バイクで公道デビュー 砂利や土の道を走る時は車体を垂直に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
砂利道を走るコツ

こんにちは、Gon-Kです。

公道に出るといつでも舗装路とは限りませんよね。砂利や土の道もあります。そんな舗装されていない路面を走るコツは、なるべく車体をまっすぐ垂直に保つこと。


つい先日、「家の駐車場の周りが砂利道なんだけれど」ってコメントをいただきました。うーん確かに、教習所ではアスファルトで舗装された道しか走らないですよね。それに、公道に出てもほとんどは舗装道路だし。とはいうものの、駐車場が砂利って結構ありがちです。それに、ツーリング先で未舗装路に出会うこともあります。そこで、今回はそんな未舗装の道を走るコツです。

砂利や土の路面の一番大きな注意点は「滑りやすさ」ですよね。この点は雨の日の走り方に通じるところもあります。車種にもよるけれど、アスファルトの上ではバイクのタイヤはすごくグリップします。交差点で大きく車体をねかせても簡単にはズリッとはならないですよね。一方、砂利や土の場合話は別です。不用意にバイクを傾けると、タイヤがズリッと滑ってコケます。

そこでどうするかというと、ガッチリニーグリップして後輪を滑らせながら前傾姿勢をとり・・・・・ってできれば格好いいんですが、バイク初心者の頃は多分難しいと思います。そういうハイレベルの走りについてはこのブログなんかじゃなくもっとまともなサイトがいっぱいあるので、そちらを見た方がためになります。

砂利の上ではバイクをねかせない

じゃぁ、バイク初心者ができることはというと、なるべくバイクを傾けないこと。全く傾けないとバイクは曲がらないのである程度はしょうがないけれど、なるべく車体を傾けないようにしましょう。車体が傾いてるときってタイヤに横向きの力が加わります。路面が滑りやすいところにきてさらにタイヤに横向きの力が加わるので、ズリッといきやすくなるんです。傾けることで滑るというよりは、タイヤが傾いた状態でアクセルを開けたり遠心力をかけるなどタイヤに力がかかると、路面の小石ごと滑ってズリッとなります。ロードバイクなんかだとズリッといった後は重いバイクを立て直さなくちゃいけません。もちろん、オンロードバイクよりオフロードバイクのタイヤの方が滑りにくいです・・・が、やっぱり滑るもんは滑ります。オフロードバイクに乗ったからといって、急に砂利道を疾走できるようになるってもんでもありません。なるべくバイクを傾けないようにして、ズリッといかないように落ち着いてゆっくり進みましょう。

砂利の上でバイクは滑る

バイクがまっすぐに立っていれば、土や砂利の上でもそんなに神経質になることはないですよ。最近のバイクはABSとかトラクションコントロールとか付いているので、硬くしまった土の上なんかは結構フツーに走れたりします(もちろん油断は禁物です)。ABSがついていない場合でも、急ブレーキや急ハンドルを避け、徐行すれば大丈夫です。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら

PR

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ぬーびー より:

    こんにちは、「家の駐車場の周りが砂利道なんだけれど」とコメントしたものです。
    本日バイクが納車され、なんとか初バイクでの公道と件の砂利道を越え、無事帰宅できました。
    エンストも立ちゴケも無く、砂利道も「垂直に垂直に・・・」と乗り切れたので、上等だったと思います多分w。
    ただ、なんだか交差点からの発進がトロトロしちゃって後続車に迷惑だったかもしれません。
    250ccだったので、教習車よりもアクセル開けないといけないのでしょうか?

    1. Gon-K より:

      ぬーびーさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。砂利も思ったよりイケたんじゃないでしょうか。駐車場ならそんなに深い砂利じゃないはずだし。なんにしてもこれで経験値一個上がりましたね!
      はっきりいて250 ccと400 ccはパワーが全然違います。250が4速5速で引っ張って加速するところを2〜3速で余裕で抜き去ることもあります。特に登りね。ですから、発進も250の方が大きく開ける必要があります。ただし、250とはいえそれなりのパワーはありますので、不用意にガバッと開けるとウィリーの可能性もあります。焦らずゆっくり自分にあったアクセル開度を見つけてください。
      この先、250で物足りなくなったら、上手くなった証拠ですよ。
      ちなみに、大型になるともう全く別物です。400がオモチャみたいですよ。
      楽しいバイクライフを

  2. まりぃ より:

    Gon-Kさん こんばんわ!

    梅雨入りして、またバイクに乗る機会が減ってしました…。

    交差点などの真ん中によく小石や砂利が溜まっている時ありますよね?

    先日交差点を曲がってる時に小石があってヒヤッとしました。
    よく通る道などは予測ができるので回避できるのですが、
    知らない道などで、曲がってる時にあったらどう対処すればいいですか…?

    1. Gon-K より:

      まりぃさん

      こんばんは、Gon-Kです。質問内容がどんどんレベル高くなってますね。着実に行動範囲を広げていってるのが感じられて素敵です。合宿免許行ってた頃と比べるとすごい進歩(当然か)。
      さてさっそくですが、
      1.まずは視線を常に先に先にと遠くにむけて、早めに小砂利の存在をキャッチする←これは基本ですね。

      2.コーナリング中でバイクがバンクしているときに小砂利がタイヤの軌道上にあったら、いったんバイクを起こして直立させ、直線的に小砂利をスルーする。つまり、弧を描いて曲がっている最中に、いったん直線で走る部分ができることになります。多少大回りになりますが、滑るよりマシですよね。

      3.直立が間に合わない場合は、リーンインで体をコーナーの内側に残し、車体のみをグイッと直立させて、バイクがなるべく真っすぐに立った状態で小砂利をスルーする。バイクが地面に対して垂直ならすべる確率は格段に少なくなります。リーンインのコツですが、コーナリング中に小砂利を発見した場合は既にバイクはバンクしてると思うので、頭と体をそのままの位置(つまりイン側)に残し、ハンドルを持った両腕だけをグイッとコーナーの外側に戻してやることで、車体のみがクイックに起き上がり、リーンインの出来上がりです。この時ニーグリップ忘れずに。
      これからの季節、濡れた土、砂、マンホールはよく滑ります。注意しましょう。

      では!

    2. まりぃ より:

      アドバイスありがとうございます!

      お褒めの言葉嬉しいです!

      せっかくかっこいいバイク(私はそう思ってます)に乗っているのだから、私もかっこよくバイクに乗れるようになりたい…!
      という思いが、最近強くなってきました。
      先日は高速道路を走って、初めて6速に入れました。
      あと車がいきなりバックしてきて、急制動も経験しました…(笑)
      少しづつですが、バイクに乗れるようになってきて、以前は怖さや不安が多かったのですが、
      今はバイクに乗ることが楽しくなりました!

      リーンインにすればいいんですね!
      なるほど!
      この前はとっさの事だったので、
      とりあえず、滑るのは怖い!っと思って少しだけバイクを起こして曲がりました。
      案の定大回りになりましたが…。

      それと、近くに行きたい所があって、そこの駐車場が砂利なんです…。
      結構大きめのゴツゴツした駐車場で、怖くて行けてません。
      駐車場には入れると思うのですが、
      サイドスタンド(Z250サイドスタンドしかありません…)が立つのかとか、
      Uターンでコケるんじゃないか…
      と色々考えて実行できてません…。

    3. Gon-K より:

      まりぃさん
      とっさの場合はリーンインで、基本はバイクを起こして直線で抜けるのがいいと思います。リーンインにしてもバイクには左右不均等の体重がかかるので、滑りやすいことに変わりはないですから。滑りそうなところはまっすぐ進入が鉄則です。

      砂利の駐車場ですか、厄介ですね。
      サイドスタンドの件ですが、砂利でも浅い砂利なら結構問題なく停めれますよ。ただし、ホントに砂利が深い時はサイドスタンド刺さることはあります。こんな時はサイドスタンドプレートを使うのも手です(サイドスタンドプレートで検索してみてね)。ホームセンターで板の切れ端を入手して、それで代用してもOKです。未舗装の駐車場でサイドスタンドを下ろしたら、スタンドと地面の間に板をはさむとスタンドが沈むのを防げます。とっさに板が準備できないときは、大きめの石を探してきてスタンドの下に入れて、沈まないようにするという手もあります(←この方法は結構つかいます)。
      Uターンについては、無理せず一旦バイクを降りて切り返しするなどしてもいいんじゃないでしょうか。何が何でも乗ったままやらなきゃダメってこともないし。

      いろんなところに行ってみましょう!

コメントを残す

*