二輪教習 ギアチェンジのたびにエンジンがブオーンというときの対策!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブオーンといったらアクセルは一旦閉じる

こんにちは、Gon-Kです。

二輪教習中に、シフトアップやシフトダウンなどギアチェンジすることって多いですよね。で、ギアを変えようとクラッチレバーをひっぱるたびにエンジンがブオーンと音を出すことってないですか。もし心当たりがあるなら対策は簡単、クラッチレバーをひく前にアクセルを完全に閉じてください。


慣れちゃえば無意識にできることも、バイク初心者の頃ってなかなかむずかしい。まだバイクの特性が体に染み付いていない。これは致し方ないこと。クラッチやアクセルの使い方もその一つです。

ギアを変えようとクラッチレバーをひっぱるたびにエンジンがブオーンと大きな音を出すことってないですか。もしあなたがそんな症状で困ってるなら対応は簡単です。ずばり、バイクのクラッチレバーを握る(つまりクラッチをきる)ときはアクセルを一旦戻し(閉じ)ましょう。左手を握るときは必ず右手首を前方に回すって言ってもいいかな。バイクに乗るときこの動きは常にセットです。

クラッチを切る時はアクセルを閉じる

特に、AT限定の二輪免許を持ってたりスクーターの経験が長かったりすると、バイクの運転中いつもアクセルを閉めきらないクセがついちゃってるみたいです。そうすると、ギアを変える時もブレーキをかける時も常にアクセルが開いている。ATの場合自動遠心クラッチなのでそれでも問題ないんですが、MTは仕組みがちょっと違います。アクセルを開けたままギアチェンジしようとクラッチレバーをひくと、今までギアにかかっていたエンジンの駆動力が、ギアが離れることで一気にフリーになりブオーンと空回りするんです(クラッチの仕組みについては半クラのコツ参照)。

MT乗るときの鉄則はクラッチ切るときはアクセルを戻す!戻すのは一瞬でいいですよ。でも一旦完全に戻してください。

Gon-Kも普通自動二輪の教習ではずいぶんブオーンってやりました。大丈夫、最初はみんなそんなもんです。慣れればこのミスはなくなります。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ!

バイク初心者サポートラボがKndle電子書籍になりました。

詳しくはこちら↓

バイク初心者サポートマニュアル

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*