二輪教習 スラロームのコツ3!曲がりすぎでパイロンにぶつかる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スラロームで曲がりすぎる

こんにちは、Gon-Kです。

スラロームでうまく曲がれないという問い合わせは多いんですが、今回は「曲がりすぎてパイロンにぶつかっちゃう!」という相談を頂きました。バイクが曲がり過ぎるのは、目線がパイロンを見ちゃってるからか、ハンドルを無理やり回しちゃってるからかも。


自動二輪教習の中でもクランクとならんで苦手というコメントが多いスラローム。当ブログでもページへのアクセス数の多さはクランクか?スラロームか?という感じです。ですからスラロームが苦手というあなた、気にしなくても大丈夫。実はみんなスラロームは苦手だったりします。

スラロームの概要については過去記事スラロームのコツその2にゆずるとして、今回は曲がりすぎの件です。スラロームでは「なかなかうまく曲がれない」という問い合わせが多いんですが、逆に「曲がりすぎてパイロンにぶつかっちゃう!」という相談を頂きました。曲がり過ぎる場合、2つの原因が考えられます。

パイロンを見ちゃってる

スラロームではパイロン脇を通過しますよね。ですから、次のコーナーに入る前は、次のパイロンより走行ライン側をガン見します。例えば、左折で最初のパイロンを曲がったら、右側にある次のパイロンの左側を見ます。これであなたはパイロンの左脇を通過できるはず。ところが、パイロンそのものを見ちゃうとバイクはパイロンめがけて進みます。結果、曲がりすぎてパイロンにぶつかっちゃう。反対に、コーナーの外側を見すぎるとバイクが曲がらずにパイロンから離れてしまうので、それはそれで問題ですが。スラロームでは、常に次のパイロンの走行ライン側をガン見しましょう。

スラオームの目線はパイロン脇

ハンドルを無理やり回しちゃってる

バイクはハンドルを回すのではなく傾けて曲がるのが基本ですよね。この辺は過去記事バイクで曲がるコツでも書きました。ところが、腕に力が入っていると、バイクを傾けたうえにさらにハンドルをこじって回しちゃうことがあります。バイクが傾くとその傾きに最適な角度でハンドルも切れます(セルフステアですね)。つまり、スラロームで曲がるときに適切に目線と顔向けすると、それに対応した車体の傾きが生じて、結果としてハンドルの傾きも適切な角度に曲がります。ここで無理やりハンドルを回しちゃうと、バイクが曲がりすぎちゃうんです。ですから、スラロームで曲がるときは、ニーグリップをしっかりして、腕に力が入らないように気をつけましょう。「腕の力とニーグリップは関係ないじゃん!」というあなたは過去記事も読んでみてくださいね。

スラロームでは無理にハンドル回さない

ちなみにGon-Kの場合スラロームが好きでした。平面で左右にひらりひらりするのが好きで、スノーボードもカービングが得意です。でもジャンプはヘタレです。バイクもスノーボードも飛んだり跳ねたりがイマイチ。どうも上下方向の動きがヘタみたいです。人それぞれ得意不得意があります。自分なりの得意を見つけて、その得意を伸ばしていくと、バイクライフはさらに楽しくなると思います。とはいうものの、二輪教習では卒検があるので、得手不得手にかかわらず、最低限全ての課題をクリアできるようにしなきゃいけないんですが。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ!バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*