二輪教習 半クラのコツその1!「半クラって何?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
半クラ1、アイキャッチ

こんにちは。Gon-Kです。

発進時にエンストする、クランクの曲がり角でエンストする、低速走行時にエンジンがガクガクする、などなど・・・・。皆さん、経験ありますよね。これらの症状がある場合、半クラがうまくできていないことが多いです。二輪教習において、半クラは大きな壁の一つですよね。Gon-Kも、初めてバイクに触ったころは半クラの扱いに戸惑ったのを覚えてます。だいたい、「半分クラッチ(これが正式名称かどうか知らないですが…)って何?」と思いませんか。本当の意味で半クラを自由に使えるようになるのは、自分のバイクを手に入れて公道を走るようになってから、さらにしばらくかかります。でも安心してください。二輪教習レベルであれば、基礎的な技術があれば全然OKです。みんな最初は初心者です。では、一緒に半クラをマスターしましょう。

エンジンの中身って外からは見えないので、ブラックボックスですよね。いまどきは自動車もスクーターもオートマだし・・・。クラッチレバーを動かすことで、何が起こっているのかイメージできれば、半クラ習得の助けになります。という訳で、今回は「半クラって何?」というお話です。わかりやすくするため、かなーーり話を単純にしていますが、ご了承ください。「そんなことは知ってる!」という方は、怒らないでスキップしてください。

いまさらですが、バイクはエンジンの回転をタイヤに伝えることで前進しますよね。逆に、タイヤが止まるとエンジンも回転できなくなり止まります。エンジンというのは、その回転を維持するために、最低限の回転数を保つ必要があります。エンジンが回転すると、ガソリンと空気を吸い込んで、爆発させた排気を吐き出します。人間が息をする時に、吸ってはいてを最低限の間隔以内に保つ必要があるのと似てます(人間の場合、息が止まったら大問題ですが・・)。

半クラ、エンジンと後輪が連動

なので、後輪の回転が止まってしまうと、そこにつながるエンジンも回転できなくなり、回転数を保てずに止まってしまいます。

半クラ、クラッチがないと後輪が止まるとエンジンも止まる

エンジンの回転数が低い状態で負荷をかけると、エンジンンの回転に最低限必要な回転数を維持できなくなり、エンジンは簡単に止まります。エンジンの回転数が低いスタート直後に「ストン!」とエンストするのはこのためです。また、低速走行時にエンジンが止まる前兆が、ノッキングです。あのガタガタいってる音は、エンジンが必要最低限の回転数ギリギリになり、「も、もう、止まりま・・す・・・」といってる状態です。

半クラのエンストとノッキング

このままだとバイクは、エンジンの回転数が低いとエンストばかりする、とても不便な乗り物になってしまいます。そこで、必要に応じてエンジンの回転と後輪の回転を切り離す仕組みが必要になります。これが、クラッチレバーです。クラッチレバーを握る(クラッチを切る)と何が起こるかというと、後輪に駆動力を伝える軸の途中が離れます。離れることで、エンジンと後輪はフリーになり、たとえ後輪が止まっていても、エンジンの回転を止めることがなくなります。停止中はクラッチを切っておけば(もしくはニュートラル)、後輪の回転が止まっていても、エンジンは一定の回転数を保って回転を続けることができます。逆に、走り出した後は、再びクラッチレバーをはなし(クラッチをつなぐ)エンジンの回転を後輪に伝えることで、バイクは前進を続けます。これが、クラッチを切る、そして、つなぐという操作です。半クラ、クラッチの原理

では、いよいよ半クラです。半クラというのは、上記で説明した軸の途中が、完全には離れておらず、面と面がカスりながら半分接触している状態です。だから半クラッチです。軸と軸の接点は互いに接しているものの、カスっているので、タイヤ側の回転数が低くても、エンジン側は滑りながら何とか高い回転数を維持して回り続けることができます。エンジンが最低限の回転数以上を維持できれば、エンストしないで動き続けるため、結果、低速で後輪が回ります。

半クラッチの原理

まとめると、エンジンが回り続けるには最低限の回転数が必要で、だけれど、停止状態やゆっくり走ることが要求される状況で、その時のエンジンの回転数をダイレクトに後輪に伝えるとバイクがエンストしてしまう、そこで、軸の途中をカスる程度に接触させて、エンジンンの回転数を保ちつつ、後輪が回転する速度を落とし、結果としてバイクをゆっくり走らせましょう、という荒業が半クラなんです。

ちなみに、半クラとはいえ後輪の回転が完全に停止してしまうと、軸と軸の接点は互いにカスりながら接しているので、エンジンは止まってしまいます。後輪が止まる場合は、クラッチを完全に切る(クラッチレーバーを完全に握る)必要があります。半クラとは、あくまで、後輪をゆっくり回すための対処法であって、止まってしまわないように気を付けてください。

大事なので繰り返します。半クラとは、エンジンを止めずにバイクを低速もしくは極低速で走らせるための技です。

半クラとはバイクをゆっくり走らせる技

たとえゆっくりでも、半クラ状態で後輪に駆動力が伝わっている限り、バイクは立ち上がろうとするので、走りが安定します。逆に、一本橋クランクのように低速や極低速の状態でクラッチを切ったりアクセルを戻すと、後輪の駆動力がなくなりあっさり転びます。実にあっさり転びますよね。コテン!と。

長くなってきたので、今回はこのへんでお開きにします。以上、「半クラって何?」でした。

次回は、半クラのコツその2!です。クラッチレバーの握り方については、クラッチレバーを軽い力で握るコツ2つ!を参考にしてください。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。「こんなことで悩んでるのは私だけでは?」なんて感じる必要はないですよ。結構、みんな同じことで悩んでますから。気軽にコメントくださいね。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ばんと より:

    Gon-Kさん、毎度です。ばんとです。

    普通二輪、第二段階のバイク教習が始まったのですが、第一段階で
    やっとこなせるようになった一本橋が失敗するようになりました。

    教習前に、教官から”第二段階のバイクはエンジンのレスポンスが
    よいですから気を付けてください”と言われました。

    何度も落ちて”下手になったのかな!?”と疑心暗鬼になりながら、
    教習を続けて、教習の終わり間際で原因らしきものが分かった
    のですが、どうも第一段階と第二段階で”バイクのクラッチの遊び”
    が違うのです。

    第二段階のクラッチの遊びが小さくいのです。第一段階のバイクは、
    ボロかったのでクラッチワイヤーが伸び気味だったのかもしれま
    せん。伸び気味のクラッチワイヤーで慣れてしまった手の握り
    具合で半クラにしたつもりが完全に切れた状態で失速して不安定
    になって落ちたみたいです。

    若ければ対応できるのだろうけど、55歳は対応力がないですね。
    教習所には状態の違うバイクが何台もあるので、半クラの位置とか
    ひとつひとつ確認が必要ですね。

    1. Gon-K より:

      ばんとさん
      Gon-Kです。一つ一つ着実に進んでらっしゃるようで何よりです。バイクの微妙な違いも感じ取れるようになってるなんでいい感じですね。第一段階はキャブレター式のCBで第2段階はFI式のCBになったって感じでしょうか。
      がんばれー!!

    2. ばんと より:

      Gon-Kさん

      初教習で、引き起こしに使用したバイクはブレーキハンドル
      はひん曲がってて不動車だったような・・・
      そして少しボロ目、二段階は状態がよいもの・・・・
      私が通っている教習所のバイクは、段階が上がるにつれて
      状態が良いものを使うようです。(笑)

      バイクによって半クラッチ位置が変わると対応できないので、
      一本橋の新たな対応策を考え中です。これが解決しないと、
      卒検通りません。^^;

    3. Gon-K より:

      ばんとさん
      要は左手の握りを浅くする必要があるので、意識して浅くクラッチレバーを握るようにしてはどうでしょうか。あと、一時停止後の発進直後にクラッチのつながり方を確認するのもいいかと。

    4. ばんと より:

      毎度です。ばんとです。

      Gon-Kさん、的を射たアドバイスありがとうございます。

      実は、発進はほとんど半クラ使わずにスパッとチェンジ
      アップしてしまうし、クランクに関してはさほど半クラ
      を意識せずなんとか半クラに修正できていたのですが、
      一本橋の場合は距離と時間的余裕がないので半クラを修
      正する前に落ちていたのだと分析してます。

      私は発進はスパッとクラッチを繋いでしまってて、しか
      も速度が十分でないので、半クラの遊びで十分な半クラ
      にもっていけないので落ちてたようです。

      Gon-Kさんのアドバイスのように半クラを意識して、一
      本橋を渡ってみようかと思います。
      思い出してみると第一段階のみきわめで一本橋がスムー
      ズに通過できたときは、坂道発進の要領よろしく半クラ
      を確かめて発進してたような記憶があります。
      バイクを乗る間が空いたので、大事なことを忘れてし
      まってたのかもしれません。

      今度の教習では半クラ意識して頑張ります。

    5. Gon-K より:

      ばんとさん
      Gon-Kです。第一段階で半クラうまくできたってことは、勘所さえつかめれば車両が変わってもできるはずです。基本は同じですもんね。頑張ってください。むしろインジェクションのバイクの方がマシンとしては調子いいはずなんで。
      がんばれ〜!

  2. バイクおばさん より:

    はじめまして。
    ただいま普通二輪の免許取得中、二段階で四苦八苦してるオバサンです。
    二段階まで来たのに、発進の仕方がおかしいと指摘され、いまさらおさらいをしているところです。
    私はオートマの車の発進時と同じように、半クラッチくらいにして少し動き始めてからアクセルを回して走り出していました。(坂道発進は特別アクセルを先に回す特殊な発進方法と思っていました。)
    ちなみに
    >一本橋やクランクのように低速や極低速の状態でクラッチを切ったりアクセルを戻すと、後輪の駆動力がなくなりあっさり転びます。
    ↑このようなことは一度もなく、一本橋も最初から最後までアクセルは回さずに半クラとクラッチ切るのを繰り返すだけで渡れます。
    できるのでやっていて、今までは注意もされなかったのですっかり癖がついてしまってます。
    クラッチ握ったままアクセル回すと大きな音がして怖いし、今までのやり方が安全な気がするのですが、エンストしなかったのは教習車の特性によるものだったのでしょうか。
    普通のバイクだとこんなことはできないのでしょうか?

    1. Gon-K より:

      バイクおばさんさん
      こんにちは、Gon-Kです。コメントありがとうございます。
      バイクのバランスがまっすぐに取れていて半クラのデリケートな操作ができればほとんどアイドリング状態でもバイクは進みます。バイクおばさん(さんをつけるとさんさんになるのでこのままいかせてもらいますね)は、バランスがいいのと半クラが上手なので問題なくクリアできてるんじゃないでしょうか。バイクの特性というよりバイクおばさんが上手なんだと思います。
      ちなみにクラッチ切って転ぶのはバランスを崩した時です。バイクがまっすぐに保たれていて、半クラでビミョーな推進力が加わっていればバイクは安定して進むと思います。
      うまくできているなら今の調子でいいと思いますよ。
      頑張れ!

  3. 初心者くん より:

    ローで発信したあと、セカンドに変えたあとは、左手のクラッチは一気にスパッと放してもいいのでしょうか?
    また半クラにしながら繋がないと問題なのでしょうか?

    1. Gon-K より:

      初心者くんさん

      Gon-Kです。コメントありがとうございます。
      セカンド以降のクラッチレバーはスパッとでいいと思いますよ。ただ条件があって、エンジン回転をしっかり高くしてから(つまりしっかり加速してから)ギアを変えないと、ギクシャクしたり加速がもたつきます。2速→アクセルをしっかり開けて加速→アクセル一瞬戻す→クラッチ切る→3速→スパッとつなぐ→アクセルをしっかり開けて加速・・・・みたいな感じでしょうか。速度が上がるほどクラッチは素早くつなぐ必要があります。

      不十分なエンジン回転数でシフトアップする時は、スパッとじゃなくじわっとクラッチを繋ぐと、ギクシャクを半クラでごまかせることがあります。でも、半クラでごまかすくらいならしっかり加速した方が乗りやすいですよね。

      クラッチを切る時はアクセルを一度全閉してください。クラッチレバーを引いた時に一瞬エンジンがヴォーンというようだと、アクセルが完全に閉じてないのにクラッチを切ってます。

      こんなんで参考になりますでしょうか?

    2. 初心者くん より:

      ありがとうございました。まさかこんな早く返信くるとは…
      次の教習が初の一本橋です。
      またこのサイトで勉強しにきます!

    3. Gon-K より:

      初心者くんさん
      頑張って下さい!

  4. Kazuki より:

    初めまして。昨日から普通二輪MTの講習に通いだした40半ば過ぎのおっさんです。
    2コマ目は講習時間の半分ぐらい一人でぐるぐると周回コースを回っていたんですが
    何回か発進時にエンストをしてしまいました。
    車とはまた違う半クラに戸惑っていますが、貴ブログを参考にさせてもらいながら頑張ろうと思います。

    1. Gon-K より:

      Kazukiさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。確かに車と操作方法が違うので、初めは戸惑いますよね。でも、基本的な仕組みは同じなので、慣れれば同じです(と思う)。操ってる感は四輪よりバイクの方があるんじゃないでしょうか。

      こんなブログですが、見るのは通信費しかかからないので、参考にしてください。
      またいつでもコメントくださいね。

コメントを残す

*