二輪教習 シフトアップのコツ!クラッチとチェンジペダルを素早く

二輪教習シフトアップ

こんにちは、Gon-Kです。

シフトアップのタイミングがわからない、ギアを2速に入れたはずなのに入っていない、自分が今何速で走ってるのかわからない、などなど。二輪教習では、ギアのチェンジに苦戦しますよね。ややこしいギアチェンジですが、クラッチレバー、チェンジペダル、そしてアクセルをタイミングよく操作すれば、スムーズにこなせます。ギアチェンジがスムーズになれば、二輪教習もグッと楽しくなりますよ。


 

続きを読む


二輪教習 波状路のコツその2!波状路でのクラッチの使い方

波状路2アイキャッチ

こんにちは、Gon-Kです。

波状路はクラッチワークが大切!というのはよく言われますが、クラッチの使い方がなかなかわかんないんでよね。半クラがいいのかそれとも完全にクラッチをつないだ方がいいのか、クラッチを切るタイミングはどこかなど、疑問に思っている人は多いです。とはいっても、この科目を克服しないと、大型二輪免許は取れません。じゃぁどうするか?。波状路では、半クラッチを突起に合わせて使うのがコツです。二輪免許の最高峰、大型免許取得に向けて、波状路をクリアしましょう。

続きを読む


二輪教習 バイクで曲がるコツ!教習で曲がらない理由3つ

バイクの曲がり方は目線から

こんにちは、Gon-Kです。

二輪教習中に、バイクが思い通りに曲がってくれない。怖くてクラッチ切ったら転倒した。ついでにアクセルもヴォーンと回してしまった。そんな経験ないですか?目線、ニーグリップ、姿勢の3つを改善すれば、バイクはもっと素直に曲がってくれます。バイクが思い通りに曲がり始めたら、二輪教習はもっと楽しくなりますよ。

続きを読む


二輪教習 左右、後方確認のコツ!検定を意識して首を大きく回す

二輪教習左右、後方確認は確実に

こんにちは、Gon-Kです。

二輪教習で安全確認のため、左右や後方を確認しますよね。ちゃんと確認をしているのに、指導員から「しっかり確認するように!!」と注意を受けて、「ちゃんと確認してるもん!!」と言いたくなることないですか。でもちょっと待ってください。それは、あなたの確認動作が指導員には見えてないのかもしれません。二輪教習の安全確認では、首を大きく動かして、確認していることをアピールする必要があります。

続きを読む


二輪教習 急制動のコツその2!転倒の原因は体幹にあり!

二輪教習急制動腕に力を入れない

こんにちは、Gon-Kです。

急制動が苦手という人は結構多いですよね。他の科目はなんとかクリアしたのに、急制動で転倒して検定中止・・・・・よく聞きます。でも大丈夫です。体幹で上半身を支えれば、腕の力みが抜け、前輪がロックしにくい操作ができるようになります。さぁ、次の検定では、体幹を意識して急制動にチャレンジしましょう。

続きを読む


二輪教習 ニーグリップのコツ!大事なのはくるぶしグリップ!

二輪教習ニーグリップ

こんにちは、Gon-Kです。

二輪教習を受けていると、必ず「ニーグリップが大事だ」と言われます。そして、ニーグリップをする時は、「ヒザでタンクを思いっきりはさめ!」ともいわれます。でも、ついついヒザが開いたり、硬いタンクをはさむのに疲れてしまうことってありませんか。ニーグリップの基本として、まず、くるぶしがしっかりバイクに密着している必要があります。ここができていると、ヒザからくるぶしにかけてがバイクに密着し易くなり、ニーグリップがし易くなります。あなたの走りも安定するので、是非、覚えてください。

続きを読む


二輪教習 バイクを傾けるコツ!どれくらい傾けたらいいの?

二輪教習バンク角アイキャッチ

こんにちは、Gon-Kです。

二輪教習を始めると、バイクで曲がる時に「どれくらい傾けたらいいんだろう?」と疑問に思うことはないですか?じつは、バイクは意識的に傾きを調節する乗り物じゃないんです。車種、曲がる方向、速度、重心の位置が決まれば、バイクは勝手に傾くんです。なので悩む必要はありません。大事なのは、腕に力を入れず、バイクの自然な傾きを邪魔しないことです。

続きを読む


二輪教習 クラッチレバーを軽い力で握るコツ2つ!

アイキャッチクラッチを軽く

こんにちは、Gon-Kです。

クラッチレバーを握り続けていると、左手の指が痛くなることってないですか。ひどい場合は腱鞘炎なんてこともあります。辛いですよね。二輪教習ではクラッチ操作やクラッチレバー握りっぱなしが頻繁にあります。じつは、レバーの握り方やつかむ場所を変えるだけで、少ない力でレバーを引けます。握力がなくても二輪免許は取れます。一緒に二輪免許をつかみ取りましょう。

続きを読む


二輪教習 スラロームのコツその2!イン側のステップを踏めばクイックに曲がれる!

二輪教習スラロームはステップ加重

こんにちは、Gon-Kです。

二輪教習中、スラロームを曲がる時に、曲がるキッカケがつかめない、クイックに曲がれといわれてもバイクが反応してくれない・・・・・・そんな悩みはないですか?実は、曲がろうとする側(イン側)のステップを軽く踏み込むのがコツで、これでバイクがクイックに曲がるキッカケになるんです。自転車でもイメージをつかむ練習ができるので、参考にしてください。これができると、スラロームでのあなたのライディングに、キレが出ます。もちろん、二輪免許もまた一歩近くなりますよ。

続きを読む