二輪教習 恐怖心の克服!バイクが怖い?いえいえ大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二輪教習の恐怖心克服

こんにちは、Gon-Kです。

初めてのバイクって、怖いですよね。それって、あなたに気合が足りないから?いえいえ、実はみんな同じなんです。200 kg近くもある車体が人の運動能力を超えた速度で走るんだから、その上に乗ってりゃ怖くて当然です。・・・・しかも、操作方法よくわかんないし、曲がる時に左右に傾くし。でも、大丈夫です。繰り返し乗っていれば、必ずバイクに慣れます。そう、あなたのそのチャレンジに、バイクは必ず答えてくれますよ。

今回は運転のコツとは違って、ちょっとモヤッとした話、恐怖心です。実は、みんな最初に直面します。かな~り私見(いつもそうですが…)なので、「賛同できない!!!」という人は、スキップしてください。

Gon-Kのバイクライフを振り返ると、やっぱり最初はバイクが怖かったです(今でも怖いことはありますが・・・・)。もちろんバイクに乗りたくて免許を取ろうと思ったのだけれど、でも、いざ400 ccの教習車(VFRでした)にまたがると、200 kg近い鉄の塊がとても怖いものに感じました。

二輪教習_恐怖心

じゃぁ、なんでやめなかったのか?それは、とにかくバイクに乗りたかったから、そしてその先に、もう一つステップアップした自分、なりたい自分がいるというドキドキがあったからだと思います。先に進めば確実に違う風景が見えてくる。バイクって、そんな不思議なモノだと思います。

・・・・で、Gon-Kの場合具体的に何をやったかというと、ひたすら教習車に乗りまくりました。ただひたすらです。教習終了時は人よりも一周だけ多く回ったりしました。また、Gon-Kが普通自動二輪をとった教習所では、チケットを買うと休み時間に教習車に乗ることができました。だから、チケットを買って、昼休みとかあいてる時間はひたすら教習車にのってました。クランクS字スラローム、ずいぶんコカしてたような気がします。それから、既にバイクの免許を持っている友人に頼み、後ろに乗せてもらい、バイクが傾くということに慣れるようにしました。

二輪教習恐怖心克服

バイクが怖くて、それでやめちゃう人も多いです。Gon-Kの知り合いでも、そうやってバイクを降りた人がいます。でも、世の中に数あるモノやコトの中で、ああなたはなぜか今、バイクを選んだんですよね。バイクなんて、乗ろうと思わないと乗らないものです。就職に必要なわけでもなければ、生活必需品でもない。あなたが今までの人生の中で培ってきた何かが、あなたをバイクに導いたんだと思います。大げさに聞こえるかもしれないけど、でも真実です。きっとあなたは、、来るべくして今ここにいる。もう一歩新しい自分に出会うために、自動二輪免許にチャレンジしています。やめたらMOTTAINAI。

「神様は、その人が乗り越えられない試練は与えない」と言った人がいます。あなたも必ず今の恐怖心を克服できます。とにかく、何度も繰り返し乗ること。10回でも100回でも、そして、ここが結構大事なんですが、毎回頭を使いながらのりましょう。どうやったらうまくいくのかを…。卒検まで時間がかかったっていいです。何度でも乗りましょう。

二輪教習バイクが怖い時は繰り返し乗る

それから、マイペースでOKです。無理や無謀はいけません。大怪我しない程度にプチチャレンジです。そもそもバイクは、恐怖の乗り物じゃないので、プチチャレンジの積み重ねでいいんです。

卒業検定が終わった先にいるのは、自分のバイクにまたがったあなたです。その時、200 kg近い車体は、あなたを新しい世界に連れて行ってくれます。恐怖心の克服その2も読んでみてください。

ちなみに、かっこよくバイクを乗りこなそうと思ったら、教習所を卒業した後も、プチチャレンジは続きます。街中でバイクを意のままに操るライダーは、みんな、そんなチャレンジを積み重ねてきています。

恐怖心の克服でした。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?。いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。

詳しくはこちら↓

バイク初心者サポートマニュアル

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ちぃ より:

    初めまして。私は、身長150cm未満、体重42kgの18歳女です。親に二輪の免許も取りなさいと勧められ教習所に通っています。小型自動二輪限定で技能が3時間終わりました。力がないのか車体を押して歩くのが難しく、足が長いわけでもないので停止した後足をついても支えきれず転倒してしまいます。場内を走っていても恐怖でパニックになり、操縦もうまくできません。身体的ハンデがあり、乗る以前の問題があるのでは、免許を取得するのを諦めたほうがいいのでしょうか。ちなみに原付は問題なく乗れました。

    1. Gon-K より:

      ちぃさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。家族が二輪免許勧めてくれるなんて幸せな環境ですね。家族の反対でバイクに乗れない人もいるので、いい環境だと思います。

      実際にちぃさんがバイクに乗ってるところを見たことがないのであくまで想像なんですけど、原付問題なく乗れるんならセンスは問題ないと思います。場内でパニックになるのは多分重さと操作に不慣れなせいじゃないでしょうか。実際バイクの操作は複雑で、なれるまでちょっと時間かかります。でも慣れれば結構なんとかなります。操作と体力はあんまり関係ない(クラッチレバーが重く感じるとかってのはあるけど)。

      止まった時に重くて支えられないというのは、うっかり車体が斜めになっちゃったときのことでしょうか。そうだとすると、ほとんどの女性ライダーはそんな感じだと思いますよ。基本バイクは垂直を保つって止まる乗り物なので、停車時のバランスの取り方を覚えると、これも結構なんとかなると思います。いきなり止まっていきなり足を出したりするとガクンとなるのでバランス崩しやすいんです。

      とはいうものの、重さは如何ともしがたい。所詮鉄の塊です。身長150cm未満で力自慢というわけではない場合、本気で免許取ろうと思うとそれなりの気合がいると思います。越えられない壁じゃないけれど、でもそれなりに大変。当ブログにいただくコメントを見ていても、女性ライダーの場合やっぱり楽じゃない。で、そんな楽じゃないハードルを越えられるかどうかの違いは、ひとえにちぃさんがバイク乗りたいって思うかどうかだと感じます。

      想像でしかコメントできないのがほんと申し訳ないんだけれど、想いがあればきっと免許取れると思います、ちぃさんの場合。

      だから頑張れ!

    2. ちぃ より:

      お返事ありがとうございます。自信を持つことができました。
      昨日の教習では坂道発進をしました。左足を着くと後ろブレーキをしっかり踏み込めません。底が厚い靴を履くと踏み込みやすくなりますか?

    3. Gon-K より:

      ちぃさん
      頑張ってください。きっとイケます。
      ブーツなんですが、確かに底がしっかりしたものの方が足つきは良くなります。なのでブレーキも踏みやすくなると思います。多くの女性もこれで足つきをかせいでるみたいです。
      ただし、極端に底の厚いものだと下駄を履いたように不安定になったり、左足がシフトペダルの下に入らなかったりするので避けた方がいいと思います。また、ブレーキペダルを踏んだ時の感覚がつかみにくくなる可能性もありますね。
      坂道発進でどうしても右足が後輪ブレーキに届かない場合は、右手で前輪ブレーキを使ってとまるという人もいました。ただこれは右手の仕事がブレーキ操作とアクセル操作の2つになっちゃうのでちょっと大変です。なるべく右足で後輪ブレーキ使えるといいですね。
      頑張れ!

  2. あす より:

    はじめましてあすです。
    22歳の女です。

    今日みきわめだったのに、バイクを大暴走させてしまいました。
    たくさん乗ってるはずなのに、いつも怖くて、かたむけることがどうしてもできなくて。
    教官たちが、優しくいつも励ましてくださってるのに、中々上達しない自分が情けないです。
    今も気持ちがブルーです。
    がんばるぞー!って毎回思ってもやっぱりビビってしまいます。

    1. Gon-K より:

      あすさん

      Gon-Kです。コメントありがとうございます。昔、教習を受けたときはGon-Kも怖かったですよ。40代50代のおっさんからも、怖くて傾けられないという相談をもらうことことがあります。大丈夫、みんな怖いですから。

      さて本題です。傾けられないとのことですが、どうしてもバイクが曲がらないということでしょうか。もしかして腕をがちがちに力んでるので、ハンドルを抑え込んじゃってるのかも。バイクって、ハンドルの動きを邪魔しなければ無理に傾けなくても顔向けだけで勝手に曲がります。積極的に傾けなくても勝手に傾くんです。この時に、腕でハンドルをがっちり抑え込んじゃうと、全然曲がらない。

      たしかに、いきなりスラロームとかで傾けろと言っても敷居が高いですよね。教習前の慣らし走行で外周走るじゃないですか。その時大回りがありますよね、大きなコーナーが。そこを曲がるときになんとなく曲がるんじゃなく、目線と一緒に肩から上と顔を曲がる方向に思いっきり向けてみてください、ぐいっと。バイクが自然に傾いて曲がると思います。もちろん腕の力は抜いときます。腕の力を抜くにはニーグリプでしっかり体をささえている必要があります。

      そしてもう少しコーナーの角度がきつくなるとS字になって、更にきつくなるとスラロームです。基本は同じ。まずは外周の大回りでバイクが傾く感覚をつかんでみてはどうでしょうか。

      繰り返しになりますが、バイクは意図的に傾けるんじゃなく、腕の力みを抜いてしっかり顔向けができていれば自然に傾く乗り物です。

      大丈夫、ちょっと怖いくらいの方が安全運転です。ちょっと緊張しながら、でも上半身はリラックスしていきましょう。

      がんばれ!

  3. Mado より:

    はじめまして!
    Madoと申します。

    身長165cm、細身女です。
    ちなみに昔から運動神経は最悪でした。

    そんな私ですが、昔からバイクに憧れてついに先日入校しました。
    本日3時間目が終了したところです。
    正直恐い。

    かっこいいからと恐いもの知らずで勢いで始めてみたものの、一番最初にバイクを走らせたときから恐くて仕方がありません。

    指導員さんからも「大丈夫だからもっとスピード出して!」と温かい言葉をいただいていますがどうにも恐い。

    今日初めて転んで少し足を捻ってしまい痛い。

    あと、今日言われたのが「本来なら一本橋とかまでいってないといけないがちょっと遅れてるな…」と言われ不安を抱いています。(今日はS字の練習でした)

    ちなみに力が皆無過ぎてバイクを倒したときに全く持ち上がらないです。あと、車の免許もAT限定なのでMTが初めてということもあり途中でいつもパニックしてしまいます。

    こんな私でも取得出来るのでしょうか?
    長々と申し訳ございません。

    1. Gon-K より:

      Madoさん
      コメントありがとうございます。
      まだ3時間目です。焦ることないですよ。男も女もオートマしか乗ったことない人は戸惑うので、Madoさんは全然フツーです。確かにパワーがないのはハンディですが、身長150cm台の女性でも卒検3回とかで見事に卒業しています。少々延長しても、その分たくさんバイクに乗れるくらいの開き直りでいきましょう。
      それから、最初はみんな怖いです。徐々に慣れればいい、あきらめなければきっと慣れます。
      けがの防止のためにも、ブーツはしっかりしたのを履いてください。ちょっとかわいく大きめのワークブーツなんかじゃなく、しっかりしたバイク用のものがいいです。足つきが安定するし、転倒の時に足首をホールドしてくれます。
      でも、たくさん転倒して体中が痛くなったなんてときは、少し休んだって大丈夫です。焦らず、でも継続的に、きっと行けます。
      実際、そうやって卒検パスした方のコメントをたくさんもらってますから。
      絶対大丈夫!!

  4. まりぃ より:

    はじめまして、まりぃと申します。
    26才の女です。
    バイクの教習が上手く行かず、落ち込んでこちらに行き着きました…。

    私は今、合宿免許で教習所に通っています。
    今日で教習2日目です。

    今日クラッチを急に離し過ぎて、
    急発進し、それに驚きフロントブレーキを握ったら、アクセルも回してしまったようで、
    思いっきり前に転けてしまいました…。

    恐怖心と痛いので、バイクを発進する事が怖くなってしまい、
    次の時間もまともに授業を受けられなくなってしまいました。

    いたる所青アザ、筋肉痛で、
    その上怖くて発進すら出来ない状況に涙し、とても落ち込んでいます。

    この記事を読ませて頂き、
    また明日も頑張ってみようと思えました…。
    ありがとうございます!

    1. Gon-K より:

      まりぃさん、コメントありがとうございます。
      二輪教習の最初に恐怖心と戦っている人、結構多いんです。当ブログにも多くの方からそんなコメントをもらいます。ましてや合宿となると強制的にスケジュールが組まれるので、逃げるに逃げられませんよね。まりぃさんは頑張ってます。
      もう見たかもしれませんが、まだなら下の記事も読んでみてください。
      http://bikelabo.com/smooth_stop_no_willie
      バイクは、敷居の高い孤高の乗り物ではなく、みんなが楽しむための乗り物です。ちょっとしたコツをつかめば面白くなってきますよ。
      あ、それから、発進時は常に前傾姿勢を心がけてください。ハンドルにしがみつくことでバイクの加速Gに耐えようとしがちですが、正しくは体幹で踏ん張ります。ハンドルにしがみつくと、ウィリーしやすくなります。
      http://bikelabo.com/kasoku
      焦らないでゆっくり行きましょう。バイクの慣れは個人差があります。今の時点で周りと比べる必要ま全然ないです。たとえゆっくりでも、まりぃさんが免許とって楽しいバイクライフを送るのが目的です。
      最初は自信をなくして当ブログにたどり着いた方々も、いろいろ試行錯誤して、最後には「卒検通ったよ!」という連絡をくれます。まりぃさん、自分を信じてあげてください。
      あとちょっとだけ勇気を出して、前に踏み出す。そんなチャレンジも、バイクからの贈り物ですよ。
      Gon-K

  5. あん。 より:

    早速のお返事ありがとうございます。
    まさに!私がウィリーしたときの状況はGon-Kさんのおっしゃった通りフロントブレーキのレバーを引くときに、手のひらごと手前に引いてしまい、そうすることでアクセルも一緒に回ってしまい、バイクが急発進した。という状況でした!

    ハンドルの握り方の記事も参考にして、明日の教習で試してみようとおもいます。あとシートも前に座るを意識したいとおもいます!
    また時々報告させてください(。・ω・。)

    1. Gon-K より:

      あんさんガンバレ!!

  6. あん。 より:

    こんにちは。投稿最初の記事から読ませていただきました。
    私は34歳女で体系も細身で身長は157㎝です。
    先月の26日からいきなり大型自動二輪の教習をうけてます。
    バイクに乗ろうと思ったきっかけは「あんなに小さい女の人がでっかいバイクに乗ってる!めっちゃかっこいい!!」でした。思ったら即行動ですぐに教習所に入校しました。
    昨日8時間目の教習を受け終わったところです。
    まったくできません。昨日は帰りの車の中で一人悔しくて号泣しながら帰宅しました。
    体も痣だらけで、左手の親指はパンパンになってます。

    取り回しもいまだにうまくできず・・・少しは、なれてきましたが、後ろに引くことはできても、前に押し進みだすと恐怖心から左側に車体を倒しすぎてしまいそのままガッシャーンとなってしまいます。
    さらに、7時間目の教習でクランクをでたときの一時停止で操作を誤りウィリーしてしまい、そのままバイクに引きずられ転倒し体が天地逆転状態になりました・・・
    いまでは、恐怖のほうが先立ち、昨日の8の字、クランクでも腕はガチガチで何回も転倒する始末。
    泣きごとばかりになってしまいましたが・・・
    私みたいな人いるんでしょうか?泣きながらでも、どれだけ時間がかかっても免許取得したいです!
    Gon-Kさんの記事を参考に次回の教習も頑張ろうとおもいます!!

    1. Gon-K より:

      あんさん。コメントありがとうございます。
      結論から言います。身長150 cm台で、ビッグバイクに乗ってる女性はいる!だから、今回のチャレンジの先にいるのは、間違いなく自分のバイクに乗ったあんさん、あなたです。この思いを忘れないでください。Gon-Kは応援します。
      ・・で、話を目先に戻します。パワーと身長がない人は、確かに不利です。これは事実です。そして、結構多くの女性が、青アザ作りながら免許取得に至ってます。でも、時間をかければ免許は取れます。あまり体がガタガタで教習に挑むと、力みが抜けず失敗が多くなります。無理と思ったら、1週間くらい教習期間を空けるなど、自分をいたわってください。もちろん、その間はイメトレやチャリトレできます。知り合いにバイク乗りがいれば相談するのもいい。
      それから、手が小さい人は、フロントブレーキのレバーを引くときに、手のひらごと手前に引いてしまうことがあります。そうするとアクセルも一緒に回ってしまい、バイクが急発進します。フロントブレーキは手全体で引かず、指を曲げることで引っ張るようにしてください。リアブレーキで十分減速できていれば、フロントブレーキはそんなに強く引かなくても止まります。それから、小柄な人は、シートの前よりに座ることで腕に余裕が出ます。フツーに座るとハンドルと自分の距離が遠くて、腕が伸び切っちゃいます。こうなると、ウィリーしやすくなります。
      あんさん、ビッグバイクという自分の選択を信じてください!

コメントを残す

*