二輪教習 スムーズな停止のコツ4!止まる直前は目線を遠くへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
停止は停止線手前

こんにちは、Gon-Kです。

信号や一時停止など停止直前でフラつくことってないですか?自動二輪の運転では目線が大事ですが、停止のときもやっぱり大事。停止位置まで距離があるときはしっかり停止位置に目線を向けて進みます。でも、停止直前では目線を少し前方に送った方がフラつきません。


スムーズな停止については以前にもいくつか記事を書いてるので、そちらを一通り読んでもらえると参考になると思います。

二輪教習 停止のコツ!スムーズな停止のコツ4つ

二輪教習 スムーズな停止のコツ2!ウィリーしないコツ2つ

二輪教習 スムーズな停止のコツ3!前後のブレーキは7:3?

じゃぁ、なんであらためて停止のコツなのかというと、実は停止のときにフラつくという問い合わせを立て続けに頂いたので、今一度まとめようかなと思いました。

スッポンサードリンク

停止のときの一番のポイントはクラッチを停止直前まで切らないことと、早く足を出そうとしてニーグリップを手前で解除しないことなんですが、過去記事で触れていなかったのは、停止直前の目線の位置です。ご存知の通り、バイクは目線を向けた方に進みます。つまり目線が低すぎるとバイクも地面に向かうような感じになりフラつくんです。離れた場所から停止線をガン見して停止位置まで進んできた後は、数メートル手前あたりで目線を少し先に送ってあげましょう。視界の下の方に停止線が見えるくらいでちょうどいいかな。

スムーズな停止では目線を前に

実はこれ公道デビューしても同じです。交差点で止まるときは早め早めに交差点内の状況を確認する必要があります。停止線ばかり見ていると確認が遅れちゃいます。それにフラつくし。スムーズに停止するには停止直前に目線をスッっと前方に送りましょう。

それから、停止線ぴったりじゃなくて停止線の30 cmくらい手前で止まれば、ちょっと余裕ができますよ。

停止は停止線の30センチ手前

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら

PR

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. みお より:

    Gon-Kさんこんばんは。

    みきわめ、、、
    二回目も不良でした(>_<)ゞ
    クランクないではもちろんいつもですが、朝9時からの教習生多くて
    坂道も一本橋手前でも転倒し、気持ち焦ってしまって失敗が多かったです。
    左折からの一本橋手前停止と、コース回って最後斜めの白線にバイク停止するのもふらつきます。
     交差点ではふらつきなく(多少あるけど)止まれるのですが。
     指導員にはあと二回で合格しようと言われました.
     Gon-Kさんもブログでバイクはメンタルな乗り物、、、と書いてありましたが先日のような自信が今日はなかった気がします。

    明後日、再チャレンジです。
    クランクと停止の記事をまた復習します

    1. Gon-K より:

      みおさん
      斜めの白線と一本橋直前の停止、コースレイアウトもあると思うんですが、短い距離で車体をマッスルさせようろ四苦八苦してないでしょうか。なるべく早めに曲がり終えて、早い段階で目標物に対し車体をまっすぐにすることができれば、あとは原則だけですよね。停止直前に方向を調整しようとするとみんなふらつきます。なるべく大回りで、なるべく早い時期にまっすぐに進めるよう心がけてみてはいかがでしょうか。
      ふらついたり操作が間に合わない時って、往々に目線が追いついてないことが多いです。あと、早く足を着きたい一心でニーグリップが緩めちゃうと停止直前の低速状態でふらつきます。最後までかっちりバイクをはさんで、停止直前にすっと足を出します。
      頑張れ!

コメントを残す

*