二輪教習 普通自動二輪に続けて大型自動二輪の免許を取得しようか迷ったら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大型二輪に乗りたいと思ったら

こんにちは、Gon-Kです。

当ブログにいただくコメントの中で、「普通自動二輪免許を取得中だけれど、大型自動二輪の免許も欲しくなっちゃった。このまま続けて取ろうか、それとも公道で経験を積んでからの方がいいのか・・・」というのが結構あります。結論、迷うことはありません。そのまま続けてとっちゃいましょう!


普通自動二輪の教習って、最初はとってもたいへんですよね。生まれて初めて乗ったバイク、ひっくり返ったりふっ飛んだり、もう満身創痍です。でも、そこを乗り越えてバイクがあなたのいうことを聞くようになってくると、俄然楽しくなってきませんか。そしてこのまま大型にいっちゃおうかな〜って考える。とっても正しい反応です。普通自動二輪の免許が交付されたら、迷わず大型自動二輪免許取得の手続きをしましょう。

バイクがだんだん老いことを聞く

「やはり物事には順序があって、まずは公道で経験と苦労を重ねてから・・・・・・」という向きの意見もあるけど、Gon-Kは、そんなに難しく考えることはないと思います。バイクがデカイかチッコイかだけの違いで、どちらも乗り方は同じ。前回の記事でもちょっと書いたけど教習所での乗り方を覚えている今のうちに大型もトライしたほうがいろいろとラクです。

大型自動二輪は教習所のりを覚えてる方が楽

教習所で教わる乗り方はとっても重要な基本ですが万能じゃありません。公道に出れば教習所で学んだ運転技術だけでは乗り越えられない状況はたくさんあります(というか、そんなのばっかり)。それらを学ぶためには、公道に出て経験を積むしかありません。

公道では教習所じゃ習わない状況もある

裏を返すと、免許取得は、教習所で必要とされる運転技術をクリアしていればとれるんです。別に公道で何年も経験を積む必要はない。だったらさっさと大型免許も取っちゃったほうがラクです。大型免許を取得したからって、必ず1100 ccのバイクを買わなきゃいけないってわけじゃない。あなたが乗りたいバイクを自由に選べます。もう、とらない理由はないですよね。

確かに、公道で経験を積めば大型自動二輪の免許を取得するときに、今よりずっと楽にバイクを運転できると思います。でも、一旦公道に出ちゃうと、あらためて教習のための時間を捻出するのが結構大変です。費用だって、たとえ6-7万円とはいえ躊躇しちゃうかもしれません。何より、バイク屋に展示しているバイクを見て「これ乗りた〜い!」と思ったバイクが大型だと、そこから資金を貯めて時間を捻出してなどなど、結構気合いがいりますよね(Gon-Kがそうでした)。

もし、今のあなたに時間的、資金的、そして体力的に余裕があって、大型に乗りたい気持ちが高まってるなら、先に進まない理由はありません。それはあなたの運命です。

大型バイクに乗りたいと思ったら、それは運命です。

大型自動二輪はあなたが思ってる以上に重くてデカイと思います。でも、教習はあなたが思ってるほど大変じゃありません。

さぁ、一歩前に踏み出しましょう!

ちなみに、これも以前書いたんですが大型自動二輪を取得しても最初のバイクは250 ccくらいがオススメです。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。こんなことで悩んでるのは私だけでは?。いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら

PR

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ナオ より:

    Gon-Kさん、お久しぶりです。
    本日、大型二輪検定試験があり無事に、合格することができました!
    緊張して、最後に降りるとき、まさかのニュートラルに入れるのを忘れてエンジンを切るという失態をしましたが、合格出来て良かったです。
    このサイトに出会えて、本当に良かったです。
    Gon-Kさん、ありがとうございました(^-^)v

    1. Gon-K より:

      ナオさん
      さすが速いですね、もう合格なんですか。バイクに乗るにはいい季節ですし、今年は楽しめそうですね。
      すてきなバイクライフを!!

  2. ナオ より:

    初めてこのサイトを閲覧させていただきます。
    もうすぐ大型二輪の教習が始まる者なんですが、普通二輪を取得して以来10年ほどバイクには乗っておりませんでした。
    今は緊張と普通二輪の記憶すら危うい状態での大型免許挑戦、うまくいくか心配です。
    頭で勉強しても体がついていくか。。
    アドバイスや勇気を貰えれば幸いです。宜しくお願いします。

    1. Gon-K より:

      ナオさん
      こんにちは、Gon-Kです。ついに大型挑戦なんですね。おめでとうございます。大型とはいえ基本は普通自動二輪と同じです。普通二輪の卒検を通ったんだから、大型もいけるはずです。大丈夫。体で覚えたものは、結構思い出せるもんです。もしすっかり忘れていたら、普通二輪の時と同じくらいの教習時間かけてチャレンジすればまた受かりますよ。べつに最短で卒業しなきゃいけないわけじゃないし。普通二輪通ったってことはそもそも二輪に乗る素養はお持ちです。
      リラックスして、まずは走り出しましょう。
      頑張れ!!

    2. ナオ より:

      Gon-Kさん。
      返信ありがとうございました。
      本日大型二輪教習が始まりました。正直最初はギクシャク、大型二輪のパワーにかなりとまどい、普通二輪以上に半クラの大切さが身に染みました。
      ちょっと自信がなくなりましたが、最初はこんなもんですよね?
      そうであってほしいものです。
      1日でも早く大型二輪の特性に慣れてもう少し自在に操れたらとおもいます。
      Gon-Kさんにもらった勇気を胸に頑張ります!

    3. Gon-K より:

      ナオさん
      いよいよ始まりましたね。おっしゃる通り最初はそんな感じです。大型はパワーがあるので普通よりも丁寧に扱えば大丈夫。アクセルワークも普通だったら多少カクカクしててもなんとかなりますが、大型でカクカクやるとガツンと加速します。アクセルワークはジワッ、ジワッといきましょう。加速する時も普通の時以上に前傾意識です。
      大丈夫、じきなれますよ。

  3. まりぃ より:

    Gon-Kさん こんにちは!
    ご無沙汰しております…

    花粉症でしばらくバイクに乗ってませんでした…(汗)
    ですが、段々と街中ですれ違うライダーを見かけるようになり、
    「やっぱり、バイクってかっこいいなぁ…。よし、乗ろう!」
    って思います!
    (私もバイクの後姿大好きです!斜め後から眺めてニヤニヤしちゃいます…笑)

    合宿で自動二輪の免許を取って、そのまま大型に挑戦しようと私も思ってました。
    Gon-Kさんにも相談させて頂きましたね…。
    免許取得後ってバイクに乗りたい気持ちが溢れてるんですよねー…

    でも私は250ccのバイクを買って、一年後ぐらいに大型に挑戦!という選択をしました。

    理由は自分がまだバイクに慣れていなかった事と、運転技術に自信がなかったから。
    原付きすら乗った事がなかったので、バイクを傾ける事自体がとっても怖かったんです…。
    バイクに慣れたくて、私はあえて、大型免許まで時間をおきました。

    それに、素人考えですが、経験と技術があってこそ、大型バイクを安全かつカッコよく乗りこなせるのではないかと…。

    段々と乗りこなせてくるようになると、バイクの免許を取ってよかったー!って思いますね!
    まだまだ新米ライダーですが、小さい初心者マークを付けて公道を走ってます(笑)

    免許を取ってから、初めての春を迎えますが…ジャケットやグローブはどういったものを選べはいいでしょうか?
    毎度ながら長文になってしまってすみません…。

    1. Gon-K より:

      まりぃさん
      お久しぶりです。まりぃさんは花粉症なんですね。Gon-Kの数少ない取り柄の一つは運良く花粉症ではないことです(それは取り柄か?)。
      ・・話がそれました。
      あったかくなってきてバイクには良い季節になってきましたね。大型へのアプローチは人それぞれですよね。これって決まった道はないので、まりぃさんが言う通り自分が一番納得いくやり方がいいと思います。それに250 ccでも乗りこなすのは結構大変です。
      これからの季節は雨も多くなるので、多少の雨なら水がしみないものがあるといいと思います。冬物ほどごつくなくてもいいけど、風をしっかり防いでくれるものがいいですね。バイクに乗るときの疲れには、風を受けるってのが結構影響します。でも暑い日もあるので、ベンチレーションがあるとなおグッドかな。ツーリングの時はカッパも忘れずに。濡れて走ると寒くて体力消耗します。グローブなんかはもう冬用じゃなくてもOKじゃないでしょうか。梅雨が明けて夏になった頃には、メッシュで風通しがいいものを重宝します。夏のバイクは本当に暑いです。
      小さい初心者マークと一緒に、思う存分バイクライフを楽しんでください。

コメントを残す

*