バイクで公道デビュー 他人が自分のバイクにまたがるのはイヤだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
他人に自分のバイクを股がられるのは嫌の図

こんにちは、Gon-Kです。

バイク乗りには2通りのタイプがいると思う。

一つは他人が自分のバイクにまたがるのをイヤってタイプ。もう一つは他人が自分のバイクにまたがっても気にしないタイプ。あなたはどっち?


愛着いろいろ

バイクってとってもパーソナルなのり物で、バイクに対するバイク乗りの愛着もいろいろです。

けっこうきくのは「他人には自分のバイクにまたがって欲しくない派」と、「他人が自分のバイクにまたがってもあまり気にしない派」じゃないかな。ちなみに、あなたは自分のバイクに他人がまたがるのイヤですか?それともあまり気になりませんか?

またがってほしくない

バイク乗りにとってバイクってとっても大切なもので、彼女とか彼にたとえられるくらいですから。そう、自分だけがまたがることを許された最愛の人(ちょっと表現がアレですが・・・)。

そう考えると、他人が自分のバイクをベタベタ触ったり、しまいにゃまたがったりするのはかなりやめてほしいですよね。他人が自分の恋人にまたがるのはやめてもらいたい(やっぱり表現がアレですが・・・・・)。

まかりまちがってコカされたり傷つけられたらたまったもんじゃない。「私の大切な人をキズモノにして!!」って感じです。

他人にバイクに股がられたくない図

あまり気にしない

人間、自分の自慢の道具はみんなに見せびらかしたりちょっと使わせたりして「おお、スゲーなこれ!」とかいわせたいじゃないですか。

バイクってまさしくそういう道具で、「おお、カッコえーなあこのバイク!」とかいわれると、「そうだろうそうだろう、なんならまたがってみろよ!もっとスゲーぞ」って思っちゃう。

それに、自分が興味あるバイクを見ると「どんな乗り味なんだろう?』とか「どんな作りになってるんだろう?」って興味がでてくるので、近くに寄ってなめまわすように観察しちゃう。知人のバイクなんかだとまたがったりして。

他人にバイクに触られても気にしない図

どれぐらい他人か?

ただし、どっちのタイプもどれぐらい他人なのかによって反応違うと思うんだよね。

「またがってほしくない派」も親しい人が自分のバイクにまたがってるならあまり気にならないかもしれない。家族やパートナーなら問題なしって人も多いはず。

「気にしない派」だって全然知らない奴が勝手に自分のバイクにまたがってたらムカつくと思う。たとえばパーキングにバイク止めてもどってきたら、知らない奴がバイクにまたがってアクセルとかガチャガチャしてるのはもう勘弁。

ケースバイケースかな。

ちなみにGon-Kは「あまり気にしない派」です。あなたはどっち?

おまけ

応用編として、タンデムシートにのせるのは心に決めた人だけというタイプと、誰が乗っても気にしないタイプってのもありますね。ちなみにGon-Kは後者です(デリカシーがないとよくいわれる・・・・)。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、けっこうみんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク乗りのLINEスタンプができました。詳しくはこちらバイクのLINEスタンプ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちらバイク初心者サポートマニュアル



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ドラゾンビ より:

    こんばんは(^^)/

    ドラも礼節のある人ならどうぞどうぞ!って感じですね。

    先日の練習会では、憧れのCB1300の人に、サイドスタンド立てたままで跨らせてもらっていいですか?っておねがいしました。
    快諾戴、跨らせてもらいましたが、これはでかすぎて無理!!ってCB1300諦めました((+_+))

    しかしドラも他人様のバイクは神聖な物って思っております。

    1. Gon-K より:

      ドラゾンビさん
      確かにCB1300は太っちょですね!

  2. やゆ より:

    こんばんは、やゆです。

    私は気にしない派です。
    友人知人ならこっちから跨がってみる?免許持ちなら運転してみる?って言っちゃいます。
    それでコケても多少の傷なら気にしないですね。
    これは前にもコメントしたかな?

    赤の他人はナシ!
    繁華街だと勝手に人のバイクのシート座り話してるのがいたりしますが、あれは何を考えてるのか?
    ベンチとでも思ってんでしょうかね?

    1. Gon-K より:

      やゆさん
      うんうん、ベンチというか、誰かのものって考えてないんでしょうね。
      想像力が乏しい。

  3. 街もオフも直線女番長 より:

    番長の場合なんですが、人様のバイクはとても神聖に感じていて、
    スクールで一緒だったミシマさんが跨っていいですよと言って
    くれた時もおそれおおくてできませんでした。ですが自分のバイクと
    なるとなぜか気になんない。むしろ乗って感想を聞きたいくらいです。
    ことわりもなく跨るのは論外っす。

    1. ドラゾンビ より:

      ひと様のバイクってほんと神聖ですよね(^^)/

  4. 忍者 より:

    バイクだけに限らず、家などでも同じだと思いますよ。
    知らない他人が勝手に家にあがるのは嫌ですし、知人や友人など気を許した人が上がるのは嫌じゃないし、気持ちの度合いによってはむしろ上がってくれと思います。
    バイクだってそうで、知らない人には跨らせないけど仲の良い人なら跨がってもらっても良いです。
    バイク経験者には跨がってもらってこのバイクの感覚を知ってもらいたいのはもちろん、
    特に「バイク未経験者だけどバイクに興味のある人」にはバイクにまたがる感覚を知ってもらって喜んでもらいたいですね。
    その際バイク未経験者に跨がってもらう時は、スタンドは上げないようにしてもらった方が良いと思います。
    何かあった時に双方が悲しい思いをしないためです。

    また自分は、他の人に自分のバイクを跨らせるのは良いけど、他の人のバイクにはどれだけ仲が良くても跨らないようにしています。
    不意に倒してしまいバイクだけでなくその人との関係にも傷が入る事を望まないためです。

    1. Gon-K より:

      忍者さん
      テキトーなGon-Kとしては、人様のバイクにまたがる時は、心して対応しなきゃダメだなあとあらためて感じてます。
      気をつけなきゃ!

    2. 忍者 より:

      gon-k さんへ。

      どれだけしっかりした人であっても、不意の出来事は発生しますもんね。
      スタンドを立てている足場が実は悪くて跨がった際に・・
      お尻が上がっている車種のため跨がった時に足が引っ掛かって・・など。

      なのでどんな魅力的なバイクがあっても自分はとても跨がれないんです。笑
      他の人に自分のバイクを運転させる、自分が他の人のバイクを運転する事に関してはもっと怖いのでシビアになってます。
      どうしても乗る、もしくは乗らせるのであれば、他者運転特約の事、保証対象年齢の事、その他保険の内容をお互いがしっかりと確認してからにするべきですね。
      ベンツにぶつかって弁償金1000万円、人をはねて賠償金1億円。
      でも事故した本人は友達のバイクを借りて事故したから保険が一切降りません。
      なんて事になったら人生おしまいです。

    3. Gon-K より:

      忍者さん
      おっしゃる通り、とくに運転させるのは慎重になった方がいいですね。
      命がかかってくるもんね。

  5. もも より:

    全く知らない人が勝手にまたがるのはなしです!絶対なしです!
    めっちゃ怒ります!(`・ω・´)
    ロープでぐるぐる巻きにしてでっかいくんで引きずり回したくなるくらい嫌です!(●>皿<●)

    知ってる人なら「いい?」って聞かれたら別にいいけど跨がってみたいって言う人がほぼいない…
    みんな眺めて終わっちゃう…
    跨がってもいいって言っても拒否されちゃう…(´・ω・`)
    うちの子嫌われてるのかもしれません

    1. ぶぎゅる より:

      ももさん
      自分も全く知らない人が勝手に跨ったら( -_-)ノビシ*)゜O゜)あぅ です。
      よく聞かれるのが「コレって何ccですか?」
      250ccと答えると「え?」みたいな顔されます。いや、エンジン部分スカスカだからと言うとやっと納得される次第。(ナンバー見たら250以下って判るだろーが)
      今まで跨ったのは自分以外では一人だけです。

    2. ドラゾンビ より:

      ももサマ~(^^)/

      でっかい君、跨らせてもらいたいです(*´ω`*)
      しかしですね、実際その場になると、とても畏れ多いことなのです。

    3. リンリン より:

      ももさ〜ん

      私もでっかい君跨ってみたいです〜。あとでっかい君のサウンドも聴きたいです〜。

      でも運転はいいです〜( ̄∀ ̄)

  6. 来夢 より:

    先日のライスクで人気者になった来夢…

    じゃ無くて…
    zealくん

    知らない?知ってるけど忘れる?とにかく、人気者跨がせて!とおじ様達…(笑)
    一人のおじ様は、俺も探して貰おう‼なんて仰ってました(笑)

    基本跨ぐだけなら、誰でもOKですね!
    但し!皆さん股がると必ず、低い‼と言う(#`皿´)

    当たり前じゃ!来夢仕様のzealくんは、シート高685位(多分)だぞ‼
    フロントも下げてるし、サイドスタンドも短くしてあるし…なので、体格のいい方だけど、ちょっと心配になる…

    話しが脱線しましたが、知らない人は、跨ぐのはOK、知り合い(でかくない人)なら運転もOKです(^ー^)

    1. Gon-K より:

      来夢さん
      おお、お仲間がいて安心しました。
      しっかしZealは人気者なんですね。確かにこのバイクが出た当時はけっこうエポックメイキングなバイクだったように記憶しています。
      小物入れついてるし・・・・・

    2. 来夢 より:

      あっ、Gon-Kさん、基本勝手に跨ぐはNGですよ!

      zealくん、4気筒と聞いてびっくりされる方が多かったです。

      時代が早かったんですかね?

    3. Gon-K より:

      Gon-Kも知らない奴が勝手にまたぐのはNGです。

    4. リンリン より:

      来夢さんこんばんわ〜。

      ジール君人気者いいじゃないですか〜。

      4気筒そんなに珍しくはないと思いますよ?4気筒良いですよ〜。エンジン音がカッコいい!

      お会いすることできたら是非跨らせてくださいな〜(*゚▽゚)ノ
      めっちゃ足つき楽ちんそうなんですもん

    5. 来夢 より:

      リンリンさん
      ジール見た人、私が4気筒と言うまで解らなかった人が多かったです(笑)

      私のジールは、150センチ以上の方なら間違い無く両方の足着きます!
      アメリカンと同じ位低いかも…
      但し、油断してるとエキパイ擦ります…f(^^;)

    6. Gon-K より:

      ぱっと見は2気筒っぽいサイズですよね。
      VTRみたいな感じ、でもけっこう太っちょみたいな・・・・

    7. 街もオフも直線女番長 より:

      来夢さん、そのうちZeal見たいです。小物入れ←そこかよ
      リンリンさん、そのうち勇姿を見学しに行きたいです。

    8. リンリン より:

      女番長さん>こんばんわ!

      是非に見学来て下さい!でも今年はもう大会は終わってしまったので来シーズンになっちゃいます(´・_・`)
      リンリン今のところ大会デビューはまだ考えてないのでデビューする気になったらおしらせしますね?

    9. 街もオフも直線女番長 より:

      リンリンさん、ってぇことは来シーズンは、リンリン選手?
      おおー!o(≧▽≦)o

  7. リンリン より:

    Gon−Kさん こんばんは!

    リンリンも基本は気にしない派ですね〜。

    ただし!「勝手に」は嫌いです。
    ジロジロ見られるのもあんまり好きでは無いです(ㆀ˘・з・˘)

    前振りがあってのお触り(アレ?表現がおかしい)や検分や跨りやらは気にしないしどうぞどうぞって感じで大歓迎してます♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

    1. Gon-K より:

      リンリンさん
      おお、仲間がいて良かったです。
      でも、確かに一言あるとだいぶ違いますね。

    2. 来夢 より:

      お会いする機会がありましたら、跨がせて下さい!

      間違っても、運転はしないので(笑)

    3. リンリン より:

      Gon–Kさん>そうなんですよ。一声あるだけで全然違いますよね〜。寧ろ「跨りたくなるくらい興味持ってくれて嬉しい」とか思えてウキウキしちゃいます!

      来夢さん>是非是非!なんならそのままう・・・。いえいえ!お休み合う機会があったら12/1に秋ヶ瀬とかその他ではトミンモーターランドで練習してますので見学にいらして下さい!若干近いのでツーリングなんかもご一緒できたら嬉しいですね!

    4. 来夢 より:

      行ける様に、頑張って練習します…(笑)
      f(^^;)

  8. 雅生 より:

    Gon-K様
    雅生です。一切の免許を持たない頃。
    学生時代、キャンパスの近くにボーリング場があり仲間と待ち合わせしてた際、バイク免許取得を夢見て頃です。
    駐車してあったヤマハRZ350にオーナーさん来ないだろうと勝手に跨ってたら、オーナーさんが来て気まずい雰囲気、すかさず平謝り。オーナーさんニッコリ笑顔でバイク好きなんだねーって。怒らず颯爽と去って行きました。
    逆は、今の所無いけど、やられたら気分悪くなると思います。だから二度とやらない。あの時のオーナーさんの懐の深さに頭下がります。

    1. Gon-K より:

      雅生さん
      うーん、そういう大人でありたいですね。
      それも布教の一環だ。

コメントを残す

*