バイクで公道デビュー 女子目線vs.男子目線カッコいいバイク乗り!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cool_rider

こんにちは、Gon-Kです。

カッコいいと感じるセンスって男女でちがいますよね。男が惚れるいい男と女が惚れるいい男の違いみたいな感じ?そこで、この問題を考察するために参考文献調査を実施してみた!


カッコよくありたい

いきなり何だ?と思うでしょうが、どうせ自分のブログなのでかってに書かせていただきます。

Gon-Kはカッコよくみられたい!!

人は中身だろう??

ええ、そうです。大切なのは中身です。

でも人様からカッコよくもみられたいんです。Gon-Kの心の殻を一枚ずつはがしていって、無駄なものや煩悩を一つ一つ取り去って、そして残った小さな心の声。その声はなんていってるんだろう?さあ、耳をすませて聴いてごらん?

「ああ、カッコよくみられてえ!」

というわけで、今日のお題はカッコいいバイク乗りです(強引なのはわかってます)。

じつは先日、たまたま雑誌Lady’s Bike 4月号の表紙が目に入ったんですよ。そうしたらそこに「カッコいいライダーになる」ってキャッチコピーがあるじゃないですか。

そして表紙のモデルさんもカッコいいー。

まあ、この雑誌は輝けバイク女子みたいな前向き意識高い系のスタンスなので(Gon-Kはそういうノリは好きです)、このキャッチコピーは全然不思議じゃないんだけどね。で、ふと思ったのが「女子と男子でカッコいいの基準ってがうよねってこと。それでその違いを記事にしようと思い立ったのが今回の流れです。

ちなみに、男Gon-K、雑誌が雑誌だけに店頭で買うのはかな〜り勇気がいるんですが、幸い電子書籍版があってラッキー!家で一人Macに向かい、まわりに誰もいないことを確認して堂々とポチりました。

おかげでゆっくりしっかり読めました。

カッコいいは男女で違う

冒頭でも書いたけど、カッコいいと感じるセンスって男女で違う。男が惚れるいい男と女が惚れるいい男の違いみたいなもんでしょうか(逆もあり?)。そこで、この問題を考察するために参考文献を調査してみました(Lady’s Bike読んだだけですが・・)。

女子目線かっこいいバイク乗り

まず、Lady’s Bikeといえばカッコいい系バイク女子のバイブルじゃないでしょうか。バイク女子のあなた。本棚にLady’s Bikeありますよね。

今回きっかけになった4月号に「カッコいいライダーになる」という特集が組まれてました。アンケートとかいろんな人のインタビュー記事が載ってて、Gon-Kなりに熟読してみた(ネタバレになるとマズいので詳細は雑誌を買ってね)。

Gon-Kなりに内容をまとめると、バイク女子基準のカッコいいって「大人のマナー」、「姿勢」、「自分らしさ」がキーポイントみたい。

大人のマナー

まあ、マナーが1位ってのはわかる気がする。普段の生活でも女性の方が野郎よりもマナーがいいし(え、そうでない人もいる?)。みんなで気持ちよく走りたいよねみたいな女性らしい願望があらわれてるのかなという気もしますね。

姿勢

Gon-K個人的には、バイク女子は姿勢を含めて姿勢や仕草を気にする人がけっこう多いなあという気がします。速く走るための姿勢というよりは、バイク乗りっぽいというか玄人っぽい型や雰囲気を求めるみたいな感じ。

自分らしさ

誤解を恐れずに書けば、女性の場合は良くも悪くもバイクの免許を取ること自体がかなりのチャレンジですよね。それゆえに、バイク乗りになるということに自分の成長を重ねてるっていう気合を感じます。なりたい自分、つまりライダーになることで自分らしくなるみたいな感じでしょうか。

こんなブログやっててなんですが、女性の読者とやりとりしてると、のほほんと教習所に通ってた(いや、一応ちゃんとやったけど・・)Gon-Kは自分が恥ずかしくなることがあります。

あと、同じバイク女子を応援したいってモチベーションがすごく高いなあと感じます。だからその水先案内人になるようなバイク女子がカッコよく映るのかもしれないね。

バイク女子のあなた、いかがでしょう?

バイク女子は意識高い系

男子目線カッコいいバイク乗り

さあ野郎ども、俺たちの時間だ!

ってわけで、男子目線カッコいいバイク乗りです。

年齢的にGon-Kを男子に入れるかどうか・・って話はおいときます。

女子側の話題がLady’s Bikeに端を発してるので、男子側も何かいい本はないかなーと探ってみた。でも、なかなかない。

そこで思いついたのが、いや、かなり個人的な意見ですが、やっぱり男子といえば漢(オトコ)カワサキじゃないでしょうか。

そんなわけでKawasaki (カワサキ) バイクマガジンをあさってみたGon-Kです。あさるといっても、じつはGon-Kカワサキ乗りじゃありません(嫌いってわけじゃないよ)。だからKawasakiバイクマガジンもってない。そこでAmazonさんにお願いして、ここ最近の表紙一覧を見せてもらいました(検索しただけ)。

そうしたらもう、男心をくすぐるキャッチコミーのオンパレードです。たとえば、

「カスタムの絶対王者」2018年9月号

「メガスポーツ黄金時代」2018年5月

「2大巨頭頂上決戦」2017年9月号

「超越する馬力」2016年3月号

「大排気量車列伝」2013年9月号

などなどなど・・・・・

なんかこう、絶対王者とか頂上決戦とか、任侠映画かプロレスみたいです。でも、わかりやすくていいですよね。今時の意識高い系の香りが全くしないです(私見です)。理性的にはデカくて速いだけが正義じゃないのはわかってるけど、でも男子的には響くものがある。

なんというか、やっぱり野郎は単純なので「力こそ正義」なんですかね(私見です)。

男カワサキ

やっぱりカッコよくありたい

というわけで、バイク女子がバイク男子にカッコよくみられたかったら、なんとか列伝みたいな雰囲気を醸し出せばいい(どんな雰囲気だ!)。野郎がバイク女子にカッコよくみられたいなら、何はなくてもジェントルマンであれ。

つまり、今回の話をまとめると、

「ジェントルマンで何とか列伝っぽいライダーは最高にカッコいい」

ってことでしょうか。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク乗りのLINEスタンプができました。詳しくはこちらバイクのLINEスタンプ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちらバイク初心者サポートマニュアル



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ZONO より:

    Gon-Kさん、ご無沙汰してます、ZONOです。
    僕が考えるかっこいいバイク乗りって、皆さん仰るように、まずマナー、そして余裕でしょうか。あ、僕は余裕はまだ全くありませんが笑
    それと、コテコテのバイクファッションは個人的に苦手なんで、バイク降りて普通にカフェとかに入っても違和感のない服装をしています。それとなく、バイク乗りの雰囲気を漂わせつつ、それでも「なんかオシャレだな」と思われたい笑
    まあ、その前にテクニック磨けって話ですが汗

    1. Gon-K より:

      ZONOさん
      ウンウン、マナーは大切ですよね。
      「なんかオシャレだな」と思われる服装・・・うーん、これも永遠のテーマですね。

  2. ドラゾンビ より:

    こんにちは~(^^)/
    ドドドのドラゾンビです( `ー´)ノ

    またまた番長姐さんの飛びつきそうな記事ですね!!

    少年ドラゾンビの意見といたしましては、
    勿論、カッコいいバイクに乗りたいというのはありますが、それよりも先ず自分がカッコよ乗れるようになりたいですね。
    峠をぶっ飛ばすとかじゃなくて、いろんな状況で余裕を持って対応できる精神性と技術が欲しいです。
    教習所も決してスムーズにいけたわけではないですが、それでもできないことが少しずつでもできるようになったり、またできなくなったり、というのが非常に楽しかったですね。
    一言にバイクといっても、人それぞれ色んな楽しみ方があると思いますが、大人としてのマナー、他車への思い遣りを持って楽しめたらいいな、と思っております。
    自分の未だ経験していないバイクの楽しみ方を新しく知ったりとかもまた素晴らしいことだと思います。
    かっこいい!!と云う目で見られるのもまたライダーの醍醐味の一つではないかとも思います。

  3. olive より:

    Gon-kさんアドバイスありがとうございます!
    早く練習に行って試したい!

  4. やゆ より:

    こんばんは、やゆです。

    私的には野郎でカッコイイのは職人的と言うか匠的なのか何事にもスムーズで落ち着いていて安定感のある運転する人。
    熟練感を醸し出してるみたいなのです。
    そんな走りをして止まった時に缶コーヒーとタバコが似合うと「カッコイイ」とか「渋い」って見てしまいます。

    女性の場合は前にも書きましたがズバリ峰不二子です。
    こっちは100%見た目ですね。
    カワイイとは違いますね。

    かっ飛ばしたりウイリーかましたりのハデな動きには感じなくて、何かの記事で見た安全こそ最高の技術って言葉が私には刺さってます。

    1. Gon-K より:

      やゆさん
      出ましたね峰不二子。
      なかなか峰不二子っぽい人っていないですが、いい感じでピシッときめてるひとって、はたからみてて「おお、決まってるなあ」って思いますよね。

    2. 街もオフも直線女番長 より:

      峰不二子か….(°ー°)←遠い目

  5. 街もオフも直線女番長 より:

    超越カスタム最速馬鹿力バイク女子みたいになればバイク男子に
    モテんのか!( *`3´)

    1. Gon-K より:

      番長さん
      絶対モテます(一部の人に・・・・)!

    2. ドラゾンビ より:

      番長はん、モテまっせ~!!
      しかしあんまり超越カスタム最速、とかやったら、初心者男子ライダーは近寄りがたいかもしれません。

    3. Gon-K より:

      ドラさん
      ああ、確かに若い子こないかも・・・・

    4. ドラゾンビ より:

      番長姐さん、
      誤解をむっちゃ恐れていうなら、もう番長姐さんは充分もててまっせ~

    5. 街もオフも直線女番長 より:

      女目線ていうのかな、番長目線でカッコいいと思う女バイク乗りは
      余裕のある乗り方してる人かな。サラッとゆずり、またはサッと車列に入れる
      余裕。迫力とオーラと美しさ。

    6. Gon-K より:

      番長さんオーラすきですよね。

    7. ドラゾンビ より:

      迫力は充分なんやおまへんか~?Σ(・ω・ノ)ノ!

  6. olive より:

    お久しぶりです。
    oliveです。

    どうしても目線が近くてうまく8の字やカーブが曲がれないので、『目線』で検索したらこちらの記事に辿りついちゃいました 笑

    Gon-kさんの小さな心の声に、男の人ってかわいいなぁと思ってしまいました!

    私から見てかっこいいと思うバイク乗りは、とにかく楽しそうに走ってる人ですね!
    かっこいいと思われる排気量とか速さとかのアイテムには、そんなに興味がないからかもしれないですけど、ヘタに語ってる人より、
    「たーのしー!」って子供みたいに楽しんでバイク乗ってる人って、老若男女上手い下手問わずかっこいい!

    目線の送り方で悩んでます
    怖くて近く見てしまう…だって見ないと不安なんです
    どうしたらいいですか?

    1. Gon-K より:

      oliveさん
      お久しぶりです。かわいいGon-Kです。お褒めに預かり光栄です(←褒めてない?)。
      目線の件ですが、いきなり小回りせずに最初は大きめに回る練習をすればいいかなと思います。
      大回りだとわりと目線を遠くに向けられますよね。
      で、少しずつ小回りにして、目線を遠くに持っていけば、「あ、できるじゃん」ってわかると思う。
      ポイントは思い切りと、ある程度のスピードにのってること(つまり極端に速度を落としすぎない)。
      一旦「あ、できるじゃん」ってなれば次からバイクを信じられるようになりますから。
      がんばれ!

    2. ドラゾンビ より:

      oliveさん
      こんにちは!
      目線の使い方が下手くそなドラゾンビです。

      怖い方を見てしまう、よくよくわかります。目線とは重心の向け方だと思っております。
      間違っていればご指摘ください。
      人間って歩いてる時も、自転車でもバイクでも、あっちに行きたいと重心は必ずその方向に向かうように思います。歩くのは幼少の頃より、慣れ切っているので意識せず曲がれるのですが、試しに歩いてる時でも意識してみてください。自転車でも試していただけるとわかりやすいかもしれません。
      クランクとかUターンとか、本当にびっくりするくらい見た方向に行ってしまいますので、怖いからこそ、行きたい方向を向かないといけない!!と自分に言い聞かせるようにしてます。
      このとき、私としては目玉だけではなく、頭だけでもなく、体ごとむけるとそっちに進んでくれるように思います。
      バイクに跨らず、ニーグリップしてる姿勢をとり、グッと行きたい方向に体ごと向けてみてください。すると旋回の外側の膝が自然と内側に入ります。
      そしたら自然とバイクは行きたい方向に曲がってくれます。
      このイメージがoliveさんにあいそうなら一度試してみてください。

コメントを残す

*