バイクで公道デビュー スムーズに曲がる練習!まずは腕の力を抜く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクで公道デビュー腕の力みを抜く

こんにちは、Gon-Kです。

一生懸命バイクを倒しているつもりなのにうまく曲がれなかったり、曲がっているときにハンドルがなんとなくフラフラすることないですか?そんなとき、ちょっとあなたの乗り方を確認してみましょう。腕の力みすぎが原因かもしれません。力みが抜ければあなたはもっとスムーズに曲がれます!!

この記事を読んでくれているあなたは、自動二輪の免許を取って、自分の愛車に乗って、ゆっくりだけれど自分の力であちこち行けるようになった頃でしょうか。それってすごいことだと思いませんか?たぶん、二輪教習中は想像もできなかったと思います。既に新しい世界に踏み込んでますよね。

・・・・・で、走れるようになってくると、色々欲が出てきます。もっとスムーズに乗りたいとかかっこよく乗りたいとか。そんな中で、曲がり方、つまりコーナリングは永遠の課題です。初心者に限らず結構なベテランでもなかなか納得いくコーナリングはできないものです。

まぁ、ベテランのいぶし銀なライテクはさておき、バイク初心者の頃にありがちなのが、腕に力が入りすぎてハンドルの動きをじゃましてしまい、うまく曲がれないという状況。症状としては、バイクが素直に倒れないとか、コーナリング中ハンドルがフラつくなんてのがあります。じゃあ、どうするか?

其の壱 正しい位置に座る

バイクのシートって縦長ですよね。人によって座る位置は前後します。大柄の人は腕も長いので、後ろ気味に座っても腕に十分余裕があります。一方、もしあなたが小柄な場合、シートの真ん中や後ろに座ると、腕がのびきってしまい、ハンドルに一生懸命つかまろうと力んじゃいます。自分の姿勢を確認して肘がのびきってるなら、もう少しシートの前の方(タンク寄り)に座り直しましょう。あなたとハンドルの位置が近くなるので、肘にも余裕が出て、腕の力みが抜けます。

バイクで公道デビュー正しい着座位置

其の弐 ニーグリップをしっかりと

バイクは曲がるときに傾きます。ニーグリップをしっかりしないと、コーナリング中の姿勢が安定しないんです。傾いたバイクのうえで、お尻の位置が定まってない感じとでもいうか、腰が左右前後に遊んじゃってる感じ とでもいうか・・・・・・・・(わかりにくい?)。で、体が安定しないと落ちちゃうのでハンドルにしがみついて、どうしても腕に力みが出ます。

て、も・・・あなたの体をバイクにしっかり固定するのは腕の仕事じゃなくて、ニーグリップの仕事です。そうすれば、腕の力は抜けます。ちなみにニーグリップもやたら膝でタンクを挟むんじゃなくて、くるぶし、スネの内側、膝でバイクを包み込むようにしましょう(ニーグリップのコツ参照)。

バイクで公道デビューニーグリップは大事

「うーん、そんなに腕に力は入ってないと思うんだけれど…」というあなた、とりあえずどこか広い空き地に行ってみませんか。いい練習があります。埠頭でも駐車場でも舗装されていて大回りにグルグル回れて周りの迷惑にならない(←ここ重要)場所ならOKです。スピードを出す必要ないですよ。倒れない程度にユックリいきましょう。まず、軽く左手をハンドルからはなして、片手運転でぐるぐる回ってみましょう。怖いと思ったら、左手をハンドルから離さないでもいいです。左手をパーにしてハンドルに軽くさわるくらいの位置においときましょう。そして、グルグル回ってみましょう。

バイクで公道デビュー腕の力を抜く練習

そのときに、右手でハンドルにしがみついていたり、無理にハンドルをこじらないとバイクが曲がらないならば、あなたの腕は力んでます。逆もやってみましょう。どうでしょうか。結構力が入ってるんじゃないでしょうか。

「わかったわ、腕に力が入ってるのは認めるわ!!でもね、腕に力を入れなきゃバイクから落ちちゃうじゃない!!!」というあなた、今一度ニーグリップをしっかりして、体幹で上半身を支えてください。ウェストのエクササイズだと思えばモチベーション上がりますよね。そして、曲がるときに大きく顔を曲がる方向に向けるのがポイントです。

片手運転で腕の力を抜いて、自分に合ったシート位置に座り、ニーグリップをガッチリして、顔をガバッと曲がりたい方向に向ける。そして上半身は前傾させる・・・・・・・・何回かやってると腕の力を使わなくても曲がれるようになります。

大きなコーナリングでも小回りでも、腕の力を抜くのは鉄板です。週に一回はグルグルしましょう。慣れてきたら8の字グルグルです。グルグルの帰り道は、ライディングが軽く感じるはずです。

この腕の力を抜くという行為は結構難しいんです。直線を猛スピードでぶっ飛ばしてるビッグバイクでも、曲がるときはフラフラと力んでたりすることがあります。早いうちからこの感覚をわかっておくと、リラックスしてライディングできます。

今日のお題は「グルグル」でした。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. もも より:

    2カ月ぶりにバイク乗ったら交差点とかどうやって曲がってたのか思い出せなかったももです(o´∀`)b
    力入れすぎて肩は痛いし腕は筋肉痛になるし…
    どうやって曲がればいいんだー・゜゜(p>д<q)゜゜・
    やっぱり乗らないとどんどん忘れていきますね(;´∀`)

    1. Gon-K より:

      ホントそうですね。1週間乗らないだけでも違い出てくるもんね。2ヶ月ぶりならなおさらだ。
      まあ、ももさんはハイローの雨宮兄弟のようにかっこよく決めてください。期待してます。いやきっとすでにそうなってるはずだ!

  2. 街もオフも直線女番長 より:

    キャスター角寝てるとか気がついてませんでした。質問して
    よかったです。前輪の重みを意識すればまた走り方変わるかな….。

    1. Gon-K より:

      色々試してみてください。

  3. 街もオフも直線女番長 より:

    バイクジャーナリストの小林ゆきさんのRALLYのインプレで、
    「コーナリングのRALLYのハンドリング特性として、フロント
    まわりは軽やかとは言えない。ある角度からハンドルが切れ
    込むというかググッと操舵角を決めていく、そういった走り
    になる。視線、かたむけのハンドリングとはちょっと違う。」
    と話していたのですが、バイクの操舵角とは、ハンドルの切れ角と
    いう意味ですか?セルフステアでなく、自分で積極的に切れ角を
    意識するというやり方なのでしょうか。以前、アウトインアウトで
    Gon-Kさんがアドバイスしてくれた、フロントタイヤの軌道を
    どこに向けていくかというのと近い感じがしますが、そんな感じ
    なんでしょうか。

    1. Gon-K より:

      番長さん
      うーん、Gon-Kもあまり偉そうなことは言えないんですが・・・・
      あえて言うと(結局言ってるし)Rallyってフロントのキャスター角寝てますよね、アメリカンみたいに。なのである程度バンクさせたところで前輪の重みが効いてきてググってセルフルテアが出てくるんじゃないでしょうか。そんでもってキャスター角が寝てるので直進安定性があってバンク中でも安定して突き進むみたいなイメージなんじゃないのかな。例えばTSだとバンク中にギャップ拾うとフロントが暴れるところをRallyならなんとか突っ切れちゃうみたいな。一旦車体を傾けてできたセルフステアで、カチッとレールの上を走るように突っ切れちゃうっとことかな。

コメントを残す

*