バイクで公道デビュー  一方通行だからって車が来ないと思うな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一方通行でも確認を

こんにちは、Gon-Kです。

昔こんな友人がいました。左からの一方通行が交差する交差点。その友人曰く「ここは一方通行だから左は確認しなくていいんだ!」。そこでGon-K「んなわけないだろう!、人や自転車はフツーに走ってくるし、場合によっては逆走車両も走ってくる!」。そう、たとえ一方通行の道でも、ちゃんと確認しましょう。


前回は公道を走る際の注意点を記事にしましたが、今回も公道での注意点です。

過去記事参照 バイクで公道デビュー 自転車を追い越すときは要注意!

昔Gon-Kの友人でこんなヤツがいました。その友人をバイク屋に連れていくためバイクの後ろに乗せて走っていた時のことです。左からの一方通行が交差する交差点に差しかかりました。当然、Gon-Kは減速して左右確認したのですが、その友人曰く「ここは一方通行だから左は確認しなくていいんだ!」。「うるせーなぁ、んなわけないだろう!人や自転車はフツーに走ってくるし、場合によっては逆走車両が走ってくるかもしれないだろ!」と思ったんですが、面倒くさいので特に声には出さずそのままほっときました。

一方通行の交差点

実はこの友人、普通自動二輪免許(当時中免)をとってまもなく単独事故を起こし、本人の怪我とバイクの入院という憂き目にあってます。そして、修理したバイクを回収にいったその帰りにまたスリップ転倒して再び本人の怪我とバイクの入院(多分フロントタイヤのロック)。結局バイクを降りてしまったというツワモノです。

バイクの運転の上手い下手については、上達する速さが人それぞれなのでどうこういうつもりはないんですが、Gon-Kが感じたのは「公道では、机上の理論だけではアブナイ」ということ。バイク初心者の頃は経験が少ないのでどうしても表面的な情報からしか判断できない。経験がたまれば自然に判断の引き出しも増えてはきますが、最初の頃はなかなか難しい。だからこそ、前述の一方通行の話じゃないけれど、つねに「何かあるかもしれない」という慎重さが大切だと思うんです。たとえ一方通行の道路でも自転車や歩行者はフツーに走ってきますよね。それに原付の逆走ってことも結構あります(まれに四輪もありますが)。

前述の友人も、無事バイクライフを継続できていればあんな発言は次第に減ってきたんだろうと思います。交通社会は複雑です。一方通行という文字だけにとらわれず、いろんなケースを考えながら安全運転を心がけましょう。

なんかこんなことばかり書いてるとGon-Kはいつも街中をビクビクしながら走ってるんじゃないか?と思われるかもしれませんが、そんなことはないんですよ。慣れれば普通にできることです。心がけの問題です。もしGon-Kが挙動不審だったとしたら、それは天然です。挙動不審

余談ですが、あなたにほとんど過失がなく、運悪くぶつけられたりしてバイクが廃車になった場合、新しいバイクを買うときの頭金プラスアルファくらいのお金が事故相手から支払われることがあります。いわゆる事故成金というヤツです。実はGon-Kはこれでバイクを一台乗り換えたことがあるんです。ただし、痛い目みるし危険だし、当たり屋でもないので、同じ経験は二度と嫌だなと思います。もちろん事故成金はオススメしません。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. トクホ より:

    Gon-Kさん、こんにちは。
    記事の内容とは違いますが、ご勘弁ください。
    以前Gon-Kさんの記事を拝見しながら二輪免許を取得し、つい先日バイク(ninja250)を納車しました。
    バイク屋から自宅までの約30kmで初公道デビューをしたのですが、ブレーキの使い方がわかりませんでした。
    …いや、ブレーキはわかるのですが、エンジンブレーキだけでしっかりスピードが落ちてしますので、ブレーキは停車する直前にしか使えませんでした。
    もしよろしければブレーキの正しい使い方を記事にしていただければ幸いです。

    1. Gon-K より:

      トクホさん
      Gon-Kです。公道デビューおめでとうございます。

      ブレーキの件ですが、エンジンブレーキで十分減速できるのであれば、それはそれでOKと思いますよ。多くの場合、いきなり前後輪ブレーキをかけるより、まずはエンジンブレーキで減速する方がスムーズに減速できます。

      ただし、巡航速度が上がってくるとエンブレだけでは減速しきれなくなります。まずエンブレで減速のきっかけを作り、次に前後輪ブレーキでしっかり減速するという手順がいいと思います。前後輪ブレーキについては、いきなり前輪ブレーキをガツンとかけるとバイクが前のめりになるので、一瞬後輪ブレーキを先にかけるのがコツです。

      停止距離とブレーキをかける強さについては速度によりますが、徐々に感覚がつかめてくると思います。

      今度記事にさせていただきますね。

      楽しいバイクライフを!

  2. ちい より:

    Gon-Kさんこんばんは。記事の内容と違くてごめんなさい!
    本日、初ツーリングに行ってきました。緊張しすぎて景色を見る余裕がなかったし、峠もどうやって走ったらいいかよくわからなかったし、クランク並みの左折でひいい~となったし、とにかく疲れました。特に精神面で。でも、とーーーっても楽しかったです!!4人でいったのですが、ベテランライダーさんたちがフォローしてくれたおかげです。初めてのツーリング、一生忘れないと思います。もっとうまくなりたいし、これからのバイクライフがとても楽しみです!

    1. Gon-K より:

      ちいさん
      ツーリングが楽しめて良かったですね。少しずつバイクに慣れてゆけば、どんどん楽しさが増すと思います。
      安全運転で楽しいバイクライフを!

コメントを残す

*