バイクで公道デビュー 安全運転のコツ!路上には落下物がいっぱい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクの運転では落下物に注意

こんにちは、Gon-Kです。

路上にはいろんなものが落ちてますよね。材木、石、事故車の破片、猫の死骸などなど。ぼーっと走ってると事故の危険もあります。落下物への対応といえばとにかく早めに発見、早めに回避につきます。今回はそんな路上の落下物について書いてみました。


トンネル出口付近に何かが落ちていた・・

PR

ちょっと前の話しなんですが、当ブログの読者さんから落下物についてのコメントをいただきました。すでに公道歴が長い方ならご承知だと思いますが、路上にはけっこういろんな落下物があります。500円玉とかならおりてひろっちゃうけど、中には危ないものもあります。

先日友人とツーリングに行った時に、トンネルの出口からちょいとキツめの右コーナーがあったんですが、トンネル出口付近の道の真ん中に何かが落ちていまして……わき見とは違いますが、友人が落下物に気をとられ過ぎてコーナーを曲がりきれずに歩道へと突っ込んでしまいました。

インカムで会話しながら前を走っていた私が「何か落ちてるよー」と教えてから数秒後に耳元から悲鳴が聞こえた瞬間は本当に肝が冷えましたね……。

友人は入院する程の怪我はしなかったんですけど、バイクは当然入院。新車だったZ250SLが痛々しい姿になり、正直何と声を掛けていいのか分かりませんでした。

私もコーナーを曲がる時一瞬「危なっ!」と思いながらも歩道に突っ込まずに曲がれたので、友人はほんの一瞬だけ私より長く落下物を注視していた為に起こった事故だったんでしょうね……。

危険予測とは少々違うかも知れませんが、道路がいつもと違う状況だったとしても走行中一点に視線を集中するのは自分で思っている以上に危険な行為なんだなと思い知りました。

危ないと思ったら減速か停止しましょう。

皆さんもお気をつけて、楽しく安全なバイクライフを。

byぬこ

ぬこさんありがとうございました。とくにバイクは四輪よりも落下物に対して弱いので注意が必要。コケたら痛いですからね。そんなわけで、今回はバイクと落下物について考えてみました。公道デビューしたてのバイク初心者の役にたつとうれしいです。

路上にはこんな落下物が・・

材木

トラックの荷台から落ちたり風で飛んできたり、角材や板が路上に落ちてることがあります。角材に前輪がのるとハンドルを取られるし、板はすべる原因になります。

路上に木

クギ

路上のクギ1本を見つけるのはなかなかむずかしいですが、たまに落ちてるんですよ。バイクでクギを踏むと、まず前輪でクギを踏んだときにクギがはねて起きあがり、続いてやってくる後輪にブスッとささるらしいです。気をつけましょう。

針金

「針金なんてあるの?」って思うからもいるかもだけど、砂浜とか河原とかの近くにおりてくとけっこうあったりします。ぐるぐる巻きの針金が。一般道の路肩なんかでもたまにみますね。針金を踏んじゃうと後輪の軸にぐるぐる巻き付いて大変なことになります。突然タイヤが止まるってことはないですが、取り外すのはかなり面倒です。ニッパーとかワイヤーカッターを持ってればぶちぶち切ることもできますが、素手では外れないことも多いです。素手でやると確実にネイルはボロボロになりますね。針金のうえにはのらないようにしましょう。

バイクを運転中、路上に針金

石、砂

ツーリングで山にいったり工事現場の近くだったりすると、路肩付近で石や砂をよくみかけますね。石や砂はスリップの原因になるのでなるべくのらないようにしましょう。林道なんかだと人の頭くらいの落石もあるので気をつけましょう。

落ち葉

これもツーリングで山にいったりするとでくわしますね。はっきりいって落ち葉はすべります。しかもヌルッと。基本、落ち葉の上にはのらないのがいいと思う。ちなみにGon-Kは一面落ち葉におおわれた農道の急坂をみつけて、「わぁきれい♡」といいながら突っ込んでいったことがあります。その後、数メートルほどのぼったところでズルズル滑り落ちました。

バイクで落ち葉の斜面は登れない

車の破片

時々路上にガラス片みたいなものが落ちてることありますね。直前に事故があったりすると車やバイクのヘッドライトやウィンカーの破片が路上に散乱してます。たまにパンクしたタイヤの切れ端とか、ホイールキャップなんてのもあります。細かな破片ならパンクってこともないでしょうが、大きなものになるとちょっと不安です。それに滑りやすそう。気をつけましょう。

動物の死骸

とくに早朝に多いかな。夜のうちにひかれて路上に放置されたんでしょうね。車で踏んだ場合はガタンと大きなショックがくる程度だけど、バイクでふんだらハンドル取られるか横滑りする可能性大です。それに、これふんじゃうとバイクの裏側に肉片とかついちゃいそうで嫌ですよね。

バイクで猫の死骸は踏みたくない

こけたバイク

道路脇に人が立っていて、道ゆく車両になにやら止まれとか速度落とせみたいなジェスチャーをしているとき、その先に事故車両がある場合があります。よくあるのがコーナー曲がりきれずバイクがこけたとき。レスキューしてる間、連れのライダーがバイクから降りて後続車に注意を促すことがあります。道端で誰かが手をふってたら、「なんか手ふってるなー」ですまさず「なにかあるかも?」って疑いましょう。

トラックの荷台から落下物

たとえば砂利満載のダンプの荷台からは小石が落ちてくることがあります。たかが小石とあなどっちゃいけません。この小石、車のフロントグラスにあたるとバシッ!!とすごい音を立てて厚いフロントグラスに深い亀裂を残します。亀裂がフロントグラスの裏側まで達っしてしまい、修理でまるごと交換なんてこともありますから(Gon-Kはあった)。われわれバイク乗りは体むきだしなので、あたったら痛いです。

また、荷物を積んだトラックの荷台からダンボールとかビニールシートとか軽いものが風でまっておちてくることもあります。こんなものがバイクを運転中のあなたに巻き付いたら一大事!基本、荷台にものを積んだ車両の後ろは走らないようにしましょう。どうしても走るときは、ある程度の距離を確保したほうがいいです。荷台の上で荷物が風でバタバタしてるトラックをみつけたら、早めにその場を離れましょう。

落下物じゃないけれど・・・

濡れた路面、凍結路面

これはあなたもご存知かと。濡れた路面は舗装路でも未舗装路でもすべります。日中路面が乾いてきたなーと思っても、山あいの日陰は路面がぬれていることが多いです。冬になると凍結してたりするのでさらにずべる。路面が一部だけ黒〜くなってる場合は、濡れてるか凍ってる可能性があるので注意しましょう。

工事用の鉄板

これは落ちてるというよりおいてあるんですが、すべりやすいので念のため書いときますね。とくにぬれた鉄板の上は要注意です。

関連記事

これも落下物じゃないけど危ない。前輪がハマるとジャックナイフで前転します。ジャックナイフってなにってあなたは以下の記事にある「フロント、リア」の項を読んでね。

落下物に対処するには

とにかく路上にはいろんなものがおちてます。落下物への対応はとにかく早めの発見と回避がだいじ。注意するポイントとしては、遠目に見て不自然なデコボコがあったり、路面の色がまわりと違うのをみつけたら注意です。常に視線は先へ先へと送り、早めに発見しましょう。

落下物をいち早く見つける方法として、前方の車列の動きを見るというのもあります。例えば路上に動物の死骸があると、みんなそこで減速して右とか左にスーッと避けていくんですよね。いったん道路のはしによってまた中央に戻るみたいな。そういうときは路上になにかおちてます。

ぬこさんのコメントである通り、視線を落下物に釘付けにするとそっちにすい込まれます。理想論になっちゃうけど、なにか気になるものをみつけたら早めに迂回コースをイメージして、視線をそっちに向けましょう。まぁ、とっさのときはどうしても落下物見ちゃうんですけどね。こんなときはあなたの余裕が強い武器になります。普段からバイクの乗り方を練習しておくととっさのときの余裕につながります。ライディングの練習って、けして速く走るためだけじゃなく、安全のためでもあったりします。

安全で楽しいバイクライフを。

その他参考記事

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. イソカズ より:

    Gon-Kさま、ご無沙汰してます、イソカズです。
    オイラは千葉県民初心者ライダーの義務と言われている房総半島ツーリングの時に、路上で座り込んでいる【猿】に出くわしました。
    500mほど手前から見えていたので『何かわかんないけど、何かあるぞ』と思っていたら、突然道の脇に飛び去って行ったんです。その時のシルエットで猿ってわかったんです。
    峠道だったので、お猿さんがオイラに向かってきたら‥間違いなく転落してましたね。
    ゆっくり走っていた、もとい、ゆっくりでしか走れなかったので命拾いしました^_^;

    1. Gon-K より:

      イソカズさん
      Gon-Kです。猿ですか。確かに房総半島は山いっぱいなので猿が出てもおかしくないですね(いや、バカにしてるんじゃないですよ、静岡でも出るし)。
      犬猫なんかだとその場に突っ伏してやり過ごそうとするので引いちゃうこともあるみたいです(そういう習性らしい)。
      ほんと動物は要注意です。でもクマじゃなくてよかったですね。

  2. 街もオフも直線女番長 より:

    直線以外でもぶっ飛んでる、街もオフも直線女番長です。
    会津の林道で、大きなマグロの頭が落ちてた話。
    頭だけ上を向いて大きく口をあけており、目ん玉もついてました。
    色んなものに遭遇する林道で必死になって走っていて、あ!マグロ
    の頭だ!と通り過ぎ、……マグロの頭ね…..ん?マグロの頭?なんで?!!
    と思った瞬間何にもない所で前輪とられてズデーンとすっ転びました。
    本当にバイクってのは、メンタルが影響する乗り物ですなー。←そこかよ!

    1. Gon-K より:

      うーん、なぜマグロだっったんでしょう・・・。でも、人の頭じゃなくてよかったですね。

  3. リンリン より:

    Gon-kさん

    こんばんは。

    リンリンは落し物では無いのですが、峠で蛇を引きそうになった事があります。
    幸いスピードは出てなかったので避ける事が出来ました。
    後は高速で渋滞の為すり抜けをしていたら路肩に人が倒れていて思わず、2度見してしまいました。
    事故に遭った方は一応無事そうでした。というのと中央分離帯で落し物を探しているバイカーさんを見かけた時もビックリしました。これ実は同じ日の行きと帰りの話です。そんな事もあるんだなぁ〜と思いました。
    どっちもついつい見てしまっていたので記事の中にもあった通りあまり見すぎず早めに視点を切り替えないよなぁ〜と思いました!

    1. Gon-K より:

      リンリンさん
      おっと、こっちも人が落ちてたんですか!ばんとさんと同じですね。
      それにしても中央分離帯のバイカーは何を探してたんでしょう。タンデムしてて相方でも落としたんでしょうか・・・。

    2. リンリン より:

      Gon-kさん

      残念な事にタンデムしてて相方落とした。なんて恐ろしい話ではなく単純にソロツーしてた人が落し物を探してました。高速でバイク止めて探すくらいなのできっととっても大事なものだったんだと思います。

      ばんとさんと違い私の場合は人が落ちてたのは確認したのですが生憎のマスツーのすり抜け中な上に警察車両も来たのでそのままスルーしちゃいました(^-^;

    3. Gon-K より:

      路上にはホントいろんなものが落ちてますね!

  4. てら より:

    おはようございます。
    落下物と言えば、先日前を行く相棒がインカムで、ジュースの缶が落ちてるよ、と教えてくれたんですが、缶がコロコロ転がって私の避ける方に避ける方にやって来るんです。あれは怖かったです。ポイ捨てやめて欲しいです。

    1. Gon-K より:

      てらさん
      あはは、なんか光景が浮かびますね。でも事故にならなくてよかった。
      確かにポイ捨ては良くない!

  5. ばんと より:

    毎度です。ばんとです。

    もう数十年前の話なのですが、夜中・人通りのすくない倉庫街の交差点で、
    老人が自転車とともに転がってました。もう少しで引きそうになって驚き
    ましたょ。

    運転してた車をハザードランプをつけて脇に止めて、老人を介護し安全な
    ところに避難さました。
    幸い老人は意識があったので事情を聴いてみると、車にはねられたとのこ
    と、周りを見渡してみると遠く電話ボックス近くに駐車している車があっ
    たので、近くに行って確認してみると事故を起こした張本人!!だったので
    す。

    警察に電話してたようなのですが、老人を放置したままにしてたことに、
    頭に来て電話ボックスから引きずり出して怒鳴りつけた記憶があります。

    少し重い話ですが、免許とって30年超えてますが、路上で落ちていた、
    一番最悪なものです。

    1. Gon-K より:

      ばんとさん
      なかなかドラマみたいですね。落ちてたのが生きてる人で不幸中の幸いでしょうか。死んでたら本当に大変。

コメントを残す

*