バイクで公道デビュー どうも私はバイクが好きじゃないようだ・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクに疲れたの図

こんにちは、Gon-Kです。

バイクの免許取るのってそれなりに大変ですよね。お金もかかるし苦労もする。だから二輪免許取得したら苦労の元をとりたいし楽しみたいって思いますよね。でも、いざ公道デビューしてみるとなんだか気がのらないって人いるんじゃないかな。あなたはどう?


どうも私はバイクが好きじゃないようだ・・・

今回はですねー、読者さんからもらった興味深いコメントを紹介します。いつもとちょっと雰囲気ちがうんだけど、じつはけっこ多いパターンじゃないかなって思って、記事にしてみました。「どうも私はバイクが好きじゃないようだ・・・」って話です。

今晩は。さくらと申します。去年の夏頃にこちらのサイトで教習辛い〜とコメントして皆さんに励ましてもらいました(^ ^)

 

以下、愚痴です。長いです。

去年の11月、33歳で自動二輪の免許をとりました。(ちなみにもうすぐ35歳です)

12月に夫に付き添ってもらい、中古ながらバイク(ST250E)を購入…したのですが、殆ど乗っていません。

さすがに最初の一ヶ月くらいは練習として乗ってたんですが、私の住んでる地域は自転車が縦横無尽に走ってまして…いつ飛び出しがあるんじゃないかとビクビク+スピード出すの怖い!+体力がもたない、と色々重なって、だんだんと乗る気をなくしていってしまったんです。

けど一番の理由は、なんというか、免許取れた!バイク買った!で満足してしまったんですよね。で、ほとんど乗らずに一年…

 

今月に入り、急に大型乗ってみたいな、と思い教習所に申し込み(前通ったのとは別の場所)、2時間だけ乗ってみたのですが、当たり前だけどほとんど乗れずコケまくり。

本来なら一本橋+スラロームまでやる時間、外周しか回れず。教官もえー…って顔。

どうせ次も外周…と考えた途端、熱が冷めるのを感じました。

どうも私は、元からバイク、というか乗り物が好きじゃないようだ、とこの時から思うようになりました。

このブログや、他の方のブログやコメントを読めば感心や感服はしますが、じゃあ自分も、とは思えないのです。

夫(大型乗り・バイク大好き)は早く教習行けよ、とかインソール買ってきたよ、練習しろよ付き合うから、とかあれこれしてくれるのですが、それもプレッシャーにしか感じられなくて余計にやる気をなくし、行きたくないなあ、と言えばはハァ?とイラついた態度をとられまたやる気をなくす…という状態です。

いや、いい夫なんですよ、STアンコ抜きしよう、とかサドル?のプラスチック部分削れば乗りやすくなるよ、とか色々やってくれてくれて。けど…正直そんなの頼んでない!そこまでしなくていい!とげんなりもしてます。私の為なのはわかってるんですが。

 

今から頑張れば今年中にはとれるかもしれない(年明けに引っ越しがある)、けど全く行きたくない。だったらお金はもったいないけど退学して、来年から本気出す状態にする?けど夫は納得しないだろうな…けど自分の金と時間だし好きにしてもいいよね…と悶々としています。

 

今日も教習所云々で言い合いになり、気まずい雰囲気です。こんな気持ちになるなら最初からやめとけばよかった、という気持ちです。

 

長い愚痴ですいません。話を聞いてくれる人がいないので、言いたい事全部書きました(>人<;)

 

色々書いたけど、バイクに乗りたい!って気持ちが全くなくなったわけではありません。

今は無理でも、いつか大型取れました!と報告できたら良いな、と思います。

byさくら

さくらさん、ありがとうございました。

気力は有限

Gon-K個人的には、人間の気力って有限だと思うんです。

あんまりきばって教習突破して、そこで気力使いはたしちゃうってのはあるんじゃないかな。もちろんバイクが好きな人ならそこからゆっくり充電してまたバイクにのりはじめることができるけど、じつはバイクそのものは大して好きじゃなかったとなると、そりゃそのまま燃えつきるような気がします。

そしてそんな状況になると、「もっとバイクに乗らなきゃ」とか「私は気合がたりないのかな」みたいに自分をおいたてて、もっとつかれちゃう。

二輪教習頑張りすぎて燃え尽きた図

免許とらないと見えないものもある

でもね、それもアリだと思うんですよね。だって、免許とってみなきゃ見えてこない風景ってあるじゃないですか。

Gon-Kの場合、バイクのりはじめたら想像を絶する面白さだったのでそのままバイク好きが続いてるけど、当然この逆もあるよね。バイクのりはじめたら想像したほどおもしろくなかったみたいな・・・。

これはもう、いいとか悪いじゃない。

バイクなんてむりに好きになるものでもないと思うんです。学校の部活じゃないので石の上にも3年とかいって鍛錬にはげむものでもない。

つかれたらしばらくぼーっとしてもいいんじゃないでしょうか。

もしかしたらふとまたバイクに乗りたくなるかもしれない。そうしたら乗ればいい。ぜんぜんのりたくならないかもしれない。それならのらなくてもいい。

バイクに疲れたらちょっと休めば?

バイクのこと考えるのに気力はいらない

恥をさらすようだけどGon-Kの個人的エピソードを書きますね。

Gon-Kは大学時代アーチェリー部だったんですね。入部の理由は友人に「ゼッタイ面白いから!!」といって強引にさそわれたから。ちなみにこの友人、高校時代にアーチェリーでインターハイでてたツワモノ。ただしGon-Kは「女の子多くて楽しいに違いない」という打算で入部しちゃいました。

でも入ったら体育会系でしまった感MAX!!

バイクでアーチェリー

で、けっきょく3年までそれなりに一生懸命練習して(させられて)、しまいには部長までやらされました。でもね、引退したら全くアーチェリーやろうとは思わなかった。

嫌いかといわれると嫌いじゃないけど、もいっぺんやるかといわれると別にいいやという感じです。3年間ゴリゴリやったけど、そもそも頭の中にアーチェリー楽しいって回路ができなかった。

Gon-Kを誘った友人からしたらとんでもないヤツだと思うけど、でもしょうがないよね。

もうここは感性の問題。一所懸命やったとか義務感とか責任感はどうでもいい。あなたの中にバイクというピースがはまる穴があるかどうか。

それにピースがはまるかはまらないかって、あなたの人生のタイミングによってもちがうしね。

バイクが好きというパズルのピースの図

ちなみにGon-Kの場合、普段ぼーっとしててもバイクのことが頭に浮かびます。バイクのこと考えるのにいちいち気力はいらない(考えないようにするには気力がいる・・)。

何年経ってもそんな感じ。

力抜いて自分の感性に素直になろう。好きなものって気張ると見えてこないと思います。

さくらさんも、自然体でいいんじゃないかな。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、けっこうみんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク乗りのLINEスタンプができました。詳しくはこちらバイクのLINEスタンプ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちらバイク初心者サポートマニュアル



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. フィリアンドレ より:

    ponさん同様、普通二輪免許取り立ての40代女性です。250ccのバイク(MT)も購入しました。
    6月にAT限定で入校、卒検合格して免許書き換え後、AT限定解除のため即再入校。
    8月に無事に限定なしの普通二輪免許になりました。

    AT限定解除の2日後にバイク納車、その翌日に高速デビュー、更に1週間後には峠道へ…。
    以降、週末には極力バイクに乗るようにして、2か月ちょっとで2,000kmほど乗ったところです。
    しかもほとんど一人旅…。

    自分なりにこのモチベーション維持の源について考えてみましたが、ズバリ! 「それまでの足が原付のみで乗用車にはほとんど乗っていなかったため」という結論に至りました。
    どこにでも自由に(もちろん社会ルールに則り)行けるという、その新しい世界の眩さたるや…!!

    ところで先日初めて複数人とのツーリングに行きましたが、休憩地点でちょっと目を離した隙に断りもなく勝手にわたしのバイクにまたがったメンバーが居て、詫びの一言もなかったため、もう二度とコイツとは走らないと心に誓ったというような出来事がありました。
    わたしの心が狭いのでしょうか…。
    気分はすっかり「オレのオンナに手を出すな!」です。
    ぼっちでいいや、と思った一日でした。

    1. Gon-K より:

      フィリアンドレさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。
      なるほど、バイクの自由さを味わっちゃったんですね。バイクってまさにフィリアンドレさんに翼を授けるものってことですね。
      素晴らしい。
      以前そんな記事を書いたけど似たようなものでしょうか
      バイクの楽しさ 自分の決めた道を好きなだけ走れる!

      フィリアンドレさんのバイクにまたがった人がいるとのこと、うーんこれはいろんな考え方があるかな。
      知ってる相手だとGon-Kもその人のバイクにまたがっちゃいますね。そして知り合いが自分のバイクに股がっても全く気にならないです。
      ただし全然知らない人のバイクにはさすがにまたがらないし、知らない奴が自分のバイクにまたがってるのはふざけるなですね。
      ちなみに昔こんな失敗をしたことがあります・・
        ↓
      バイクで公道デビュー バイクの後ろにのせるのは心に決めた女だけ!!
      いかがでしょう。

  2. pon より:

    初めまして。
    私も今年の4月にふと思い立って普通二輪免許を取得しに教習所に通い、なんとか免許を取りました。40代の女です。250CCのバイクも買いました。
    が、梅雨の長雨、7月の水害、8月の猛暑と続き、バイクに乗る事がなかなか出来ずに結局4ヶ月バイクに乗っていません。
    最初は平気だったのにどんどん恐くなってきて、これから冬になるし来春までもしも乗らずにいたら二度と乗れなくなるかしら…と思ったりしています。
    免許を取る事に重きを置きすぎて、後の事を考えていなかったのが原因かも知れません。
    乗りたい気持ちはあるけれど、乗らなきゃうまくならないことも分かっているけれど。

    1. Gon-K より:

      ponさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。
      たしかに免許取るだけで疲れちゃうこともありますね。一仕事なのは間違いない。
      でも本当のバイクライフってそのあとなんですよね。
      いかに自然体で乗って楽しめるかって、教習中はなかなか実感わかないから。
      みなさんのコメント読んでて感じるのは、やっぱり最初から1人ぼっちでバイクの楽しみを見いだすのはなかなか難しいのかなって感じます。
      多少怖いことでも仲間がいればあたふたしてるうちにできちゃうことでも、ぼっちだと怖さ倍増ですから。
      ショップのツーリングとかがあれば積極的に参加してみるのもいいと思います。
      1人でコソ練するのも醍醐味だけど、誰かと走るのも楽しむコツかと。
      あまり「上手くならなきゃ、乗らなきゃ!」ってプレッシャー感じず、ゆるくいきましょう。

    2. もも より:

      ワタシと同じくらい乗ってない人がいる…( ´艸`)
      ワタシも梅雨とか水害とか猛暑で乗る気になりませんでした
      年内に1回くらい乗っておけば春まで乗れなくても意外といけたりしますよー
      久々に乗ると変に力入ってわちゃわちゃしますが1度覚えたことは意外と体が覚えてたりしますよ(o´∀`)b

      近所だったら一緒にギャーギャー叫びに行けるのにー(´・ω・`)
      その時はD54さんに保護者枠で来て貰おうw

    3. D54 より:

      お! お呼びですか? 私でお役にたてるのであれば,喜んで!

      で,ソロツーの告知です。
      あさって土曜日に,三次へいって朝霧をみてから帝釈峡へ紅葉をみに行こうと思っています。
      早朝5:30,鮮Do!エブリイ西条御薗宇店駐車場発の(あくまで)予定。
      よろしければご一緒に。

    4. もも より:

      めっちゃ行きたーい(´;ω;`)
      エブリイなら1人でいけるのに!
      金曜日の夜から約束が(。>ωд<q)゜゜・

    5. Gon-K より:

      1人で行けるって何?

    6. D54 より:

      残念。では,告知通りの時間にソロツー出発したいと思います。ちゃんと起きる自信ありませんが。明日の朝,霧でるかな~。いっぱい出たらいいな~。

      ところで,ももさんは例の教習所に近いということは,このエブリイまで結構遠いのでは?私はそのエブリイまで10分かかりませんが,教習所までは30分はかかりましたよ。
      (と聞いて,ももさんの活動域を徐々に絞り込んでゆく作戦・・・)

    7. Gon-K より:

      横から失礼します。
      もしかしてそのエブリイって近所にお酒の研究所があるところでしょうか?
      全然近所じゃないんですけどね、多分行ったことある。

    8. もも より:

      コメント途中が抜けているw

      あの辺にお住まいなのかー
      エブリイまでクルマで20分くらいかなぁもうチョットかかるかなぁ
      車校まで10分くらいかなぁ
      これで絞れるだろ(o´∀`)b

      多分出発する時間くらいに寝る時間になりそうな予感がしてます

    9. もも より:

      遠かったら保護者枠で誰か召喚しなきゃいけないじゃん(`・ω・´)
      1人じゃ危険が危ないじゃん!

      お酒の研究所?なんやそれ?って思ったら近くにあったわー(≧∇≦*)

    10. Gon-K より:

      納得です・・・・

    11. D54 より:

      ほんとだ。酒類総合研究所って所がありますね。知らなかった。
      酒所の西条が近いからですかね。

    12. Gon-K より:

      確かその昔、地元出身の有力な政治家が誘致したってような話を聞いたことありますね・・・
      まあ、お酒が美味しいってことはいいことですね。

    13. D54 より:

      D54です。行ってきましたよ。ソロツー。ほぼ予定通り出発。
      すっごく楽しかったです。
      まず、朝霧は沢山出ました。正に雲海。日の出には少し間に合いませんでしたが、感動の景色を堪能しました。ラツキーでした。(その分、夜霧の中の走行を余儀なくされましたが。)
      帝釈峡の紅葉も見事でしたし、道中もあちこち綺麗な山々に囲まれ、一人で走りながら「すっげ~」とテンション上がりっぱなしでした。あまりにも綺麗なので、メットのシールド上げて、おーおー言いながら走りました。これぞバイクって感じでした。
      帰り道に、ツーリングマップルにおすすめと照会されている道をわざわざ通ったのですが、これがまた素晴らしかった。ほとんど一人占め状態。
      他にも、三次市のアンケートに協力して三色ボールペンもらったり、道路を横断する狸を見送ったり、楽しい一日でした。
      本日の西日本は快晴でしたが、あまりバイクとすれちがわず、ヤエーは5~6回ほど、返してくれたのは50%位でした。
      みんなもう冬眠しちゃったのかな?

    14. Gon-K より:

      D54さん
      臨場感あふれるレポートありがとうございます。
      冬眠に入るバイク乗りが増えますが、実は今は今しか見れない景色がありますよね。
      季節の移り変わりをいち早く感じられるのもバイク乗りの特権ですよね。

    15. もも より:

      冬眠に入るバイク…
      ワタシのことかな?(v´∀`)v
      ソロツー行く前にお見送りでもしに行こうかなと思ったのですが
      目の前にいてもワタシにはどのバイクなのか絶対分かんない!と思ってやめましたー(;´∀`)

      行きたかったなー(´;ω;`)ブワッ

  3. かねこ より:

    Gon-Kさんの言うとおり、自然体でいいんじゃないかな?って思います。

    スキー・ボードの話が出てましたが、確かに昔は、毎週行っていたような気がします。
    今は全く行く気になりません。今は、「スキー行くなら、バイクに乗ってた方が・・・」、って思います。

    バイクもリターンした部類(実際は50ccのスクーター乗ってました。)が当時は、全くバイクに乗る気はありませんでした。スクーターも4年放置して、結局売りました。

    が、手元にバイクがなくなると何となくさみしいもので、単身赴任をきっかけにまたバイクに乗り始め、大型も取得し、現在はバイクライフ満喫中です。

    自然体で、またバイクに乗りたくなった時、乗ればいいかと思います。

    『普段ぼーっとしててもバイクのことが頭に浮かびます。』
    →よくわかります!!Gon-Kさんらしいコメント、ありがとうございます!!

    1. Gon-K より:

      そうだ自然体でいい!

  4. 忍者 より:

    バイクの楽しさとは自主性だと思います。
    そして相談者さんは自主性を重んじるタイプの人だと思いました。
    教習中は教官に従っている状態で当然自主性はありませんし、身内にあれしろこれしろと言われて押し付けられているように感じて自主性を邪魔されたように思え、いざ公道に出てみれば地域柄で周りに合わせ過ぎなければならない・・・いつしか自主性のためのバイクが真逆に感じてしまった。
    本当はもっと自由にバイクに乗りたいのではないでしょうか。

    一年近く乗っていないとの事ですが、時間があれば夜明け空が明るくなりだした頃、車の通りが殆どない大通りを走ってみてください。
    私はこの時間の走りに最も自由を感じます。
    そこで何かを感じたのなら、日帰りツーリングでのびのびと走る時間を生活の中に根付けるといいかもしれませんね。
    市街地の走行はそのための行き帰りの我慢です笑

    1. Gon-K より:

      忍者さん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。
      確かに誰かにあれこれ言われながらバイクのっても楽しくないですよね。
      ウンウン、Gon-Kも早朝はいい時間帯だと思います。

  5. 街もオフも直線女番長 より:

    やる気になるプレッシャーと、やる気無くすプレッシャーとがありますよね、
    窮屈とか、自分の自由が感じられなくなると嫌んなっちゃうかなぁ。

    話変わりますがリンリンさん、
    >そのまんまの勢いで次のターンに行きました
    これ、深い!

    1. リンリン より:

      女番長さん>こんばんは!
      深い事なんてないですよ〜。ちょっとターンに失敗して気付いたら縁石に乗っててスピード落としたらコケるのでそのまんまのスピード維持してただけですよ〜。

      イヤー乗ってるの気付いた時は心臓止まる思いでしたよ〜

    2. Gon-K より:

      Gon-Kの場合「自由」は最も大切なファクターですね。

  6. やゆ より:

    こんばんは、やゆです。

    私もドハマリした口です…まぁファーストインパクトが鮮烈すぎたんですね。
    ちなみに私の高校は別名刑務所とか収容所なんて言われる全寮制の厳しい生活を強いられる学校でして、夏休みで嬉しい帰省とバイクの楽しさが合わさって楽しい感情が爆発したんだと思います。
    バイクの免許を取る事とその先が辛い生活を続けるモチベーションになった感は否めません。
    なので周りが18で四輪に乗り出してもずっとバイクに乗ってましたし、今でも四輪に興味無しです。

    失効後も事あるごとに「あ~単車乗りてぇ!」でした。
    リターン後も常に黙々とロンツーを繰り返してます。
    多分、体が音を上げるまで乗るんじゃないかと・・・イヤ乗りたいです。

    でも興味を無くすなんて事は仕方ないと思います。
    私の知人で趣味を仕事にした途端に嫌いなった人だっていましたからね。

    1. Gon-K より:

      やゆさん
      コメントありがとうございます。
      「趣味を仕事にした途端に嫌いなった人」というのはなんかある気がします。
      まあ、バイクに乗りたかったというよりも何か打ち込む対象が欲しかったというケースかもしれないですね。
      深いです。

    2. D54 より:

      仕事にした途端、義務になってプレッシャーがかかってしまうのだと思います。
      趣味であれば、ねばならない、なんてことは基本的にありませんから。

      でも、私も第二の人生を考える様になり、本当に自分がやりたいことをやりたいと思っています。バイクかな?

    3. Gon-K より:

      D54さん
      最後に一踏ん張りするには・・・・・やっぱり好きなものじゃないとキツかなと思うGon-Kです。
      仕事として考えると、楽なものはないですからね。
      楽しいと楽とはイコールじゃない。

  7. 来夢 より:

    こんばんは。
    私は、教習に時間がかなり掛かったので、卒検合格して、免許更新したら、ものすごい達成感があって…もう免許取れたし♪いいかぁ…なんて思ってしまいましたが、なんせzeal君が来てしまった(失礼(笑))ので、今恐怖と戦いながら練習してます。
    f(^^;)
    少しでも乗っていれば、バイクと仲良くなれる事を願って…

    11月3日ライスクに参加して来ます!

    1. Gon-K より:

      来夢さんはzeal買っちゃったその行動力と周りの応援団が効いてますよね。
      多分、来夢さんの人生が「バイクに乗る方向」に向かって動いてるんですよ。
      今は流れに乗っちゃえです!

    2. 来夢 より:

      Gon-K さん
      こんばんは。
      今日も、夜練してきました。
      今日は、懐かしの教習所迄行きました。(教習所は、遅い時間なので終わってます。)
      今回は、発進時のクラッチ&アクセルが上手く出来ずに、音だけ凄い発進になってしまいました(T0T)

      他は、ギアチェンジ等は自分でも良く出来た‼と思いました。(自画自賛です…)

      Gon-K さんの仰る様に、私はチビライダーになる運命(低身長の方に勇気を与える運命(笑))なのかもしれませんね♪

      3日は、ライスクです。開催場所の教習所の指導員さん&白バイ隊員の方が教えて下さるみたいですf(^^;)
      免許あるの?と言われない様に頑張ります!
      (現段階で、ビギナークラスは、私を含め2名みたいです…良いんだか悪いんだか…)
      長文失礼致しましたm(__)m

    3. Gon-K より:

      来夢さん
      ビギナークラス2人なんてラッキーじゃないですか。
      ほぼマンツーマンで教えてもらえるなんて贅沢すぎ!
      しっかり楽しんで来てください。

  8. Kazuki より:

    みなさまこんにちは。
    多分、公道の怖さが億劫になる原因の中で一番大きいような気がするんです。教習所の中は閉鎖空間である程度守られている場所ですが公道は守ってくれるものが有りませんし。
    バイクって趣味じゃなく趣向品って私は思っている所が有って、気分が乗らないなら無理して乗る事は無いかなと思います。
    なので私は一人でのんびり流すことにしています。抜きたきゃ抜いてくれって、ウィンカー出したり、手で合図します。
    速く走ろうとは思いませんが、出来れば丁寧に走りたいと思っています。

    1. Gon-K より:

      Kazukiさん
      うーん、おっしゃる通り公道の怖さは大きいですよね。
      こればっかりは越えなきゃなんともならないんだけれど、でもやっぱり怖い。
      それに、感じる怖さの大きさも、人によってリガウノかもですね。
      なんかバイクに乗りたいって気持ちを吹き飛ばしちゃうほど怖いと感じる人もいるのかな。

    2. ぶぎゅる より:

      Kazukiさん、はじめまして。
      一人でノンビリ、丁寧にでいいではないですか。
      自分はこの土日に先輩と山梨~奥多摩湖と峠を走ってきましたが、後ろから速そうなのが来たら、すかさず左へ避けて譲りました。向こうも「ありがと!」と手を上げてくれましたから、ちっとも嫌な気分にはなりませんでした。
      自分のバイクは最近の250ccですから、より大型バイクには絶対に勝てません。それにそこまでの技量が無いことを承知しています。なので練習を兼ねて先輩と走り、速く走るためではなく、安全に走るためのコーチングをして貰っています。

    3. Kazuki より:

      ぶぎゅるさん、こんにちは。
      私も250CC(JBK-MC33 VTR)なので、ノンビリ走るにはちょうど良いですが、高速域や峠等では遅い部類ですね。
      進路を譲って合図してくれると嬉しいものなんですが、中にはこんな場所で抜きに掛かるなよと言いたくなる時も・・・・。
      ぶぎゅるさんも仰っていますが、安全に走るのも大事ですね。安全=無理をしないというのではなく、状況を正しく判断する事が安全に繋がっていると思っています。

    4. Kazuki より:

      Gon-Kさん

      怖い思いと言えば私は2度転倒していまして、1回目は細い国道の入り口(俗にいう3桁酷道)で草むらに、2度目は片側1車線の道路で路側の方に。まぁ大したケガもなく良かったのですが、人によってはもう乗りたくないと思うこけ方かもしれません。特に2度目は対向側にこけていたら、私ももう乗りたくないと思っていたかもしれません。

    5. Gon-K より:

      Kazukiさん
      Gon-Kもコケるとしばらくバイクが怖いことってありましたよ。
      やっぱり危険と隣り合わせなので気を張ってないといけないですよね、バイクって。

    6. ぶぎゅる より:

      Kazukiさん
      確かにそういう輩もいます。ヘアピンの途中で抜かされた時は驚きのち怒りでした。
      でも追いかけられる訳もないし、心の中で「このド○ホ!」と怒鳴って終りでした。
      自分だけでなく他人にも危険な運転はしたくありません。

  9. ZONO より:

    僕は、ハマりましたw

    パニック障害で、車を運転できないので、公共交通機関使うか誰かの車に乗せてもらうしか、移動手段がなかったときに、苦労した中(Gon-Kさん始め皆さんに本当に助けられました)、免許取って、バイク買って、帰宅後23時くらいから公道練習して。

    昨日はついに初ツーリングで、阿蘇まで行って来ました。僕以外、皆さんベテランライダーなんで、インカムでアドバイスを頂きながら、なんとか大丈夫でした。ただ、阿蘇のワインディングは、DSCは不向きだし、僕の技術のなさも痛感しました。

    めちゃくちゃ寒がりなんで、冬に乗るかはわかりませんが(仕事も入試時期で忙しいし)、とりあえずバイクに乗るようになり、見えてくる景色は変わりました!

    1. Gon-K より:

      ZONOさん
      のっけからハマったのなら、やはりZONOさんはバイクに乗るべき人だったってことですね。ラッキーだと思います。
      はまれるものに出会えるっって、実はとっても貴重なことだと思うのです。

  10. リンリン より:

    Gon–Kさん!こんばんわ!

    練習会のタイムアタックの結果が散々だったリンリンです。

    正直私も入り口はあくまでも生活の足の延長・古い言いましで言う所の「おベンツ様」実際「楽しい」とか思い始めたのも中免取ってMT乗るようになってからですしね〜。

    正直、バイクってまだまだ男の人の乗り物な気がします。女性には初めのうちは辛い事も大変な事も一杯あるのは確かです。なので、離れてしまうのも仕方ないかなって思ってます。

    1. Gon-K より:

      リンリンさん
      知り合いに身長167センチくらいあって車やバイクが好きで体力も体育会系女子の見本みたいな人がいるんですが、そんな彼女をして「自分もバイク運転しようと思えばできると思うけど、やっぱりこれは男の人の乗り物だと思う」と言ってたのを思い出します。
      やっぱりハードルあるんですよね。

    2. リンリン より:

      Gon–Kさん

      バイクって乗り始めた頃が1番つまんないんだと思いますよ?多分。
      だってただ乗ってるだけ。ですもん。

      乗ってるって感覚があればいい方で下手するとバイクに乗せられてる状態の人なんかは怖いしめんどくさいし重いしってネガなところばっかり際立っちゃうだと思いますよ。
      何か1つミッションガチャガチャ楽しいとか、曲がるの楽しいとか、自分から発見してければ好きになるのかなぁ?って思います。

      バイクで遊び始めて私は「大きいプラモデル」な印象になりましたよ(⌒-⌒; )

    3. Gon-K より:

      リンリンさん
      あはは、確かにでかいプラモデルですね。
      そういえば、むかしGon-Kが一人スノーボードしにゲレンデに通ってた時の話です。最初のころは本当にまともに滑れない立てないで、「ああ、今俺ってこのゲレンデで一番ダメダメだ・・」って感じたことがありました。
      まあその後それなりに滑るようになったけど、なんでやめなかったんだろう?
      最初の2年くらいはひたすら修行だったな・・・
      多分、雪とか山とかウェアとかゴーグルとか自由さとか、そう言った世界観がここち良かったのかな。

    4. リンリン より:

      Gon–Kさん>スノボの話し良いですね〜( ´∀`)
      多分。達成感とか上達してる感が良かったんじゃないでしょうか?勿論自然の中でのスポーツなのでそこも気持ち良いですしね〜。私も昔スキーやスノボやりましたが下手ではありましたが綺麗にターンが決まった時とかは楽しかったなぁ〜。

      私は練習始めてからバイク猛烈に嬉しいし楽しいですよ。アレ出来たこれ出来たタイムが20秒縮んだ。とかって。
      ターンの最中に縁石乗り上げも転ばなかった(そのまんまの勢いで次のターンに行きました)のはやっぱり練習のお陰だろうしなんて思うとのめり込んじゃいますよ。

      バイクって難しい側面はいっぱいあると思うんです。その時にどう向き合うかじゃないかな?って思います。

    5. Gon-K より:

      ウンウン、上達してる感は重要!

  11. akahebi より:

    こんにちは。今回もすごく共感できる内容ですね。実は今ちょっとバイクに乗るのが億劫になって…。いや、好きなんです。私の場合は制限速度+10km/hくらいで走っていて、後ろからバイクが来ると必ず皆が抜きに掛かってくるのが嫌なんです。バイク乗りみんなが競争したいわけじゃないのに、なんででしょうね。ウインカー出して止まっちゃいますけど面倒です。

    1. Gon-K より:

      akahebiさん
      コメントありがとうございます。
      正直なところGon-Kも昔はとばす方だったので、抜きに掛かってくるライダーの気持ちがわからないでもないんですよね。
      多分抜きに掛かってくる連中は周りのバイク乗りはみんな同じこと考えてると思ってんだと思う。
      でも、みんながみんなそうじゃないんですよね。
      まあ、いろんな奴がいると思って、適当ににパスさせるってのが現実的かもしれないですね。
      抜きに掛かってくるライダーのためにakahebiさんのバイクライフをあれこれ変更されるのもつまらない。
      akahebiさんはakahebiさんがいいと思うスタイルを通せばいいの思います。

コメントを残す

*