バイクで公道デビュー バイクに乗る理由はモテたいから?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性ライダーは人気者?

こんにちは、Gon-Kです。

教習所サーチというサイトで面白いアンケートが公開されています。アンケートの内容はというと、「本当のところ、バイクは何が魅力的なのか」という問いをバイク乗り337人にアンケートしたもの。で、堂々の1位は「風や自然を感じる爽快感」だとか。あなたにとってバイクの魅力って何ですか。


正直なところ、Gon-Kはこの結果を見て「あぁ、やっぱりそうなんだね」っと納得でした。そして、「やっぱりみんな同じこと感じてるのかぁ」と、ちょっと意外でもありました。だって、バイクの楽しみ方って人それぞれじゃないですか。Gon-KにはGon-Kの、あなたにはあなたの楽しみ方がある。でも、やっぱりバイクの楽しさって五感に訴えてくる心地よさが大きいんだなと。

バイクの楽しさは五感で感じる

今まさに二輪教習中でテンパっているあなた、その先には五感で感じる楽しさが待っていますよ。がんばれ。

この教習所サーチの記事でちょっと面白かったのが、アンケートの前提としてバイク乗りがバイクに乗り始める理由はきっと「バイクでモテたいのでは!?」というお約束のフリをしてくれてたこと。確かにこういう話たまに聞きますよね。でも、Gon-Kのこれまでを振り返ると、バイクに乗っていたのでモテたって記憶は全くありません、えぇ、悲しいくらい。もちろんバイクに乗ってなくてもモテません(それって人格的問題?!?)。正直に告白すると学生の頃はそんな淡い幻想をちょっとだけもってしまった時期もありました。でもちっとも効果がないのでその手はダメだと悟りました、少なくともGon-Kには。もちろんマイナス点になったってこともないように思います。まぁ、そもそもGon-Kがバイクに乗り出したのはモテたかったからではないのでいいんです(強がりじゃないですよ!)。ちなみに、Gon-Kがバイクに乗り始めた理由については過去記事二輪教習 バイクに乗るキッカケを読んでみてください。

バイクに乗ってもモテるとは限らない

 

女性の場合、バイクに乗ってるとバイク野郎の人気者になることが多いってのはよく聞きますね。最近は女性のバイク乗りが増えたとはいえまだまだ少数派です。それに女性は人とつながるのが上手なので、すぐに人の輪ができるのかもしれませんね。孤高のバイク乗りを目指しがちな野郎共とは対照的です。でも、モテたいって理由からバイクに乗るって発想は女性にもあるんでしょうか・・・・。この手の話を聞くのは圧倒的に野郎共のような気がしますが。

女性ライダーは人気者かも

一方、男性にありがちなのがワイルドアピール型。歩道なんかに女性が歩いてると男っぽさをアピールしようとアクセルをワイドオープンして急加速で走り去るケース。そんな手口でワイルドさを印象付けようとしてませんか(心当たりがあるはず!!)?実は・・・・昔Gon-Kもやってました、はい。でも、これはいけません。だって、急加速したらあっという間に視界から消えちゃうじゃないですか。歩行者の印象に全く残らない。印象に残らないってことはそもそもそこに存在しないも同然です。歩行者にアピールするときは二輪教習でやった一本橋並みに徐行して、何か別のアピールが必要です。運が良ければ印象に残るかも。ただし、空ぶかしとかすると別の種類のバイク乗りと思われるので気をつけてください。

急加速しても印象には残らない

おっと、話が俗な路線にそれました(いつもですが)。バイクの楽しさって五感で感じるものだから、一言ではなかなか表せないのかも。なんか締まりがないですが今日はこのへんで。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ!

バイク初心者サポートラボがKindle電子書籍になりました。

詳しくはこちら↓

バイク初心者サポートマニュアル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 街もオフも直線女番長 より:

    Gon-Kさん、Gon-Kさんのブログをみている皆さん、こんにちは!
    私がバイクの免許を取った理由は、女性がバイクに乗っている姿ってカッコいいなあ、
    私もそうなりたいなあと思ったからです。ということは、周囲からもカッコいいと思われたい
    ということです。その一心で、胃が痛くなるほど恐ろしかった教習もなんとか卒業まで
    こぎつけました。「バイクで公道デビューオフロードバイクに乗るとバイクがうまくなる?」
    でコメントしましたが、私の技術では街乗りなんて無理だと感じ、一旦バイクから離れて
    いました。が、また乗り始めた途端に調子に乗って欲が出てきました。
    パーキングでは話かけたいし、話かけられたい。ヘルメットから髪をなびかせて注目されたい。
    ヘルメットを脱ぐ度に「奇麗な姉ちゃんだ」と思われたい。しかし私の場合、その理想と
    現実の間に大きな差がありますので、話しかける際は、バイクの番組に出ているアイドルみたい
    な娘でなくて申し訳ないと思いながら話かけています。でも全ての人に話かけることが出来て
    いるわけではありません。表情を見て、この人は話かけられるのが嫌かもしれないなと思って
    声をかけない時もあります。このことから、もし自分が話かけられたかったら、にこやかにして
    いる方がいいかもと思いまして、目が合ったらニコニコ会釈はしています。
    目を合わせてくれなくても、常に口角は上げているようにしています。
    この前、信号待ち中に隣のバイクの男性に「それ何cc?俺も昔2st乗ってたんだよ」と話かけら
    れました。自分の好みのバイクに乗っている人には話かけやすいというのはありますね。
    ですがよく知らないバイクでも話かけてください。特に私は少数派のバイクなので、単に
    カッコいいですねだけでも言われるととても嬉しいもんです。

    コメントとしてカテゴリーは違いますが、Gon-Kさん、峠のヘアピンカーブが走れるように
    なってきました。ありがとうございます。

    1. Gon-K より:

      街もオフも直線女番長さん

      Gon-Kです。貴重なコメントありがとうございます。このコメント、とっても大事だと思うので、後日記事にさせて頂きます。
      Gon-K個人的には、バイクに乗ることで自分のいいところが強調されるのであれば、バイクに乗ることで自分の強みがブーストされるんだと思ってます。バイクにのってる自分のことが自分自身でイケてると思えるのであれば、それだけでバイクに乗ってる価値があるのだと。スポーツ選書や一流のビジネスマンがその活動を通して自分を輝かせているのと同じだと。それでいいと思います。

      話は変わりますが、やっぱり2stは高回転と半クラが命です。加速前の半クラでロケットスパートができます。とはいうものの実はオーバーレブちょい手前が一番パワーが出てます。うーん、2stは奥が深いですね。

  2. やゆ より:

    やゆです。
    昨日ロンツーから帰ってきました。
    結局予定の名古屋の先の三重まで足を伸ばしました。

    行きは山間部で数秒程度の雨に何回か降られて意外に濡れましたが帰りはかなり晴天でわざわざ海沿いの道を選び、その場所ではメットのシールド全開で潮の香りを満喫しながら走りました。
    やはり気持ち良いですね。

    前回書いた話し掛ける話、雨で濡れてSAに着いた時に「降られちゃったね」と話し掛けてくれる人がいました。
    が、他でこっちから話し掛けたりしようと思ったんですが…
    例えばバイクを誉めようとしてもその後が続かない(誉めるにしてもそのバイクの事を多少は知らないと話が続かない)と思ううちに結局出来ずじまいでした。
    考え過ぎだとは思うんですがなんかタイミングが…

    まぁそんなのもありつつ、無事に楽しく走れたので満足なツーリングでした。

    1. Gon-K より:

      やゆさん

      楽しいツーリング良かったですね。雨とか何か特別なことがあると会話って生まれやすいですよね。
      まぁ、気負わず行きましょう。リラックスです。

      楽しいバイクライフを!

  3. やゆ より:

    前回コメントした「やゆ」です。

    バイクに乗るきっかけ、面白そうな話題で、じゃあ自分は?と思い出すと
    高1の時に同級生の後に乗せてもらった事で、とにかく気持ちが良かったんです。
    オーバーではなく「世の中にはこんな楽しい事があるのか?」なんて思ったんです。
    モテたいとかは実際に公道に慣れてからで無意味にふかしたりダブルを切ったり…恥ずかしくも懐かしい思い出です。

    ところでまた一つ質問なんですが
    バイク乗りのブログなんか見てると
    他のライダーから話しかけられたみたいな記事かありますが、話しかけ易い人とかはあったりするんですかね?
    Gon-kさんは話し掛けたりします?
    前回はそういったのが無く、話しかけられるのもイイな、なんて思ってます。

    すいません、長くなりました。

    私事ですが今週末は晴れそうなので
    また一人ロンツーで名古屋あたりまで走ってみようと思います。

    1. Gon-K より:

      やゆさん

      道を聞かれやすい人がいるように、バイクで話しかけられやすい人は確かにいますね。Gon-Kはたまにしか話しかけられないかな?この人相が問題なのかも。ツーリング先の駐車場で近くに止まったりした時は、こっちから軽く声かけることはありますね。特に気負わず「いいバイクですねぇ」みたいな感じです。
      どうでしょう、週末の名古屋ツーリングでは積極的にやゆさんから話しかけるというのは。以外とみんな気さくだと思いますよ。

      楽しい名古屋ツーリングを!

  4. てっちゃん より:

    Gon-K様。お世話さまです。

    今のところバイクの運転が楽しくて仕方がない厄年おっさんです。バイクに乗る理由というか、何故二輪免許を取りたいと思ったのか思い出せないです(笑)

    昼間暑くて夜寒くて急に雨に濡れて・・・でも乗りたいです。今日も500㌔走りました。

    バイクに乗る理由は『乗りたいから』です・・・バカですいません(笑)

    少しだけ真剣な話を・・・今日、キープレフトで前車(4輪車)との車間2~3台分くらいで60キロ巡行で走ってたんですが、普通に4輪車が横を抜いて割り込んでくるんですよね。『身障者』『子供が乗っています』マークをバリバリ貼った車が・・・で、その前車を抜くわけでもなくそのまま巡行・・・私のバイク追いつくじゃん・・・

    キープレフトは4輪にとって、『譲ってる』と見えるんですかね?私も20数年4輪に乗っているんですが・・・2輪初心者過ぎて左寄せすぎですかね?

    真ん中を堂々と走った方が良いですか?

    1. Gon-K より:

      てっちゃんさん

      うーんなかなか法律のグレーゾーンをついてきましたね。
      キープレフトはしないほうが安全じゃないでしょうか。逆に危険かも。
      公道で原付以外でキープレフトしている二輪は基本的にいないですよね。四輪側もそのように認識している現状では、キープレフトする意味はないと思うのです。実際、真ん中を走っているということでバイクが警察に止められたなんて話は聞いたことありませんし。教習所でも、「”教習では”キープレフトしてくださいね」みたいな遠回しな言い方することもありますよね。
      それに、四輪免許だけのドライバーで二輪教習がキープレフトを教えていることを知って人がどれくらいいるかというと、ほとんどいないと思います。
      二輪教習の規定でキープレフトが入っている理由は定かではありませんが(法律制定時の社会状況がそうさせたのかもしれません)、有名無実化しているルールであることは間違いないと思います。

      真ん中走りましょう、真ん中!バイクはれっきとした車両ですから。

    2. てっちゃん より:

      Gon-K様。回答ありがとうございます。

      自動車学校では、路面の4輪車のタイヤの跡の左タイヤのラインを走ってくださいと言われていたので、完全キープレフトでした。

      今度から真ん中堂々と走ります。

    3. Gon-K より:

      てっちゃんさん

      いいですね。

      楽しいバイクライフを!

  5. ののん より:

    こんにちは。
    昨日、VTR250納車されました。
    帰り道が国道16号と夜という事もあり娘に乗ってきてもらいました。
    今日は半クラを確認したり、ステッカーを貼ったりアパートの敷地内で息子と色々とやってました。高校生の息子とのコミュニケーションの一つになりました。

    なぜバイクに乗ろうと思ったか・・・( -ω- )
    小学校1年生の頃からの夢だったからですね。
    その頃何故乗りたかったのかは覚えてないんですよね・・・
    小学校3年の時に父親が2輪免許をとって毎週日曜日に乗せてくれていましたね。
    その時の楽しかった思い出も理由のひとつかなと思います。

    今は一緒に免許をとった娘(22歳)と息子(17歳)と純粋に楽しめればと思ってます。

    公道が怖くて時間かかりそうですが・・・(´∵`ก)
    教習車と違ってアクセル開かないと進まないのでスタートに時間かかってしまいます。
    練習あるのみですね。
    あ、息子はモテたいとかはないそうです。

    1. Gon-K より:

      ののんさん

      納車おめでとうございます。しかも心強い応援団が2人も控えているなんて。これからが楽しくなりそうですね。

      まぁ、公道は走っていれば自然になれます(というしかそれしかない)。心強いお子さんたちがいれば、スムーズに馴染めると思います。なんでもそうですが、バイクに乗り始めた頃に仲間がいるというのはその後継続する上でとっても大切だと思います。

      楽しいバイクライフを!

コメントを残す

*