バイクで公道デビュー バイクの楽しさは脇道に入ること!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイキャッチバイクで脇道

こんにちは、Gon-Kです。

バイクで走ってると「この先に何があるんだろう?」って思うような脇道に出会うことないですか。実際にいってみると、ほとんどの場合何もないんですが、10回に1回くらい面白い場所に出ます。絶景ポイントがあったり見知らぬ山里に出たり。そんな発見があることもバイクの楽しみの一つですよね。


いまさらだけれど、バイクって自転車の気軽さと自動車の機動力を持った乗り物ですよね。フラッと脇道に入るのが得意。車じゃ躊躇しちゃうようなせまいところでも結構入っていけちゃう。

たとえばツーリング中に、山の中に向かってのびる細い脇道をみつけて「この先何があるんだろう?」って思うことあるじゃないですか。そんなとき、迷わず目的地変更してそんな脇道に入っていくと、海が見える高台に出るなんてことがあります。眼下に集落を望むような山間の空間に出ることもあります。ガイドブックで紹介されるような絶景ポイントではないかもしれないけれど、ふとわいた好奇心に従ってやって来たあなただけの場所。景色以外何もないけど、そんなプチ発見はバイクの楽しみの一つだと思います。

バイクで脇道を見つけたら

実のところ、脇道に入っていってもほとんどの場合は何もなかったりします。ぐるっと回って元の道に出て来たり、農家の軒先につながってたり、途中で道がなくなってたりみたいな。でも、だからこそ、「おお、これは!」と思うような場所にたどり着くとうれしいんですよね。「また脇道に入ろう!」って気になる(アブナイですね)。

ちなみにGon-Kは、道だと思って走っていたところが実は雨水が流れてできたただの溝で、どんどん山深く入り遭難しかけたことがあります(どこかの過去記事で書いたような・・・)。

バイクで脇道に入り遭難

バイクって体むき出しなので、標高が高くなるときの空気の変化、風の音や虫の声、いろんなものを直に感じることができます。移動した分だけその変化を感じるって、バイクならではじゃないですか。もちろん暑かったり寒かったりもするんですけどね。

脇道が荒れていることを期待する人たちもいたりします。先日、当ブログ読者さんの街もオフも直線女番長さんから面白いコメントをいただきました。

ワクワクするのは峠を走っていて林道を見つけた時です。

砂利に落ち葉に苔に水たまりに陥没と霧の6拍子のそろった道を、オフ車の後ろに

夫を乗せて走った時はゾクワク絶好調に達しました。というか、こんな話皆さんと

シェアしていただけるのでしょうか (00:)?

コレ、大丈夫かなと思うような道を転倒無く無事走り抜ける事が出来た後の満足感

みたいなものが、きっとゾクワクに繋がるのでしょうね。

by 街もオフも直線女番長

バイクで林道

多分この感覚、デュアルパーパス(要はオフ車)に乗ってる人だとわかると思うんですが、オフ車乗りは脇道を見るとその先に舗装されてないガタガタの道があることを期待してそこに分け入ってくんですね。たいがいはどこまでいっても舗装されてて失意のうちに戻ってくるんですが、たまに岩がゴロゴロしたダートに遭遇することがある。オンロードに乗ってる人からみるとなんでわざわざって感じですが、道路脇から水が噴き出してたり、鹿やライチョウに遭遇したりとなかなかスリリングです(オカシイともいえますが)。これもまた、バイクならではの楽しみです。

もちろん、脇道に入ると道幅がせまくてUターンが難しくなったり、人里から離れていてコカしたときに助けてくれる人がいなかったりします。こんなとき、普段のバイクの練習が役に立つんです。前回の記事でも二輪教習は教習のための練習じゃないって書きましたが、脇道に入るときも同じです。普段からいろいろとランディングの練習をしておくと、ストレスなくいろんなものに出会えるんです。つまり、いろんなものに出会うためにライディングについてあーでもないこーでもないと試行錯誤するともいえますね。

脇道ではUターンも大事

バイクに乗れるようになってくると、出会えるものもたくさんになりますよ。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ!

バイク初心者サポートラボがKindle電子書籍になりました。

詳しくはこちら↓

バイク初心者サポートマニュアル

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 街もオフも直線女番長 より:

    直線だけはいつも、目的地を通過してしまう
    街もオフも直線女番長です

    私のズレたコメントを読んでくださった方、どうもありがとうございます。
    Gon-Kさん、ナイスなイラストありがとうございます。正にそんな感じでした。
    実はその後、脇道入ってハイテンションでどんどん進んで行ったら
    いきなり霧が消えたと同時に熊捕獲用のオリが現れ、違うハイテンションで
    引き返しましたが、こういうことも期待しながら走っているわけです。
    今まで、鹿、背中に子供のニホンザル、野うさぎ、野ねずみ、狸、
    大きなマグロの頭(山中にこれは本当にオカシイ。)に出会ったことがあります。
    無理にこんな所へ入れと皆さんにお勧めしているわけではなく、
    バイクに乗っていると本当にたくさんのかけがえのないものに出会えますので、
    教習所で辛い思いをしている方も、バイクライフでスランプに陥っている方も、
    なんとか先を期待して前に進んでいただきたいといつも思っています。

    スマホ、便利でしょうねえ。私は夫婦で携帯電話ですので遠出の際の地図は、
    地図帳の使うページだけをコピーした紙ですよ!紙!道の駅で紙を広げてますよ、
    あー皆さんのくすくす笑っている声が聞こえます……

    1. Gon-K より:

      街もオフも直線女番長さん
      大丈夫です。世の中最後は紙です。スマホのマップなんて、バッテリー切れたらただの金属ゴミですから。紙なら電池切れしないですもんね。
      でもGon-Kはガジェット好きなのでスマホ使っちゃいますが。
      紙でもスマホでも、大体の地理状況を頭に入れた上で、補助的にそれらを使うのがいいのかなと思います。山の中で、野生の勘で分かれ道を選んで、想い通りの場所に出た時の達成感であるじゃないですか。「おお、俺ってスゲーかも!」みたいな。

  2. やゆ より:

    こんにちは、やゆです。
    一度もオフロードに乗った事のない私からすればこんな感覚は持った事無いんですが…「へぇ、そうなんだ」と面白く読ませていただきました。

    そう言えば今はオフ車って言いますけど昔はモトクロスってよんでましたね。

    ところで他の方のコメントにあったスマホのカーナビでオススメありますか?
    今までyahooのを使ってたんですがたまにとんでもない表示したり急に使えなくなる事があるので予備でもう一つダウンロードしておきたいと思ってますので何かあれば教えて下さい。

    1. Gon-K より:

      やゆさん
      確かに今でもモトクロスっていう人たまにいますよね。モトクロスは競技名でそこを走るのがモロクロッサーなので、街中走ってるのは正確にはモトクロス用バイクではないんですが・・・。まぁ、細かいことです。ちなみに、両者の車体のつくりは似てますが全然違います。街中のオフ車をミツバチだとすると、モトクロッサーはスズメバチみたいな感じでしょうか。ロシア人と日本人の骨格の違いといってもいいかも(だんだんわかんなくなってきた・・・)。

      スマホのマップはgoogleマップ使ってます。地図的には一番オールマイティで正確だと思います。いわゆるナビ系のアプリは使ってないですね。Gon-Kの場合、要所要所で現在位置を確認するだけなので。
      誰か他の人の意見も聞きたいですね。

  3. ちゃか より:

    こんにちはGon-Kさん。
    ちゃかです。
    まだ、バイクは買えないんでレンタルバイクですが、愛車の原付で色々楽しんでいます。
    パーツを集めてUSBの電源供給口や、ブルートゥースのレシーバーとスピーカをヘルメットの中に
    固定したり。
    これで、スマホナビ(音楽、電話も出来ますが危ないのでしません。)を聞きながら走れるので
    便利ですよ!
    地図なしで脇道も楽しいですし、どうしてもわからなくなったらナビでと言うのも良いですね~

    1. Gon-K より:

      ちゃかさん
      Gon-Kです。
      確かにスマホのナビは離せませんね。昔は紙の地図を頭に叩き込んで山に分け入ったものですが(お前いくつだっ?て感じですが・・)。
      Gon-KもiPhoneは手放せません。おかげで山の中を徘徊するということがなくなりましたもんね(たまにありますが)。
      あと写真もとれるし。
      スマホとバイクってすごく相性のいいガジェットだと思うんす。どっちもとてもパーソナルな道具だし、バイクの移動能力とスマホのGPSも相性いい。デザインも金属の無機的な感じがいい。
      バイク楽しんでくださいね。

コメントを残す

*