バイクで公道デビュー バイクって練習するのも楽しいよね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクでベテランからアドバイスをもらう

こんにちは、Gon-Kです。

バイクの楽しみ方の一つに、練習して上手くなることってのがあります。とくに初心者の頃は乗れば乗るだけうまくなる。そしてバイクが上手くなると、見える景色も広がるんですよね・・・・


バイクの楽しみ方ってなんだ?

先日から紹介している「バイクの楽しみ方ってなんだ?」です。

だまだみなさんからいただいたコメントのストックがたまってますので小出しに紹介しますね。今回は自分の進歩を感じられるとバイクは楽しくなるって感じのコメントを集めてみました。コメントいただいたあなた、ほんとうにありがとうございます。またまたまた紹介させていただきますね!

うまくなる楽しさ

バイクって乗れば乗るほどうまくなるので、自分の成長が感じられてすごく楽しい。そう、練習はあなたを裏切らない。

それではいただいたコメントを紹介しまーす↓

私の場合は練習が楽しいですね。練習するのは八の字や回転とか、スラローム系が主ですが、最近ちょっと極低速にもはまってます。

極低速で回転して一周するのと、一本橋がだいたい同じタイムくらいになるそうです。

byドラゾンビ

誰に強制されたわけじゃないんだけれど、コツコツ練習しちゃうのがバイクです。大の大人が童心にかえって無心になってオモチャで遊んでるようなものでしょうか。

バイクの回るのが楽しいの画像

講習会や練習会で曲がる

byフィリアンドレ

そうそう、バイクで曲がるという行為には、麻薬的な楽しさがありますよね。

バイクで曲がるのが楽しいの画像

教習所では学べ無い事を熟練ライダーから聴いて出来るようになる事!

by黒槍

一人でバイクの練習をするのもいいのですが、ある程度練習してるといき詰ってきます。そんな時、ベテランからアドバイスをもらえるとフッと壁をこえられることがありますよね。

バイクでベテランからアドバイスをもらう

純粋に「あ、できた!!」

二輪教習の場合、卒検を控えてるのでどうしてもやらされてる感がぬぐえないです。でも自分のバイクを手に入れてからの練習って、なににも縛られることなく走りを楽しめる。いろんなこと挑戦できるしうまくいかなくても指導は入らない。純粋に「あ、できた!!」って達成感を感じられるので本当に楽しいですよね。

バイクを自由に操れたほうが楽しい

よく、「私はレースに出るわけじゃないから無理に練習なんかしなくていい」みたいな話を聞くけど、レースにでなくてもバイクを自由に操れたほうが絶対バイクライフは楽しくなると思うのです。ライディングが上手くなると、それにつれて行動半径もグンと広くなるし気持ちに余裕も出てくる。だから見える世界もグンと広がる。あなたを新しい世界に連れていってくれるのがバイクです!バイクを介して伝わる感性が深くなるって言ったらいいのかな。

体育会系の部活みたいにゴリゴリやらなくてもいいんですよ。楽しみながら練習すればいい。とにかく昨日よりも今日、今日よりも明日、一歩と言わず半歩でも違ったあなたに出会う楽しさを感じる方法の一つとして、バイクの練習もありなんじゃないかな。

関連記事

あなたのバイクの楽しみ方は?

引き続き「あなたのバイクの楽しみ方」を募集します。「あなたにとってのバイク」のお話も大歓迎。あなたの物語がこれからバイクに乗ろうとする人の心にフックするかもです。

お知らせ

バイク乗りのLINEスタンプができました。詳しくはこちらバイクのLINEスタンプ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちらバイク初心者サポートマニュアル



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. やさぐれおやじ より:

    やさぐれおやじです。
    Gon-kさん、お久しぶりです。

    BMW g310r納車しました。
    お尻からのドコドコ感がたまりません。
    慣らし運転なんで、控えめに乗っております。

    カーブの基本はリーンアウトと 某片山氏が解説しておりました。(ユーチューブで)
    何となくリーンインより頭の位置が高く、アウトの方がコーナの出口が確認しやすいことは分かりますが。

    Gon-kさんの意見はいかがでしょうか?

    1. Gon-K より:

      やさぐれおやじさん
      速度が低くなるにつれリーンアウトになるのかなと思います。ツーリング先で出会うつづら折れなんかそうですよね。
      速度が上がって、アウト側にかかる遠心力が強くなるにつれ、リーンウィズ→リーンインになるのかと。
      あと、高速の場合上半身が起きてると風の抵抗もでますよね。
      ます学ぶべきはリーンアウトというのはそうかもしれないですね。

  2. るな子 より:

    Gon-Kさん

    右回りのUターンができるようになりたい一心で、ちょくちょくスクールに行ってます。
    だだ、停止からのUターンメニューがあまりなく、未だターン出来ませんが。けど、普段は絶対やらない走り方がいろいろできて、楽しいです。

    私には大きくて もう乗れなくなっているであろうと、先日1年9ヶ月ぶりに教習所のバイクで練習させてもらいました。ほんの50分程度でしたが、一本橋で落ちてこけて青アザつくったり、8の字をソロリソロリと何周もして両腕すごい筋肉痛なったりで、終わった時にはぐったり。正に筋トレ。
    腕筋肉痛って、むっちゃいらんとこに力入ってる?シェークアップにはいいかも。

    1. Gon-K より:

      るな子さん
      スクールがよいいいですね。なかなか上手くならないようでも、いつの間にか上手くなってるのがバイクです。
      多分Uターンもいつの間にかできるようになりますよ。
      ただし筋肉痛は力み過ぎかも・・・・・・・

    2. ドラゾンビ より:

      こんばんは(^^)/

      るな子姉さんもしや阪神○イディングスクールですか?

      右Uターンのコツをドラなりに考えてみました。
      先ず、曲がりたい方向にグッと体を入れる、バイクより先に行きたい方向に体を持って行く感じです。
      そして、シートに田の字をイメージします。右旋回の時は田の字の右後ろに荷重をかけてやる。間違っても果汁をかけないでください。
      そうすると右にハンドルが切れてもスロットル操作の詰まり感はなくなります。

      椅子に座ったまま右後ろのゴミ箱にゴミを捨てる時の動きです。

      これをすると思っているよりも早くに進行方向に体を持って行くのが体感しやすいです。
      あくまで私の感じなのですが、参考までに

  3. やゆ より:

    やゆです。

    私の場合は練習したってよりは単に楽しんだ事が結果練習になってたみたいなもんでした。
    楽しみながら練習でもなく頭に練習なんて感覚が無いんですよね。
    あと多少でも恐い思いをしたらそれを繰り返さない様にしてるだけなんですよね。

    多少なりとも実感出来たのは雨の急制動でリアが滑りながらもコケずに停止出来た時やカーブで滑ったりフラついた時にリカバリー出来た時、または白バイと同じラインで曲がれた時なんかは「俺も少しは・・・」って自惚れたりしてます。
    自惚れもほんの少しなら自信と余裕となってくれると信じたい!

    1. Gon-K より:

      やゆさん
      楽しんで走ってるうちに上達するのが理想ですよね。
      まあ、楽しいから繰り返しぐるぐる走り回ることが練習と言えなくもないかな。

  4. ドラゾンビ より:

    私はレースに出るわけじゃないから無理に練習なんかしなくていい
    ←私もレースとかジムカーナの大会出るわけではないですが、、、

    10の実力のうち8や9で公道はしるより、3、4、5くらいの余裕を持って走れるようになりたいです。
    ってのが、練習会に参加した当初の目的です。

    今もそこは変わりませんが、ところがどっこい、ドラはあまり公道走ることないのですね。

    練習そのものが目的になってる、っていうか練習そのものが楽しいです。

    なにかスポーツするわけでもなく、筋トレやってるようなもんですかね?

    1. Gon-K より:

      ドラさん
      バイクの練習って、公道を走るための練習ではなくって、バイクを思いのまま操れるようになるための練習なんですよね。
      それを繰り返してると、いつの間にか公道での走りでお釣りがくるくらいの技量が身につく。
      そうすると走りに余裕が出てきて景色も風も楽しめるって感じでしょうか。
      バイクを操り倒したいということは十分な目的になる。筋トレいいじゃないですか!
      バイクマッチョ目指してください。

  5. 忍者 より:

    >よく、「私はレースに出るわけじゃないから無理に練習なんかしなくていい」みたいな話を聞くけど、レースにでなくてもバイクを自由に操れたほうが絶対バイクライフは楽しくなると思うのです

    オートバイって乗るだけでスポーツですもん。
    どれだけゆっくり走ろうが街中だけしか移動しなかろうが、またがった時点でスポーツなんですね。
    であればどのような運用方法であれ、常に操作技術の向上に取り組む必要があります。
    ガチ練習でなくとも、その練習は普段の乗車中に出来る事なんですよね。

    1. Gon-K より:

      忍者さん
      確かにバイクはスポーツですよね。
      はたから見てるのラクに乗ってるだけに見えるけど、実は全然ラクじゃなかったりする。
      そこが楽しいのかもしれないと思うのです。
      そう、決してラクな乗り物じゃあない。

コメントを残す

*