バイクで公道デビュー 急な上り坂を上るコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクで急坂

こんにちは、Gon-Kです。

公道に出るといろんな坂道がありますよね。教習所の坂道発進みたいに広くてゆるやかで短い坂道ばっかりじゃない。とくに急でせまい坂道はバイク初心者には手強い相手です。あなたはどうやって上りますか?Gon-Kはこうしてます。


慣れてしまうとなんてことないんですが、バイク初心者の頃って坂道が苦手だったりしませんか。とくに発進後すぐに坂道だったり、ほとんど徐行くらいの速度しか出せない場合とか。そう、実際の公道では二輪教習でやった坂道発進だけではなかなか対応しきれないんですよね。今日はそんな低速で急な坂道について、Gon-Kが気をつけていることをもとに書きますね。あなたの参考になるところがあれば、ちょこちょこっと使ってください。

バイクで急坂

ギア選択

低速で急な坂道をのぼる時は、ギア選択は1速でいいと思います。2速でもいいんですが、もし途中で失速するとエンストしやすくなります。バイク初心者の頃は慎重でOKです。もちろん慣れれば2速でもいけると思いますよ。

クラッチ

基本的に半クラはいらないと思います。ただし、坂道の途中で失速するとエンジンがガクガクとノッキングし始めるので、エンストしないように半クラでカバーしましょう。左手の指はいつでも半クラできるようにクラッチレバーに乗せておくといいですね。ちなみに半クラするときはなるべくレバーの握り具合を一定にしたほうがいいです。半クラしたりクラッチ切ったりとガチャガチャいじると、エンストの原因になるしバイクもふらつきます。

アクセル

アクセルもなるべく一定の方がいいです。アクセルをどのくらい開けるかは坂道の斜度によりますが、いずれにしてもアクセルを開けたり閉じたりするのはお勧めしません。バイクもフラつくし。

姿勢

上り坂の基本は前傾です。普通の姿勢で急坂に入ると体が後ろにズリ落ちますよね。これには2つマズいことがあるんです。

1つ目は、ズリ落ちないようにハンドルにしがみつく(ひっぱる)のでハンドル操作ができなくなる。もしくはハンドルに力がかかるので前輪の向きが不自然になる。そうなると、バイクはまっすぐ進まないし、坂道の上が曲がり角になってたりすると曲がれない。

急坂でハンドルを引っ張らない

2つ目ですが、体が後ろにズリ落ちるとお尻も後ろに下がりますよね。そう、後ろ座りになる。後ろ座りになるとバイクの後輪に体重がかかるのでバイクの前側が軽くなってウィリーしやすくなる。実はウィリーの練習は上り坂でやるときっかけをつかみやすいんです。まぁ、ウィリーで急坂を上りきれば周りを圧倒することはできますが、この手の自己主張はもう少しバイクに慣れてからでいいと思います。

急坂でウィリー

目線

やっぱり目線は大事です。最初の頃はどうしても苦手意識が先行して下を見たり周りを気にしたりしがちです。でもこれをすると視線が動くのでバイクがフラつきます。坂道でフラつくと平地よりも転びやすいです。最初は怖いんですが、覚悟を決めて目線をまっすぐ頂上に定めればバイクはまっすぐ進むはずです。頂上をガン見です。

怖いからって両足おろすのもフラつく原因です。転んでも足出すなとはいわないけれど、なるべくしっかり足をステップにのせて、くるぶしグリップしましょう。足を下ろしちゃうと下半身で体を支えることができないので、両腕でハンドルにしがみつくしかなくなります。そうするとハンドルに変な力がかかるのでやっぱりフラつく。

走り方

よほどの崖じゃない限り、ある程度勢いをつけて坂を上り始めれば、後はアクセル一定でトコトコ登れると思います。トコトコ走ろうとしてガタガタとノッキングするようなら、軽く半クラでガタつきをおさえましょう。できれば坂の下で軽く助走をつけて上ってゆき、坂の8割くらい進んだらアクセルを戻し始めて勢いで頂上に到達するくらいが安全と思います(途中で止まっちゃうほど戻さないように)。もしあなたが恐る恐る上りはじめてしまい途中で勢いがたりなくなると、坂の途中で加速しなきゃいけなくなります。そうすると頂上ほど勢いがついて危ないです。ヴワッと上りはじめてトコトコ走ってポンと頂上にとびのるイメージです(よけいわかんない?)。

急坂の走り方

まとめ

上りのポイントは前傾姿勢、目線、くるぶしグリップかな。あとはヴワッと上りはじめてトコトコ走ってポンと頂上(まとめになってないし・・・)。

正直なところ、慣れてくれば上に書いたようなことってあんまり気にしなくてもできるようになります。ただし、あなたがツーリング先の山の中で、街中じゃありえないような急坂にでくわしたときなんか、基本を知ってるとけっこう役に立つんですよ。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ!

バイク初心者サポートラボがKindle電子書籍になりました。

詳しくはこちら↓

バイク初心者サポートマニュアル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. るいーず より:

    Gon-kさん
    こんにちは!
    先月、Gon-kさんのブログのおかげで、無事、普通自動二輪をすっ飛ばし、大型自動二輪を取得報告させていただいた、るいーずです。
    初めは鈴木さんのST250で練習し、急な坂道や、クネクネ道、峠を走ったりして自信をつけました。そして、先週、いよいよ念願のzx-6Rで公道デビューしたのですが、家のマンションの駐輪場の前がいきなりの急な登り坂で、その一番急な所に交差点があり、信号で停車しました。で、あんなに、教習所でも一回もミスしたことのない坂道発進で、リアを離すのが早すぎて、少し後ろに下がってしまい、パニックって、エンジンふかしすぎて、エンストポテごけしてしまいました。
    もう、旦那からは「ありえん、どんくさ過ぎる、緊張感足りなさ過ぎ」とクソカス言われ、乗る資格ない、免許あるだけと散々怒られました。それから、まだ乗ってないのですが、今週の土曜は天気が良さそうなので、乗ってこようかと思ってます。
    こんなシュチュエーションでのアドバイスをいただけたら、嬉しいです。

    1. Gon-K より:

      るいーずさん
      zx-6Rで公道デビューなんて素敵ですね。教習所内はあくまで守られた環境下での練習なので、公道に出ればもっともっといろんな状況に出会います。うまく行かなくても当たり前、全然大丈夫。ポテごけなんか気にせず楽しんでください。ポテごけした数はバイク初心者の勲章です(こけるごとにバイクの横に星でもつけましょう)。
      どのみちメットかぶってるので誰もるいーずさんだとはわからないでしょうし。
      週末楽しみですね!

  2. まりぃ より:

    こんばんは! まりぃです!
    普通自動二輪車の免許を取ってから1年が経ちました…。
    バイクの腕はまだまだなので、これからもよろしくお願いします!

    バイク通勤するようになってから、よく通る道路に急な坂道があります。

    ①バスが通る
    ②登るにつれて角度がキツくなる
    ③S字の用にクネクネ
    ④トドメに、カーブしてる坂を登りきってすぐ信号がある

    この坂道が苦手だったのですが、毎日通る度に研究を重ね、
    最近やっとスムーズに登れるようになってきました。

    まず前にバスがいると超低速になるんです…。
    初めの頃は、バスの後ろが嫌で路肩にバイクを停めて、バスを見送った事もありました(笑)

    教習所では「坂道発進」はしますが、坂道の途中でギアチェンジする教習はしないじゃないですか!

    わからない事を公道で実践するなんて無理!と思い
    ど素人だった私は、坂の途中でギアチェンジしたらエンストするんじゃないかと、勝手に思ってました。
    何故は分かりませんが、上り坂でクラッチを切ることが怖かったんですよね…。
    “上り坂でエンストしたら100%コケる”
    が常に頭をよぎっていてビクビクしてました。

    しかもこの坂道、先に信号があるので、渋滞するとカーブしてる坂の途中で止まる事もあるんです。
    初心者にとっては恐怖でしかなかったです。

    今ではバスの後ろをついて走れるようになりましたよー!

    1. Gon-K より:

      まりぃさん
      合宿免許時が嘘のように走れるようになってますね。その進歩、自信持っていいと思いますよ。
      確かに公道に出ると変な道が結構ありますよね。でも走ってるうちに一つまた一つと発見があるじゃないですか。それもまた楽しいところですよね。
      楽しそうで、いい感じです!

コメントを残す

*