バイクで公道デビュー カーブがきれいな円とはかぎらない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カーブのRは色々

こんにちは、Gon-Kです。

バイクでカーブに進入したら、だんだんRがきつくなってきたとか、またはその逆だったなんてことないでしょうか。バイク初心者の場合、こんなカーブに入るとギアや速度が合わなくてとまどいますよね。「でも、教習所ではコーナー曲がるときはアクセルやギアを一定にしたほうがいいって習ったけど?・・・・」ってあなた、教習所で習ったことが全てではないですよ。状況に合わせてシフトダウンとかブレーキをつかいましょう。



教習所と公道ではカーブの種類がちがう

PR

あなたの二輪教習時代を思いだしてください。教習ではS字とか外周コースのカーブを曲がるときに、アクセルとギアを一定にして曲がることが多かったんじゃないでしょうか。そう、コーナーではアクセルとギアはなるべく一定で曲がる、確かにこれが基本です。ところが最近こんなコメントをいただきました。

カーブが完全な円ではない

山道のワインディングロードのカーブのようなところを、確実に曲がろう

として十分にスピードを落としチェンジも落としていきます。

曲がるときのイメージは教習所の8字(私は習ってませんが)で旋回している

感じで2速なり3速なりで一定速度で曲がるイメージなのですが、カーブが

完全な円ではなく楕円だったりとイメージ通りではないのでアクセルの微

調整が必要になったり、脱出の時のフカシもあるのですが、旋回中に8字の

時のように2速のカーブ(結構急なカーブ)・3速のカーブ(少し緩やかなカー

ブ)で、そのギヤのまま調整するとバイクのトルクで立ち上がっちゃうので

す。

byばんと

 

正確な円になっている場所はほぼ無い

こんにちは、ぶぎゅるです。

自分はやっと300km程乗りました。給油満タン法で燃費を測ったら概ね30km/lでした。

コーナー練習、自分は近所の埋立地の工業団地でやっています。とは言っても極端に小さなコーナーは無く、ほぼ2速か3速で回れる所です。

やはり正確な円になっている場所はほぼ無く、ばんとさんと同様、コーナリング中にシフトアップすることが多いです。(逆もあります)

byぶぎゅる

ばんとさん、ぶぎゅるさん、コメントありがとうございました。そうです、公道を走り慣れたライダーにとってはあたりまえのことなんですが、じつは、公道ではカーブの円は一定とはかぎらないんです。

正直なところ、教習所で体験できる状況ってとっても整備されていて単調です。一方、公道にはいろんな状況がもりだくさん。カーブもその一つで、カーブに進入すると思ったより曲がり(Rという!)がきつかったり、またその逆だったり、さらに途中でRが変わってたりなんてことがよくあります。ループ橋みたいに3回くらいグルグル回る橋もあるし。

ループ橋の絵の図

カーブの途中でギアチェンジ

カーブの途中でRがきつくなったり変わってるときは、あまり難しく考えず素直にギアチェンジして速度を調整しましょう。

たとえば、3速でカーブに進入して思ったよりRがきつくなってくると速度おとしますよね。そして、そのままのギアだと高すてノッキングしそうになる。そんなときは3速で無理にがんばらなくてもいいです。素直に2速にシフトダウンしましょう。

また、2速でカーブに進入して思ったよりRがゆるくなってるとギアが低すぎたりします。そんな時も素直にシフトアップです。

まあ、あたりまえといえばあたりまえなんですがバイク初心者の頃って「これでいいのかな?」ってとまどっちゃう。

ブレーキもある

大きなカーブになると、カーブに進入した後もしばらくバンクしながら走り続けることになります。カーブに進入する前にしっかり減速して、曲ってる最中はブレーキをかけないってのが基本なんですが、いつもそれができるとは限りませんよね。すでにバイクがななめになってるのに「やべ、やっぱり速すぎる?」ってこともあります。こんなときは慎重にブレーキをかけるのもありです。

ただし、あぶないので軽ーくこするようにかけましょう。ガツンとかけるとスリップする場合があります。とくにコーナリング中に前輪ブレーキをガツンとかけると確実に転倒できますから。

カーブが思ったより急という絵の図

目線がたいせつ

初めて走る道では、カーブの先がどうなってるかまったくわかんないですよね。常に目線を先に向けて、カーブの先の状況を早めにとらえるといいと思います。教習所時代に「目線はつねに先へむける!」って習いましたよね。あれは教習所の中だけじゃありません。公道でこそ威力を発揮します。多少進入速度が速かったかなと感じても、目線がしっかり先に向けられているとバイクはけっこう曲がってくれるもんです。カーブの途中でRが変わってても、目線が先を捉えていれば走行ラインの変更も早めにできるし。

積極的に目線を先行させて、前方の状況に応じてライディングを変化させていくことこそライディングの醍醐味だと思います。そういうのって、なんか操ってる感があってカッコいいじゃないですか。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、けっこうみんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク乗りのLINEスタンプができました。詳しくはこちらバイクのLINEスタンプ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちらバイク初心者サポートマニュアル



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ぶぎゅる より:

    Gon-Kさん、コメントありがとうございます。

    昨日、鮫洲試験場のコース開放が取れたので、外周コーナーで試してみました。
    ところがここでは速度が遅いためか外側へ膨らむ傾向は出ませんでした。

    また実道路にて目線と倒し方に注意して試してみることにします。

    試験場は強風の荒天だったこともあり、自分を含めて二人でコース貸切状態でした。

    1. Gon-K より:

      ぶぎゅるさん
      コース2人で貸切なんて幸せですね。思う存分練習できそう!
      試験所内だとジムカーナ並みに飛ばしていかないとなかなか膨らまないかもですね。あと、先の予想がつくコースだとなおさら。公道でも何回か走ったことがあるカーブだと先の予想ができるのであまり膨らまなくなりますよね。
      いろんなカーブを走っていれば、走りの引き出しも増えてくると思います。

    2. ぶぎゅる より:

      こんにちは、ぶぎゅるです。

      あれから先の道路を数回走って感覚を掴みました。首都高速のJCTなのですが何度も元の場所へ戻って(一旦下りなくても、約10km遠廻りの周回コースで戻れます)都度目線やバンクなどを変えてみました。

      結果オーライになったのですが、決め手は目線やバンクよりも「足裏ギュー」でした。

      何を今更ですが、シートに体重を預けるのではなく、ステップ荷重で目線を決めると自然に最適なバンクになり、外側へ逸れることが無くなりました。

      悩んだ時は「基本に帰れ」ですね!

    3. Gon-K より:

      ぶぎゅるさん
      なんとポイントはそこでしたか・・・・なんにしても解決できて一歩前進ですね!

  2. ぶぎゅる より:

    こんにちは、ぶぎゅるです。

    高速道路のインターチェンジのカーブで、自分では目線も上半身もコース中心に向けている(つもり?)にもかかわらず、バイクがカーブの外側に寄って行ってしまうことがあります。この時の速度は規制速度以下です。

    無理に修正しようとすると何となくリアが流れる感触があるので、速度ダウンして元のコースに戻るのですが、これは単に速度の出すぎなのか、自分の目線の向け方が悪いのか、最初の倒し方が不足なのか、さてはバイクのアンダーステア特性なのかと悩んでしまいます。

    こんな経験って無いでしょうか?

    1. Gon-K より:

      体は向けてるつもりでも目線が向いてないとか、最初の倒し方が不足なのか、なんかそんな感じします。もしくは上半身がアウト側に残ってるとか。制限速度以下で後輪が流れるということはパンクしている可能瀬が有ります。でもその線はうすそう・・・。

コメントを残す

*