バイクの楽しさ バイクとは「あなた自身の勇気を試せるもの!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクはあなたを酢ライヴする絵の図

こんにちは、Gon-Kです。

バイクから得られた気づきってあなたの人生のいろんなシーンで使ると思うんです。バイクはあなたをまだ見たことのないところにつれていってくれますよ。そう、バイクはあなたが真にスライヴする機会を与えてくれます。


優しいのに無敵

のっけからご立派なタイトルですが、勇気を試すっていってもスキーのジャンプ台からバイクで飛びおりろとかって話じゃありません。先日、気になる本を見つけてこの記事を書いてます。Dr.スティーブン・トルドー著「優しいのに無敵」って本です。

じつはスティーブン(←よびすてするな!!)、「バイクにのる心理学者」としてアメリカで有名(らしい)です。最近このての自己啓発本は全く読まないので、Gon-Kは知りませんでした(ごめんなさい)。

本の主旨は、世知辛い世の中をどう生きやすくするかという、まあ一般的な自己啓発本なんですが、本の最後に「なぜバイクにのるのか?」という章があって、Gon-Kのアンテナがここにフックしちゃった。そうかスティーブンもバイク好きか(←またよびすて!!!)。ということで、この内容がけっこう「ウンウン」ときたので紹介しますね。

なぜバイクにのるのか?

Dr.スティーブン・トルドーいわく、バイクにのる理由はバイクが「人生において真にスライヴする機会を与えてくれる」からだそうです。

前置きになるけど、本書の中では「スライヴ」という言葉を以下のように定義してます。

「花開く」、「つながる」、「ともに栄える」、「幸せになる」、「起き上がる」、「やり直す」、「生まれ変わる」、「強くなる」、「達成する」、「満足する」、「生きがいを持つ」、「進化する」、「羽ばたく」、「ときめく」、「輝く」、「自分を愛する」、「自分を肯定する」ーーーなどを含むものと捉え、「本当の成功」を指し示す抽象的な言葉。

Dr.スティーブン・トルドー著「優しいのに無敵」 サンクチュアリ出版 p4.

まあ、Gon-K的には、立身出世とか競争で勝ち残る成功ではなく、自分も周りも幸せになる豊かな成功って感じかなと理解してます(違ったらごめん)。

バイクで三方良しの絵の図

恐怖心から逃げずに向き合うこと

スティーブンいわく(←また!)、「スライヴするということは恐怖心から逃げずに向き合うこと」が必要って書いてます。人生は常に新しいものに出会うことで豊かになる。でも、我々にとって新しいものに出会うのはとっても勇気がいることですよね。

多くの人は「未知」をお試しすることを避け、「予測できること」の方を選んでしまう。それは、無意識のうちに「未知なるもの」に対して恐怖を感じてしまうから。

Dr.スティーブン・トルドー著「優しいのに無敵」 サンクチュアリ出版 p68.

・・・・で、スティーブンはこうも書いてます。

(バイクは)人生において真にスライヴする機会を与えてくれる」。

Dr.スティーブン・トルドー著「優しいのに無敵」 サンクチュアリ出版 p244.

Gon-K的にはここでフックして「そうだよね!」って思いました。教習所で初めてバイクにまたがりクラッチをつないだとき、公道デビューしたとき、初めてワインディングを走ったとき、先輩ライダーの後に必死でついていったとき、初めてジャンプを跳んだとき・・・・・・、まさしくバイクは勇気の積み重ねです。もしあなたがバイクに恐怖を感じてたとしたら、それはあなたがビビリなんじゃない。あなたは新しいことに挑戦してるから。つまり、あなたはバイクを通してあなた自身の勇気を試すことができるってことです。

「勇気ゾーン」に片足だけでも突っ込めばいい

「恐怖心から逃げるな!」ってのは「気合一発アクセル全開!!」って意味じゃないですよ。本書では、あなたが普段いる安定した場所がコンフォートゾーンで、その外側にはまだいったことがない未知なる場所、つまり恐怖ゾーンがあると説明してるんです。そしてここが問題なんです。そう、コンフォートゾーンから恐怖ゾーンにいきなり足を突っ込むのはチョー怖いんですよね(ときにマジ危険)。これについて、本書にはこんなことが書いてある。

コンフォートゾーンの外側には「恐怖ゾーン」だけではなく、その間には素晴らしい「勇気ゾーン」があるんだ!私たちはまず、この「勇気ゾーン」に片足だけでも突っ込めばいい。

Dr.スティーブン・トルドー著「優しいのに無敵」 サンクチュアリ出版 p70.

Gon-Kが住んでる静岡には砂浜や大きな河川敷がけっこうあって、昔はバイクで入っていけたんですね(倫理的にはアレですが)。そういうところって1 mくらいの段差とか崖があちこちあって、向こう側にいこうと思うと段差を飛び降りたり駆け登ったりしなきゃならない。なれちゃえばなんてことないけど、バイク初心者のGon-Kにはこれはもう恐怖でした(一応オフ車だったのに)。最初の頃は30 cmの段差を飛び降りるのだってうまくできない(だったらやめりゃいいんだけど)。そこでなにをしたかというと、まずは10 cmくらいの段差からポコポコ飛び降りて、度胸がついたら翌日は30 cm、そしてだんだん高さをあげてゆく。そう、一気に高いとこから飛び降りようとはせず、地味〜に影でお試ししてました。今考えると一歩ずつ勇気ゾーンに足を突っ込んでたんですよね。勇気勇気というけれど、べつに無謀なチャレンジなんかしなくていいと思うんです。

バイクで勇気ゾーンから少しづつチャレンジする絵の図

あなたの人生の旅のなかで、あなた自身の勇気を試せるもの、恐怖から逃げずに向き合えるもの。それを見つけて、それに向かって努力を続けること。そうすればあなたは必ず「自分の力」でスライヴできる。

Dr.スティーブン・トルドー著「優しいのに無敵」 サンクチュアリ出版 p247.

スライヴする機会を与えてくれる

むずかしい成功法則の話なんかじゃなくて、大好きなバイクから得られた気づきってあなたの人生のいろんなところで使えると思うんです。バイクはあなたをまだ見たことのないところに連れていってくれますよ。そう、バイクは人生においてあなたが真にスライヴする機会を与えてくれます。

ちょっと大げさでしょうか?

バイクはあなたの勇気を試せる絵の図

補足

今回の記事は、Gon-Kがこの本を読んでの解釈です。なので著者の意図するところとちょっと違うのかもしれない(間違いではないと思うけど・・・)。もしあなたも本書のことが気になったら、この本を読んでみるのもいいと思います。1時間もあればサクッと読める量ですから。

ちなみにこの本、全然バイクの本じゃありません。全253ページのうちバイクについて書いてあるのは最後の方の7ページだけです。バイクネタ満載を期待して購入するとがっかりします。自己啓発本としてもフツーかな。Amazonの書評なんかをしっかり読んでからポチりましょう。

それにしても、洋の東西を問わずバイクって人生を豊かにしえるモノなんですね。

そのほか書籍紹介

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

「ワラにもすがりたいそこのあなた、サロン参加をまってます!

 

バイク乗りのLINEスタンプができました。詳しくはこちらバイクのLINEスタンプ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 一寸法師 より:

    Gon-Kさん、こんばんは。
    ビビり屋一寸法師です。

    当地は、久し振りに週末の雨とはならなかったので、「国道の練習」をしてきました。
    目的地:お世話になった教習所(片道12キロ、当然事前に徒歩で調査済みww)
    経路:ぜぇーんぶ片側3車線以上の大通り、教習所とレンタル屋の前だけ1車線
    目標1:絶対に敵前逃亡しない(これまでは、怖くなったら危なくなくてもソッコー歩道に上がってた)
    目標2:車線変更する
    目標3:普通の交差点で右折する

    レンタルの予約が取れちゃった1週間前からお腹ピーピー。前夜は一睡もできず、当日はメシも喉を通らない有様でしたが、「逃げちゃダメだ」ってシンジ君が言うので、気温34度のコンクリートジャングルへ特攻ぶちかましてやりました(ちゃんと仮眠取って、経口補水液携帯で走りました~)。

    結果は、目標1完遂。いぇ~い。1時間ぶっ通しで運転したの初めてじゃ~。ヲレすげー。ヲレかっけー。大都会の蒼き狼(呆)

    目標2clear。しかし、せんでもええ車線変更をして、あさっての方向へ進んでしまうこと2回(^^;きっと地磁気が乱れてたせいだ。

    目標3・・・・・とうとうやっちまいました。交差点ど真ん中、先頭で右折待ちしてる最中にエンストーぉぉぉ*╲(゜∀゜)/*キックなのでこんな時は絶対かからないから(おまけにニュートラルにも入らない)、発進は諦めて退避です。右腕ブンブン振って、頭はペコペコ下げて、クラッチ握りしめた左腕だけで無理やり2車線分引きずって退場しました。一夜明けた今日は、大胸筋と上腕二頭筋が筋肉痛。

    狼とか言ってっから、こんなことに。ちぇっカッコ悪ぃ。

    でもね、無事歩道に上がるまで、誰一人としてクラクション鳴らさなかったんですよ。すごくないっすか?このサツバツとした大都会で。今朝改めて思い返して、ちびっと鼻の奥がツーンとしちまいました。ありがてぇぇ(ノд`)・゜・。

    次も勇気出すぜっ!おりゃあっ!!

    1. Gon-K より:

      一寸法師さん、交通社会も捨てたもんじゃないですね。
      それにしても順調に冒険してるようでいい感じですね。今度は地磁気が乱れていないところで車線変更してください。
      全身ゴムのカッパ着てれば影響ないかも・・・

    2. 一寸法師 より:

      ゴムの合羽(笑)
      チビライダーの蒸し焼きが出来上がりそう(*≧∀≦)

    3. 街もオフも直線女番長 より:

      一寸法師さん、番長、今はセル付きの
      バイクに乗ってるんだけど、公道デビューの
      頃はキックスタートのバイクだったの。
      ある日、環状線信号待ち先頭で青になった途端
      エンストした。後ろには車がいっぱいいる。
      あっちこっちでエンストしてた番長、
      いつもは焦るんだけど、そんなてめぇに
      腹が立ってさ、ブチギレてキックしたら
      一発でかかった( °ω° )
      たまにはキレてみるのアリです(多分)

    4. 一寸法師 より:

      うおおおー番長姐さん、それカッコいいですっ☆☆
      今度はやってみます!挑戦しないで逃げるのイヤですもんねっ。

  2. ひーとみ より:

    初めまして。
    最近教習所に通い始めた40代女です。

    まだ一段階ですが。
    バイクが こんなに難しいものとは
    思ってもみませんでした…

    自分の考えの甘さに 情けなくなり
    バイクを乗りこなしてる人達が
    本当に素晴らしいと 尊敬のまなざしです。

    初めての教習の時から
    毎回転んでます。
    とても辛く
    とても悔しく
    とても情けなく
    自信なくしてしまいました。
    教習の度に前向きな気持ちで挑んでいるのですが
    いざ乗ると。尋常でない緊張が襲ってきて
    転んだ事を思い出してしまい、ガチガチになってしまいます。
    あまりに緊張し過ぎて、動悸と吐き気がすごいです。
    教習がない日でも動悸がおさまらず
    眠れない日々が続いてます。

    でも。
    このサイトに出会い
    昨日からずっと見てました。
    この記事見て 泣いてしまいました。

    やっぱり。
    私、乗りたいです。

    友人など周りからのプレッシャー。
    会社の社長が理解してくれて
    教習所を優先にして
    仕事を早退、休みにしてくれたり。
    ものすごく通いやすい環境にもかかわらず…

    買ったブーツが
    行く度にボロボロになって…
    それを見るたび ツラい気持ちでしたが

    免許取ったら
    もっと かっけーブーツ
    買ってやる!
    って気持ちで

    明日からまた頑張ってみます!

    本当にGon-kさん!ありがとうございます!

    1. Gon-K より:

      ひーとみさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。ひーとみさんはすごく勇気があると思います。ブーツがボロボロになる程頑張ってるんだから。
      このブログで色んな方とやりとりさせていただいてますが、実の所かなりの人がバイクを怖いと思ってます。それも、卒検終わるまで怖かった、楽しいというレベルには到達しなかった、って感じです。
      でもね、それでもがんばってみなさん免許取得までいってます。楽ではないかもしれないけれど、諦めなければきっといけます。
      本当の意味で心地よさを感じられるのは公道デビューしてからしばらくかかるかもしれないです。でも、諦めず続けていればきっとそこにたどり着きます。
      そうしたら、それはきっとひーとみさんにとってのスライヴですよね。
      がんばれ、そしてかっけーブーツ買いましょう!

    2. ひーとみ より:

      Gon-kさん

      返信ありがとうございました!
      とても力になりました!

      今日も教習所行きました。
      恥ずかしいですが…
      10回目にして初めて!
      転ばなかったです笑!

      笑う人も居るかもしれません。
      でも笑われても、どうでもいいです笑
      私にとって、すごい進歩です!笑

      何だかGon-kさんが
      神様のように思えてきました笑笑

      でも、わざわざコメントくださり
      それが力になり!

      帰りの道のりで
      初めて嬉し涙流しました!
      ありがとうございました!
      またコメント入れるかもしれませんが
      よろしくお願いします

    3. Gon-K より:

      ひーとみさん
      あはは、残念ながら神様じゃないけれど、お役に立てて嬉しいです。
      かっけーブーツ目指してがんばれ!

    4. うさぎ より:

      初めまして。
      私もひーとみさんと同じ40代女性です。
      5/1に入校しました。

      こちらのサイトや書籍を毎日見ています。
      いつも元気をもらっています。

      恐怖心がついてしまい、バイクに跨がった時、冷や汗が出て動悸がし、必ず動けなくなります。
      教官はいつも不思議顔をしていて、やめますか?と聞きますが、何とか教習を受けています。

      クランクがどうしても通れず
      また、精神的にも肉体的にもボロボロな状態で行った時
      逆走してしまい、一番優しい教官を呆れさせ、怒らせてしまいました。
      補修代も経済的なダメージになっており、プレッシャーになっています。
      そこから少しお休みしています。
      もう三週間バイクにさわってもいません。

      今はまだ勇気が出ずにいますが
      ひーとみさんのコメントを見て
      私も頑張らないと、と思いました。
      もしかしたらもう免許取られているかもしれませんね。
      私も後に続きたいです。

    5. Gon-K より:

      うさぎさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。
      今まで出会ったことがないような事態に直面した時、怖くて体が全く動かないことってありますよね。そういう気持ちわかります。
      それはいたって普通の反応です。
      今チャレンジしてるのは普通二輪でしょうか。
      もしそうならもう一つ落として小型二輪から始めてみるのもいいと思います。なんなら原付講習から始めてもいいと思う。
      決して馬鹿にしてるわけではなくくて、一見高く見えたか壁も順序よくチャレンジしていけば実は越えられない壁ではなかったってことがあるからです。
      一見遠回りに思えてもひと手間かけたほうが実は早く目的地に着くってことはあります。
      初めてのバイクって「バイクの操作がわからない」ということと「バイクの重さやパワーに耐えられない」っていう2重苦なんですよね。
      例えば男性の場合ある程度力があるので重さやパワーはなんとかなっちゃうって場合が多いです。
      女性でも周りにバイク乗りの知り合いが多かった人の場合なんとなくバイクの操作がわかったりして操作についてはあまり苦労しないって人もいます。
      早く教習を進む人って程度の差こそあれ運よくそんな有利な要素を持ってる場合が多い。
      そう、決してうさぎさんが他の人よりダメなんじゃなくって、他の人は運よくそれまでの人生の中でバイクに親しみやすい何かを持ってるだけ。
      それってその人の人生経験によるところが大きい。楽しくバイクに乗るといレベルであれば、みんなが持ってるセンスそのものにはそんなに大差ないと思うのです(もちろん中にはスゴい奴いるけど)。単に人生の早い時期に有利な経験ができったかどうか。
      とはいうものの、今この瞬間バイクを動かさなきゃいけないわけでそこはなんとかしないと前に進めないですよね。
      運悪く有利な経験ができなかったのはかわいそうだから特別に免許あげましょうって話にはならない。
      そうであれば、今この瞬間からそういう経験を自分にさせましょう。
      まずはバイクを操る、車輪が縦に2つ並んだエンジン付きの乗り物に慣れるという経験を原付なり小型で習得して、その次に重たい普通二輪にチャレンジってのもありだと思うのです。家にいる時はマウンテンバイクなりスポーツバイクで二輪という乗り物になれる練習をするのもいい。自転車もそれなりの速度で巡航すると挙動がバイクと似てきます(エクササイズにもなる!)。
      やれることはみんなやってみよう。
      いいじゃないですか、40過ぎてそこまでチャレンジできることに出会えるなんて幸運です。
      排気量を落とすのはなんか負けた感があって嫌だと思うんですが、免許取っちゃえばおんなじです。免許に「私は教習に時間かかりました」なんて書かれませんから。
      あえて一歩手前からスタートするのはいかがでしょうか。
      あきらめなければ必ずいけます。

    6. 一寸法師 より:

      うさぎさん、初めまして。
      一寸法師と申します。横からスミマセン。

      心身共にぼろぼろになっても「後に続きたい」って言えるうさぎさんは、充分勇気があると思う!だから、ちょっとお休みしたら、また挑戦できるんじゃないかな。

      自分も気が小さくて、背も小さくて、手も小さくて、教習中に暴走させて二輪の一番エライ先生を駆け付けさせて、、、、、、もう恥ずかしいやら申し訳ないやら。
      でも、諦められなかった。怖くて怖くて、口から内臓が飛び出しそうになっても、乗りたかった。したら、何とか免許取れました。

      無理しない のんびり構え 諦めない
      って感じで行きましょう。
      きっと、ひーとみさんもかっけーブーツで待ってますよ(^o^)b

    7. 空豆 より:

      うさぎさん。こんにちわ。

      教習数時間の超ど初心者です。勝手にすすむバイク怖いのあるあるです!
      教習1日目に、ブレーキは足なの? 知らなかった!と超無知を晒し……
      颯爽と走ってるように見えて、実際はこんなに難しかったなんて……

      このまま慣れずに乗ってたら怖い!!っと。
      1ヵ月バイク触らないで、バイクのりごっこやってました!
      (電動自転車で、右手、左手、右足をバイク乗ってるかのようにぶんぶんイメージしながら乗ってみる)

      電動自転車いいですねー (シェア自転車レンタルが最近増えてる!)
      走り出しに勝手に自転車が走り出す感じが、エンジン付きの乗り物のってる!ってかんじ
      とっさに左ブレーキを握らないくらいには体が慣れたかな……
      ゆっくりやっていいって、このサイトで知ってゆっくりやることにしました。ゆっくりやりましょ

  3. ツキフタツ より:

    Gon-Kさん
    お返事ありがとうございます!
    すぐに書いてくださるので、めちゃくちゃ嬉しいですo(^▽^)o

    家族への報告会は昨夜、回転する某寿司屋で行いました!

    「皆さん、ご報告です。お母ちゃんはバイクの免許を取りました!」

    夫は「……えっ!(◎_◎;)マジで?」
    子供たちは「えー、すごーい!」

    夫には車の免許を取る時も内緒にして驚かせたことがあるんですが、それ以上に、バイク免許は、まさか‼︎という思いがあったみたいです。

    あとは、公道デビューです。
    あ、バイクを買わなきゃ、です(笑)

    1. 街もオフも直線女番長 より:

      バイクにまたがるかっこいい姿を見て、旦那様もお子さんも
      将来バイクに興味わいてくれるといいです。
      ツキフタツさんはすごい母ちゃんだ!・:*+.\(( °ω° ))/.:+

    2. Gon-K より:

      ツキフタツさん
      うーん、なんて素敵な回る寿司でしょう。
      将来は家族そろってバイクで回る寿司ですね。
      公道デビュー待ってます1

    3. ツキフタツ より:

      お二方とも、お返事ありがとうございました!とっても嬉しかったです。
      ブログ読み続けますねo(^▽^)o

  4. ツキフタツ より:

    Gon-Kさん、お久しぶりです。
    覚えていらっしゃらないと思いますが、ツキフタツです。

    昨年12月、小学校時代からの夢を叶えるため、二輪教習に通いだしました。旦那と子供を驚かせるため、雨の日も霰の日も内緒で通っていました。それが、立ちコケでバイクを引き起こす時に持病の腰を悪化させて病院通いが始まり、転倒時の恐怖のトラウマと、例年にない大雪に見舞われ冬を越し、仕事の忙しさも相まって、あと2時間というところで心が折れたままでした。

    しかし、教習期限が近づいて、もう、やるしかない!と3日前に、7ヶ月ぶりの教習再開を果たしました。

    当然復習事項が多く、また追加料金が発生しながらでしたが、炎天下の下、熱中症になりかけながら、ベテラン教官や教頭まで出てくる始末で、なんとかみきわめにハンコを押してもらい、

    本日卒検一発合格しました!!

    この3日間は、寝る前にGon-Kさんのブログを再度読み漁り、参考にさせていただきました。

    お蔭様で、無事卒業できました!
    1人勝手に興奮してますが、

    恐怖に打ち勝ち、まさに「スライヴ」できた自分がいます!

    良いブログに出会えて本当に良かったです。ブックマークでいつでも読み返して、いつか公道デビューしたいと思います。
    ありがとうございました!

    1. Gon-K より:

      ツキフタツさん
      Gon-Kです。ご連絡有り難うございます。そして卒検合格おめでとうございます!
      しかも一発なんて素晴らしい。才能ありますね。まさに「スライヴ」!
      バイクの免許取れたんだから興奮したってOKです。
      次のコメントは公道デビューの報告かな?
      楽しいバイクライフを!

      ところで、もちろん家族には話したんですよね・・・

  5. 街もオフも直線女番長 より:

    いつもおもしろいコメントを考えている、というか、ねらってもないのに
    結果おもしろいことばかりやっちまう、街もオフも直線女番長です。
    よっしゃ今年は勇気ゾーンへスライヴだ!バビューン!!

    1. Gon-K より:

      そうだ、スライヴだぁ!

  6. やゆ より:

    やゆです。
    まずは明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願い致します。

    今年もくだらないコメントするかも知れませんが生暖かい目で見逃して頂ければさいわいかと……

    思えぼ2年弱前にこちらのサイトに出会い力を貰い免許取得後も相談に乗って頂き、お陰様でこれまで無事故で来れました。
    改めて御礼申し上げます。

    今回は年始なので真面目になってしまいました。

    1. Gon-K より:

      やゆさん
      あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
      今年もコメントお待ちしていますね。
      今年も楽しいバイクライフを!

コメントを残す

*