公道デビュー

バイクで公道デビュー バイクはイェーガーかメーヴェです!

バイクはイェーガーカメーヴェ

こんにちは、Gon-Kです。

Gon-Kにとてのバイクの魅力は、「自分の能力を無限に伸ばしてくれるところ」かなと思います。映画パシフィックリムのイェーガーや風の谷のナウシカのメーヴェといったとこかな。


続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
12

バイクで公道デビュー 後ろからあおられたら?先に行かせりゃいいんです!

あおられたらゆずっちゃえ

こんにちは、Gon-Kです。

峠道なんかをのんびり走ってると、後ろに四輪やバイクがピタッとくっついてくることないですか?なんだかあおられるみたいでいやですよね。自分のペースを超えて走るのはとっても危険です。そんなときは、さっさと道をゆずっちゃえばいいんです。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6

バイクで公道デビュー 駐車場に入ろうと思ったら段差が?路肩の段差を登るコツ

バイクで駐車場の段差を越える

こんにちは、Gon-Kです。

コンビニなんかで駐車場に入るとき、途中が「げっ、段差!」ってことないですか?そんなときは、大型二輪教習の波状路が使えます。


続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9

バイクで公道デビュー レバーが折れても気にしないもん!

レバーは折れたら交換すればいい

こんにちは、Gon-Kです。

バイクって重いですよね。グラっとくると支えきれずそのまま立ちゴケ。立ちゴケ自体もショックですが、ついでにブレーキレバーとかクラッチレバーが折れちゃうと、ショック倍増グーンと落ち込んじゃいます。でも大丈夫!レバーなんて交換すればもと通り。


続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
14

バイクで公道デビュー 坂道でバイクを停めるコツ!

バイクの坂道駐車は斜面のかコツ

こんにちは、Gon-Kです。

バイクを駐車しようとしたら地面が坂になってることってありますよね。坂に対してバイクを横に駐車すると、バイクがサイドスタンド側に傾きすぎたり、反対にほとんど傾かなくてサイドスタンドの反対側に倒れそうになることがあります。坂道の駐車では、バイクの正面を坂の上に向けるとバイクが安定します。


続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
13

バイクで公道デビュー デコボコ段差を越えるコツはヒジのクッション

デコボコはヒジがポイント

こんにちは、Gon-Kです。

舗装してない駐車場やツーリング先で出会う未舗装の道。単に石や砂利がのってるだけではなく、道そのものにデコボコと段差があることって多いですよね。そのまま突っ込むとガクンと衝撃がきてハンドルを取られたりバランスを崩したりしがちです。でも大丈夫、デコボコに対して垂直にアプローチする、そして、両ヒジのクッションで衝撃を吸収する、であなたもダートライダーです。


続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4

バイクで公道デビュー 砂利の駐車場でサイドスタンドが地面に刺さらないコツ!

サイドスタンドの下に石

こんにちは、Gon-Kです。

バイクを駐車しようとしたら、地面が砂利だったり土だったりすることありますよね。地面が柔らかいと、サイドスタンドが地面に刺さってバイクが倒れることがあります。さぁ、困った。そんなときはサイドスタンドの下に、①石を入れる、②木の板を入れる、③サイドスタンドプレートを入れる。


続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8

バイクで公道デビュー 両足を出しながら走るときのコツ!

ケツグリップ

こんにちは、Gon-Kです。

バイクに乗るときは両足をステップに乗せた方が絶対安定します。とはいうものの、バランスがとれないので足を出したいときってありますよね、よくわかります。で、「足を出したってイイじゃん!」といいながら両足をブランと下げるんですが、ステップから足をおろすとバイクはヨロヨロしがち。そんなときはケツでシートをはさみます。


続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4

バイクで公道デビュー 砂利や土の道を走る時は車体を垂直に

砂利道を走るコツ

こんにちは、Gon-Kです。

公道に出るといつでも舗装路とは限りませんよね。砂利や土の道もあります。そんな舗装されていない路面を走るコツは、なるべく車体をまっすぐ垂直に保つこと。


続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6

バイクで公道デビュー 疲れない乗車姿勢のコツ!

疲れない乗車姿勢

こんにちは、Gon-Kです。

教習所ではニーグリップしっかり!とか、お腹に力を入れて!とか力の入れ方をいろいろ指導されましたよね。そして公道に出たらいよいよ本番、気合いも力も入れて走り出す。でもずっと力んでると疲れちゃいませんか。そんなあなた、力をぬくところはぬいてもいいんです。


続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
13