二輪教習 クランクのコツ5!クランクは目線で克服

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二輪教習クランクの目線

こんにちは、Gon-Kです。

クランクで曲がりきれなくてパイロンに突っ込んだり、慎重に走ったら内側に寄って転んだりしませんか?それは、目線が近すぎるからかもしれません。対策は、目線をつねに次の目的地に向けること。

クランクには、半クラ、アクセルワーク、ニーグリップなど、いくつものコツがあります(クランクのコツ参照)・・・・が、特に大切なコツは目線です。なぜなら、バイクは常に目線を向けた方向に進むから!他のコツができていてもあなたの目線があさっての方向に向いてれば、バイクもあさっての方向に進みます。でも、目線が常に進むべき方向に向いていれば、アクセルワークやニーグリップが完璧じゃなくても、なんとかバイクは進みます。

左折からクランクに入るコースを例にとります。クランク進入を始めたらすぐに、ひとつめの曲がり角に目線をやります。進入が終わってからじゃないですよ、もう、進入し始めると同時にです。まず顔ごと最初の曲がり角をガン見して、それから進入していくぐらいのイメージです。

そして今度は、最初の曲がり角に入る直前に、ガンッ!と二つめの曲がり角をガン見します。当然最初の曲がり角を曲がってから見るのでは遅すぎます。まずガン見して、そして曲がり始めます。

二輪教習クランクは目線が特に大事

最後は、クランクの出口をガン見して、そしてクランク脱出です。

「ガン見→曲がる」という順番なので、ガン見のタイミングが遅れると、曲がる動作も遅れますよね。クランクで曲がりきれないのはこの目線を向けるタイミングが遅いからです。目線が遅れると後ろの動作がすべて遅れるんです。

二輪教習クランクでは目線が先行

つねに目線をひとつ先の行き先に向けるように心がけましょう。

今回は目線を強調してみました。その他クランクのコツについては、他のクランク関係の記事も読んでみてください。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?。いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。

詳細はこちら↓

バイク初心者サポートマニュアル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. まみ より:

    Gon-Kさん、こんにちは!

    去年の夏に念願の普通二輪免許を取得しました。
    一言、お礼を言いたくてコメントしました。
    最後の最後までクランクに苦しんでいましたが、このサイトでクランクの説明を頭に叩き込んでいた時の事を今でも覚えています。
    本当にお世話になりました!
    ありがとうございました!

    1. Gon-K より:

      まみさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。
      そうですか、教習中の思い出がいい形でよみがえる、きっとまみさんが頑張ったからですね。そういうのっていいと思います。
      これからも楽しいバイクライフを!

  2. kamido より:

    Gon-Kさん、いつもお世話になっております。
    kamidoと申します。40過ぎのおっさんです。

    普通二輪免許取得を目指して教習所に通っています。
    昨日ようやく一段階の見極めを突破しました。

    今までずっとクランクが苦手で(まあ得意なものはないのですが…)成功率は良くて半々。コケてる時間のほうが長い有様だったのですが、家を出る直前までこのブログを拝読し、
    「曲がり角に入る直前にガン見!」「ガン見→曲がる!」と頭に叩き込んでから見極めに挑んだところ、なんと5本中4本が成功しました!
    後半、少し疲れてきて油断した頃に最初のコーナーでコーンを引っ掛け、動揺してふたつ目のコーナーでバイクをコカしてしまいましたが、クランクを抜けるたびに心の中でガッツポーズを繰り返してました。

    昨年12月初頭から通い始めましたが、思うように時間が取れず一ヶ月以上かかってようやく折り返し地点です。
    これからもこのブログで予習、復習をさせていただこうと思っております。よろしくお願いいたします。

    1. Gon-K より:

      kamidoさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。
      クランク5本中4本が成功ってのはすごいですね。自信がつけばもっといけると思いますよ。
      クランクに限らずライディングはまず目線です。
      頑張れ!

  3. kayo より:

    いつも勝手にお世話になってます

    大型自動二輪挑戦中の34歳女です。
    どうしても大きいバイクに乗りたくて、いきなり大型チャレンジです。
    身長は163cmあり、最初こそ750起こせもしなかったものの、根性で、補習なしのストレートで卒検まできました。

    が、卒検で躓きました。
    とにかく緊張がひどいです。
    1回目、なんでそんな所でとゆう所でエンストしてコケて、検定中止
    2回目、メンタルボロボロで、クランクのパイロンを引っ掛けて検定中止

    みきわめまでは、得意なものも無かったけど、絶対これが苦手!とゆうものもなく、下手っぴながら楽しく教習を受けてきました。
    諦めるつもりはないので、何回でも受ける覚悟ですが、補習でクランクが全く通れなくなりました。

    右折進入で、最初の左折は問題ないのですが、右折してクランク出る時に後輪をひっかけます。
    2回目卒検を落ちた時の再現を延々とやっているようです。
    どうやってクランクを通過していたのか分からなくなりました。

    目線。曲がる前に次の角

    やってみます。

    三度目の正直となるように、頑張ってきます。

    1. Gon-K より:

      kayoさん
      こんばんは、Gon-Kです。コメントありがとうございます。
      そうですか、卒検の緊張が最初の敵だったんですね。がんばってくださいね。そこまでストレートでいったなら技術的にはバッチリですよね。
      応援してます、がんばれ!

  4. シズ より:

    いつもお返事ありがとうございます。

    クランク、今日、最後に少しカスってしまいました。

    曲がる直前に次をガン見とありますが、ガン見していたら外側のパイロンを沿うように走行できなくないですか?

    どうも走行ラインを気にして外側のパイロン見ながらそれに沿うようにやらないと超不安です。

    近くを見ずにパイロンに接触せずにタイミング良く曲がるとありますが、そのタイミングってどう感じれば良いでしょうか?

    勘で曲がったら外側にぶつける気がします。

    1. Gon-K より:

      シズさん
      接触したパイロンは外側?それとも内側?外側だとすると、パイロンを見過ぎのように感じます。やはり目線は次の目的地を見ている必要があります。単に勘で曲がるのではなく、何度も練習して「ここからなら外側のパイロンにぶつからずに曲がれる」というポイントを見つける必要はあると思います。よほどスピードを出していない限り、目線が次の目的地を見ていれば、バイクがさらに外側にはみ出るってことはそんなにないかと。
      ただし、バイクってその構造上、曲がり始めたらその場で急に曲がるのではなく、ある程度曲線を描いて曲がりますよね。この曲線分は見込んである程度手前で曲がり始める必要はありますね。
      いかがでしょう。

    2. シズ より:

      お返事ありがとうございます。
      本日4コマ目、やってきました。

      初めに教官に聞いてみましたところ、S字間隔でやるとのことだったのでやってみました。

      そしたら上手くいきました。

      また視線を次へ次へともっていったら、クランクが広く感じられ、視界も広いので余裕が出ましたよ。

      コーナーを曲がってるときには自然に次へ視線を向けてました。

      アドバイスありがとうございます。

      また、スラロームもバンクさせてやれました。もちろん視線は遠くにして全体を見るような感じで。

      やはり、ここで言う通り、先へ視線を運ぶのはかなり重要です。

      近くを見てるときはダメダメでした。

      あと、セルフステアを会得したみたいで、スルスル曲がることもできました。

      4コマ目にきてようやく慣れてきた感じですが、次は見極めなので最後になります。

      失敗しなければ。

      卒業検定は雨です。雨はやったことないので急制動が気になります。

      グローブも普段と違い厚いのになるし。

      雨でもグローブは今までつけてるものの方が良いでしょうか?

    3. Gon-K より:

      シズさん
      セルフステアがわかったってのは大きいですね。これでコーナリングがぐんと安定したんじゃないでしょうか。目線とセルフステアができれば曲がるのはばっちりです。

      グローブの件ですが、雨の日は厚手のものを着用するんですが?Gon-Kの場合、多少なら普段と同じものを使ってました。夏場はメッシュ物のでしょうか。ツーリングみたいに遠出するときは、ゴアテックスの防水のものを使うことはあります。

    4. シズ より:

      はい、コーナリングもハンドルにしがみついてやることはなくなりました。

      ただ、低速で小旋回するときだけはハンドルをしっかり握っていないと倒れそうになりました

      グローブ、濡れても良いので普段の使いますね!

      ありがとうございます。
      月曜に良い報告ができると良いです

    5. Gon-K より:

      シズさん
      吉報待ってます!

    6. シズ より:

      四日間空くとできるかどうか、かなり不安です
      ソワソワして眠れなかったり。

      考えすぎですかね。

    7. Gon-K より:

      シズさん

      考えすぎじゃなくそれだけ真剣ってことじゃないでしょうか。

      頑張れ!

    8. シズ より:

      真剣なのかも知れません。
      頑張ります!

    9. Gon-K より:

      シズさん
      いいね!

    10. シズ より:

      合格しましたー!!
      超嬉しいです!

      一時はマニュアル挫折しましたが、リベンジして良かったです。

      ここで書かれていることも参考になりました。

      いつもお早いお返事だし!

      ありがとうございます!

      一本橋のタイム以外は完璧だったそうです。走りが良いと誉められてしまいました(笑)

    11. Gon-K より:

      シズさん
      おお!!おめでとうございます。ついに来るべき時がきましたね。今年の夏はバイクで楽しんでください。これまであんなに頑張ったバイクです。必ずシズさんにとって意味があるはずですよね。
      本当におめでとうございます。

  5. まりぃ より:

    Gon-Kさんこんにちは。

    今日はさっそく免許の手続きに行ってきました♪
    新しく追加された「普自二」の項目を見て感動してます!
    あんなにビビっていた自分がライダーになれたなんて、今だに信じられないです…(笑)

    ゆくゆくは大型二輪に挑みたいのですが、まだ全然バイクに慣れてないので、少し時間を空けようと考えています…。
    いきなり400ccはちょっと怖いし、250ccのバイクを探そうかな…と。
    250ccから大型二輪の挑戦は厳しいですかね…?
    腕を磨いて、バンクする事に慣れて(笑)からにしようとは思ってます。

    もちろん、今はバイクに毎日でも乗りたい状態になってるので、
    すぐにでも大型二輪に挑みたい気持ちもありますが、
    気持ちだけではどうにもならない事もあると思うので…。

    路上デビュー、大型二輪挑戦になったら、またお世話になると思いますがよろしくお願いします!

    1. Gon-K より:

      まりぃさん
      免許交付の瞬間って、本当にジンときますよね。よくわかります。
      250から始めるの、とてもいいと思います。長い目で見ると、小さいのからステップアップした方が絶対上手くなる。
      250くらいだと軽いので、いろんなところに入っていけるし、ねかしたりコカしたりしてもなんとかなりますもんね。つまり、バイクのいろんな挙動を体験することができます。これがビッグバイクだと、デカいし重いしコカしたくないので、無難な走りしかしなくなり、二輪本来の楽しさを体験できないままになっちゃうんです。
      1年くらいしっかり250乗り込めば、十分大型いけますよ。
      期待してます!!!!!

  6. まりぃ より:

    Gon-Kさん、こんにちは!
    今日 ついに卒業しました♪
    ついに憧れていたバイクの免許!本当に嬉しいです!!

    本当は昨日の予定でしたが、
    スラロームのパイロンを倒してしまい、再試になっちゃいました…。
    目線、本当に大事です…(笑)

    いつもこのサイトで予習、復習できたので、とても助かりました!
    本当にありがとうございます!

    今度は大型二輪の免許獲得を目指して頑張りたいと思います♪
    Gon-Kさんは普通二輪を取ってから、どれくらいの期間で大型二輪を取ったのでしょうか?

    1. Gon-K より:

      まりぃさん
      おめでとうございます!!ついについにバイクデビューですね。
      ついこの前まで恐怖と戦ってたまりぃさんとは思えない。本当によく頑張りましたね。これからは自分のバイクで思いっきりバイクライフを楽しんでください。

      大型二輪、お金と体力が続くのなら、このまま大型免許に挑んでもいけると思いますよ。多分今が一番教習所乗りできてる時期だから。バイクでどんな遊び方をするかにもよるけど、公道に出てまっすぐしか走らないでいると教習所の低速走行は下手になること多いです。マメにライディングスクールなんかに通って意識的に練習すれば別ですが。

      少しゆっくり休みたいという気持ちもあるかもしれないので、自分のバイクを買って1年くらいみっちり楽しく練習すれば、まりぃさんなら余裕で大型取れますよ。大型唯一の問題はバイクがデカくて重いことです。倒さなきゃ普通二輪と変わらないから。

      Gon-Kは普通と大型の間に10年くらい間がありました。しかも色々な事情で後半は全くバイクに乗れなくて、「このままじゃいけない、人生変えなきゃ!」と思い立って大型とりました。夜間の大型教習コースで信号待ちをしてる時、久々にバイクの振動を感じながら、「あぁ、やっぱり俺の居場所はバイクの上だな」と、再認識したのを覚えてます。多分あの感覚は一生忘れない。

      まぁ、普通から大型にステップアップするのに10年もいりません。自分にやる気が出てきたら、その時がベストのタイミングです。まりぃさんの大型チャレンジ待ってます。
      本当におめでとう!!素晴らしいバイクライフを!!!

コメントを残す

*