二輪教習 ニーグリップのコツ!大事なのはくるぶしグリップ!

二輪教習ニーグリップ

こんにちは、Gon-Kです。

二輪教習を受けていると、必ず「ニーグリップが大事だ」と言われます。そして、ニーグリップをする時は、「ヒザでタンクを思いっきりはさめ!」ともいわれます。でも、ついついヒザが開いたり、硬いタンクをはさむのに疲れてしまうことってありませんか。ニーグリップの基本として、まず、くるぶしがしっかりバイクに密着している必要があります。ここができていると、ヒザからくるぶしにかけてがバイクに密着し易くなり、ニーグリップがし易くなります。あなたの走りも安定するので、是非、覚えてください。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8

二輪教習 クランクのコツその2!「バイクを倒さず曲がる」を自転車でやってみる

二輪教習クランクのリーンイン

こんにちは、Gon-Kです。

初めて二輪免許を取得するときに困ることは、家で復習できないことですよね。教習車を持って帰るわけにいかないし、どのみち、免許がまだないので家にバイクがあっても乗れない(というか、乗ってはいけません)。そこで、少しでもイメージをつかむのに役に立つのが自転車です。マウンテンバイクとかママチャリとか、車種による違いはありますが、構造的にはバイクと同じ2輪です。クランク制覇に向けて、使えるものはとことん使いましょう。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11

二輪教習 アクセルのコツ!スラロームもS字もクランクも、アクセルの握りが大事

アイキャッチアクセル

こんにちは、Gon-Kです。

二輪教習では、加速と減速を使う場面がたくさんあります。スラロームS字クランクなど、コーナー手前で一度減速しますよね。その後加速して立ち上がるわけですが、そのときにアクセルを回すと、ガクン!と急加速しちゃうことってありませんか。たまに、コース外まで飛び出しちゃったりして(コースアウトは検定中止です)。ゆっくりアクセルを開けようとしたのに、バイクが急に反応しちゃう・・・・・・・・・。こんなとき、アクセルグリップの握り方と回し方を改善することで、もっとスムーズに加速できます。アクセルの回し方なんて、そんな細かいことは考えられない?大丈夫です。頭の片隅でちょっと意識するだけで、ずいぶん走りが変わります。では、一緒にアクセルの握り方を考えましょう。


続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
67

二輪教習の加速姿勢 空気イスでS字、クランク、スラロームが楽になる!

二輪加速


こんにちは。Gon-Kです。

今日は、加速のお話です。タイトルにいきなり空気イスと書きましたが、別に筋トレの話ではありません。

本題です。「加速ってアクセル開けるだけでしょ?教習では難しいこと考えなくてもいいんじゃない?」という方もいるかもしれません・・・・が、こんな症状はないでしょうか。

加速するときに、ハンドルにつかまるのが精一杯でクラッチレバーやフロントブレーキレバーをスムーズに操作できない・・・・。S字や大きなカーブを曲がるとき、ハンドルがなんかフラフラする・・・・。スラロームクランク、S字でバイクが曲がってくれない・・・・。

それは、加速の勢いで体が後ろにのけぞって、しがみついた手がハンドルの動きを邪魔しているせいかもしれません。つまり、加速の姿勢を適切にすることで、幾つかの教習項目が楽になるんです。理屈さえわかれば難しいことではないので、ぜひ、覚えてください。バイク操作がかなり楽になりますよ。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6

二輪教習 クランクのコツ! バイクを倒さず曲がる

クランク


こんにちは、Gon-Kです。

クランクでいつもパイロンをなぎ倒していませんか?クランクをS字コーナーの変形と思っている人が結構多いと思いますが、実は別物です(そういうやり方もできなくはないけど・・)。クランクは低速でのバイクコントロールの技能を見る課題であり、ある程度の速度をもってカーブに進入するS字やスラロームとは違う技能が要求されます。ズバリ、クランクではバイクを倒しません(少しは倒れます)。ここを勘違いして、バイクを倒して曲がろうとすると、パイロン倒しちゃいます。


続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
131