バイクで公道デビュー 滑るところに前輪をのせない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクで前輪を滑るところにのせないの図

こんにちは、Gon-Kです。

路面に滑りそうな場所がある場合には、基本はそこにのらない。避けるのがむずかしそうなときは前輪だけでも外す。どうしても逃げられない場合にはゾンビ走りです。


先日「オイルの上は滑る」ってネタを記事にしましたが、同じ滑るつながりで思うところがあって書きますね。

ちなみにオイルネタはコレ↓

オイルが路面に広がってるってのはけっこうレアケースかもしれないけれど、路面が滑る状況ってのはけっこうありますよね。

濡れていたり、マンホールだったり、アスファルトに砂がのってたり、凍結していたり、まあ色々です。

この滑る路面、基本的にはバイクで乗らない方がいいのですが、特に前輪が滑らないようにするのが最優先かと。

滑るところにはバイクの前輪を載せないの図

バイクって、後輪が滑るよりも前輪が滑る方が体勢を立て直しにくいんですよ。後輪が滑る場合、バイクのおしりがキュキュッと横すべりしてヒヤッとする程度で済む場合も少なくないです。一方、前輪が滑る場合、バイクの頭からバランス崩すので、ほぼほぼ地面に突っ込むことが多い。

あなたが二輪教習に通っていたころ、急制動やってましたよね。この急制動を思い出してみてください。

後輪がロックしてすべった場合には後輪ずるずる引きずって停止位置をオーバーするくらいですよね。一方、前輪ロックですべった場合にはほぼほぼ地面にダイブです。

それほど前輪が滑った場合のリカバリーは難しい・・・・

路上にマンホールとかオイルだまりとか「滑りそうなポイント」を見つけたら、そこを避けるってのが基本です。

でも、どうしても避けきれない場合には、せめて前輪だけでも「滑りそうなポイント」をはずしてあげましょう。

「滑りそうなポイント」が路面一面に広がってる場合(例えば全面凍結とか)、これはもう前輪とか後輪とか言ってる場合じゃないですね。

あきらめてゾンビ走りしてください。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、みんな同じことで悩んでますから。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 忍者 より:

    これ、公道走行で一番重要な走り方じゃないかなと思います。
    マンホールや街中の陸橋のコーナーや山間部のコーナーの鉄の継ぎ目とか、雨降ったら滑ります。
    鉄の継ぎ目はどうしても踏まざるを得ないので発見次第インに向かって進み、踏む直前に車体を立ててそのままアウトに向かいながらクリアしたりと、路面状況に応じて走り方を変えるのは大事ですね。

    まぁこれもクローズドコースにはない公道を走る上での難しさであり楽しさでもあります。

    1. Gon-K より:

      忍者さん、そうそう、クローズドコースは走りやすい!

コメントを残す

*