バイクで公道デビュー オイルの上にはのるな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オイルのうえは滑る

こんにちは、Gon-Kです。

問:バイクで走ってると路面にオイルだまりがあった。さあどうする?

答:絶対その上にはのらない!


先日ブログ読者の街もオフも直線女番長さんから突拍子もない質問をいただきました。

ちなみに質問内容はというとコレ↓

何だかの漏れたオイルが路面にあって

避けられなかったら、ゾンビ走りで

切り抜けるしかない?

by街もオフも直線女番長

番長さんありがとうございました。

オイルがあたり一面に広がってるってのはけっこうレアケースかもしれないけれど、路面のどこか一点にオイルがこぼれてたまってるって状況はなくもなさそうです。そんな時、どうしたらいいでしょう?

Gon-K的には、基本的にはそこにはのらない方がいいと思います。

タイヤってゴムじゃないですか。ゴムに油がつくとムチャすべりやすくなりますよね。直線をまっすぐ走ってるときにはオイルのうえにのってもあまり問題ないと思うんですが、問題はそのあと。

タイヤにオイルがついたまま走ってると、コーナーでバイクをねかせた途端、いきなりスコーンっていっちゃうかもです。コーナリング中のバイクには横向きの力が加わります。つまり、オイルがついたタイヤがアスファルトの上で横すべりする可能性があります。

オイルがつくとタイヤは滑る

こわいですね。危険ですね。

だからタイヤには絶対オイルをつけちゃダメ。

ちなみに、番長さんの質問のようにどうしても避けられない場合、つまり道路一面オイルまみれで避けようがない場合には、ゾンビ走りでなるべく無難にそこをやり過ごして、あとはなるべく早めにタイヤについたオイルをふき取りましょう。

かなりレアケースだけど・・・・・

ちなみに、知らない人のために書いとくと、ゾンビ走りってのは過去記事で書いたネタです。

過去記事

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、みんな同じことで悩んでますから。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*