バイクで公道デビュー 路上ですべらないコツ!マンホールに乗るな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マンホールは避けろ

こんにちは、Gon-Kです。

バイクの免許を取ったあなたは、公道の運転にもそろそろ慣れてきた頃でしょうか。慣れてくると思い切ってバイクを倒せるようになり運転にメリハリが出てきますよね。いいですね。ところで、路上はどこで曲がってもイケると思ってませんか?注意してください。実はマンホールの上で曲がるとすべります。特に雨の日のマンホールは絶対乗っちゃダメ!!


初めて公道に出ると、いろんなものに出会います。そんな中であなどれないのはマンホールのフタ。何気なく走っていると気づかないけど、路上にはたくさんのマンホールがあります。このマンホールのフタ、何でできてるでしょうか、そう、鉄製です。バイクのタイヤはゴムなので、鉄の上ではグリップがほとんど効きません。かなりすべります。

気をつけなきゃいけないのは交差点付近。曲がり角のマンホールには、バイクがバンクしながら乗る可能性大です。バンクした状態でタイやが鉄板に乗るととってもすべりやすいです。晴れて乾燥してればそこまでシビアになることもないですが、雨の日はてきめん、危険です!鬼門です!特にバンクしながら前輪がマンホールのフタの上ですべった場合、ほぼ転倒と覚悟してください。

公道デビューマンホールに乗らない

どうしても走行ライン上にマンホールのフタがあるときの走り方は、なるべくバイクを倒さず直線的に横切るのがコツです。二輪教習のクランクみたいな感じです。半クラとか難しいことは考えなくてもいいので、バイクを倒さないことがポイント。バイクが立ってればすべりにくくなります。間違ってもマンホールの上でブレーキを使わないように。

マンホール上はバイクを立てて

マンホールはタイヤがすべる代表ですが、ほかにも工事現場にかぶせてある鉄板、橋のつなぎ目部分、排水溝の網状のフタなど、とにかく路上の金属には要注意です。あと、センターラインなど路面のペイントも雨の日はすべります。

なんか公道はトラップだらけみたいですが、実際はうまくマンホールを避けながら走れますので、ちょっと注意してもらえれば大丈夫です。コツは、常に目線を先に向け、早い位置からマンホールの存在を意識することです。特に雨の日は視界が悪いので、気が付いたら前輪のすぐ前にマンホールがあったなんて状況を避けましょう。

また、直線では(つまりバイクが直立していれば)マンホールに乗っても気にしなくてOK。フタの上で急加速とか特別なことをしなければ、あまり問題ないですよ。注意が必要なのは、曲がり角です。

大切なのでまとめます。

・バンクしながらマンホールに乗らない。

・マンホールを避けられないときは、なるべくバイクを倒さず直線的にやり過ごす。

・マンホールの上で加速やブレーキしない。

・雨の日は要注意。

今日の教訓は、「マンホールのフタを避けろ」でした。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?。いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. うたこ より:

    初めまして。今日初めて事故りました…雨でスリップして停車中の車にぶつけて転けました。(バイクはレッカーで…)
    雨の日なめてました。スリップの理屈も分かってなかった…自業自得ですね。今この記事見て理解しました。先に知ってれば違ったかなぁ…

    1. Gon-K より:

      うたこさん
      体は大丈夫でしょうか。バイクは直せますがからがだそうもいかないです。大切にしてくださいね。
      正直なところバイクって痛い思いして覚えていく部分もあります。多分この記事読んでても転びますよ。実はGon-Kも路上とキスした数は数え切れません。でも、体さえ無事ならばそれは後々話の種になります。涼しい顔して走り抜けてる街中のライダーも間違いなく何度も転倒を経験してるはずです。
      みんな通る道です。ようこそバイクワールドへ!

    2. うたこ より:

      Gon-Kさん。
      ありがとうございます(T-T)ちょっと救われた。。

    3. Gon-K より:

      バイク乗りはそうやって一つ一つ賢くなってゆきます。
      効率悪いけど体で覚えたことは忘れないですよ!

  2. いなりずし より:

    Gon-Kさん、こんにちは。

    春になり、ライダーも増えてきました。

    昨日は手を挙げてくださる方もいて、まだ不慣れな私は

    そぉ~っと手を挙げてみました。(まだ手放しは怖い)

    さて、今日は「グルービング工法」を施してある

    道についてです。調べて今日知りました。

    道路を数センチ間隔で掘られる無数の溝ですが、

    車を運転している時は何ともないのに、

    バイクだと超怖いんですけど、減速し、慣れるしかないのでしょうか。

    車はあれを走るバイクのきもちが分からないでしょうから、

    いきなり減速されるとなんなんだって思うでしょうね。

    攻略法、アドバイスをどうかお願いします。

    1. Gon-K より:

      いなりずしさん
      アレは・・・・慣れないと思う。バイクの敵です。

  3. まりぃ より:

    おはようございます!
    続けざまにすみません…。

    先日、雨の日に乗ったら初スリップしました…!

    まっすぐ走ってるから大丈夫だろうと通過したらツルッと滑りました…。

    滑った瞬間、無意識に逆ハン切ったのか転倒はしませんでしたが、
    後続車がいたので焦りました。

    急いで路肩へバイクを止め、心臓バクバクだったので、落ち着くまで深呼吸…。

    このマンホール以外、全て避けて通って来たのに、
    バイク傾いてないから大丈夫だろうと気を抜いた途端にスリップしたのでショックでした。

    いい経験にはなりましたが、おかげでマンホール恐怖症になりました(笑)

    1. Gon-K より:

      まりぃさん
      いきなり逆ハン切れるなんて、もう怖いものないですよ。すごいすごい。
      路面ってそれ自体がビミョーに傾斜してるじゃないですが。だからマンホールもまっすぐに見えて実はビミョーに傾斜してますね。
      どうしても滑りそうなものの上を通過するときは、アクセル閉じて惰性でやり過ごすといいですよ。タイヤが滑るのはタイヤの自転という力が加わって滑るので、惰性で動いてるぶんにはタイヤ自体が路面に力を加えることがないのであまり滑らないんです。
      斜めになってれば別ですが・・・。

    2. まりぃ より:

      逆ハン切ったのは自分でも驚いてます…。とにかく必死だったんですね…。

      なるほど…!!
      惰性でやり過ごせばいいんですね!
      ありがとうございます!

    3. Gon-K より:

      まりぃさん
      氷の上に立ってるところを想像してみるとわかりやすいかも。立ち止まってる時とか惰性で滑ってるときは体を変に動かさなければ滑らない。新しく力を加えたとき、つまり足を踏み出したときやバランスを変えた時に滑ります。バイクの場合これが後輪の回転で推進力が加わった瞬間になります。

    4. 街もオフも直線女番長 より:

      直線だけはいつもチェッカーフラッグが幻覚で見えている、街もオフも直線女番長です。
      まりぃさん、白線と、峠でよくある道路のつなぎ目の光ってる所もマンホールと
      同じくらい滑るので要注意です。あとこの季節は落ち葉も!道路の左右両はじに
      近い所は、四輪がはねた砂が溜まっているのでこれも滑りやすいと。
      もしのったらアクセルは一定、バイクは倒すなと夫からもしょっちゅう言われてます。
      ですよね!Gon-Kさん!

    5. Gon-K より:

      そうです!とにかく変な力を加えないのが鉄則です!!

  4. ビックル配達員 より:

    というよりマンホールの模様に沿って、マンホ表面にアスファルトと同じ素材のシールを貼ってほしいよ(あるいは焼き付け接着)。あれ避ければいいって話じゃないと思うけどww

    1. Gon-K より:

      ビックル配達員さん
      コメントありがとうございます。確かに気の利いたマンホールには滑り止め加工してありますね。みんなそうだといいのに。

コメントを残す

*