二輪教習 メーターなんていちいち見なくてもいい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクのメータをガン見?の図

こんにちは、Gon-Kです。

あなたは二輪教習中にバイクのメーター類をしっかり見ていますか。「しっかり見てまーす」っていうあなた、だからフラつくんです!


ちょっと誤解を生むイントロでしたが、あなたは二輪教習中にバイクのメーター類をしっかり見ていますか?

実は当ブログサロンの中で「最初の頃はどうしてもメーターを見入っちゃうんだよねー」って話題が出たんですよ。「え?メーター見入ってたら前見えないでしょ!」って思ったんだけどどうも慣れないと怖くてみ見ちゃうとのこと。

バイクのハンドルまわりにはスピードメーターとかタコメーターなどなどいろんなものがついてるじゃないですか。もしあなたが、

「私はしっかりメーターガン見してま〜す!だって見なきゃ怖いもん、エヘン٩( ‘ω’ )و!!」

ってタイプなら、今すぐメーター見るのやめましょう。

いや、厳密にいうとメーターは要所要所でチラ見すればいいのであって、じっとガン見しながら運転するものではありません。

「それじゃ何キロで走ってるかわからないじゃん!」って思うかもですが。それはある程度加速した時点でチラッとスピードメータを見て確認すればいいこと。ジーッとメーターの目盛を見て速度が上がるのを確認するものではないんです。

実際、公道を走ってる時にメーターに見入ってる人ってまずいないです。そんなことしてたら前方不注意で前走車に追突してしまう。

バイク のメーターをガン見しないの図

それにじっと手元ばかり見てるとバランスもとりにくいです。当ブログでも何度か「目線は遠くへ」って書いてますが、メーターまわりをガン見してるってことは、これ以上ないくらい近くを見てるってことじゃないですか。とくに低速走行が多い二輪教習の場合、メーターばかり見てるとフラフラしちゃう。

そして顔を上げた瞬間クランク にさしかかかって焦り、次のS字でふらつき、あたふたあたふた・・・・・これでは安定して走れません。

「じゃあメーター類は全く見なくていいのかよ( *`ω´)」というと、だからそうは言ってません(誤解のないように)。メーター類は必要だからついてます。

教習中いつ見るかというと、例えば直線加速の後半や急制動の加速時にどのくらい速度が出ているのかをチラ見で確認しますね。スタートから最高速までじーっとメータの数字を見てちゃダメですよ。それじゃわきみ運転、停止位置をいきすぎてコースアウトする可能性があります。あくまでチラ見レベルです。

あとは指導員から速すぎるとか遅すぎるて指摘された時かな。そんな時にはメーターをチラッと見てみましょう。「ああ、10 km/hで走るのは遅いのか!?」みたいなことがわかります。

というわけで、メーター類はチラ見でOK、ガン見しないように!

補足

誤解のないようにくり返します。決してメーターを見るなと言ってるわけではありません。要所要所でメーターの確認は必要です!ただしじーっジーッと見入るもんじゃないということです。

バイクのメーターはチラ見でいいの図

関連記事

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

孤独にがんばる二輪教習はつらいですよね。「ワラにもすがりたいそこのあなた、サロン参加をまってます!

 

バイク乗りのLINEスタンプができました。詳しくはこちらバイクのLINEスタンプ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*