バイクで公道デビュー 路上ですべらないコツ2!雨天の注意3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクで公道デビュー雨の日は注意

こんにちは、Gon-Kです。

二輪教習中も雨の教習があったと思いますが、もちろん公道でも雨は降ります。公道ではバイクの速度も速いので、雨の日はより一層注意が必要です。とは言っても必要以上に怖がることはありません。ポイントは、バイクをなるべく倒さない、急のつく操作をしない、滑りそうな場所では曲がらないです。

卒検をパスして免許が交付されて公道デビューすると、いろんな状況に出会います。今あなたは見るもの見る物新しくてドキドキしてるんじゃないでしょうか。そんな一つが雨の日の運転。バイクの運転って結構メンタルな部分があって、普段と違う状況で焦っちゃうと、いつもできてたことができなくなりませんか。雨の日は路上の状況が一変するので、戸惑いやすいですよね。でも大丈夫。あらかじめ注意するポイントを押さえとけば、落ち着いて走れますよ。

なるべくバイクを倒さない

あなたも聞いたことがあると思いますが、濡れた路面は滑りやすいです。スケートリンクのようなツルツルじゃないけど、晴れた日と同じ勢いでバイクをキビキビとバンクさせて曲がってると、ツルッといく可能性大です。じゃあどうするか?それは、なるべくバイクを傾けないで曲がることです。

「バイクを傾けないで曲がるって、傾けないと曲がらないじゃん?」というあなた、おっしゃる通り。全くバンクしないで曲がるわけにはいきません。でも、いつもより大回りで曲がるとかゆっくり曲がればバイクを倒す角度も浅くできますよね。

バイクで公道デビュー雨の日のコツ

急のつく操作をしない

よく言う、急加速、急ブレーキ、急ハンドル(バイクの場合急バンクでしょうか・・・)です。雨の日の急加速は後輪が空回りする可能性が高いです。例えばカーブを曲がり終えて立ち上がる時に思い切りアクセル開けると、バイクがまだ完全に直立してないので、後輪が横滑りします。また、急に曲がろうと思っても、前輪が滑ったりして危険です。ブレーキも早め早めにかけないと危険です。晴れた日の感覚で走っていると、急に車が飛び出してきてもスリップして止まれません。雨の日は、すべての操作をジワッとしましょう。

公道デビューのコツ、雨の日は急の吐く動作をしない

滑りそうなとこでは曲がらない

すべらないコツでも触れましたが、特に雨の日はマンホール、工事現場の鉄板、センターラインなどのペイント、スベスベの縁石なんかには乗っちゃいけません。あと、アスファルトの上に泥なんかある時も要注意です。泥は滑ります。基本は滑りそうなとこでは曲がらない。どうしても曲がる時はなるべくバイクを立ててまっすぐ通過しましょう。

二輪で公道デビュー滑りそうな所は避ける

それから、雨の夜は路面が濡れて真っ黒になったり対向車の光が反射したりして、マンホールやペイントが全然見えなくなります。気をつけましょう。

なんか大変そうな感じのことをいっぱい書きましたが、実際のところは、雨の日は雨の日で普段にはない景色が見えます。これも体一つで走り回るバイクの醍醐味ですよね。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?。いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*