バイクで公道デビュー 両足を出しながら走るときのコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ケツグリップ

こんにちは、Gon-Kです。

バイクに乗るときは両足をステップに乗せた方が絶対安定します。とはいうものの、バランスがとれないので足を出したいときってありますよね、よくわかります。で、「足を出したってイイじゃん!」といいながら両足をブランと下げるんですが、ステップから足をおろすとバイクはヨロヨロしがち。そんなときはケツでシートをはさみます。


あなたの足をステップにのせているとバイクのバランスがとりやすいですよね。過去記事でも書いたステップ荷重です。ただし、駐車場やキャンプ場の入口で、路面が滑りやすかったりデコボコしてたりして、怖くてなかなかステップに足をのせられない、どうしても足を出しちゃうときってありますよね。それはそれで全然いいと思います。そんなときは、無理せず足をだして安全第一でいきましょう。

足をだすときに、左右どっちに傾いてもいいように両足を出すと思います。たしかに両足をだせば安心感は増します。その一方、ニーグリップが外れちゃうので、バイクがフラフラしがちです。足でバイクをはさめないので、あなた自身もバイクから落ちそうになります。すると今度は、まっすぐ進むのが難しくなって、結局コケちゃう。

じゃぁどうするか・・・・・・・・決め手はあなたのケツです!別にふざけてるんじゃないですよ。ほんとにケツが大事なんです。どういうことかというと、ニーグリップのかわりに左右のお尻でバイクのシートをはさみます。ケツグリップとでもいいましょうか。もちろんニーグリップほどガッチリとバイクをホールドするのは無理ですが、少なくともシートの上でお尻があっちこっとズレるのを避けることはできますよね。ハンドルを握る手の力みも減るし。徐行するだけなら、これだけでずいぶん走りが安定しますよ。

バイクで足をだすときはケツグリップ

今日のお題はケツグリップでした。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら

PR



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. @とも より:

    Gon-Kさん
    お返事ありがとうございます。
    そして吉報でなく残念もう一回!でした…
    いままでコケたことのない場所でコケましたーとほほ
    でも自分の課題はクリア出来ましたので次回は落ち着いて走行したいと思います!(。-`ω-)

    1. Gon-K より:

      @ともさん
      そう、次回は落ち着いていきましょう。所詮、卒検では、自分が普段の教習できること以上のことはできません。そして、その普段の@ともさんを発揮できれば必ず卒検パスできます。だから長い教習を乗り越えて卒検まで進んだんですものね。
      頑張れ!

  2. @とも より:

    はじめまして
    明日大型の卒検を受ける@ともと申します
    一つ一つの記事をなるほど!と時にはクスッと(分かりやすいイラストとコメント、センスのある面白さに思わず)笑いつつ読ませてもらってます
    何せ20年以上も前に中型取得してそのままペーパーだったのでかなり無謀な挑戦でした
    私の課題は発進からシフトアップの加速が弱いことですがこちらの記事を参考にスムーズなシフトアップが出来るように頑張ります!
    検定終わったらまた報告させてもらいますね

    1. Gon-K より:

      @ともさん
      Gon-Kです。コメントありがとうございます。
      ブランクがあるとはいえしっかり卒検までたどり着いてるってことは、技能は十分ですね。
      いつもの@ともさんが発揮できればきっと大丈夫です。
      吉報待ってます!

コメントを残す

*