二輪教習 スムーズな停止のコツ2!ウィリーしないコツ2つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二輪教習ウィリーしないコツ

こんにちは、Gon-Kです。

停止しようとブレーキレバーを握ったとたん、なぜかアクセルをヴォーン!とフカしてしまったり、ウィリーしてふっ飛んだ経験がある人は多いんじゃないでしょうか。危険です!!どちらも腕に力みがあると起きます。予防策は、ブレーキレバーを右手の指で引くこと、そして、ヒジの曲げに余裕を持たせることです。

ウィリーのコツを書いたサイトは結構ありますが、ウィリーしないコツを書いたサイトってあんまり見かけません。そもそも、なぜブレーキをかけているのにアクセルが開くんでしょうか。

 

ブレーキレバーを右手の指で引く

手の小さい人に多いのですが、ブレーキレバーを引く時に手全体を手前に引いてしまい、手のひらでアクセルをこすって開けてしまうことがあります。

手が小さいと指を伸ばしてもレバーにとどきにくく、結果、手全体を前方に持っていくことになりますよね。まぁ、それはいいんですが、レバーを引くときに、強く引こうとするあまり、手全体とか腕で引っ張ってしまいます。このとき手のひらがアクセルグリップに密着していると、グリップが一緒に回ってアクセル全開になります。非常に危険です。

不用意なアクセルの開けを防ぐためには、レバーは指の曲げ伸ばしで引くことを意識してください。ただそうすると、指がレバーに届かないですよね。そんなときは、手のひらがアクセルグリップの上にのるようにしましょう。少し手が前に出るので、指がレバーに届きやすくなります(もちろん、普段はしっかりアクセルを握っておいてください)。

二輪教習前輪ブレーキの握りかた

ヒジの曲げに余裕を持たせる

ヒジの曲げという表現をしましたが、肩から手首にかけて、つまり腕の力みを抜きリラックスさせましょうということです。

ヒジが伸びきっていると、腕が突っ張って力みが抜けません。ヒジが少し曲がるくらいがちょうどいい姿勢です。もしあなたが小柄な場合、普通に座るとあなたとハンドルの位置が離れてしまい、腕をビンビンに伸ばさないとハンドルをつかめないことがあります。そんなときは、シートの一番前端に座ってください。ぐっとハンドルが近くなります。

二輪教習ヒジを曲げる

「腕をそんなにフニャフニャにしてたら、バイクから落ちちゃうじゃない!」というあなた、ニーグリップを忘れています。バイクの上で姿勢を維持するのは下半身のホールドです。急制動のコツその2でもふれましたが、バイクのハンドルは階段の手すりじゃありません。ハンドルにつかまってはいけません。

大事なのでまとめます。停止のときは、右手の指を曲げてレバーを引きましょう。手全体で引かないように。そして、腕の力を抜きニーグリップを意識しましょう。

それからもう一つ、停止のときはクラッチレバーはガチ握りです。クラッチが完全に切れていれば、少なくともウイリーすることはありませんよね。

それから、前輪ブレーキをかける前にまず、後輪ブレーキを使って一旦速度を落としてください。前輪ブレーキはピタッと止まるための強力なブレーキです。初速を落とすには後輪ブレーキを使うとソフトに止まれます。いきなり前輪ブレーキだけかけると、バイクの頭がガクンと沈み、停止が不安定になります。ブレーキの使い方については、減速のコツも参考にしてみてください。

二輪教習ブレーキは後輪から以上、ウィリーしないコツでした。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。こんなことで悩んでるのは私だけでは?。いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。

詳細はこちら↓

バイク初心者サポートマニュアル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*