二輪教習のS字 コツは目線とアクセルワークの2つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二輪教習 S字のコツ

今日は、Gon-Kです。

今回はS字について書きます。S字でカーブを曲がりきれなかったり、急加速してスムーズに回れなかったりしませんか?S字では、目線とアクセルワークの2つがクリアのコツです。目線がコーナーの外を向いていると、バイクも目線に引っ張られてコーナーをはみ出します。アクセルの開け方がラフだとガツンとした加速になりギクシャクします。

でも、目線とアクセルワークさえ押さえれば、なんとかクリアできます。S字は「バンクしながら曲がる」というバイクの醍醐味を味わえる課題のひとつでもあるので、楽しんでチャレンジしましょう。

まず、Gon-Kの場合、二輪教習のS字で使うギアはセカンドでした。ローだと回転数が低く速度があげにくい、エンジンブレーキが効きすぎて失速しやすい、アクセル開け始めが急すぎるなど、いまひとつスムーズさに欠けます。

さて、S字内の走行ラインですが、なるべくコーナーの外側から内側に向かって走るようにするといいです。S字は道幅が2メートルあるので、正しいラインを走行すれば脱輪することはそうないと思います。ずっと右側だけとか、左側だけ走ると脱輪の可能性があります。

例えば、左コーナーから始まるS字を想定します。まず、入り口の右寄りから進入します。ここからすでにコーナリングは始まります。アクセルは控えめで構いません。

S字の走行ライン

進入と同時に目線をS字の中間地点、つまり、最初のコーナーと次のコーナーの切り返し地点に向けます。ここが、第一コーナーの目的地になります。目線を向ける際のコツとしては、目だけ動かすのではなく、上半身ごと目的地に向けてやるイメージがいいです。スキーやスノーボードのカーブと同じ要領です。

S字は入ったるすぐに目線を出口へ

S字内の姿勢は、バイクと一緒に体を傾けるリーンウィズで良いです。クランクスラロームよりも、気楽にいきましょう。ただし、ニーグリップがあまいとフラつきますので、意識してニーグリップしましょう、教官は見ています。バイクの傾け方については、バイクを傾けるコツ!も参考にしてください。

S字のフォームはリーンウィズ

バイクが曲がり始めたら、じわっとアクセルを開けながら、スムーズに加速してゆきます。もし、曲がりきれずコース外にはみ出しそうになったら、すかさずコーナーの円の中心をガン見してください。教習所によっては芝生の真ん中ですね。バイクは内側に向かっていくはずです。慣れるまでは不安なので、ついフロントタイヤのすぐ前あたりを見てしまいがちですよね。でも、そうするとバイクの走行ラインも目線に引きずられてどんどん外側に向かいます。上から見たフロントタイヤの向きというのは、実際にバイクが曲がろうとするラインよりも外側に見えてしまうためです。

S字ではみ出しそうになったら円の中心を見る

最初のカーブを1/3くらい進んだら、すかさず目線を次のコーナー入り口に向けます。つまり、S字の中間地点に差しかかる前に、すでに次の切り返し動作に移ります。コーナーを曲がり切ってからでは遅いです。目線は常にバイクの挙動より先行します。そして、アクセルをじわっと絞るように回して加速します。この加速がバイクを垂直に立ち上がらせます。この時の加速姿勢アクセルワークはスムーズさが大切です。手首だけでラフに開けるとガクンと加速するので、走りがギクシャクします。

二輪教習S字は目線先行

バイクが垂直に立ったら、目線を素早くS字の出口に向け、アクセルを素早くオフに戻してください。バイクが目線を向けた方向に倒れてゆきます。バイクが起きる前にアクセルをオフにしてはいけません(そのまま左に倒れます)。バイクの速度が速すぎると感じたら、後輪の回転が止まらない程度に、軽くリアブレーキをかけ調節してください。決してフロントブレーキはかけないように。コーナリング中のフロントブレーキは厳禁です。

S字は目線とアクセルオフで切り返し

S字の出口に向け走り始めたら、あとはアクセルを開けて行けば、バイクは出口に向かって立ち上がってゆきます。やはり、スムーズなアクセルワークを心がけてください。アクセルはじわっと絞るように回します。

S字最後の立ち上がり

切り返し後に速度を落としすぎてしまい、立ち上がりの加速でエンストしそうになったことはないでしょうか。そんな時はすかさず半クラを使い、エンジンが止まらないようにします。このため、S字内では常に左手をクラッチレバーにかけておくことを勧めます。ノッキング気味になったら、すかさずクラッチレバーを半握りです。

これで、S字はクリアです。

教習所のレイアウトによっては、S字の出口が道路に接続していることがあります。S字が終わったらそのまま飛び出さず、必ず減速または停止しましょう。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。「こんなことで悩んでるのは私だけでは?」なんて感じる必要はないですよ。結構、みんな同じことで悩んでますから。気軽にコメントくださいね。

お知らせ

バイク初心者サポートラボがKndle電子書籍になりました。

詳しくはこちら↓

バイク初心者サポートマニュアル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. クラッチの手帖 より:

    Gon-Kさん

    スラロームからS字への進入について、11月にメールでご相談したクラッチの手帖です。

    昨日、卒検合格しました!
    ありがとうございます !!

    当日は正直あまりスムーズなライディングはできませんでしたが、結果は合格でした。

    卒検で一緒だったおじさん(50〜60代だと思う)も合格でしたよ!

    引き続き、公道デビュー編で勉強させていただきます!

    1. Gon-K より:

      クラッチの手帖さん
      Gon-Kです。卒検合格おめでとうございます。よかったですね。まぁ、完全に満足いかないライディングだったみたいだけれど、合格は合格ですもんね。よかった。これからは純粋に楽しみのために走れます。
      楽しいバイクライフを。
      それから卒検で一緒だったおじさん(50〜60代)もおめでとうございます。

  2. May より:

    Gon-Kさん、こんばんは。今練習はお休み中です(右側がアザだらけで痛くて乗れない…;;)。せっかく詳しくアドバイスをいただいたのを、早く試してみたいです…。
    シフトダウンのやり方、Uターンの仕方等わかりやすい説明でとてもありがたいです。クラッチが切れている時間を少なくするのがバイクの基本…この言葉何かピン!とくるものがありました!今まで疑問だったことがもうちょっとでつかめそうな気が一瞬しました。

    シフトアップの記事を読んでみて、ギアが入らないことで、私のバイクは今何速に入っているかの表示が出るので、発進から2速に入れた時表示がでなかったり、空ぶったような感触のときが結構あり、これがギアが入らないということかな?と思いました。(ギアが入らないことがあるなんて初めて知りました!)
    質問なのですが、発進で一速から二速に上げるとき、教習所では一速で半クラで発進してその半クラのまま二速にもう入れてしまってクラッチをつなぐ…みたいに言われましたが、Gon-Kさんのを読むとクラッチを完全につないで加速してからとあります。何か理由があるのでしょうか。
    あと、シフトアップ・ダウンのときのクラッチのつなぎ方で、低いギアほどクラッチをゆっくりつないで高いギアのときほどクラッチをすばやくつなぐ…と言われたのですが、Gon-Kさんの記事だとクラッチはスパッとすばやくつなぐようにあります。やはりすばやくやったほうが、いいのでしょうか?

    次のステップは表通りにへ出て少しずつなれることですね…。路地で練習するために免許取ったわけじゃないからやるしかないですよね(・_・;;)。
    公道に出るのは初めてだからもちろん不安ですが個人的な不安要素もあって、気後れしてしまいます><それははずかしくてここで書けないので、お問い合わせで書いていいでしょうか?書くほどのことじゃないかもしれませんけれど…。

    おかげさまで、駐車場から出るのはだいぶなれてきました。他の人が来て待たせてしまう状況だとあせってふらつきますが、誰もいないと坂を登るのが楽しいくらいです!

    1. Gon-K より:

      Mayさん
      そうか、傷だらけですか。バイクでコケると大したことないようでも軽い全身ムチ打ちになりしんどいですよね(大したことありますね)。肉食ってしっかり療養してください。

      >質問なのですが、発進で一速から二速に上げるとき、教習所で・・・・
      うーん、何とも言えないですが、Gon-Kは一度クラッチつなぎますね。とは言っても1速から2速は本当に一瞬なので、その間が半クラ気味でもイケるとは思います。1速発進して十分に速度を上げればクラッチレバーを使わなくてもポンとシフトを上げれば2速に入ります。ギアは回転数が適切ならクラッチレバーはなくても入るんです。この意味で、十分な加速ができていれば、余計なクラッチ操作しなくても、半クラのままで2速に入れると操作がシンプルかもしれません。両方やってみることを勧めます。Mayさんに合った方を採用しましょう。その辺の自由さもバイクのいいところです。基本はあるけど正解はない。

      >低いギアほどクラッチをゆっくりつないで高い・・・
      これも、何とも言えないですが、徐行するような低速では確かにゆっくりクラッチをつなぐのがいいと思います。メリハリのある加速・減速であれば常にエンジンの回転数が高いのでクラッチをスパスパ操作してギアを変えますが、まったり加速・減速の場合はスパスパやると急なエンブレがかかりますね、確かに。これもMayさんに合った方を採用していいと思いますよ。

      >やるしかないですよね(・_・;;)。
      外に出ると新しい世界が待ってますよ。

      >お問い合わせで書いていいでしょうか?
      問い合わせフォームで連絡くれればメール返信になるので、長文のやり取りはそっちの方がいいかも、気軽に連絡ください。

      >誰もいないと坂を登るのが楽しいくらいです!
      それは、バイクに乗るのが性に合ってるということです。ガンバレ!!!!

  3. May より:

    いつもお世話になっています。Gon-Kさんに教わったブリッピングのおかげで、ガクンというショックはほとんどなくなりました。ただギアを下げてクラッチをつないだ時、エンジン音がうなっているみたいで、これはもうちょっとスピード下げてからギアを下げるのでしょうか?下げた時のエンジン音とエンジンブレーキが効いている感じがまだまだです><
    例えば、三速に入っているとして、前に車や信号で短距離で停止したいとき、速度落としつつギア下げはクラッチを一つ一つつながないで、半クラのまま3→2→1はいいですか?私は急に停止の場合あせってしまって、クラッチ切ったまま3→2→1で停止してからニュートラル。もしくは止まってからギア一速まで下げるみたいにしていました…。クラッチを早めに切ってしまうため、どうしても停止前後はふらついてしまいます。

    Uターンの練習もしてみました。路地は、車一台にバイク一台がすれ違えるくらいの道幅です。Uターンというより8の字のような大きく回ったようになってしまいます(・・;)
    足が出てしまって足で支えつつ回ることしかできないです…。アクセルが強すぎると勢いよすぎて曲がりきれないし、弱いと弱いでよろついて倒れそうになるのです。アクセルは一定にしておいて、クラッチを車体が倒れそうなときはつないでそれ以外は半クラがいいのか??リアブレーキ使わないでもうクラッチで全部調節したほうがいいのか??とか色々考えてしまいます>_<(路地であんまり長々練習できないので、ある程度やり方を絞りたいのです><)ネットで動画を色々見たら、中にはクラッチをわざと切ることによってバイクがガクッと傾くのを利用してターンしているのもありましたが、倒れそうなところでアクセルで起しているんでしょうか?

    本当にこんなで広い公道へ行けるのか、自信がありません・・・発進も遅い&急ブレーキになってしまう、やはりスムーズな発進・停止・あと低速走行と小回り、これができるようになったら怖いもの無い気がします。今さらながら、クランクが結構重要なことに気がつきました。低速や小回りでバイクをあやつることが少しでもできるようになりたいです!

    1. Gon-K より:

      Mayさん
      だんだん疑問の内容が具体的になってきていい感じですね。いろいろトライされてる感が伝わってきます。

      >エンジン音がうなっているみたいで・・・・
      ブリッピングするとある程度唸るので気にしなくてもいいかと。急なシフトダウンほど大きく唸って強いエンブレかかります。とは言っても、エンブレはあくまでブレーキの補助なので、バイクを止めるのは前後ブレーキの仕事です。

      >半クラのまま3→2→1はいいですか?・・・・
      状況によりますが、基本はシフトダウンごとに一度クラッチを繋ぎます。そうしないとギアがしっかり入らないし、エンブレも効かない。クラッチ切って停止線まで滑り込みは絶対ダメです。何かの理由で再加速しなくてはいけない時に、ギア4速のまま速度は2速相当だったりすると、クラッチ繋いでもエンストして危険です。慣れるとかなりの短距離でもブリッピングしながらローまで落とせますよ。ヴォンヴォンヴォンと。急制動の時は、例えばギリギリまで3速でクラッチ繋いだまま前後ブレーキかけて、停止直前にクラッチ切ります。教習所でやった急制動と同じです。バイクの基本は、クラッチが切れてる時間を限りなく少なくすることです(信号待ちはNでOK)。あと、公道走行では、前の車だけ見るんじゃなく、前の車の窓ガラス越しに見えるもう一台先の車のブレーキランプを気にかけるといいですよ。一台先の車のブレーキランプがつけば当然Mayさんの前の車もブレーキかけることが予想できます。

      >路地は、車一台にバイク一台がすれ違えるくらいの道幅です。・・・
      これって結構狭いですね。上手い人はすっと回れるけど、街中ぶいぶい言ってる人でも結構切り返しが必要な幅な気がします。

      >クラッチを車体が倒れそうなときはつないでそれ以外は半クラがいいのか??・・
      そうですね。緊急時以外は前後ブレーキなしで、半クラがいいかもしれませんね。ただ、ターンを始めるきっかけは軽くリアブレーキをかけるとバイクが傾きやすくなります。

      バイクを倒して回るなら、例えば、ローでなるべく道の左端に沿って走る→ちょっと腰を浮かせてお尻の割れ目(失礼!)をシートの左角に乗せ直す→顔をお大きく右に向け、そして軽くリアブレーキ→同時に半クラでエンジン止まらないように→バイクが回り始める→顔と目線をさらに後ろに向けUターンの先を見る→そのままバイクが起き上がるまで半クラで走る→バイクが起き上がり始めたらクラッチ繋いでローで進む・・・

      でどうでしょう。横で見てればもっとまともなことが言えそうな気がしますが、文章だけだと中々難しい・・・・・。
      ブログの記事も参考になるかも。

      >中にはクラッチをわざと切ることによって・・・
      ご推察の通り、クラッチ切ってバイクが倒れこんだところをアクセル開けて、ジャイロ効果で起き上がる技です。オフロードコースなんかでよく使います(クイックに曲がれる)。クラッチとアクセルの繋ぎに慣れと素早さが必要なんで、今の段階では真似しなくてもいいかと。

      >本当にこんなで広い公道へ行けるのか・・・
      大丈夫です。絶対行けます。駐車場の坂道から出られなかった人が、今はしっかり自主練に励むまでになってるんだから、絶対大丈夫!!!それに広い道なら極端な小まわりないし。

      大きな通りを走るのは、スピードや交通ルールへの慣れがポイントです。低速走行を極めなくとも、ある程度低速でウロウロできるようになったら、思い切って大海に出ましょう。Gon-Kも車や原付にあおられながら、だんだん走れるようになったし。

      頑張れ!!

コメントを残す

*