バイクで公道デビュー 違反切符を切られないコツ!知らない道では先頭を走らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクで公道デビュー知らない道では先頭に出ない

こんにちは、Gon-Kです。

あなたが二輪免許を取得したばかりだとまだ経験がないかもしれないけれど、道路脇にはおまわりさんが隠れていることがあります。いわゆるネズミ捕り。「気持ちよく走ってたらスピード違反で切符を切られた」なんて話はよく聞きます。後学のためにはそんな経験も役立つかもしれないけれど、できれば避けたいですよね。そんなことにならないために、知らない道を走るときは先頭を走らないようにしましょう。


ベテランライダーになるとスピード違反で切符を切られた経験は1回や2回じゃないと思います。田舎道なんかで制限速度が低めだったりすると、速度を上げたときにうっかり法定速度を超えてしまい切符を切られてしまう可能性があります。ここは法律の定めるところなのでいたしかたないところ。

特に追い越し禁止の長い山道が終わり、追い越し可能の直線道路になったところが要注意!車が数珠つなぎで速度が上がらない状況が続くと、広い直線に出た途端気持ちよく加速したくなるのが人情です。よくわかります。でも、そんな場所にはネズミ捕りが仕掛けられていることがよくあります。みんな考えることは同じなので、警察もその辺をわきまえて張ってます。前の車を追い越して気持ちよく加速した途端、道路脇からおまわりさんが出てきます。直線になったからって、喜び勇んでアクセルを開けないようにしましょう。

Gon-Kの経験上、知らない土地を走るときはなるべく車列の先頭に出ないようにするのが無難。例えばツーリングで知らない道を走っているときに、車も人も少ない見通しの良い直線道路をやたらゆっくり走る地元の車がいたら要注意です。そこはネズミ捕りをよくやる場所で、地元の車はそれを知っててあえてゆっくり走っている可能性があります。Gon-Kも何度かそんなホロ苦い経験があります。ただ、「あのゆっくりな車の理由はこういうことか!!!!」と気づくのは道路脇からお巡りさんがとび出てきたあとなんですが。先頭を走らなければ周りの交通より早くなることはないので、あなたがおまわりさんに誘導されることもありません。旅の初めに切符を切られると、結構へこみますもんね。

安全に走りつつ、そしてそれでおまわりさんのお世話になることも減れば、楽しいバイクライフを送れますね。ということで今日は4コママンガで締めます。

バイクで先頭を走らない

ない区の追い越しには注意

知らない道では先頭に出ないほうがいい

バイクで公道デビュー長い直線にはネズミ捕りがある

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。「こんなことで悩んでるのは私だけでは?」なんて感じる必要はないですよ。結構、みんな同じことで悩んでますから。気軽にコメントくださいね。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら

PR

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ゆう より:

    Gon-Kさんへ

    以前、「上り坂でUターンする2つのコツ」にてコメントさせていただきました者です。
    あの時は大型自動二輪の教習を受けるかどうか迷っていたのですが、
    Gon-Kさんに背中をおしていただいたおかげで、教習を受けることに決めました!

    そして、ついに今日、大自二の卒検に合格することができました!
    合格できたのは、分かりやすい説明、かわいいイラスト、
    そして何より、Gon-Kさんのご親切な対応のおかげです。

    これからもどうかご指導の程よろしくお願いいたします。
    本当にありがとうございました!!

    1. Gon-K より:

      ゆうさん
      おめでとうございます!すごいですね、これでバイク屋で視界に入るバイク全部乗れますね。
      あとはどんなバイクに乗るのかはゆうさん次第ですね。
      素敵なバイクライフを思いっきり楽しんでください。
      これからも応援します。

コメントを残す

*