二輪教習 腕力じゃない!ホネで姿勢を維持する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクはホネで乗る

こんにちは、Gon-Kです。

バイクのるのに使う体力というと、いわゆる腕力みたいなイメージがあるかもしれません。でもですね、バイクに乗るときは腕力よりもホネでのる方が効率的。そう、二輪教習はマッチョじゃなくても大丈夫なんです。


マッチョじゃなくても大丈夫

PR

バイクのるのに使う体力というと、立ちゴケしないように重い車体を支えたり、急に加速したときにバイクから振り落とされないようにハンドルにしがみつくいわゆる腕力みたいなイメージがあるかもしれません。ウンウン、確かにそういう要素はないでもない。映画に出てくるバイク 乗りはマッチョなイメージだし。

でもね、僕らふつーのバイク乗りはマッチョじゃないですね(いや、あなたはマッチョかも知れないけど・・・)。

今回つたえたいのはバイクを運転するときの体の使い方、じつはバイクの運転ってマッチョじゃなくても大丈夫、もちろん女性でも大丈夫です(女性でもマッチョはいますが・・)。

先日記事にした足うらギューですが、あれもマッチョに頼らない乗り方の一つです。効率よくやるにはコツがあるんです。はたから見てるとわかりにくいですけどね。

関連記事

ホネ(骨)で重力に耐える

まずは背ボネ

筋力だけで加速・減速の勢いに耐えるのは大変です。男カワサキ(スズキでもいいけど)パワーで加速に耐えるのもアリなんですが、残念ながら草食系ライダーのGon-Kにはそういうのムリ!。そこで大切になるのがホネ(骨)で重力にたえるイメージ。例えば加速するときは前傾になれっていいますよね。あれって、要は背ボネをつっかえ棒にすればやたらな筋力がなくても姿勢を維持できるからなんです。で、背骨をつっかえ棒にするには体幹の筋肉が必要です。体幹をつかって、なるべく楽してバイクにのりましょう。体幹使えばウェストも締まるので一石二鳥ですよね。

バイク乗るときは背骨をつっかえ棒にするの絵の図

関連記事


ヒザとつま先を正面に向ける

ヒザとつま先を正面に向けるのはバイクにのるときの基本です。とくに、つま先を内側に向けるとヒザがひらきにくいんです。ヒザがしぼれてると、より少ない筋力でもニーグリップがしっかりできる。そして、関節を固定しやすくなるのでホネでふんばりやすい。結果的に足うらギューがやりやすくなります。

そうそう、足の内側とバイクのあいだにすきまがあると、いくらヒザをギュウギュウしてもしっかりニーグリップできないんですよね。こんなときはくるぶしをバイクにぴったりとくっつけるように意識します。いくらつま先が内側に向いてても、足首がバイクから離れちゃってると効率よく足うらギューできないんです。

バイク乗るときは下半身の骨格も大切の絵の図

参考記事

腕力じゃなくホネ

加速、減速、遠心力など体にかかる重さを足うらギュウーに転換するとバイクが安定します。そして、足うらギューするためには常に足のうらをステップにおしつけることができる姿勢を維持しなきゃいけない。加速でのけぞったり、減速で前のめりになってたりすると、しっかりギューできないもんね。そう、バイクに乗るときにはホネでのる方が効率的。そしてホネでのるには姿勢を維持する体幹の力が大切だったりするんです。

バイクはホネで乗るの絵の図

まずは普段の意識から

文章に書くと確かにそうかもねって思ってもらえるかもしれないけど、実際のところ慣れるまではけっこう難しいです。でも、それを普段から意識するのと、まったく気にかけないのではバイクに乗る楽しさが全然変わってきます。「ホネ、ホネ、ホ・・・・・・」とブツブツいいながら、このことを意識するだけでもバイクコントロールが安定しますよ。

おまけ

正直なところバイクのるのに腕力はあるにこしたことはありません。これは事実です。でもね、力がなければないなりののり方を工夫できるのも事実。みんな自分なりの工夫をしてるから。余談ですが、プロライダーはかなり体鍛えてます。基本、バイクもスポーツなんですよね。

マルク・マルケス直伝トレーニングアドバイス

by Red Bull

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. リンリン より:

    gon−Kさん>こんばんは!

    本日2度目の立ちゴケを防いだ女リンリンです。

    今日も慣らしを兼ねてロンツー行ってきたのですが、今日はgon−Kさんに今回の記事を参考に姿勢を気を付けて乗ってみたらだいぶ腰が痛くなる事がなくツーリングして来れました!
    この調子でVちゃんでの乗車姿勢を見直していきたいと思います(^_^)v

    立ちゴケは右にグラってきたのをどーやったのか憶えて無いのですがそのまま左に持ち直しました。駐車場内だったので「転けてたまるか!」の一心でした。一つ確かのはフロントブレーキは握りこまなかったって事だけです。

    1. Gon-K より:

      リンリンさん
      危ないって思った瞬間、反射的に動けるようになったってことはバイク脳ができてきたってことですね。感性で乗り始めてる証拠です。
      いい感じじゃないでしょうか。

    2. リンリン より:

      gon−Kさん>ありがとうございます?
      この調子でどんどんバイク脳鍛えていきたいと思います!
      フロントブレーキの握り込みの失敗は大きいのから小さいのまで結構あるのでやっと骨身に染み込んできた感じです(*´∇`*)

    3. Gon-K より:

      そうやって武勇伝が増えてくんですよね!

コメントを残す

*