バイクで公道デビュー 交通安全のコツ!自分の身は自分でまもる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイク乗りは自分で自分の身を守る

こんにちは、Gon-Kです。

身をまもるとかってなんかちょっと物騒なタイトルですが、今日は交通安全の話です。バイクで公道を走ってると「このままだとなんかマズイかも・・」って感じるときがありますよね。例えば後ろから来る車がケータイみてるっぽかったり。そんなときはそそくさとその場を移動しちゃうというのも危険回避です。


番長の、バイク乗りあるある!

PR

バイクで公道を走る時にとっても大切なことの一つは安全なわけですが、これについて当ブログの読者さんから興味深いコメントをいただきました。気になったので記事としてポストさせてもらいますね。きっとあなたのバイクライフに役立ちます。

番長の、バイク乗りあるある!

信号待ちや渋滞最後尾で、バックミラーに四輪、特にトラックが

来た時の胸騒ぎ。最後尾のバイクが追突される事故が多く、その

理由の多くがドライバーのスマホや前方不注意だそうなので、

せまってくる四輪のスピードやそのドライバーの状態をミラーで

確認するのですが、それでも不安な場合は、可能な限り数台先へ

すり抜けをします。グレーな話になりますが、自分を守るには、

自己責任でグレー道を走るのも仕方がないかもしれない。前方不注意

の車両が自分に追突する前に、判断と行動が瞬時に出来るかどうかに

自分の命がかかっているかもです。この話、ほんとにグレーだ。

by街もオフも直線女番長

番長さん、ありがとうございました。

四輪の運転席では・・・

実はGon-Kの知り合いに元バスの運転手がいるんですが、こいつがまた、車を運転しながらスマホをよくするんですよ。通話はもとより、LINEやら地図やら検索やら全く躊躇ない。もしかして運転手さんて路上を走っていることがあまりにも普通の日常になっていて、運転中にケータイとかスマホ見ちゃうって行為のハードルがすごく低いのかなって気もします。

もちろん同じようなケースは一般ドライバーでもあるので、今回の記事で「トラックとかバスがみんな悪い!」っていうつもりはないんです。正直なところ、Gon-K自身もたまにGoogle mapみながら乗用車を運転しちゃうことはないわけじゃないです(ごめんなさい)。

いいたいのは、四輪の運転席では、わきみ運転につながるようなことがけっこう簡単にできちゃうってことです。このへん、四輪に乗る方なら容易に想像できますよね。

携帯を見てる四輪は多い

バイク乗りができること

そこで我々バイク乗りができることは、前後左右の四輪の運転者が車内で何をしているのかを観察したり想像することかなと。想像っていってもへんな想像じゃないですよ(誤解のないように)。先のコメントで紹介した番長さんのように、「むむ!なんかアブナイことがあるかも・・・」って機転をきかせるのが大事。窓越しに運転席のを中を確認するとか、車両の動きがフラフラしていないか確認するとか、四輪のサイドミラー越しに運転者の目線を確認するとか観察できることはいろいろある(ジロジロ見るとあやしいので注意)。

もちろん外からじゃ車内が全然みえないってこともあります。でも、つねに気をくばることで、まえもって自分がその場から移動できたり、相手の不意な接近を回避したりできる可能性はグッと高くなるんじゃないでしょうか。積極的にすり抜けをしろといってるのではなくて、危険回避のためにその状況でできることがあればやったほうがいいと思うんです。

バイク初心者の頃ってバイクの操作に手一杯でまだまわりに配慮する余裕がなかったりします。でも、なるべくまわりを観察する習慣を身につけることをオススメします。大きな事故にあわず公道で生き残ってるベテランのバイク乗りって、こんな危険予測が習慣として身についてたりします。「そんな気を張ってたら走るの楽しくない!!」って感じるかもしれませんが、いえいえそんなことはありません。習慣になっちゃえば自然にできるので、無意識にいろんなものをみれるようになります。

PR

バイクもわき見するよね

わきみの話がでたついでにGon-Kのエピソードを1つ。3年くらい前にGon-Kは4輪に乗ってて軽い追突事故を起こしちゃったことがあります。バイパスの合流で加速したところ、同じ合流車線を走ってた前の車両のそのまた前の軽トラが急にフラフラ止まっちゃって、その後ろの車両が急ブレーキをかけたので後ろにいたGon-Kが止まりきれなくでバンって当たっちゃったという事故です。どうもこの軽トラ、合流のタイミングがつかめず進むも戻るもできなくて立ち往生しちゃったみたい。フラフラ止まった軽トラは、後方の追突事故を気にしながらそのままフラフラ走り去っていきました。まったくプンプンです!!とはいうものの、けっきょく危険回避できなかったGon-Kに非があるのでそれはそれでしょうがない。あ、今回はGon-Kは悪くないって話じゃありませんよ。続きはこれからです。

追突の後は当然おまわりさん呼んで事故見聞してと色々ありました。事故現場がバイパスの合流地点だったこともあり、事故を起こした車線は通行止めで大渋滞したんですが、実は反対車線も大渋滞。事故現場に近づくと対向車線の運転者はみんな減速して「おお、事故ってるよ、ナニナニ?」みたいになります。するとだんだん車列の速度が遅くなり渋滞になるんです。こっち車線は通行止めでヒンシュク、反対車線からは晒し者。おまわりさんに事情を説明するGon-Kは穴があったら入りたかった。おっとまた話が逸れました。

自己弁護したいんじゃないです。本題はここから。Gon-Kがおまわりさんとやりとりしてると対向車線で「ガシャッ!!!」て鈍い嫌な音。Gon-Kもおまわりさんもハッとして反対車線を見ると、なんとバイクに乗った若いお兄さんが前の車にぶつかって派手に転倒してるじゃないですか(血流してたし)。どうも事故ってるGon-Kをみてるうちに前方の車に突っ込んじゃったみたい。

バイクもわき見運転する

なにがいいたいかというと、当然ながらバイクもわきみ運転があるってことです。わきみ運転の4輪に突っ込まれるのもイヤだけど、自分がわきみして他の車に突っ込むのもかんべんですよね。まわりの交通を警戒するのも大切だけど、自分のわきみにも気をつけましょう。

ちなみにGon-Kの事故処理をしてくれたおまわりさん達は、こっちの処理を早々に切り上げた後反対車線で事故処理してくれてました。ごめんなさい、原因はGon-Kです・・・・。

交通安全については以下の記事も参考にしてくださいね。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク乗りのLINEスタンプができました。詳しくはこちらバイクのLINEスタンプ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちらバイク初心者サポートマニュアル



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. やゆ より:

    こんばんは、やゆです。
    Gon.kさん聞いて下さい。今日の帰り道に事故に巻き込まれたのと事故りそうになったのが各1回づづなんてイヤなレア体験しました。

    幹線道路の脇道からタクシーか飛び出て来て私の前が急ブレーキ、私も続き私の後ろとその後が接触事故。
    私も関係者なので警察の聴衆を受けました。

    それが終わってしばらく走ると50kmの所を30kmくらいでタクシーが走行、その速さのまま右車線のほうに行く……かと思えば車線を跨いだままゆっくり。
    スペースは充分あるのでタクシーの左側から抜こうと加速した途端ひょいって左に寄ってきて慌てて急ブレーキ。

    両方とも接触してないので私もバイク無傷なんですが………なんでタクシーはあんなにマナーが悪いのか、イヤ下手くそなのか?なんて思ってしまいます。

    すみません今回はグチみたくなってしまいました。

    1. Gon-K より:

      やゆさん
      文面を見ると大事には至ってないようですので不幸中の幸いでしょうか。
      確かに最近は「この人車の運転に向いてないよね」って人がタクシードライバーやってることありますよね。しかも道知らなくてナビとかみていて前を見てなかったり。
      困ったもんですね。
      我々にできることは、挙動の怪しい車を見たら距離をあけることなんでしょうか。

    2. 街もオフも直線女番長 より:

      やゆさんレア体験ありがとうございます、自分の注意喚起の参考に
      させていただきます。車線をまたいだままのタクシーはよくいます。
      夜中ですと同じようなトラックも。居眠りしてるんではないかいと
      思うくらい。

      制動出来そうな距離で、かつ、他の車両は入ってこれなさそうな
      車間距離を自分なりに考えて空けていたって、前に入って来る車両
      ありーのでGon-Kさん、なかなか難しい〜。

    3. Gon-K より:

      公道はマリオカートですから・・・・

    4. やゆ より:

      女番長さん、お互い事故らなくて良かったですね。
      この間事故りそうなったのもタクシー相手でしたので最近はタクシーが怖いです。

      Gon.kさん、言われて気づきました

      カーナビしてたのかもしれませんね。

      でもこっちから言わせてもらえば難しい2種免を持ってる運転のプロなんですからもう少し周りを見てくれよーとなりますね。

    5. Gon-K より:

      まったくですね、もらい事故なんて嫌だし。

  2. R-25っす より:

    二輪も四輪も時々レーサー気取りになってしまうので安全運転頑張ります。。
    番長さんの「経験者はかたる」とても勉強になりました!ありがとうございます♪

    とにかく弾けないように心がけます。

    1. Gon-K より:

      ヤマハライディングアカデミーとかいって発散してきてはどうでしょうか。

    2. R-25っす より:

      ありがとうございます♪
      なかなか時間が作れないですが(T_T)
      楽しそうなので一度は行ってみたいです。

    3. 街もオフも直線女番長 より:

      R-25っすさん、昔参加したレディースライダースクールでバリバリスポーツ
      タイプのレディスライダーが言ってたんですが、すり鉢状のコースをマックス
      スピードでぐるぐる走れるところがあるそうな。そういうところでも
      発散できそうですね。当時、それがどこにあるかまでは聞かなかったです。
      そういえば、バイクで公道デビュー 盗難防止のコツ1!何はなくとも
      ハンドルロック でR-25っすさんに座布団7枚差し上げたのですが、なんとか
      座れましたかね(笑

    4. R-25っす より:

      街もオフも直線女番長さん!!!!!
      言ってもらえなかったら座布団0になるとこでした⤵︎
      そちらにも返事書きます!(何故か別々に書きます(笑)
      ありがとうございます♪
      すり鉢状ですと!それは凄く興味深いお話ですね!またまた夢が一つ増えました♡

  3. ぬこ より:

    交通安全の記事なので私からもひとつ。
    先日友人とツーリングに行った時に、トンネルの出口からちょいとキツめの右コーナーがあったんですが、トンネル出口付近の道の真ん中に何かが落ちていまして……わき見とは違いますが、友人が落下物に気をとられ過ぎてコーナーを曲がりきれずに歩道へと突っ込んでしまいました。
    インカムで会話しながら前を走っていた私が「何か落ちてるよー」と教えてから数秒後に耳元から悲鳴が聞こえた瞬間は本当に肝が冷えましたね……。
    友人は入院する程の怪我はしなかったんですけど、バイクは当然入院。新車だったZ250SLが痛々しい姿になり、正直何と声を掛けていいのか分かりませんでした。
    私もコーナーを曲がる時一瞬「危なっ!」と思いながらも歩道に突っ込まずに曲がれたので、友人はほんの一瞬だけ私より長く落下物を注視していた為に起こった事故だったんでしょうね……。
    危険予測とは少々違うかも知れませんが、道路がいつもと違う状況だったとしても走行中一点に視線を集中するのは自分で思っている以上に危険な行為なんだなと思い知りました。
    危ないと思ったら減速か停止しましょう。
    皆さんもお気をつけて、楽しく安全なバイクライフを。

    1. Gon-K より:

      ぬこさん
      コメントありがとうございます。頭ではわかっててもいざ路上に落下物を見つけると目が釘付けになっちゃいますよね。よくわかります。少しでも早め早めに先の情報を拾うように心がけることである程度対策はできるけれど、そうは言ってもブラインドのコーナーもたくさんあるし・・・。難しいところですよね。
      お友達が大事に至らなくて?何よりでしたね。
      安全に楽しくバイクライフを!

    2. 街もオフも直線女番長 より:

      そうです、路上に落下物を見つけると目が釘付けになってしまいます
      よね。あと、人間見た方向に進んでしまうので、路上で何かあったら
      すぐに逃げ道を見る様に無理矢理訓練してます。例えば、自転車に
      乗っている時にマンホールを落下物に見立てて、すぐに逃げ道に前輪を
      向けるみたいな。何かを見つけたら凝視するとゆー人間の本能みたいな
      ものに反している感じなので、かなり無理矢理です。林道や峠を走って
      いると、横に広がる絶景も見たい。しかし絶景にみとれると崖落ち必須
      なので、一瞬絶景を見てすぐに進行方向を見、また一瞬絶景を見て前を
      見てと、まったく忙しいもんです。極端な話になりますが、公道や高速で
      もし前方の車両がスピンでもしたらどこに走り抜けて逃げるかもイメージしな
      がら走ってます。私はオフロード寄りなのでブレーキよりアクセル開けて
      やり過ごすやり方しか体に染み付いていないんです。いいんだか悪いんだか…
      Gon-Kさんはどうなんでしょう。

    3. Gon-K より:

      「マズイと思ったら開けろ!!」じゃないでしょうか・・・

    4. ぬこ より:

      あれ? あの、お二人にお聞きしたいんですが、バンク中にアクセル開けると車体が起きて余計に危ないんじゃ……それともオフだとオンとはバイクの挙動が違うんですか?
      初歩的な質問ですみません……。

    5. Gon-K より:

      オフロードを走ってる場合は、多少のギャップであれば加速してジャンプ気味にクリアした方が衝撃が少ないことが多いです。減速すると勢いがなくなって穴ぼこに落ちるので。あと、下手にアクセルを戻すとハイサイドくらうこともありますね。バイクとしての基本の挙動はオンもオフも一緒じゃないでしょうか。走る場所が変わるともちいる挙動も変わりますって感じでしょうか。

    6. 街もオフも直線女番長 より:

      ぬこさん、バイクの乗り方、かえって混乱させてすみませんです。
      番長も、危ないと思ったら減速か停止もしますが、いざという時は
      バンク中でもアクセル開けて車体起こして転倒を防ぐっていう感じ
      でしょうか。それでもなんとかならない時もあると覚悟はして乗って
      います。バイクに乗り始めた頃、真横に急に他の車両が飛んで来たら、
      ブレーキで転倒するよりアクセルで逃げ切れと先輩達から言われたの
      ですが、その頃は全くイメージも出来ず意味もわかりませんでした。
      走る場所が変わるともちいる挙動も変わるとゆーのは、Gon-Kさんの
      おっしゃる通りです。

    7. 街もオフも直線女番長 より:

      最近はコーナーには十分過ぎるほど減速して入るので滅多に
      ないのですが、峠でコーナーを曲がりきれなさそうな時は、強引に
      行きたい方に顔向けしてやっぱしアクセルだ…..その瞬間は一瞬
      バイクが結構倒れてる感があるので失速すると倒れそうで。
      皆さんにご迷惑かけると大変なのでコレ、危険なやり方だったの
      でしたらGon-Kさん、ご指摘ご指導お願いします。

    8. Gon-K より:

      うーむ、文章からだとどんな走りか全くイメージがわかないんですが、走ってて安定感あれば問題ないんじゃないでしょうか・・・・

    9. ぬこ より:

      Gon-kさんと街もオフも直線女番長さん、拙い質問にお答えして頂きありがとうございます。
      うーん、何となく分かるような、さっぱり分からないような……。
      まあ、バイクは感覚的な乗り物なのでこれからも挙動に気をつけて経験を積むのが一番ですかね。
      ハイサイドとかあまり経験したくないですけど……(笑)。

    10. Gon-K より:

      確かにハイサイドの体験練習なんてイヤですね。体がいくつあっても足りない・・・

    11. 街もオフも直線女番長 より:

      ぬこさんのおっしゃる通り、バイクは感覚的な乗り物ですね。なので
      あっしのような青二才が文章にしようとすると、メタメタになります。
      バイクの挙動、経験積んでいきやす。
      Gon-kさん、走ってて不安定感はまだないのでそのまま地道に走って
      いこうと思います。

コメントを残す

*