バイクで公道デビュー バイクの楽しさは加速のときのゾクゾク?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクのゾクゾクは楽しさ

こんにちは、Gon-Kです。

バイクが加速するときの感覚ってクセになりませんか?なんていうかあのGの圧力を受けながらの加速感には中毒性がありますよね。新たな力を得たというか、地球の引力をブッチぎったというか、日常のしがらみをブッチぎったというか。あなたはどうですか?


今回は「バイクの楽しさってなんだろう?」という素朴な疑問について考えてみました。「そんなモンに理屈はいらん!」といわれちゃうとそれまでなんだけど、それじゃブログが書けないのであえて考えてみました。「賛同できん!( *`ω´)」という方は、まぁ、こんな奴もいるんだくらいで許してください。あくまでGon-Kの個人的な想いですから。

バイクの楽しさ

で、今回の記事はバイクの加速感についてです。バイクの楽しさって色々ありますが、Gon-Kはこの加速感がとくに大好きです。やめられません。理由はよくわかりませんが、楽しいというよりは、もはやゾクゾクするんです(あぶない?)。

あなたは今上り坂のコーナーにさしかかってます。これからコーナーに進入するためにカツンとアクセルを戻して減速、ヒラリとバイクを倒す。重力に従ってバイクが倒れてゆく。あなたはバイクが傾くのを感じながらコーナーのさらに先をガン見し、スムーズにそして素早くアクセルを絞るように回します。バイクの傾きが止まります。そして普段の生活では感じることのない強い圧力があなたの体にかかってきます。あなたはこのGに耐えて前傾姿勢をとる。アクセルをさらに開けるとエンジンの振動が細かくそしてスムーズになり、人の身体能力をはるかに超えた速さであなたのバイクは力強く加速する。さっきのコーナーはすでに遥か後方・・・・。

バイクの加速は楽しくてゾクゾク

この加速を最高にスムーズにそして気持ちよく感じる、そのためにアクセルの回し方を試行錯誤したり、クラッチの繋ぎ方を工夫したり、適切なギア選択うんぬんを考えたりするんですよね。バイクを乗りこなすためにはいろんな操作方法を覚えますよね。いろんな技術もある。あなたも教習所で涙目になりながら色々習ったと思います。べつにそれは一本橋を渡るために習ったわけじゃなく、坂道発進に合格するために学んだのでもない。それらを最高のコンビネーションで一つにつなげ、この一瞬の快感を感じるために学んできたんです。

二輪教習は卒検のためじゃなくゾクゾクのため

スノーボードやマウンテンバイクで急坂を下るときもスピード感があっていいんですが、バイクの加速感とはちょっと違う。スノーボードやマウンテンバイクは自然の力と調和する感じ。自然の摂理に自分をのっけてゆく感じ。バイクの場合はもっと積極的というか、自然の力をブッチぎってそこに自分の道を切り開く感じ。

この道を切り開く感じが、バイクのワクワク感の一つです。というかもうゾクゾク感という方がぴったりかも。アドレナリンとドーパミンが出てるんでしょうね、あの瞬間。もちろん、のんびり走ったりみんなでツーリングしたりとゆるい楽しみもいっぱいあります。でも、もしGon-Kが「お前はいったいバイクの何がいいんじゃ?」と聞かれてまず最初に思い浮かぶのはこの加速感かな。バイクはどんな上り坂でもあなたの道を切り開いてくれます・・・。

あなたのゾクゾクやワクワクを気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。そのゾクゾクやワクワクをみんなでシェアしましょう。え?変人だと思われたくない?いえいえ、どうせみんな変人だから大丈夫ですよ・・・。

お知らせ!

バイク初心者サポートラボがKindle電子書籍になりました。

詳しくはこちら↓

バイク初心者サポートマニュアル

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. かねこ より:

    ご無沙汰しております。
    『どうせみんな変人だから大丈夫ですよ・・・。』

    その通りだと思います。
    バイクのあの加速感、ゾクゾクやワクワクしますもん。
    バイク乗ったことない人にはわかんないと思います。バイク乗ったことな人から見れば、バイク乗りはみんな変人です。

    街もオフも直線女番長さんと同じようなことしたことあります。私は覆面Pでしたが。。。
    一気に加速して法定速度でピッタシ止めて、ニヤニヤ・ドキドキしました。やっぱ変人?
    ちゃんと法定速度は守ってますけどね。

    また変人ネタお願いします!!

    1. Gon-K より:

      かねこさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。
      加速のゾクゾクはほんと病みつきになりますね。
      ちなみにGon-Kは交差点の発進で法定速度超えてないにもかかわらずパトカーに止められて、速度とは関係ないナンバープレートの取り付け位置の件で整備不良をとられたことがあります。どうもパトカーと並んだ時に控えめな発進をしなかったことが警察の方々のお気に召さなかったようでした。おまわりさんの第一声は「バカにしてるのカァー」でした。まぁ、昔のことなんですが。

    2. かねこ より:

      警察の方々も地域のために日々頑張っているので。。。
      ワクワク・ドキドキもいいですが、お世話にならないよう、その後は控えめな発進を心掛けております

  2. 街もオフも直線女番長 より:

    待ってました変人特集!!
    直線だけはいつも元気な、街もオフも直線女番長です!

    細い道を走っていて、行く先を邪魔する様に茂みがはみ出してますとワクワクして、
    大抵の枝は頭突きか体当たりで突破するのですが、ある時土手でいつも通りに
    突破し始めたら、その茂みの中には竹があったようで、その竹のしなりの反動で
    バイーンという衝撃と共に上半身をすっ飛ばされました。転倒はまぬがれましたが
    そのかわりになぜか左半身カメムシだらけでした。土手にカメムシだらけの女が
    ひとり立っているのは変人だと思いますが、Gon-Kさんや皆さん的に欲しいコメントは
    こういうのと違いますね。すいません

    ゾクゾクするのはアスファルトの、コーナー前で自分が選択したギアがマッチして
    その後の立ち上がりがキマッた時の加速感と前傾姿勢は、もうたまりませんね。

    ワクワクするのは峠を走っていて林道を見つけた時です。
    砂利に落ち葉に苔に水たまりに陥没と霧の6拍子のそろった道を、オフ車の後ろに
    夫を乗せて走った時はゾクワク絶好調に達しました。というか、こんな話皆さんと
    シェアしていただけるのでしょうか (00:)?
    コレ、大丈夫かなと思うような道を転倒無く無事走り抜ける事が出来た後の満足感
    みたいなものが、きっとゾクワクに繋がるのでしょうね。

    後ろの死角に白バイがついている時、一気に加速して法定速度でピッタシ止めて、
    ニヤニヤしながら走る私は変態確定です。

    1. Gon-K より:

      街もオフも直線女番長さん
      カメムシはすごいですね。Gon-Kはそんなすごい経験はないです。想定していなかったコメントですがいいと思います。

      峠で林道を探し当てたときのワクワクはわかります。脇道入っても9割は舗装しかなかったり行き止まりだったりしますよね。そんなとき、未舗装である程度の距離をもった林道を見つけると、宝物を見るけた子供のような気になりますね。そりゃもうラッキーです。その気持ち、本当わかります。

コメントを残す

*