バイクで公道デビュー 疲れない乗車姿勢のコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
疲れない乗車姿勢

こんにちは、Gon-Kです。

教習所ではニーグリップしっかり!とか、お腹に力を入れて!とか力の入れ方をいろいろ指導されましたよね。そして公道に出たらいよいよ本番、気合いも力も入れて走り出す。でもずっと力んでると疲れちゃいませんか。そんなあなた、力をぬくところはぬいてもいいんです。


バイクに乗る時にギュッと力を入れる代表的な例はニーグリップじゃないでしょうか。そう、ニーグリップは大切。Gon-Kもそれをわかってもらおうと電子書籍を一冊書いたくらいです。でも、もしあなたがツーリングの初めから最後までずーっとニーグリップしてたら、足も腰もしびれますよね。じゃぁ、みんなどうしてるんでしょう?

バイクに乗って力んでると疲れます

実のところ、曲がったりとか加速したりとか、何か車体の動きに変化があるとき以外は、ヒザやくるぶしが車体から離れない程度に力を入れてれば十分です。四六時中ガチガチに力む必要はありません。もちろん力がぬけてタンクとヒザが完全に離れちゃってるのはだめだけど。

ヒザが開かない程度にリラックス

腹筋と背筋も同じ。腕の力みが出ないように体幹で上半身を支えるってことについては過去記事でもふれましたよね。でも、走行中ずーっとお腹と背中に力を入れてると疲れちゃいます。腕の力をぬくというのはバイク操作の基本なんですが、長い直線をのんびり流しているときには、多少上半身の重さを腕に預けても問題ありません。ハンドルに変な力が加わらなきゃ大丈夫。たまにお腹と背中の筋肉を休めてあげないと、疲れます。

あなたがバイクの運転に慣れてくれば、体も疲れにくくなってきます。とはいっても、長時間の運転ではやっぱり疲れちゃうのも事実です。適度にリラックスするコツを覚えましょう。

リラックッスしたライディングフォームを見つけよう

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら

PR

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*