二輪教習 曲がるときに腕でハンドルを引っぱっちゃうときの対策2つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Gon-Kです。

バイクで曲がるときに、腕でハンドルを引っぱっちゃうって経験ないですか?実はこれをやるとバイクが曲がろうとするのを邪魔しちゃいます。そんなときは2つのポイント、シートに座る位置と上半身の動きを見直してみましょう。


腕がハンドルに引っぱられる

時々いただく質問で「曲がるときに腕に力が入っちゃうんだけど」ってのがあります。とくに腕でハンドルを引っぱっちゃうってのがおおいかな。じつはこれ、Gon-Kも思い当たるフシがあります。

コーナーで腕が引っ張られる

バイクが曲がろうとするのを邪魔してるかも!

PR

そもそも、なんで腕に力が 入るのがいけないのかというと、ハンドル(厳密にいうとそこにつながる前輪)の動きを邪魔しちゃうからですよね。バイクのハンドルは車体の傾きに応じて勝手に回ります。そう、手で回すもんじゃなくて自然に回るってのが基本です。腕が力んでガチガチになってると、このハンドルが自然に回るっていう動きを邪魔することになるんです。いってみれば、曲がろうとする馬の顔をを無理やり引き戻すようなことになってます。曲がろうとするバイクを引き戻す

何が原因?

腕に力が入ってしまう原因として、おもに2つの原因が考えられます。1つは座る位置が後ろすぎ、もう1つは上半身が曲がる方向を向いてないというもの。そこでこれらについて考えてみようかなと思います。

座る位置が後ろすぎ

バイクのシートってどこに座るのかによってのり味が変わってきます。シートの前方に座るのか、それとも後方に座るのかってことなんです。シートの後ろの方にどっかと座ると、あなたとハンドルまでの位置が遠くなりますよね。で、両手でハンドルをつかむと腕が伸び切っちゃう。腕が伸びきっちゃうと、ハンドルが回る動きに腕が追従できなくなります。腕が長い人ならこれでもいいんですが、小柄で腕がみじかいと、座る位置が後ろ過ぎることでハンドルを引っぱっちゃうことがあります。

ハンドルが遠くなる

バイクが曲がり始めるとハンドルも自然に進行方向に向かって回ります。例えば左コーナーの場合、目線を左に向けると車体が左に傾きハンドルも左に向かって回りますよね。すると、とくにハンドルの右はじが運転者の体からはなれます。

左折ではハンドルの右端が遠くなる

このとき腕がのびきってると、ハンドルが回ってもそれ以上手がのびない。そしてハンドルをがっちり握ってしまうので、またまた力んでハンドルの動きをじゃましちゃいます。極端な場合、あなたの気持ちは左折したいんだけれどバイクがちっとも曲がってくれないなんてことになります。

スムーズに曲がるためには?

シートの前方に座る

シートの前方に座ることで、腕がのびきることなく適度にヒジを曲げることができます。腕をリラックスさせるためには、若干ヒジが曲がってるほうがいいですからね。これなら、ハンドルが回っても腕がハンドルの動きに追従できます。

参考記事

両肩を回してハンドルの動きに追従させる

小柄な人の場合、シートの前方に座ってもやっぱりハンドルの動きに腕を追従させるのは大変です。そんなときは、肩ごと回してあげましょう。例えば左に曲がる場合は、右の腕を肩ごと前に出して、反対に左の腕を肩ごと後ろに引きます。あなたの背骨を軸にして肩から上をガバッと回す感じ。これでスムーズにハンドルの動きに追従できると思います。バイクって、あなたの上半身が舵になるんですよね。

参考記事

ニーグリップも大事

ちなみに、しっかりニーグリップしてないと腕の力ってうまくぬけません。下半身がグラグラしてると体を安定させるためにハンドルにしがみつくしかないじゃないですか。イメージとしては、両足で塀をはさんで塀の上にすわってる感じでしょうか(かなりレアケースだけど)。あなたが塀の上で体を左右前後に動かしてるところをイメージしてください。手につかむものがないと両足で塀をはさんで体を安定させますよね。そんなイメージです(正確にはここにステップ荷重が加わります)。ハンドルがあると思うからどうしてもつかんじゃうんですよね。あれは飾りだと思ってください。

ニーグリップ派兵を挟む感じ

関連記事

マイペースで精進

腕の力をぬけってのは耳にタコができるくらいよくいわれますよね。でもね、正直なところ二輪教習をうけたくらいで腕の力が完全にぬけるほど簡単な話じゃないんですよ。公道でてからもけっこう走り込みが必要。Gon-Kも「どうにも腕の力みがぬけないな」ってことありますから。だから、二輪教習中のあなたが「どうしても力みがぬけない」と感じても大丈夫、ぜんぜん普通です。多少力みがあってもガチガチじゃなければOK。マイペースで精進しましょう。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク乗りのLINEスタンプができました。詳しくはこちらバイクのLINEスタンプ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちらバイク初心者サポートマニュアル



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. リンリン より:

    女番長さん>し、新聞紙ですか((((;゚Д゚)))))))インクまみれになりそうな装備ですね〜。レジ袋は雨降った時の究極奥義として聞きますね〜^_^

    トンネル!良かったです〜。リンリンだけかと思ってました〜。゚(゚´Д`゚)゚。相手からの距離感は掴めなくなるし、スピード感はわからなくなるし、何よりあの独特の空間が怖くて怖くて。あんま長いと逃げ出したくなっちゃいます⤵︎ヘタレすぎます。

    1. 街もオフも直線女番長 より:

      トンネルなんかに負けねーぞー!しっかり防風防寒して、今年の
      冬も走りきるのだ!
      教習生もしかり。

  2. リンリン より:

    Gon−kさん

    ありがとうございます!

    今回は準備が間に合わなくていつものジャケットの上にダウン着てホッカイロで臨んだのですが、惨敗でした。高速と峠の上の方は本気で寒かったです。スキーウェアにすれば良かったと後悔しました。
    仰る通り帰りはだいぶヘトヘトで、多分史上初の疲れっぷりでした。

    冬装備はケッチてはいけないのですね!肝に命じておきます

    これから徐々に冬装備を充実させて冬眠しないでバイクライフを楽しめるようになりたいです!

    1. Gon-K より:

      リンリンさん
      ガッツリあったかいアウターと、中はフリースと薄手のインナーだけみたいな感じが理想でしょうか。やたらな厚着も疲れますから。

  3. リンリン より:

    Gon -kさん

    こんばんは!
    いつまでたってもヘタレなリンリンです。

    昨日久々+初の初冬?ツーリング行ってきました。
    寒くて寒くてもういっぱいいっぱいでした。寒いとどうーしても動きがぎこちなくなってしまう事ってあると思うんですけどベテランさん達ってどうしてるんでしょか?

    1. Gon-K より:

      リンリンさん
      おお、初冬のツーリングですか!空気が澄んでていい感じの景色じゃないでしょうか。
      バイク乗ってると普通に歩いているより2ヶ月くらい早く冬を感じますよね。
      冬を快適に過ごすためにはいい冬用のウェアを着ることかな。ブーツもグローブも。冬用はケチっちゃいけません。寒さ我慢でツーリングすると普段の10倍体力使います。全然楽しくない。でもいいウェア着てると「え、こんなに楽なの?」ってくらい楽です。
      ちなみにバイクの場合ニットとかの厚着も効きません。基本風を通すものを何枚重ねてもあったかくならないんですよ、なんせ風がびゅうびゅう吹いてますから。それに厚着すると動きにくくなってこれまた疲労の原因になります。リッチな装備としてはヒーター入りのウェアやグローブもありますよね。
      お金はかかるけど、冬用のウェアはケチらないのがいいと思います。

    2. やゆ より:

      横から失礼しますね。
      やゆと申します。

      冬装備はgon.kさんの言われる通りアウターは防風が第一です。
      その下に防寒を考えて下さい。
      それ以外にも発熱素材のインナーグローブやアンダーシャツ、靴下2枚重ね、ネックウォーマー、防寒ミドルジャンパー、冬用ズボンにオーバーパンツなんてのも有効です。
      私はこれで2月の東名高速走りましたが寒く無かったですよ。(顔以外は)

      でも結局走る時間帯や出すスピードによって体感温度って全然違ってくるもんですよね。
      寒いと感じたらスピードを落とすとかこまめな休憩入れるとかしてみて下さい。

    3. 街もオフも直線女番長 より:

      寒さに強いというか寒さをあまり感じない体質なのでまだ冬装備してません
      が、獄寒時の番長オリジナル装備はブーツに小さいホッカイロを突っ込み、
      グローブのインナーとしてうす〜いゴム手袋。体にサランラップ巻くのは
      今年はやるかどうか考え中…。あ〜皆さん引いてますね。

    4. Gon-K より:

      番長さん
      なんか蒸れそうな対策ですね。山で遭難した時はいいかも。

      それはそうと、冬のオフツーリングってダート走ってる時は汗かくけどアスファルトに上がった途端運動量が減って冷えて来ないっすか?温度調節難しいですよね。

    5. リンリン より:

      やゆさん

      はわわ。ありがとうございます

      やっぱり防風大事なんですね!
      下はジーパンに裏起毛タイツとスキー用の厚手靴下で行ったので割と行けたのですが
      上がダメでした。一先ず防風インナーから買います!

    6. 街もオフも直線女番長 より:

      Gon-Kさん、そうそう!ダートは暑く(熱く)なる!運動量の他、
      焦って走るから?それとも土のぬくもり?とにかくアスファルトは
      ダートと違って底冷えするっていうか、自分のエネルギーが冷た〜く
      奪われていく感じですかね。アスファルト怖い。

      やゆさん、走る時間帯や出すスピードによっても体感温度違うの、
      わかります。メンタルでも違うの、わかります?この前ナイトライドで
      道に迷って不安になった瞬間寒くなり、道がわかったとたんに回復しました。
      そりゃ番長だけか!

      りんりんさん、皆さんのおっしゃる通り防風ですよ!旧車ならば風防!ワハハ

    7. Gon-K より:

      土も冬は凍ってますけどね!

    8. 街もオフも直線女番長 より:

      すんません、凍った土はまだ走ったこと無いひよっこっす。

    9. リンリン より:

      女番長さん>ありがとうございます

      さ、サランラップ。凄いですね!でも最強に暖かそうです!

      スピードとメンタルとっても同感です。リンリンはトンネルがとっても苦手で気付くと左端に寄ってたりやたらにスピード落ちてたりします⤵︎暗くなってからの高速を今回初めて体験したのですが、気付くと前から離れスピードも落ち、暖かいトンネル内ですら体に冷えを感じました。

      そーゆう時に物理的に無理矢理暖かいホッカイロとかってとっても安心します。あと目の前しっかり走ってくれる誰かですね〜。
      とりあえず防風インナーとサイズの合ったグローブです買います!

    10. 街もオフも直線女番長 より:

      防風、レジ袋とか新聞紙とかはたまに聞きますよね。

      リンリンさん、そうそう!トンネル!番長は真っ暗のトンネルに
      入ったとたん極端な話どっちが上か下かもわかんなくなるくらい
      走りがおかしくなるのでDr.Gon-Kにコメントで相談したら、
      出来るだけ目に入って来る情報を集めよと教えてくれました。それで
      なんとか走れるようになりました。

コメントを残す

*