二輪教習 卒検でうっかり2速発進、その時後ろからガチャガチャ音が!?検定員の粋なフォロー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二輪教習は教習生と指導員のいい関係が成功のポイントの図

こんにちは、Gon-Kです。

教習生と指導員がいい関係を築けてると、卒検時に思わぬアドバイスがもらえるかもってお話です・・・・


今回はブログ読者の一寸法師さんからとってもいい話を聞いたのでシェアしますね。もしかするとあなたも卒検でこんな検定員に助けられる事があるかも!

Gon-Kさん、こんばんは。

もしかしたら、これから卒検受ける方のプラスになるかな?というお話です。

まみこさんの投稿を見て思い出しました。

私も停止の際にギアを落とし忘れ、2速のまま発進しようとしていたその時!

後ろでガチャガチャ音がするんです。

え?何?だれよ?みたいに思った瞬間、ギア踏んでる音だと気付き、すんでのところでローにすることができました。検定員の必死の警告だったのです。

この警告に気付けたのは、以前の教習の最中、別の先生からそうやって暗に知らせることがあると聞かされていたからでした。

ですので、ここを訪れる皆さんにも知って頂ければなぁと。

by一寸法師

教習生と指導員のいい関係

一寸法師さんありがとうございました。

本来は卒検時に検定員がヒントを出すのは良くないんでしょうけれど、でもいい話だなあと思っちゃいました。きっと、一寸法師さんと指導員さん達のいい関係があったからこういうヘルプをもらえたんでしょうね(T ^ T)

こういうやり取りはAIではできないんだろうなあ。

参考記事↓

https://twitter.com/BAIKUMESHI/status/1382664708277235716

もう一つ忘れちゃいけないのが、検定員からみて一寸法師さんが技術的に十分だったんだと思うんですね。一寸法師さんが「こんなうっかりで卒検落としたらもったいない!」ってレベルだったので、検定員が思わずガチャガチャやっちゃったのかもしれません。

教習生も指導員も人間です。どうしても合う合わないってでてきちゃいます。でもね、教習生徒と指導員との関係がよいと、それってすごく心強いはず。あらためて、教習生と指導員の良好な関係って大切だなあと感じました。

良い人間関係で、教習所を卒業したいですね。

みなさん、もし卒検中に後ろからガチャガチャ音がしたら、それはもしかしたら検定員のヘルプかもしれませんよ。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、みんな同じことで悩んでますから。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 一寸法師 より:

    Gon-Kさん、こんばんは。一寸法師です。

    感涙がナイアガラの滝の如く流れ落ちる出来事があったので、聞いてください。
    (いいお話繋がりで、このコラムに投稿させてもらいました。)

    帰宅すると、卒業した教習所から分厚い封筒が届いてました。なんと中からは、技能教習を担当した教官方からの一言メッセージを寄せ書きアルバムにしたものが出てきました。

    自分、エンジンで動くものに全く縁なく過ごし(大都会居住・実家には車無し)、四輪はおろか原付免許すらない状態で教習所に通い始めました。おまけに、生来どんくさいし、非力だし、一寸法師だし、臆病だしで、そりゃぁもう大変とかそんなレベルじゃなくアトランティスが沈没するくらいの騒ぎで技能教習を受けてたんです。

    最初の4時間は、発進できなかったんですよww想像できます?センタースタンド掛けたまま、アクセル→ボギャーッ→ひぇぇーっ→慌てて放す→アクセル→ボギャーッ→の繰り返し……半クラにすら進めなかった。

    よくよく勘定したら、卒業までに第1段階=19時間、第2段階=13時間、卒検2回+補修1かかりました(小型二輪の規定は第1・第2段階合わせて12時間)。その間、担当して下さったすべての教官が辛抱強く接して下さり、呆れ顔とか嫌味とか小言とか、一切なかったんです。
    だもんで、学科試験に通って免許交付されてから、その報告を兼ねて事務員さん・お掃除の方・整備員さん含めて御礼状を出した返信がそのアルバムです。

    わけても技能の教官方には、お名前をお一人お一人挙げて、「こうこう、こういうところで○○でした」と具体的にお礼を述べたところ、その全員から温かいお言葉が返ってきて、嬉しさのあまり腰が抜けてしまいました(笑)
    ウチの教習所は朝8時~夜9まで定休日も昼休みも無し、卒検毎日実施で、教官方は分刻みのスケジュールで働いているのに、こんな自分の為にお時間割いてくれて、もうもう感謝の言葉が見つかりません。その晩は、クリスマスにくまちゃん貰った幼子のごとく、抱いたまま眠りに落ちました。

    そして、9月から中免取りに同じ教習所へ再入所することになっています。お世話になった先生方に、少しでも成長した姿をご覧いただきたいので、毎日、このアルバムと教習中にいただいた「ワンポイントアドバイス帳」、それから「バイク初心者サポートラボ」を読んでレベルアップに励んでいます(もちろん公道実車走行もソロリと)。

    あ~、皆さんにアルバムの現物をお目に掛けられないのが残念!

    1. Gon-K より:

      一寸法師さん
      むちゃむちゃ当たりの教習所だったですね。素晴らしい。で出しがそうだとこの先のバイクライフも楽しみですね。
      今度の普通二輪も頑張ってください。次は経験者として乗り込めるので、だいぶハードル低いですね。

    2. 一寸法師 より:

      Gon-Kさん
      本当に、あの教習所で良かった!
      梅雨真っ只中の当地も、今度の土曜は中休みらしいので、早速レンタル予約しました。「経験者」って言えるくらいになっとかないと(笑)

コメントを残す

*