バイクで公道デビュー これだけは覚えておけ!「公道走る時には2つ先を見ろ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
公道では2つ先を見るのず

こんにちは、Gon-Kです。

公道を走る時にとっても大切なのは前方への注意の払い方じゃないでしょうか。すぐ前を走るの車を見てるようでいて、さらにその先にも視線を向ける。いかに先の方まで視野を広くとることができるか。先が見渡せれば、あなたの運転にも余裕がでてきます!


2つ先を見ろ!

春です。二輪免許とって公道デビューする人たちが増える時期です。バイク免許取得おめでとう。そこで、安全な公道走行のためにあなたにお願いしたいのは、

 

公道走る時には常に2つ先を見ろ!

 

って事です。

 

1つとか2つってなんだよ!!って感じですが、まあそう焦らないでください。説明しますから。

1つ先っていうのはあなたの1つ前、そう、あなたのすぐ前を走ってる車のことです。バイク初心者の場合、ぶつからないように1つ先の車ばかりガン見しがちなんです。

もちろんぶつかったらこまるので前の車に注意を払うことは大切。

でもそれ以上に、さらにその前にいる車にも注意をはらうことが、公道を安全に走り回るコツの一つなんです。

たとえば、1つ先の車ばかりガン見していてその車が急ブレーキを踏んだとします。バイク初心者の場合、それに即座に反応するのってはなかなか難しいんです。つまり反応しきれず追突しちゃうかもしれない(経験者でも難しい)。これをさけるためには、なるべく早く1つ先の車がブレーキかけることを察知しなければいけない。

「先の車のブレーキを察知するなんてエスパーかよ!」って思うかもですが、ここでちょっと考えください。1つ先の車は何に反応して止まるでしょう。そう、さらにその前の交通事情に対応してブレーキをかけますよね。

あなたが、すぐ前を走る車だけではなくそのもう1つ先、つまり2つ先の車の挙動も意識しておくことで、より早く1つ前の車がブレーキを踏むであろうことを察知できるんです。

2つ先の車のブレーキランプがついたらあなたも減速しましょう。多分1つ先の車も減速するはずです。

 

バイクは二つ先の車のテールランプに注意するの図

もちろん状況によって2つ先がバスだったりバイクだったりすることがあると思います。もしかしたら2つ先には車はいないかもしれない。そういう時は先にある信号を見てもいい。とにかくすぐ前だけじゃなくって、さらに先の方にも注意を払いましょう。

バイクは二つ先の信号にも注意を払うの図

 

当たり前といえば当たり前なんだけれど、公道デビューの時ってテンパってるので余裕がないんですよね。

ついつい1つ先の車のお尻に目が釘付けになりがちです。

早め早めに前方の情報を拾ってあなた自身が急ブレーキをかけなくてもいいように備えましょう。そうすれば運転に余裕が出て安全運転につながります。

大切なことなのでもう一回書きます。

公道走る時には常に2つ先を見ろ!

おまけ

正直なところ先を見るなら2つ先でも3つ先でもいいんです。要は「とにかくなるべく遠くまで前方に注意をはらってもらいたい」ってことです。「2つ先」って書くとなんだかキリがいいので今回タイトルに採用しましたが、2つにとらわれず柔軟に前方に注意を払い、安全にバイクライフを楽しんでくださいね (^^)/

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、みんな同じことで悩んでますから。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. まみこ より:

    Gon-Kさん、こんにちは。
    卒検に受からなくて困ってたまみこです。
    やっと免許が取れて3日に公道デビューしましたが、めちゃくちゃ怖い!
    初日は家の周りをひたすらグルグル(エンスト5回)、昨日はガクブルで踏切を渡り(エンストしなくなった)、今日は2つ先を見るを意識して片側2車線の道路を走ってきました(原チャリに抜かれる)。
    私のことをずっと待っててくれたレブル…。ホントに待たせてごめんね、大事に乗るからね、と話しながら乗りました。
    今週末には国道チャレンジしたい…車線変更とかできるかしら…。まだまだこちらにお世話になります。よろしくお願いします!

    1. Gon-K より:

      おお、まみこさん合格おめでとう!そして公道デビューおめでとう
      最初はみんな原チャリに抜かれるので気にせず行きましょう。
      家のまわり→踏切→国道と確実に進化してますね。
      ようこそバイクライフへ!

コメントを残す

*