二輪免許取得、第二の難関 失敗しない取り回しのコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイク取り回しのコツは人

二輪免許取得で引き起こしに次ぐ難関が、取り回しです。今回は、取り回しのコツについて解説します。引き起こしも取り回しも一回できてしまえばその後の教習科目には出てきませんし、検定試験の項目にも入っていません。つまり、一度できてしまえば二度とやらない項目です。・・・・・が、これができないと長いバイクライフで困ります。教習所の指導員もバイクに乗るのを許してくれませんので、さっさとクリアしてしまいましょう。人生越えられない壁はありません。

よく言われることですが、バイク取り回しのコツは、手ではなく腰でバイクを押すことです。手で押すやり方もありますが、バイクに慣れるまでは腰を使って押すのが安全だと思います。とは言っても、手を使わないという意味ではないですよ。

まず、バイクに寄り添うようにタンク後方もしくはシート前方に右の腰を添えます。この時、バイクを少し自分の方、つまり左側に傾けます。あまり倒しすぎると重くなるので、気持ち傾けてください。

取り回しのコツは体をバイクにつける

バイクは垂直であるほど少ない力で支えることができます。極端な話、バイクが垂直なら指一本でも支えられます。反対に、傾ければ傾けるほど重くなります。わずかに自分の方に傾いている状態が、取り回しやすい状態です。よく言われますが、前から見ると人とバイクが支え合って「人」という字の形になります。この状態なら、バイクは安定していますので、倒れません。

バイクと人が人とい字のように支え合う

前進するときは、自分が前に倒れこみながら、腰を通して自分の体重でタンクを押し出すようにバイクを前に押します。手でもハンドルを押しますが、主な力点は腰です。この時、体は進行方向前に向けましょう。横向きで動かそうとすると、うまく力が入らず苦労します。

バイクの取り回しは腰で押す また、体と車体が離れているとふらつきます。バイクが右側に傾いたときに支えきれなくて倒してしまう可能性もあるので、常に体をバイクと密着させましょう。

図4(取り回し)

動き出してしまえばバイクは慣性で進むので、動き始めほどの力はいりません。止まってしまうと再度動き出す際にまた力が必要ですので、目的地までなるべくバイクを止めないようにします。ただし、危ないと思ったら軽くフロントブレーキをかけて止まりましょう。

後退するときは、自分が後ろに倒れこみながら、腰でシートを後方に押し出します。押し出しの前にフロントブレーキをかけながらハンドルを前に押して、フロントサスを縮め軽く少しタメを作ったところで一気にブレーキレバーを離すと、ポンとバイクが後ろにはね返ります。この反動を利用すると押し出しやすいです。

バイク取り回し後退 方向転換するときは、曲がりたい方向に体を向けながらハンドルを切り、曲がります。取り回しの際はバイクを極端に傾けることができないため、ハンドルを切って曲がることになります。少々大回りになっても気にせず押し続けましょう。大きく回ったからといって減点ということはありません。

図6(取り回し)取り回しの際に問題になるのは、右回り、つまり、自分が立っているのと反対側に曲がる場合です。右回りのコツは、車体を軽く自分側(左側)に傾けて、ハンドルを思い切り右に切ることです。バイクを自分側に傾けすぎると曲がりにくくなり、反対側(右側)に傾けるとバイクを倒してしまいます。

 


バイクは所詮鉄の塊なので、はっきり言って重いです。大型自動二輪の場合は、男性でも重いと感じる人は多いのではないでしょうか。少なくともGon-Kは大型自動二輪の教習時に「お、重てぇ・・・」と思いました。ですから、小柄だったり、腕力に自信がなくても全然気にする必要はありません。みんな重いと思ってます。自信を持って、重そうにバイクを押しましょう。動けばいいんです。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。「こんなことで悩んでるのは私だけでは?」なんて感じる必要はないですよ。結構、みんな同じことで悩んでますから。気軽にコメントくださいね。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. たじ より:

    Gon-Kさん
    はじめまして、「たじ」と申します。60歳の熟年おやじです。
    30年以上前にカワサキLTD400で通勤していたのですが、諸般の事情で二輪から四輪に乗り換え、それ以来、二輪に触れる機会が持てずに現在にまで至りました。
    しかし、二輪への情熱冷めやらず、定年を機に「今しかない」という思いで、大型二輪免許取得を目指して、教習所に通うことにしました。
    ところが、ところがです。教習初日「たとえ30年前でも、400ccに乗っていたのだから、大型車(教習車はCN750です)も何とかなるだろう。」と、高をくくっていたら、なんと乗車すらできず、いきなり倒してしまいました。
    教官から、「前傾して、足を曲げて・・・」とコツを教えていただいて、やっとバイクを跨ぐことができました。
    教習2時間目は、何とか転倒せずに乗り降りできました。それでも緊張感Maxで、気合を入れて「エイヤッ」と足を上げるのですが、どうしても足がシートに当たってしまい、不安定な乗降車になります。
    そして、教習3時間目。乗車は何とかでき(教官に「大丈夫?」と心配されました。)たのですが、課題練習を終えて、最後にバイクから降りるときに足が上がらず、ふらついて右側に倒してしまいました。降車で倒したのは初めてだったので、とてもショックでした。
    こんな初歩的な、と言うより、「走る」以前の所で四苦八苦している自分がとても情けなく、落ち込んでいる日々です。
    でも、免許取得をあきらめているわけではありません。「いつかきっと・・・」の思いで、これからも練習に励んでいきます。
    長文で失礼いたしました。

    1. Gon-K より:

      たじさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。たじさんのそのチャレンジ精神こそ賞賛に値します!!
      股関節が硬くたってバイク乗れますから大丈夫(家で柔軟体操やればきっといけます)。
      頑張れ!

  2. キヨ より:

    こんばんわ!キヨと申します!19歳です。
    私は高校時代に2年間原付で通学していて、社会人になったことだし大きなバイクに乗りたいと思い2ヶ月前に普通自動二輪を取ろうと思い、数日前に卒検合格し、免許を更新したらすぐに大型自動二輪を取得しようと思ってます。
    買いたいバイクは1000ccで取り回しができるか心配です。特に心配なのが停車しているバイクを起こし、サイドスタンドをはらう時です。バイクを垂直にしてサイドスタンドをはらおうとすると反対側に倒れそうでとても怖いです。(1度倒していてトラウマ)バイクを垂直にするからバイクから体が離れ、不安定になるのは目に見えてるのですがこの際に不安定にならずにサイドスタンドをはらうコツなどはありますか?回答待ってます!よろしくおねがいします

    1. Gon-K より:

      キヨさん
      Gon-Kです。またがってからスタンド払うのが一番良いんですが、教習所でそれやると怒られますよね。
      よく言われることですが、スタンド払う前にハンドルをスタンドと反対側に切ってからスタンド払うと向こう側にバイクが倒れにくいですよ。バイクはハンドル切った方に倒れにくくなりますから。
      あとはやっぱり慣れかなぁ。
      頑張れ!

  3. ひとちゃん より:

    Gon-Kさん
    こんばんは、ひとちゃんです。
    今日初めて教習して来ました。バイク想像を超える位、重かったです。
    起こそうと思ってもぴくりとも動かず…しかも三回もコケてしまいました。それが、2時限を終了する頃に起こせるようになってました。
    取り回しはフラフラーですけど。
    でも、走ってる時凄く楽しいです。
    心配してた半クラ、チェンジは割と楽に出来ました。復習して、明日も頑張ります!!

    1. Gon-K より:

      ひとちゃんさん
      Gon-Kです。
      半クラもチェンジも問題ないなんて才能ありますね。きっと楽しい教習になりますよ。
      引き起こしも取り回しも乗ってれば慣れてくるし、第一転ぶ頻度が少なくなれば引き起こし回数も減ってきますよね。
      二輪教習頑張れ!

コメントを残す

*