二輪教習 質問:回転数を上げても速度が遅いとノッキングしちゃうの? 答え:しないです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクは低速だとノッキングするのの図

こんにちは、Gon-Kです。

回転数を上げても速度が遅いとノッキングしてしまうのでしょうか?うーん、結論から言うと、十分に回転数が上がっていればエンストはしません。


以前、読者さんとコメントでやりとりしてる中で興味深い質問をもらったので記事に取りあげますね。

質問は「回転数を上げても速度が遅いとノッキングしてしまうのでしょうか?」とのこと。話としては坂道発進の時に回転数を上げているのにノッキングしてしまうってことみたいです。

なるほど、質問者さんはノッキングと速度をリンクさせて考えてるんですね。確かにバイクが遅くなるとノッキングするもんね。

実はね、厳密にいうとノッキングの原因になるのは速度ではなくエンジンの回転数なんです。つまり、結論から言うと、十分に回転数が上がっていればエンストはしません。

「でも、エンジンの回転数は上がってるのにエンストするんです!」と思ったあなた、多分ですね、あなた自身では十分回転数を上げているつもりでも実際は回転数の上げ方がたりない可能性大です。もうちょっとエンジンの回転上げてスタートしても大丈夫かと。

もう一つ、坂道発進の場合エンジンの回転数だけじゃなくって半クラの使い方もポイントになります。具体的には、平地よりも半クラの時間をちょとだけ長めにする。平地と同じ感覚でクラッチつなぐとエンストします。半クラでバイクがヌルヌル進みはじめてからクラッチレバーをスッと離す。早々に指を離すとノッキングやエンストする可能性が高くなる。

エンジンの回転数と低速って矛盾するように感じるかもですが、そこをつなぐのが半クラなんです。というか速度が遅い時にいかにノッキングやエンストさせずに走るのかが半クラを使う目的ですから。半クラを使うことで低速でもエンジンの回転数を高くたもてる。


坂道発進、エンジンの回転を高くすれば低速でもノッキングしないの図

というわけで、回転数が高ければ速度が遅くてもエンストはしません。

参考記事


疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、みんな同じことで悩んでますから。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*