バイクで公道デビュー 見通しの悪い交差点では必ず目視!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
見通しの悪い交差点では目視が大切

こんにちは、Gon-Kです。

昔々、Gon-Kがっやてしまった失敗です。

二輪教習のときに見通しの悪い交差点ってあったの覚えてますよね。そう、左右に壁があって道に出るときにちょっとだけ顔を出さないと左右の交通が確認できない交差点です。あれは単なる卒検用の設定じゃないんです。公道でも、というか公道でこそ左右が確認できないときは必ず目視です。


センターラインも歩道もない細いわき道から大きな通りに出ます。大きな通りは片側一車線でセンターラインも歩道もあります。Gon-Kは大きな通りを横切ってそのまま直進しようとしてました。交差する大きな通りの手前側の車線は車が連なって渋滞していて、しかもトラックがいて左右の見通しが全くききませんでした。

見通しの悪い交差点

交差する通りの手前の車線は完全に車の流れが止まってました。多分すぐ先の交差点が赤信号でみんな信号待ちで止まってたんだと思います。本来なら向こう側の車線に出る前に一旦停止し、顔をだして車の流れを確認するべきだったんですが、そのときのGon-Kはまだ青かった。

目視しないで交通がないと判断しちゃった

一瞬考えたけど、向こうの車線に車の流れがなかったので、車はこないと思っちゃったんですね。目視もせずに。そして一気に突っきっちゃった!そして次の瞬間、バイクのお尻がかるく引っ張られるイヤな感覚があって、振り返るとナンバープレートの角が走ってきた車のヘッドライトをこすってた。完全にGon-Kの確認不足でした。

見切り発進で飛び出したら接触

相手の車のヘッドライトにはしっかりキズが入り、こちらの保険で弁償する形となりました。もちろん警察も呼んで検分してもらいましたよ。

あのときとるべきだった行動は、向こう側の車線に出る直前で一旦停止して、顔を出して目視で左右を確認することでした。大きな事故にならなかったのは不幸中の幸いでした。慣れてくるとどうしても「たぶん大丈夫!」って根拠のない判断をしがちです。でも、見通しのきかない交差点からでるときは、かならず一旦停止して目視で左右を確認しましょう。

目視するべきでした

ちょっとケースは違いますが、見通しの悪い交差点での危険性については、読者さんからもコメントが寄せられています。

歩道もセンターラインも無い細い道で、しかも十字路だったりすると、自転車の急な飛び出しの可能性大です。そういう所はだいたい、一時停止の標識がありますね、

ここからは夫の体験談ですが自分の左右が外壁で囲まれている様な所での停止線で止まっても、目視は出来ませんから一旦止まった後、見える所まで徐行しなければならない。

そのための徐行中に飛ばして来た自転車が見え、あっという間に接触してもこちら側の過失割合は高いです。

by 街もオフも直線女番長

自転車関連の記事については先日も書いたところですが、結局のところ、事故すると過失割合うんぬんに関わらずいいことないです。少なからずヘコみますし。

しっかり目視して、自分の身を守りましょう。結果としてそれが周りへの配慮にもなるんじゃないでしょうか。

疑問に思ったこと、もっと知りたいこと、アクシデント体験談などあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 街もオフも直線女番長 より:

    Gon-Kさん、皆さん、バイクライフを楽しんでいますか?
    今回は見通しの悪い交差点にあるミラーについてです。ミラーに加えて
    目視ってのは基本ですがどうしてもミラーに何も映っていないと、あー
    何もいないんだなとちょっと安心して目視すると、実はミラーの根元に
    通行人がいて、ミラーの死角を実感しました。あと、夜の無灯火の
    自転車は絶対映らない!一時停止と発進は苦手で毎回いやだけれども
    それはしっかりやってやろうとあらためて思いました。カテゴリーは
    違いますが、夕暮れというんですか、辺りの色がシルバーっぽくなる
    時間帯。その時間帯のシルバー色の車は、視覚に捉えづらい!今度止ま
    っている車でもいいので見てみて下さい。真っ黒のバイクは昼間でも、
    周囲の車にとけ込んでしまい、周囲の車両のバックミラーに映っていても
    見落としされやすいと最近初めて言われて、いつもは先を走る黒いバイク
    の夫に、私の後ろを走ってもらったのですが確かにそうでした。フロント
    フェンダーに貼った白いカッティングシートと数多くのステッカーでかろう
    じて確認できるくらい。なんででしょう。ライトと太陽光の反射に吸収され
    てまうのかな?ですのでバイクはド派手にした方がよろしい!あ、走り方で
    はなく、外観をですよ!

    1. Gon-K より:

      番長さん
      全くその通りですね。ミラーだけ見て全て見えたと思うのはとっても危険で、やっぱり最後は目視だと思います。ミラーには必ず死角が存在しますもんね。お年寄りがヨロヨロ出てきても絶対ミラーには映らないだろうし(年配の方ごめんなさい)。
      黒いバイクの件は、ご指摘の通りと思います。つや消しブラックだったりすると完全に闇夜のカラスですね。最低限ナンバープレート付近の反射板は必須と思います。Gon-Kも若い頃はナンバープレートをリアフェンダーの上につけたりしてリア周りの部品取っ払っちゃってたりしましたが、反省しております。
      ちょっとは大人になったかな?

    2. もも より:

      夕暮れ時の無灯火のシルバーのクルマはほんとドキッとします
      反射材とかまったく装備してない深夜パトロールしてるおじーちゃんとかおばーちゃんを轢きそうになった時くらいびっくりしますよね(;´∀`)
      ライトつけろや!〇ソがっ!!とか思っちゃいます
      夕暮れでも目立つようにLEDライトいっぱい仕込んでペカペカさせるのもいいかもしれません(o´∀`)b

    3. Gon-K より:

      時々全身保護色でアスファルトに馴染んでる人いますね。

    4. 街もオフも直線女番長 より:

      ミラーについては、峠や林道でも減速と目視ですね、サイクリストや
      登山の方々がいますからね!夫はカーブで鹿とすれすれですれ違い
      ました。
      Gon-Kさんは、大人になりましたね←(何も知らんのに偉そうな番長)
      ももさん、ラスベガスみたいにド派手にライト仕込むのもアリ!
      アメ車だし!ももさんだし!

    5. Gon-K より:

      お褒めに預かり光栄っす。

コメントを残す

*