バイクで公道デビュー 停止のコツ3! 3つのブレーキでスマート停止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクで止まるときは3つのブレーキ

こんにちは、Gon-Kです。

あなたは、普段停止するときどのブレーキを使いますか?もし、「とりあえず前輪ブレーキでOKでしょ。後輪ブレーキってあんまり効かないし、エンジンブレーキよくわかんな〜い。」という状況だと、急停止のときに華麗に前転する可能性があるかも・・・。


かっこいい走りってメリハリがありますよね。バイクの走りでメリハリっていうと、加速と減速がしっかりできてるって要素が大きい。で、いつでもピタッと止まったり減速できたりすれば自然と加速と減速のメリハリがつくんです。二輪教習を思い出してください。バイクの急制動では①エンジンブレーキ、②後輪ブレーキ、③前輪ブレーキを使えと教わったと思います。もちろん状況に応じてそれぞれのブレーキを使い分けるけど、基本は3つのブレーキ全部を使って止まります。これが一番安全でよく止まる。ポイントになるのは使う順番。

①エンジンブレーキ

まず最初にエンジンブレーキをかけるとマイルドに減速できます。止まろうと思ったらまずはシフトダウンしてエンジンブレーキを効かせ減速しましょう。もちろんこのときブリッピングを使うとスムーズです。ブレーキ操作の前の下準備みたいな感じかな。

バイクで停止するときまずはエンジンブレーキ

②後輪ブレーキ

続いて後輪ブレーキ。後輪ブレーキの制動力は前輪ブレーキより弱いけれど、ブレーキのショックをやわらげるパラシュートみたいなイメージです。つまり、前輪ブレーキに先駆けて後輪ブレーキをかけることで、ブレーキをかけたときのGで車体が前のめりになるのを防げます。特に急ブレーキなんかではシフトダウンしてエンジンブレーキを効かせる暇がありません。この後輪ブレーキを一瞬早く踏むパラシュート機能が、安全に止まるためにとっても大事です。

バイクのブレーキで後輪ブレーキはパラシュート

③前輪ブレーキ

最後は前輪ブレーキです。3つのブレーキの中で一番制動力があります。ですから最後のキメは前輪ブレーキでカチッと止まりましょう。前輪ブレーキの場合強くかけすぎないように特に注意です。後輪ブレーキはかけすぎるとロックして滑りますが、前輪ブレーキがロックすると、滑るんじゃなくジャックナイフして転倒します。

ベイクで前輪がロックするとジャックナイフ

まとめます。スマートな停止は①エンジンブレーキ②後輪ブレーキ③前輪ブレーキです。前後輪ブレーキの力のかけ方については、こちらを参考にしてください。

おまけ

停止直前に前輪ブレーキがガックンとなっちゃうことないですか?うーん、いまひとつスマートじゃないですよね。ここをもっとスマートに止まるコツがあるんです。それは、バイクが完全停止する直前に前輪ブレーキを離して、後輪ブレーキでスッと止まるんです。そうすれば前輪ブレーキのショックを食らわずソフトに止まれますよ。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。「こんなことで悩んでるのは私だけでは?」なんて感じる必要はないですよ。結構、みんな同じことで悩んでますから。気軽にコメントくださいね。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら

PR

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*