。何度も練習して、自分にあったスピードとアクセルを戻すタイミングを見つけてください。一度戻したアクセルはバイクが止まるまで閉じたままにして、ギアもサードのままにします。ローに戻すのはバイク停止後です。

加速姿勢をとりながら、ロー→セカンド→サードとテンポよく加速し、なるべく早いタイミングで42〜45 km/hに達します。加速時には、ニーグリップでバイクをホールドしつつ上半身を前傾させると体勢が安定します。あとは、アクセルを戻すポイントまで、一定の速度を保つと次の動作までの余裕が生まれます。自分の中で「ここにきたらアクセルを戻す」という目印を作ると良いと思います。例えば脇の縁石とか、アスファルトの継ぎ目とか。指導員に聞くと、教えてくれる方もいますよ。アクセルを戻したら、目線を急制動の入り口に定めます。

ちなみに、加速時のギア選択については、ローからセカンドで一気に35  km/hくらいまで加速し、残りはサードで42~45 km/hまで加速すれば良いです。教習所のレイアウトによってはもう一段上のギアまで使うかもしれませんが、最高速度自体は45 km/hくらいで十分です。この時50 km/hとか出してしまうと、制動開始地点を通過する時のバイクの速度が45 km/hくらいになり、止まりきれなくて制動距離が伸びてしまいます。

ブレーキング

さて、いよいよブレーキングです。だいたい制動開始地点にはパイロンが立ってますね。バイクのフロントタイヤがこのパイロンに差し掛かった時点がブレーキング開始の合図です。・・・・が、実際にパイロンがフロントタイヤの横に来たことを目視で確認してブレーキングすると、体が反応して実際にブレーキが効き始めるのは、パイロンをかなり過ぎてからになってしまいます。必然的に制動開始地点と停止限界位置の距離は短くなり不利になります。ですから、フロントタイヤがパイロンの位置にくるよりも『ちょっとだけ早いかな?」と感じるくらいのところでブレーキングを開始すれば、制動開始地点と停止限界位置の間を最大限使えます。『ちょっとだけ早いかな?」と感じる場所がどこなのかについては、何回も試して感覚をつかむしかないと思います。

急制動のブレーキポイント

ちなみに、パイロンばかり見ていると視線が遅れるので、視界の端に2つのパイロンを見つつ、視線は停止限界位置のライン付近もしくは少し先に定めます。大切なのは、視線を落とさず、前方に定めることです。

ブレーキングの操作については、フロントブレーキ(前輪ブレーキ)とリアブレーキ(後輪ブレーキ)の両方を使います。ブレーキの強さの割合については、フロント対リアで8:2とか7:3とか言われます。

フロントブレーキは、結構強く握ってもロックしません。ロックする大きな原因となるのが、ブレーキレバーをいきなりガツンと握ること、そして、力まかせに握りきってしまうことです。文字で表現するのはなかなか難しいのですが、ジワッとかつ素早く握り、「もっと強く握れば、まだ握り込めそう」と感じるところで止めるのがコツです。オンかオフではいけません。握った時の強度を厳密に測ることはできないので、あくまで感覚的に覚えるしかないのですが・・・・。

リアブレーキについても、結構強めに踏み込んでOKです。・・・が、やはり、いきなりガツンと踏むのはよくないです。ソフトにでも素早くスッと踏み込み、ブレーキング終了まで引きずるように踏み続けます。もちろんロックさせないように気をつけてください。結構強く踏んでるんだけれともう少し踏み込めそうと感じるポイントが、ロックさせない強さです。後輪がロックしてもバイクがまっすぐなら転倒することはないので、何度も急制動の練習を繰り返して、ロックする時とそうでない時の感覚を体で覚え込みましょう。バイクの後方で「ザザッ!」という擦れる音が聞こえていたら、それは、後輪がロックして滑っている音です。

ブレーキングのタイミングですが、リアブレーキをフロントブレーキよりも若干早めにかけましょう。これにより、まずリアサス(後輪のバネバネ)が沈み、続いてフロントサス(前輪のバネバネ)が沈むので、バイクが前後均等に沈み込み、安定して止まれます。

急制動は水平が大事

 

これが、フロントブレーキだけもしくはフロントブレーキを最初にかけると、フロントサスが急激に沈みバイクが前のめりになるので、慣性力と相まって最悪前転します。

急制動、フロントブレーキのみ

また、リアブレーキだけだと止まりきれなかったりロックして滑ったりします。これ、とっても重要です。

急制動、リアブレーキのみでは止まらない

急制動中の姿勢

急制動中は、慣性がついているのでライダーの体がバイクより前にもっていかれますよね。これに耐えるために、腕を突っ張ってハンドルを押すように体を支えてはいけません。絶対ダメです。急制動中も腕はリラックスしている必要があります。腕を突っ張ってハンドルを押して体を支えると、前輪に荷重が集中してバイクが不安定になり、最悪、前転します。バイクの前転はダメージ大なので、誰でも避けたいですよね。

急制動、腕突っ張り前のめり

ではどうやって体を支えるのかというと、ニーグリップとステップの踏み込みで下半身をバイクに固定し、体幹の筋肉で上半身を支えます。腹筋というか胴に力を入れる感じでしょうか。ニーグリップ、ステップの踏み込み、体幹で体を支えると、バイクが水平に沈み、前後輪へ荷重が均等にかかるので、安定して止まれます。これは、バイクの構造上、ステップ荷重すると、バイクにかかる力が前後輪へ分散されるためです。もう一つのコツとして、ブレーキングの時に上半身を起こすと、より、ブレーキングの時の慣性を下半身に逃がしやすくなり、慣性にも耐えることができます。上半身にかかった慣性の力を、背骨からお尻を通して下半身に逃がしてあげるイメージです。この点については減速のコツ!でも触れましたので、参考にしてください。

急制動、正しい荷重

急制動中に腕をリラックスさせる理由として、もう一つ大切な意味があります。上半身がガチガチになっていると、腕全体でハンドルを押したり引いたりするので、急制動中にハンドルが右か左に切れてしまいます。急制動中のハンドル操作は厳禁です。ブレーキング中にほんのちょっとでもハンドルが左右どちらかに向くと、確実に飛ばされます。常にハンドルをまっすぐに保つためにも、腕はリラックスさせましょう。体を支えるのはあくまで体幹と下半身です。

急制動、ハンドル曲げない

それから、すわる位置が左右どちらかにかたよってると、腕に力を入れてしまった時にハンドルを切ってしまう可能性が高くなるので注意です(一本橋のコツ3も参考にしてください)。

あとは、バイクが止まる直前にクラッチを切ればエンストしません。あまり早くクラッチを切ってしまうと、制動中にエンジンブレーキが効かなくなるので、制動距離が伸びてしまいます。どうしてもクラッチを切るタイミングがつかめない場合は、思い切って、クラッチを切らずに停止しましょう。二輪教習の急制動に関しては、停止後のエンストは減点対象にはなりません。急制動のエンストはOKです。いさぎ良くエンストしたほうが、エンジンブレーキが活用できるし、クラッチ操作もシンプルになります。

足をおろすタイミング

最後に、左足をおろすタイミングですが、バイクが止まってから(・・・というか、止まると同時に)出します。早く止まりたい一心でバイクが動いているうちに左足を出すと、左のステップから荷重が抜けてしまい、バイクの左右のバランスが崩れて転倒する可能性があります。急制動で最も慣性の力がかかっているのは、ブレーキングによりバイクの動きが止められつつある停止直前ですよね。このタイミングで左足を出すと、ニーグリップが解除されてしまうので、バイクをホールドできず体勢も崩れます。足はバイクが止まってから出しましょう(過去記事停止のコツも読んでみてください)。

おまけ

教習所によっては、「急制動が終わったら監視塔?(正式な呼び名はわかりません)を見て、急制動の成否を確認するように。」と言われます。急制動は2回までチャレンジできるので、急制動直後にこの塔から教官がダメ出しをしていたら、もう一回だけチャレンジできます。検定中は緊張しているので、うっかりこの確認を忘れる可能性があります。すべての教習所でこのシステムが採用されているわけではないようですが、もしあなたの通っている教習所に監視塔がある場合は、普段の練習からこの監視塔を見ることを意識しておくと良いと思います。

急制動、最後は確認

以上、急制動でした。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。「こんなことで悩んでるのは私だけでは?」なんて感じる必要はないですよ。結構、みんな同じことで悩んでますから。気軽にコメントくださいね。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら

関連コンテンツ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. エリーゼ より:

    始めまして。40代女性です。
    いつも、参考にさせていただいてます。
    どうしても、解決できないと行き詰ってしまったので、アドバイス宜しくお願い致します。

    本日、普通自動二輪教習2段階、急制動に初めてトライしました。
    まず、40キロまではなんとか出す事はできるようになったのですが、ブレーキをかなりの
    手前でかけてしまうくらいこわくて、できそうにありません。
    私は、よく指導員の方に注意されるのは、体が左に傾いていると言われるのです。
    自分では、まっすにぐ座っているつもりなのですが、自覚がないので修正のしようがありません。
    傾いて座っていると急制動でもハンドルを切ったりして転倒の恐れがあるそうですね。
    また、一本橋にも影響してます・・・
    なので、自分的に、右に傾いてる感覚でちょうど、まっすぐなのかな?と思い、意識してみるのですが、自分の中では、右に傾いているので、乗りづらいのです。
    ニーグリップをきっちりしてお尻を浮かしてシートに戻せば、まっすぐに修正できると習ったのですが、加速している間に、姿勢を修正する余裕はありませんし、また、一本橋のように、停止からの発進では、その方法はできないと思いました。

    最近、卒検の急制動で意識不明になって救急車で搬送される大事故があったと聞き、ますます、こわくなりました。

    自分には転倒する可能性があると思いながらのブレーキングなので、この姿勢について何か払拭できれば、思い切ってチャレンジできそうな気がします。

    自然と重心を真ん中にもってくる方法や、また多少、重心がずれていても、急制動で
    ハンドルを切る事なくやりとげる方法など、何かアドバイスをいただけたらと思います。
    宜しくお願い致します。

    無茶な質問はしているとは思うのですが、指導員の方に相談しても、意識するしかないと
    言われて、なかなか、直らなくて、挫折しそうです。

    1. Gon-K より:

      エリーゼさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。
      確かに体の傾きって、自分ではよくわからないんですよね。
      左に傾いてるってのはお尻が左に落ちてるんでしょうか。何となく、停止時にシートから降りてるお尻が、発進後シートに乗り切れてないので左に落ち気味のまま座ってるのかなと。お尻が左に落ちてる状態で体だけ右に傾けると当然違和感あると思います。どうでしょう。
      体を右に傾けるというよりは、発進するときに左足あげたら意識してちょっとシートの右側に腰を下ろすイメージで座ってみては。
      バイクに乗る上で真ん中に乗るのは基本なんですね。なので、重心がずれててもいい方法というのはないと思います。むしろ重心は中心に持ってこなきゃいけない。
      視覚的には、背筋を伸ばした状態で自分の股、へそ、顔の中心を結んだラインが、バイクのタンクの中央と同じ線上にあるような意識を持つのはどうでしょうか。
      あと、頭の真ん中に糸がついてて上からつられてるような感じで背筋を伸ばす、常に両足均等に荷重を意識する、これでまっすぐ座れないでしょうか。
      あと、急制動で前輪ロックする可能性が高いのは、腕に力が入ってるときです。これは体が傾く向かないと関係なく、腕が力んでるとコケる確率大です。腕は力まないように!
      頑張れ!!

    2. エリーゼ より:

      Gon-Kさん、早速のアドバイスありがとうございます。
      体の傾きですが、お尻がずれて座っているらしいので、お尻を30Cmくらい浮かせて改めてニーグリップしてからお尻をおろしてみては?と言われたのです。
      多分ですが・・・足つきが悪いので、何かあってもすぐに足が着けるように、無意識のうちに左に傾いているのかもしれないのです。

      Gon-Kさんのアドバイスを念頭に、左右対称、中心、これを常に意識していきます。
      確かに左右対称は、手のグリップする位置も対称にと言われました。

      あと・・・肩パットって全国的に、どこの学校でもしていないのでしょうか?
      急制動で鎖骨骨折した人がいたみたいで、、、、
      腕の動きが自由じゃなくなって危ないから、してないと聞きました。
      パットをするようになったのが、ここ近年だと聞いてますが、鎖骨骨折する事より(必ずしもとは限りませんが)腕の動きが抑制される方が危険って事ですよね。

      Gon-Kさんが仰っているとおり、腕に力が入る事がダメな事。
      これですよね。
      私は、苦手なシーンになると腕に力が入ってしまって、汗だくです。
      力を抜くことも課題に、頑張っていきます。
      ありがとうございました。

    3. Gon-K より:

      確かに肩パッドはついてないですね。Gon-Kが中免取った時はパッド自体なかったですが・・・・。

  2. ゆーー より:

    こんにちは!
    自分は普通二輪の教習に通っている者です。
    教習でつまずいた時、よくここで勉強させて頂いてます!
    ただ、今回お聞きしたい事がありコメントさせて頂きました。
    その後内容は急制動についてです。
    自分は昨日急制動で停止時にタイヤがロックして転んでしまいました。
    転け方は体が飛んでいく感じではなく滑って最後に転ぶ感じでした。
    教官はタイヤがロックしたと言うのですがこれはどちらのタイヤがロックしたのか教えて頂きたいです。
    あと初歩的な事で申し訳ないのですが僕は加速時に40キロに達していない事が多く教官はもう少し2速で加速しろと指導を受けたのですがなぜ2速で加速するのですか?
    僕はギアが上がるほどスピードが出ると思っているので早くギアを3に上げた方がいいと思うのですがそれは間違いですか?
    教えて頂きたいです。

    1. Gon-K より:

      ゆーーさん
      Gon-Kです。直接走りを見たわけではないので断言はできないのですが、文章を読む限り後輪のロックかなと感じます。前輪がロックした場合は前方下に向けて叩きつけられるようなこけ方になると思うんです。
      加速の件ですが、3速だとパワーがないので加速がもたつくと思います。自転車の変速と同じで、いきなり高いギヤでこぎ始めるとなかなか加速できないですよね。速度が出てきた状態なら高いギヤでどんどん加速できますが。一方、低いギヤの場合はより発進・加速しやすいと思います。ただ、速度が上がってくると、このギアのままさらに加速するのは大変になるのでギアをあげますよね。これと同じです。
      高いギアは速度が出ている時にはより加速するのに適してますが、低い速度状態での粘りがないのでなかなか加速できない。よって、速度が出ていない加速の初期段階では2速で十分加速します。そこで速度が乗ってきて初めて3速に入れるんです。
      いかがでしょうか。

    2. ゆーー より:

      とてもわかりやすい解説ありがとうございます!
      本当にわかりやすかったです!
      初歩的な質問で恥ずかしいので人には聞けなかったのですがGon-Kさんに質問させて頂きタイヤのロック、ギアとスピードの関係を理解することが出来ました!
      近いうちに卒検を受けるので今日教わった事を活かして頑張ります!
      ありがとうございました^_^

    3. Gon-K より:

      ゆーーさん
      頑張ってください、吉報待ってます!

    4. ゆーー より:

      Gon-Kさん!
      こんにちは!
      今日卒検を受けてきました。
      結果は合格でした!
      教えて頂いた通り2速で加速すると急制動も上手くいきました!
      本当にありがとうございました^_^

    5. Gon-K より:

      ゆーーさん
      よかったですね、これからいよいよ本番ですね。
      楽しいバイクライフを!

  3. ぱお より:

    はじめまして!

    本日無事に卒検合格できました!

    一段階が終わった頃にこのブログと出会い教習では、なかなか聞きにくいことも詳しくかいてあったり、Gon-kさんのコメントなどを見て勉強させていただきました。

    検定当日は、緊張しすぎて吐きそうでした(笑)

    これからもこのサイトを利用して日々勉強していきたいと思います!

    良いサイトを作って下さりありがとうございました!

    1. Gon-K より:

      ぱおさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。そして卒検合格おめでとうございます!
      吐きそうだったんですね。その気持ちわかります。それだけ想いが強かったってことですもんね。
      季節もいよいよ春に向かいます。
      楽しいバイクライフを!

  4. すもも より:

    こんにちは。
    お返事ありがとうございます。
    すももです。
    ここのコツを読んだおかげで、今、無事に卒業検定を合格しました。
    (卒検の順番1番だったんで焦りました)

    急制動が得意になり、怖さが何処かへ行きました。
    最終的にスラロームに少しムラがあって自信ないままだったんですけどね…(*_*)。

    それでも合格は合格。(ᵔᴥᵔ)
    一度諦めかけていた大型二輪免許がもらえた喜びは、本当に言葉に出来ないくらいです。

    素敵なバイク乗り達の仲間になる夢が膨らんできました。
    と、言っても乗るバイクは決まってないんですけどね。

    不安で仕方ない人も沢山いると思いますが私のように骨折しても諦めなければ免許は必ず貰えます。(笑)

    頑張って欲しいです。

    Gon-Kさん、ありがとうございました。

    1. Gon-K より:

      すももさん
      おお!半月程度ですごい進歩、っていうか卒業なんですね。良かったですね。
      これからは自分のライディングを思いっきり楽しんでください。
      教習所で自信がなかったところはあちこち走り回ってれば自然に習得できますよ。
      楽しいバイクライフを!

  5. すもも より:

    はじめまして。アラフィフ、大型教習中の女です。
    小型AT限定で100のスクーターに乗っていて、一般道で横に並ぶミッションバイクのギアチェンジがかっこいいなぁと思って、いきなり大は小を兼ねると目指すことになりました。
    ところが雨の日の急制動で転倒。鎖骨骨折。入院、手術。現在も鎖骨に鉄板入ってます。
    残り4時間程度で卒研ってところだったのですが・・・。

    主治医から教習の再開許可をもらったのに、
    教習に行けなくなって約半年。エンジンのかけ方もうろ覚え・・(汗)。
    しかも、なんだか怖い。とっても怖い。なかなか思い切って再スタートできず。
    そんな時、ここを検索で知って沢山読ませていただきました。

    教習所の先生が教えてくれなかったことを知り、みんな怖いんだって知り
    みんな頑張っているって思えたことが背中を押してくれて昨日ようやく教習再スタート
    できました。

    やはり急制動はまだ怖くて40キロに1キロ足りない!って言われましたが
    以前より、リアブレーキも使えて安定して停止できました。
    久しぶりで不安でしたが、クランクもS字も1本橋も波状路もコケルことなくクリア。
    体って覚えてるんですね。

    まだ急制動は怖いですが、苦手な人も沢山いてみんな頑張ってるんだし、
    私も恐怖心を乗り越えて頑張りたいと思います。

    背中を押してもらったGon-Kさんや、頑張って教習に通ってる皆さんに感謝です。

    1. Gon-K より:

      すももさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。
      うーん、確かに大は小を兼ねますね。いい判断です。
      ヘコんでた人が当ブログで勇気出してくれるととても嬉しいです。
      基本バイクは楽しいものです。少しずつ慣れて、楽しいバイクライフを目指しましょう!
      ヘコんだらいつでもコメントください。

  6. みお より:

    昨日急制動しましたが、恐怖心かで
    40キロ出せません.
    何回しても
    転倒するって思うのか、、、。

    昨日の四輪とのコースも車にあたるって思ったら
    速度だせず、コースも間違えるし

    シュミレーターも法規走行できずボロボロでした。

    二段階に入ったらそれなりできると思いますよね。

    シュミレーターで男性のあとに
    したのですが、運転にならず
    情けなったです。

    昨日から落ち込んでます(≧Д≦)

    1. Gon-K より:

      みおさん
      もしかしたら目線が近いかも。例えばコーナー曲がったらすぐ遠くの前方車両を視界に入れて、その車両がすぐ近くに来る前に心の準備をしてしまいます、「減速するかもしれない」ってあらかじめ注意して近づく。下ばかり見てるといきなり車が近くなって急な減速になりますよ。

      シュミレーターは確かに特殊ですよね。あれはまあ経験すればいいだけなのでそんなもんだくらいに思っときましょう。

      大丈夫、がんばれ!

  7. てっちゃん より:

    Gon-K様、お世話になってます。今日は2時間乗り、大型二輪も残すとこ何も無ければあと1時間シミュレーターと2時間コース乗りで卒検まできました。
    今日は普通二輪から通して初めての教官の方でした。一番苦手になった急制動が、この教官のおかげで大丈夫になりました。
    結論から言えば『スピード出過ぎ』という恥ずかしい話でした。
    『50㌔ぐらい出てるよ』って言われてビックリでした。メーター見てるつもりなんですけどねぇ…
    クルマのスピードメーターのイメージが強くて基本1割多めの表示されてるから無意識に40㌔出てないと思ってメーターよりかなり多めに出してたみたいです。教習車の40㌔で点灯するランプ見えると楽なんですけど、見えないので(汗)
    今日の教官さん(*^ー゚)b グッジョブ!!です。大感謝。
    下手くそな文章でスイマセン。あと少し頑張ります。

    1. Gon-K より:

      てっちゃんさん
      いよいよあと少しですね。ここにきてまた収穫もあったみたいだし。
      急制動も10 kmオーバーでならしてきたんだから余裕でしょうか。
      吉報待ってます。

  8. てっちゃん より:

    Gon-K様。
    お世話になってます。普通二輪からスタートして現在大型二輪の2段階2時間目を終了したところです。今日は、低速小旋回(リーンアウト)の授業8割、コース走行2割の授業でした。ひたすらクランクをリーンアウトで周り、砂利道を少し走り、フルロックで小旋回と内容濃すぎでした。さんざん大事なバイクを転ばして申し訳ないなぁって感じでした。

    長くなりましたが本題です。残りの時間でコース走行したのですが、普通二輪の時なんともなかった急制動が大型二輪で異常に難しく感じる様になりました。急制動2回チャレンジして、一回目はロックもせず、11m以内で止まったのですが、2回目はロックして11mを軽くオーバーしました。大型二輪で何度か急制動やってるんですが、コツがイマイチの最中です。
    Gon-K様の急制動のコツ見て、次回も頑張ります。

    ただ、今日の教習でクランクとスラロームが怖くなくなったので、一歩前進です。

    1. Gon-K より:

      てっちゃんさん
      確かに内容濃そうですね。バイクも乗れてるみたいだし、いい感じです。
      大型は加速も鋭いし重いので、そのへんで急制動の感覚が普通自動二輪と違ってるのかもですね。
      頑張れ!

  9. のりゆき より:

    Gon-kさん やりました合格しました 嬉しい本当に嬉しい。Gon-k さんの励ましで気持ちが楽に成りました。どれも目標タイムをクリアー出来なかったと思いますが検定中止に成る失敗せずに完走できました‼ この歳に成ってどれだけ緊張するんだと言う位でしたが、順番も4人中最後で他の人の走りを見て何だが自分もやれる気がして、勘違いが良い結果を生みました。色々と下らん事ばかり言ってすみませんでした。本当に有り難う御座いました‼ G on-k さんも楽しいバイクライフを送って下さい。

    1. Gon-K より:

      のりゆきさん
      おめでとうございます!!よかったですね。やっぱり十分な実力をお持ちだったってことですね。よかったよかった。
      楽しいバイクライフが始まりますね。
      本当におめでとうございます。

  10. のりゆき より:

    Gon-kさん こんばんは‼ いよいよ明日卒研ですが、全然自信が持てません⤵ コースを走っていてあれもこれもと考えて動作、行動が遅れてしまいます。教官からも先々を見ながら考えながらしないとスムーズな運転は出来ないと指導されてます。今日も急制動を5回ほど練習しましたが1回しか上手く出来ませんでした。進入速度が不安定、ブレーキのタイミングがバラバラです。教官はブレーキ駆けるまでアクセル戻したら駄目、後ろブレーキは使わない(まぁタイミングが早いのでしょが) 今更もう練習も出来ませんが何とか良いイメージを持って明日の卒研に望むしか有りません(涙) 今更良いアドバイスも何も無いでしょうが、何かちょっとしたことでもあれば気持ちが少しは楽に成るかと思います。

    1. Gon-K より:

      のりゆきさん
      確かに今からジタバタしても、さらなる進歩は無理ですよね。あとは普段の走りをするしかない。
      で、も、、、、その普段の走りが十分なレベルに達しているので卒検OKが出たってことをわかってください。つまり、のりゆきさんは普段の走りをやり尽くせば大丈夫なはずです。それにすでに普通自動二輪だって通過してる。今回は普通自動二輪よりもバイクが大きくて波状路があるだけ。
      基本的に、卒検を満点で通過する必要はないじゃないですか。多少減点されても必要な点数を確保していればそれでいい。ほとんどの人は減点が基準以内だったので卒検パスしてるはずです。決して完璧な走りだから合格したわけじゃないはずです。教習所もプロなので、全く見込みのないレベルで卒検にGOは出しませんよね。
      普段ののりゆきさんを発揮すれば大丈夫、絶対!第一それ以外できないですし。いつも通りにいきましょう。
      あと、多少緊張するくらいがちょうどいいと思いますから、緊張するのりゆきさんで全然OKですよ。
      頑張れ!

  11. のりゆき より:

    Gon-kさん おはようございます‼ いよいよ来週火曜日が卒研と成りました。何もかもが中途半端なままで自信が無いまま望むことに成りそうです。あれこれと考えてどうしても緊張してしまい、教官のアドバイスも耳に入らない位で教官からも話をちゃんと聞きなさいと起こられてます(>_<) 緊張しないと行けそうなんですが、最後に気持ちの落ち付け方アドバイスお願いします⤵

    1. Gon-K より:

      のりゆきさん
      おお、ついに卒検ですね。ここで緊張するって方は多いです(っていうかみんなそうだと思う)。
      卒検ではいつもの練習でできた以上のことはできません。そして、そのいつもが十分なレベルと判断されたからこそ、のりゆきさんは卒検の切符を手に入れたんですよね。だからいつもより上手くやろうとか気を張らず、今までの自分の全てをそこで再現できればOKです。
      全く緊張しないってのは無理なので、ちょっとだけ緊張してください。あとはいつも通りで大丈夫。
      頑張れ〜!!

  12. シズ より:

    検定がどしゃ降りなんですが、普通に急制動やれば大丈夫でしょうか?

    1. Gon-K より:

      雨天時は制動距離の基準が伸びますよね。ラッキーです。ブレーキのかけ始めを晴天時よりちょっとだけマイルドにしましょう。

    2. シズ より:

      お返事ありがとうございます‼
      マイルドに、やってみます!

    3. Gon-K より:

      シズさん
      頑張れ〜!

  13. のりゆき より:

    Gon-kさん 初めまして‼ 56歳の中年オヤジです。今頃な成って大型自動二輪に挑戦しております、現在7時間乗りました、今日初めて急制動と波状路を行いましたが上手く出来ませんでした、一本橋もタイムが稼げません。何もかも上手くいかずに気持ちが折れてしまってます。このままでは卒業試験にも合格する自信も有りません(涙) 何かしら手だては無いものでしょうか? 何だか出来ないオヤジの泣き言に成りました、どうもすみません⤵

    1. Gon-K より:

      のりゆきさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。そして大型挑戦、おめでとうございます。大の大人がこんなに真剣になれるってすごいことですよね。その一歩はとっても価値がありますよ。

      コメントを読んでると発進ができないとか曲がれないというレベルではなく、もっと先に進んだところで頑張られてるように思いました。ということは、もっとバイクに慣れればカンがつかめてくると思います。まだ7時間です。まだまだ始まったばかりなので全然気にすることないですよ。まだきっとニーグリップができていなかったり上半身が力んでたりしている頃かと思います。まずはこの辺を意識してリラックスしてバイクに乗れるようになって(このへんは良かったらバイク初心者サポートマニュアル3も読んでみてください)、課題も一つ一つこなしていけば大丈夫かと。あれもこれもできないと悩んじゃうとパニックになります。どうせみんな最初はできないもんです。一本橋なんて最後の最後まで苦労する課題だし。一つ一つ確実にこなしましょう。いきなり全部できなくったって大丈夫。そのために教習所があるのだから。

      がんばれ!

    2. のりゆき より:

      Gon-k さん ご指導有り難うございます。言われてることはそのまま指導員の先生と同じことです‼分かっているけど出来ない、このジレンマと緊張に悩まされています。実は昨日の9月に中免許を取って今の大型免許に挑戦ですので、半分の教習は過ぎた事にも少し焦りが有ります⤵ Gon-kさんの書かれてるコツを何とか自分のものに出来るように成りたいと思います。毎日毎日頭の中は大型自動二輪の事ばかりで眠れない夜を過ごして頭はハゲてきそうです(笑) こんなつまらないオヤジに付き合わせてすいません 又愚痴聞いてやって下さい。今日も教習頑張ります‼

    3. Gon-K より:

      のりゆきさん
      ガンバってください、応援してます!

  14. st より:

    お世話様です。一般道路でのノロノロ運転低速走行の仕方コツ教えて下さい宜しく

    1. Gon-K より:

      stさん
      渋滞にはまった時なんかのことでしょうか。やり方はいろいろあると思いますが、Gon-Kの場合は2速半クラで走行、半クラのつなぎ具合で速度調整でしょうか。ブレーキはリアブレーキメインでフロントはほとんど使いません。ノロノロとはいえフロントブレーキをガツンとかけるとバイクの鼻先がガクンと沈んでふらつきます。
      渋滞でノロノロ走ると結構長い時間ノロノロ走ってますよね。なので、ふらつかない限りニーグリップもほどほどです。足がバイクから離れない程度かな。
      回答になってる?

  15. ちびちび より:

    こんばんは!
    無事、卒検合格しました。いろいろなアドバイス本当にありがとうございます(*^▽^*)
    分かりやすいコツ、解説のおかげで、イメージしやすく頑張れました!
    ありがとうございました!

    1. Gon-K より:

      ちびちびさん
      おめでとうございます!!!スゴイじゃないですか!ついにやりましたね。やっぱり超えられない壁はありませんでしたね。まだ寒いけど、思う存分バイクライフを楽しんでください。
      本当におめでとう!!!

  16. ちびちび より:

    こんにちは!
    グローブ、ブーツなどなどいろいろなアドバイスありがとうございます。早速、教えていただいた物を購入し、教習続行中です。グローブもフィット感がましていい感じです。(サイズはSSなんです)
    次は急制動です。コツを熟読し挑んでみますo(^o^)o
    なかなかメリハリのある走行ができなく、いつももっとスピードだしてと言われているので、ちょっと不安ですが頑張りますね!

    1. Gon-K より:

      ちびちびさん
      しっかり前に進んでるようでいい感じですね。少しずつだけどでも確実に前に進んでいます。寒くなってきましたが、めげずに頑張ってください。Gon-Kが大型取ったのも1月でした。朝一の教習はそりゃぁもう寒かったのを覚えています。ちびちびさんも負けずに頑張ってください。スピードは慣れです。怖くても全然大丈夫。パニックさえ起こさなければ、怖さは慎重さにつながります。
      頑張れ!

  17. ちびちび より:

    こんにちは!
    アドバイスありがとうございます。
    早速、やってみました。発進時はローに入れる前にウインカー出しておく事になりました。その手段がとれない場合は、やはり面倒でもNに入れてからウインカーという事で頑張っています。
    ローで、クラッチ握ったままの状況なんですが、うちの教習所は坂道発進の際に、左にウインカーで坂道突入、停止、ウインカーを右に出し坂道発進なんです。逆のコースの場合は逆ウインカー。坂道発進の際、お恥ずかしいのですが、リアブレーキが踏めないんです。
    足が届かない(>_<)
    そこで、フロントブレーキを握りしめ、クラッチを半クラで前に進む駆動を感じたら、フロントブレーキをはなし坂道発進です。ギリギリ左足もつま先で支えているので、ここでのNは危険という事で、時間がかかってもいいから、クラッチ握ったまま、徐々にハンドルの内側に手を移動させ、腕ごとウインカーの位置に持って行きウインカーをだす。この方法でなんとかこの場面でのウインカー問題は解決できそうです。(手がつりそうになりますが(*^O^*))
    あと親指の先にティッシュ詰めてみました。ギュギュっと。グローブの指先も余っているので・・・。(こんな商品あったらいいのに)
    こんなちびちびめったにいないので、売れませんね(笑)

    Gon-Kさんのサイトはいろいろなコツが、分かりやすく描いてあり、とても役にたっています。
    おかげで、先日一段階終わり、二段階に突入です!ありがとうございます。これからもコツを熟読し教習に励みますね!

    1. Gon-K より:

      ちびちびさん
      すごく頑張ってますね。きっと免許取れるので絶対諦めないでください。応援します。
      グローブの指が余っちゃうんですね。もちろんsサイズですよね。冬限定の対策だけと、グローブの内側にもう一つ手袋を入れるという手もあります。アウトドアショップで売ってるフリースの手袋、あれの薄手の物をグローブのインナーとして使うんです。すると指あまりが結構改善されるしあったかいです。できれば指や手のひらに滑り止めが付いてるものがおすすめです。二重グローブにした時に内側が中で引っかかるので、グローブ脱ぐ時に中だけ外れずに済みます。
      ブーツ、しっかりしたバイク用もの着用してますか?もし大きくてゆるゆるの場合、やっぱり足つき時の接地感が安定しません。もし、足に合うブーツが見つけられない場合は、スポーツ用品店で売ってるスニーカー用のインソールを入れると安定しますよ。チョビッとだけ足が伸びるから足着きも良くなるし。特注の厚底ブーツはチェンジがやりにくくてあまり評判良くないみたいです。ちなみにインソールはブーツのサイズに問題を感じてなくても入れると足のホールド感が増すのでオススメです。
      免許さえとっちゃえば、ちびちびさんの体格にあったバイクも選べるし、セッティングもちびちびさん仕様にし放題です。
      頑張れ!!

  18. ちびちび より:

    はじめまして、身長142cmのちびちびです。12月から大型免許取得するため、教習中です。スクーターにも乗ったことがない私ですが、なんとか頑張っています。でも、頑張ってもできない事があって・・・。
    どうしても、ウインカーに指が届きません。クラッチ握っていなければなんとかなりそうですが、クラッチ握っている時はどうやっても届きません。クラッチきってウインカーだすことないから、と一人の教官に言われましたが、次の時間で発進の際にローギアーの状態で、ウインカー出して発進してと言われ、届きませんというと、なんとか頑張ってと言われました。右手でウインカー出してもいいですか?それとも、Nに入れてウインカー出した方がいいですか?と言うと、ウーン!今はいいか!っと、今の所ウインカーはだすことなく教習が進んでいます。しかし、これから先どうしたらいいんだろーと悩んでいます。何かいい方法ありますか?

    1. Gon-K より:

      ちびちびさん
      コメントありがとうございます。うーん、切実な悩みですね。
      「ローギアでウィンカーっていう状況」が正確に把握できてないので何とも言えないところですが、いずれにしても右手でウィンカーはやめた方がいいです。ローに入れる前にあらかじめウィンカーを出しておくか、おっしゃるように一度Nにしてウィンカーを出してからローに入れる、が現実的かな。左手がちょっと忙しくなりますが、慣れればできますよ!あとは教習所でそれをOKしてくれればいいですね。

  19. st より:

    お世話様です。いつもコメントありがとうございます。今日卒業検定見事に一本橋で失敗しました。コメントお願いします。

    1. Gon-K より:

      stさん、うーん、一本橋ですか。残念です。でも、一本橋は誰にとっても強敵です。卒検後、指導員に何かフィードバックもらいましたか?自分で時に気になるところってありますか?

    2. st より:

      お世話様です。一本橋に一気に乗りアクセル戻した為エンジンブレーキかかったみたいでバランス崩したかな スタートから一本橋乗るまでアクセル加減などコメント宜しくお願いします。

    3. Gon-K より:

      stさん、一本橋乗ったらエンブレじゃなく軽くリアブレーキで減速です。エンジン止まんないようにハンクラで。そのとき、くるぶし&ニーグリップでバイクをしっかりホールドし、上半身に力が入らないようにするとバランス崩しにくいですよ。

    4. st より:

      Gon-kさんお世話様です。アドバイスのお陰様で卒検合格しました。本当に有難うございました。

    5. Gon-K より:

      お~stさん!おめでとうございます。気になってました。本当に良かった。これからのバイクライフを満喫してください。次は公道デビューという洗礼がありますが、こちらはひたすら走れば慣れで克服できます。本当におめでとう!!

  20. ST より:

    お世話様です。Gon-Kさんのコメントのお陰様で急制動上手く出来ました。今度コースでの教習です。他のS字とクランクとスラロームクリヤ出来たのですが一本橋が確率50%でうまく出来るコツなどコメントお願いします宜しくお願いします。

    1. Gon-K より:

      おお!STさん、よかったです。一本橋は、目線が一番大事です。脇見はイカンです。まず、一気に平均台に乗っかってしまい(ここでタイムを稼ぐ必要はないので、さっさと乗ってしまいます)、その後は橋の終端をガン見です。あとくるぶし&ニーグリップでしょうか。タイムはさておき、安定して渡れるようになったら、その他細かいところに気を使うといいですよ。ガンバレ!

  21. ST より:

    いつもコメントありがとうございます。アクセルペダル戻すのは、2~3ⅿ手前でブレーキ操作は。パイロンに前タイヤ入ってからブレーキ操作でよろしいですかどうしてもパイロンの手前でブレーキ操作なんですが ブレーキ操作ですが前7後ろが3の割合と指導員が言いますが中々うまく行きませんアドバイスお願いします。

    1. Gon-K より:

      STさん
      思い切って考え方を「パイロンがハンドルの横に来たらブレーキ」に切り替えてみてはどうでしょう。つまり、強制的にブレーキのタイミングを遅らせる。多分、前輪とパイロンの位置感覚にまだ慣れていないのと、気が焦ってるんだと思います。
      確かに7:3という表現・・・よく使う表現ですが、あらためて考えると、バイクに乗ってないと全くピンと来ないなと思いました。まずは7:3にこだわらず、前も後ろもじわっと強くかけるようにしてはどうでしょう。普段止まる時よりも強く。ただし、必ず後輪ブレーキが先です。例えば、最初の練習で停止限界位置を超えてしまったら、次はさらに強くじわっと握る(踏む)、少しずつ強く握る(踏む)ようにして、指定範囲内で止まれるブレーキ強度を探してみてはどうでしょう。それから、目線は停止線のちょい先です。前輪のすぐ先とか下を見てちゃダメですよ。目線は大事!

  22. TR より:

    はじめまして。
    予習、復習のためにいつもお世話になっています。イラストが可愛くてとてもわかりやすいです。
    ご相談です。急制動にはまだ苦手意識があります。急制動の場所が外周から外れたところにあるので、左折ウインカーを出し車線変更をするため少しカーブしなければならないコースとなっています。
    直進でなら40㎞は出せるのですが、ウインカーなどやることが多く、速度を保ちながらカーブすることに恐怖心があります。
    指導員にも相談しましたが、解決はできませんでした・・・

    よろしくお願いします!

    1. Gon-K より:

      TRさん、こんばんわ。Gon-Kです。
      コースを見ていないのでなんとも言いにくいんですが、左折ウィンカーは戻さないと減点ですか?教習所によってはウィンカーを出しっぱなしでも検定には影響しないコースがあるんです。それなら出しっぱなしの方が楽ですよね。それから、少しカーブがあるとのことですが、なるべく直線的に急制動のパイロンに向かっていくことはできないですか?繰り返しトライすれば急制動は慣れます。でも、恐怖心自体はやっぱり残ります。多少怖くても全然いいので、とにかく回数をこなして慣れるようにしてみませんか。怖くてもパニックにならなければ、必ず止まれます。

    2. TR より:

      お返事ありがとうございます!
      今日晴れの日に急制動で成功しました!ありがとうございます!!
      コースの説明が難しいですが、直接で入ることはできません。他の教習所に比べると直線での急制動ではないので、卒検では左ウインカー出しっぱなしと左折の後方確認はなしでもOKということがわかり、余裕を持ってできました!
      次は卒検なので頑張ります!!
      ありがとうございました!

    3. Gon-K より:

      TRさん、急制動クリアはすごいですね。また、教習所も無茶を要求するようなとこじゃなくてよかった。ここまで来たら、基本的な技術は身についているはずなので、あとは深呼吸して卒検してください。大丈夫です。その辺のオッサンでも免許持ってるんですから、TRさんなら絶対イケます。吉報待ってます!

  23. ST より:

    コメントありがとうございます。今日初めての急制動の教習でした。速度41~41維持してパイロンの手前でアクセル戻してと前後のブレーキの割合などコツ教えて下されば宜しくお願いします。

    1. Gon-K より:

      STさん、いよいよ急制動に入ったんですね。今日気になったことはありましたか?
      アクセルを戻すタイミングはパイロンの2〜3m手前ですが、そのポイント近くにある木とか縁石とかを覚えておくといいですよ。Gon-Kの場合は植込みの木があったので、そこでアクセル戻してました。実は、教習所の指導員が「あの木のあたりでアクセル戻すといいよ」と教えてくれました。それとなく指導員に聞いてみるといいと思います。ただ、教習所によっては事前にアクセルを戻すことを良しとしないところもあるみたいなので、その場合はその教習所のやり方に従うしかないです。
      ブレーキは、後輪から踏むのが鉄則。後輪ブレーキをジワっと踏んだらその次に前輪ブレーキをジワっとかけます。時間差は0.5秒も無いくらいですが、逆だと危険です。前後ブレーキの強度は7:3とか8:2とか言いますが、最初は前を強めくらいの意識でいいと思います。何回か繰り返すうちに、「もう少しきつく握ってもいけるかな?」という加減がわかってきます。最初は停止線で止まることよりも、最初の加速で45 km/h出せるように慣れましょう。徐々にでいいです、徐々に。やっちゃいけないのは前輪ブレーキをガツンと握ったり、後輪ブレーキをガンと踏むこと。ロックします。
      それから、アクセルを戻した後は、目線を停止線よりちょい先にまっすぐ向けてください。下を向いてると車体が斜めになったりハンドルに力みが出ることが多いです。バイクは目線の方向にいくものですから。あとは、ニーグリップをしっかりして、体幹で上半身を支えましょう。

  24. ST より:

    急制動恐怖感ありますがコメントお願いします。

    1. Gon-K より:

      stさん、確かに急制動怖いです。大事なのは、怖く無くなることじゃなくて、パニックを起こさないことです。怖くても、バイクがまっすぐならロックしても転びません。パニックになって、ハンドルを不自然に握ったり、目線を下に向けるのがまずいです。パニックにならないためにも、早めに速度を40 kmまで上げて、アクセルオフで侵入する余裕が欲しいですよね。実はみんな、急制動は結構怖いものです(平気そうな顔をしてますが)。怖いけどパニックにならないこと!きっとできます。

コメントを残す

*