バイクで公道デビュー バイクとスノーボードはその自由さがにてる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクとスノーボードは互いにたて長

こんにちは、Gon-Kです。

いきなりですが、バイクとスノーボードってよくにてます。たて長の乗り物に乗って高速で疾走する、左右前後のバランスをとりながら操る、五感を使って地面や重力と対話する、そして何より自分の技術があがるほど行動範囲が広がる、などなど。


ここ静岡は梅雨が明けて夏本番ですが、気にせずウィンタースポーツネタです。あなたはスノーボード好きですか?Gon-Kは大好きです、といっても最近はご無沙汰ですが。昔は毎週末白馬にある八方尾根とか行ってました。毎週静岡から長野まで高速道路を移動してたんですが、今考えると結構頑張ってたなって感じます。

クロストレーニングになる

スノーボードってたて長じゃないですか。バイクみたいです。バイクは車体が傾くと前輪が左右にきれて曲がります。スノーボードも板が傾くと板が前方からしなって曲がります。バイクとスノーボードってすごく共通するところが多いです。もちろん違うところもありますが(サイドスタンドがないとか・・・)。両方やってるとお互いにすごくいい練習になります。

バイクもノーボードもたて長の乗り物

Gon-Kがスノーボードをやっていて一番「おお、これは!」って感じるのは下りのカービングですね。バイクに乗ってると下りコーナーって怖いじゃないですか。上りは気持ちよく走れるけど下りはヘタレって人も多いと思います。バイクは車重が重く、下りでは車重が前輪に集中しがちなのでバランスがとりにくくなります。しかも怖いのでお尻が後ろに逃げてしまいよけい曲がりにくくなる。お尻を後ろに突き出してスラロームを曲がれないのと同じです。

腰げ弾けてお尻が出てると曲がれない

過去記事も参考になるかも↓

二輪教習 バイクで曲がるコツ!教習で曲がらない理由3つ③加速についていけず上半身が後方においていかれる

一方、スノーボードの場合は下りだけです。そう、当たり前ですが上りがない(上ったら怖いですが)。そうするとイヤでも一日中下りを滑ることになる。で、バイクとにたようなたて長の乗り物のにのってひたすら急斜面を下る。バランスのとり方、視線の送り方、体重を谷側に落とす感覚なんかを強制的に学べます。これが結構バイクに役立つんです。少なくとも、バイクしか乗らない時よりも前向きに下り坂をは走れるようになりました。

自由さがにてる

ここ大事なポイントです。スノーボードもバイクと同じく自由な乗り物だと思います。自分が上手になればどこにでも行ける。最初はゲレンデのふもとでよちよちしてるんだけれど、上達すればゲレンデの上部でも荒れた雪面でも、林の中だって滑れるようなる(立ち入り禁止区域には入っちゃダメ)。滑ってる間はマナーさえ守っていれば自由です。色んなところに行って思いがけない景色に出会うこともできます。バイクも上手になるといろんな景色が見えてきますよね。どちらもとても自由な乗り物

風や雪や地形を感じながら滑る感覚は、もしかしたらバイクよりスノーボードの方が自然な乗り物かも。

まぁ、いろいろ理屈を書いてしまいましたが、一番の共通点はバイクもスノーボードもどっちも楽しいということでしょうか。スノーボードもまたメーヴェですよね!(←過去記事参照)でも、こんなににてるのに両方ハマってる人って以外と少ないのが不思議です。

余談ですが、昔Gon-Kの友人でセローにタイヤチェーンをつけて冬の北海道ツーリングを決行したツワモノがいます。彼曰く「結構走れるんですよ!!ちょっとでもバイク傾けると滑るけど!」とのことでした。ちなみに彼の後ろには長い車の列ができていたとか(そりゃ迷惑だ)。彼は東京人なので、どうやら冬の北海道に強い憧れがあったようです。道産子のGon-Kとしては「なぜわざわざ冬に・・・」って思ってましたが。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら

PR

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. R-25っす より:

    はいっ!私の説明が不充分でなかったのにポイントなアドバイスありがとうございます。私の場合…あえてシフトダウンしてました。。
    「アクセルオフで十分なエンブレが得られるなら、あえてシフトダウンしてエンブレ効かせることもないかと。」←答え見つかりました!仮面(なんの?)が取れた感じでスッキリしました。
    走る日が楽しみです^^*

    1. Gon-K より:

      仮面(なんの?)が取れて何よりです!

    2. 街もオフも直線女番長 より:

      人生のギャップはいらんけど、バイクで走る路面のギャップは大好きな
      街もオフも直線女番長っす!
      R-25っすさん、般若のお面が取れて良かったですね!←そりゃ私か。
      峠、練習しているんですね、すごい!かっこいい!峠につきましては
      番長も練習中でして、カーブのコツ!基本はアウト・イン・アウト 欄で
      Gon-Kさんを鬼のように質問責めにしてしまってますよ(笑)
      4stに乗るようになってから、峠のカーブをどうしたらスムーズに曲がれ
      るかが一番の課題でしたが、Gon-Kさんの黄金アドバイスと夫のスパルタ
      教育を基に、カーブの手前で自分のレベルに合った十分な減速をしてすぐ
      さま立ち上がりやカーブの出口が見えた時の加速を考えて走るようにしたら
      だんだんスムーズになってきました。またこの時のブァーって加速が、
      気持ちいいんですよね、Gon-Kさん!かっこよく走れるようお互いに、
      皆さんもがんばりましょう!GoGoライダー!!!!
      ちなみにR-25っすさんは段差超えられるようになったんでしょうか。

    3. R-25っす より:

      街もオフも直線女番長さんと、いつかご一緒に走ってみたいです♪…でもきっとスピードについてけず置いてけぼりかと(笑)
      実はここ3週間、Rに乗れてないです。。でも今回は気持ちはブルーにならずに過ごせてます。Gon-Kさんのアドバイスのお陰でしょうかね…。ありがとうございます。
      例の質問&解答を読ませていただきました☆すごくレベルの高いトークですね…そこでも私は速攻に置いてかれた気が・・・(笑)

      しかし!!やっと段差が!ってまだ我が家の段差だけですがスムーズに乗り越えることができるようになりました!
      でも、いざお店とかってなると、まだまだです。バイクを馬のように乗りこなせるようになりたいっす☆

    4. 街もオフも直線女番長 より:

      Rに3週間乗れていないんですね、エンジンだけでもかけてあげて
      うっとりするだけでもモチベーション下がらないと思います。
      レベルは高くないっすよ、特にカーブの手前ではいつもド緊張、後ろに
      バイクが追いついてきたら、追い越してもらう直線に入るまで心中
      穏やかでないし、何より峠ってのは奥が深い!ゴールは無いかも。番長は
      上りのヘアピンが苦手です。一緒に走る時、足をひっぱらない様に練習
      しときます!

    5. 街もオフも直線女番長 より:

      今日近所でR-25を初めて生で見かけました。つかあのハンドル
      の形!ほとんどVの形でないですか!しかも胸がタンクに近い!
      あれで峠、どうやって曲がっているんだろうかと夫に聞いたら、
      「おめーじゃ曲がれねーよ、またいちから大変なことになる」
      と言われた….オフ車のハンドルは、ほぼ一文字なんですよ〜

    6. R-25っす より:

      番長さん、ありがとうございます!R25に出会えたなんて〜きっと私が幽体離脱した私です(ってジョークです)

      ハンドルには単に腕が短くてタンクに胸がホボついてるように?か…タンクを抱えてる?ように見えるんですよね、あれが私にはバイクと一体感になれてる感があって。それと倒した(傾けた)瞬間がもうたまりません(笑)
      以前、Gon-Kさんの記事の中でかな?、白バイを操る小柄な女性隊員のお話しがあって、動画を観て感動しちゃいました☆そこまでマスターはできないですが鈴鹿サーキットに出れるくらいになりたいなって。。(夢の話しです。)その前に段差とUターンですが。

      昨日は夫婦で並んで走ってるオフ車2台を見かけて「番長さんご夫婦って〜こんな楽しそうに走ってるのかな〜」と想像してしまいました。
      でも気になりますがオフ車ってRのようなタイプのバイクより軽くて扱いやすいんでしょうかね。車高は高いですが・・・。オフ車も好きです☆

    7. 街もオフも直線女番長 より:

      車重は155キロと書いてありました。
      鈴鹿サーキットは「夢」ではなくぜひ「目標」にしてください。
      夫婦で並んで走ってるオフ車2台←幽体離脱

    8. R-25っす より:

      Rのほうが10kgちょっと重たいんですね。
      本日!久々に美容院まで走ってきました♫あのエンジン音、風を感じる、ってホントぞくぞくしちゃいました。
      バイクの免許を取りにいくのは独りの闘いで大変でしたが(笑)頑張って良かったってつくづく感じました☆

    9. Gon-K より:

      ちなみに、美容院でセットした髪型って、ヘルメットかぶるとどうなっちゃうんでしょうか・・・・?

    10. R-25っす より:

      それは・・・
      ヘルメット型になります(笑)ご想像にお任せします。。

      ですが今回は髪半分はスイてもらったので被りやすく風通し抜群で快適でした。

    11. Gon-K より:

      でーすーよーねー

  2. R-25っす より:

    とてもご無沙汰してましたR-25っすです。
    スノボーはやったことがないのですが、もしも

    1. R-25っす より:

      …あまりにも久しぶりすぎて打つ手先が動揺してます(笑)
      もしもスノーボード経験してたらスラロームが凄く楽しく走れたのではって思いました☆

    2. Gon-K より:

      おっとここからが続きですね。
      スノーボードのスラロームはどっちかっていうと峠のワインディングですね。しかも下りの。

    3. Gon-K より:

      もしも?

    4. R-25っす より:

      Gon-Kさん、ありがとうございます。
      「その峠の下り」の部分で教えてください。
      下るときにはエンブレをしてますがリアブレーキも少なからず使わないと上手く下りてけない感じがするのですが…そんな急でなければエンブレは逆に使わないほうが良いのですか?

    5. Gon-K より:

      この場合のエンブレって、アクセルオフにしてかかるエンブレのことでしょうか。それとも、あえてシフトダウンしてエンブレかけるってことでしょうか。緩い下りの場合、アクセルオフにして得られるエンブレだけで十分減速できるならエンブレ使った方が楽かなと思います。でも、倒し込みの時はブレーキかけてきっかけを作る必要があるので、どのみちブレーキは使いますよね。そしてアクセルオフで十分なエンブレが得られるなら、あえてシフトダウンしてエンブレ効かせることもないかと。
      回答のポイントあってます?

コメントを残す

*