二輪教習のS字 コツは目線とアクセルワークの2つ!

二輪教習 S字のコツ

今日は、Gon-Kです。

今回はS字について書きます。S字でカーブを曲がりきれなかったり、急加速してスムーズに回れなかったりしませんか?S字では、目線とアクセルワークの2つがクリアのコツです。目線がコーナーの外を向いていると、バイクも目線に引っ張られてコーナーをはみ出します。アクセルの開け方がラフだとガツンとした加速になりギクシャクします。

続きを読む


二輪教習 クランクのコツ! バイクを倒さず曲がる

クランク

今日は、Gon-Kです。

クランクを通るとき、いつもパイロンを倒していませんか?クランクをS字コーナーの変形と思っている人が結構多いと思いますが、実は別物です(そういうやり方もできなくはないけど・・)。クランクは低速でのバイクコントロールの技能を見る課題であり、ある程度の速度をもってカーブに進入するS字やスラロームとは違う技能が要求されます。ズバリ、クランクではバイクを倒しません(少しは倒れます)。ここを勘違いして、バイクを倒して曲がろうとすると、パイロンに接触、もしくは倒してしまいます。

続きを読む


二輪教習の上り坂、坂道発進!コツはリアブレーキと半クラ

二輪教習の坂道発進

こんにちは。Gon-Kです。

坂道発進では、リアブレーキを離すと後ろに下がったり、クラッチを繋げるときのアクセルをいつもより多めに開けたりするので、結構緊張しますよね。坂道をどこまでもバックして焦っていませんか?慣れてしまえば何てことないのですが、二輪教習を始めたばかりでは結構混乱します。Gon-Kも、普通自動二輪を取得するときに緊張していたのを覚えています。コツは、リアブレーキをしっかり踏んだまま半クラで後輪に駆動力をかけ、タイミングよくリアブレーキをはなすことです。基本的には平地の発進と同じなので、落ち着いてやればあなたもクリアできます。最初はみんな初心者なので、思い切ってチャレンジしましょう。

続きを読む


二輪教習一本橋のコツ4つ 目線、半クラ、リアブレーキ、ハンドル

一本橋

こんにちは。Gon-Kです。

 今回は一本橋です。普通自動二輪は7秒以上、大型自動二輪は10秒以上かけて、一本橋を渡ります。バランスを崩さないようにすると早く渡りすぎたり、ゆっくりすぎると橋から落ちたり、とかく一本橋は強敵ですよね。正直、Gon-Kもコツをつかむまでは結構苦労しました。でも、コツをつかめば大丈夫です。あなたも、目線、半クラ、リアブレーキ、そして、ハンドルクイクイの4つを駆使して、一本橋をクリアできます。


 

続きを読む


二輪免許取得の華 スラロームのコツ4つ!

スラローム

こんにちは、Gon-Kです。

きょうは二輪教習の華の一つとも言える(Gon-Kが勝手に思っているだけですが)スラロームについて解説します。普通自動二輪は8秒以内、大型自動二輪は7秒以内でコースを抜けます。スラロームは、バイクの基本動作である、アクセルワーク、ブレーキング、目線、前後左右のバランスなど重要な要素を多く含むかな~り奥が深い科目です。バイクの操作や挙動に慣れないうちは、バイクを倒すのが怖かったり、パイロンを曲がりきれなかったりと、苦労すしますよね。スイスイとパイロンを抜ける他の教習生を見て、「私だけが下手なんだろうか・・・」と落ち込むこともあるかもしれません。でも大丈夫です。最低限、4つのポイントを押さえれば、あなたもスラロームをクリアできます。みんな最初はビギナーです。


 

続きを読む


二輪免許取得、第二の難関 失敗しない取り回しのコツ!

バイク取り回しのコツは人

二輪免許取得で引き起こしに次ぐ難関が、取り回しです。今回は、取り回しのコツについて解説します。引き起こしも取り回しも一回できてしまえばその後の教習科目には出てきませんし、検定試験の項目にも入っていません。つまり、一度できてしまえば二度とやらない項目です。・・・・・が、これができないと長いバイクライフで困ります。教習所の指導員もバイクに乗るのを許してくれませんので、さっさとクリアしてしまいましょう。人生越えられない壁はありません。

続きを読む


二輪教習最初の難関 引き起こしのコツ! 

バイクの引き起こし

さて、バイクの免許取得で最初の難関は引き起こしですよね。特に女性の場合は、普通二輪、大型二輪問わず苦労しますよね。でも大丈夫です。コツさえつかめば誰でも引き起こしはできます。人生に越えられない壁はありません。特に教習車は、鉄パイプのガードが付いていますので、倒れる角度が浅く起こしやすいです。

バイクの引き起こし方法にはいくつかあります。基本的なものを1つ覚えておけば、二輪教習では困らないと思います。

まず、倒れたバイクの前にかがみ、バイクの下側になっている側のハンドルグリップと、これまたバイクの下側になっている方のフレームやアシストグリップ(シート後方の持ち手のこと)を握ります。

続きを読む