二輪教習 波状路のコツ まっすぐ進入、そしてヒジとヒザ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
波状路

こんにちは、Gon-Kです。

本日のお題は波状路です。

波状路でハンドルを取られて脱輪したり、エンストすることがありますよね。ああいうデコボコは、そもそも普段バイクに乗っていてもあまりお目にかからないので戸惑うと思います。バイク初心者なら、なおさらですよね。でも大丈夫です。たとえデコボコでも、直進を保てればバイクは前に進みます。あとはヒジとヒザでショックを吸収して、あなた自身がバイクの上に安定して乗っていることができれば、波状路クリアです。他の課題と同じく、波状路に腕力や卓越したバランス感覚は不要です。波状路のコツをマスターして、一緒にクリアしましょう。

ちなみに、この課題は大型自動二輪の免許のみが対象です。普通自動二輪では、検定の対象にはなりません。普通自動二輪の免許取得を目指している方は、スルーしても大丈夫ですよ。

まず、波状路ではスタンディング(立ち乗り)が基本です。慣れないと不安定に感じると思います・・・が、実はこの乗り方は重心が低くなるので、バランスをとるにはとても合理的です。スノーボードとかスキーをやる人はイメージしやすいんじゃないでしょうか。Gon-Kはオフロード出身なのでスタンディングとかデコボコはむしろウェルカムです。波状路のスタンディングのコツは、ステップに乗せる足に7割、ハンドルに乗せる腕に3割のイメージで体重をかけます。普通にステップの上に立っただけだと、実は立ち位置が後ろすぎです。もっと前、タンクがほとんど股下に来るような位置で、丁度良いです。

波状路のスタンディング

波状路では半クラは必須なので、常に左手をクラッチレバーにかけます。一方、フロントブレーキは使わないので、右手はアクセルを握っていればOKです。クランク一本橋でも触れましたが、極低速の場合はリアブレーキのみ使います。波状路ではバイクが上下に揺れるので、気をぬくと手からハンドルが抜ける可能性があります。手をガチガチに握りすぎてクラッチやアクセルの操作ができないと困りますが、ハンドルが抜けない程度にしっかり持ってください。ヒジを含め腕全体はリラックスさせます。バイクの上下動を吸収するために、腕の動きをしっかりハンドルの上下動に追従させましょう。

波状路では上半身リラックス

波状路でのニーグリップについては、くるぶしでフレームをしっかりはさんで、ヒザは軽くタンクをおさえます。若干内股気味にすると、しっかりバイクをホールドできます。波状路では、ステップを軸としてバイクがシーソーのように上下動します。タンクをヒザで強く押さえすぎると、バイクと一緒に体が振られるので、軽くはさむ程度でいいと思います。波状路での速度調整にはリアブレーキを使います。このため、右足はいつでもブレーキを踏める位置におきましょう。一方、左足については、使うギアがローのみなので、しっかりステップを踏んでいれば十分です。

それでは、進入です。波状路へは、必ずまっすぐ進入します。これ重要なので、もう一回書きます。波状路へは、必ずまっすぐ進入します。常に前輪を突起に対し垂直に当てます。斜めにアプローチして波状路の中で方向を修正すると、難易度上がります。前輪を突起に対し斜めに当てると、前輪の向きが左右どちらかに振れるので、バイクがあらぬ方向にいってしまいます。

また、進入の際は、直前に立ち上がるのではなく、少なくとも2〜3 M手前からスタンディングを開始しましょう。スタンディングに慣れない人が波状路直前で立ち上がると、姿勢を整えているうちに突起が来てしまい、余裕がなくなります。

波状路の進入はまっすぐに

目線については「遠くを見る」的な意見がありますが、あまり遠くを見すぎると、いつ前輪が突起にぶつかるのかわからず、アクセルとクラッチのタイミングがつかみにくいです。Gon-Kの場合、視界の下の方に直前の突起を意識しつつ、基本は2、3本先の突起を見ていました。それに、遠くを見ながら一気に駆け抜けると、制限時間の5秒かからず渡りきってしまいます。

最初の突起までは、アクセル少なめ+半クラでソロソロ進みます。前輪が突起に当たる直前に軽くアクセルをあけ、フワッとクラッチをつなぎます。アクセルを回すときは絞るように回すとスムーズです。突起の手前で「ブォン」と勢いをつけて、突起を乗り越える感じです。前輪が突起に乗ったらアクセルを戻し、クラッチも切ります。バイクに勢いがついているので、自然に突起を越え、すぐに次の突起が迫ってきます。次の突起の直前でまた軽くアクセルをあけ、フワッとクラッチをつなぎ、「ブォン」と突起に乗り、アクセルを戻して突起を越える、とうい操作を繰り返します。左手は、突起を乗り越えるときにパー、突起を乗り越えたらグーです。突起を3〜4本越えると速度が上がりがちです。早すぎると感じたら、リアブレーキで減速し、落ち着きましょう。あとはこの調子で乗り切ります。

波状路はアクセルとクラッチ

さて、いよいよ最も大事なヒジとヒザのクッションです。

バイクの前輪が突起に当たると、前輪が突き上げられて、これに連動してハンドルも突き上げられます。このときに手をハンドルに無造作に乗せていると、運転者も突き上げられ、姿勢を崩します。特にバイクの運転では、頭の位置が振れるとバランスがとりにくくなります。これを避けるために、ヒジのクッションを使います。何をやるかというと、ハンドルがコツンと上に上がってきたら、上がった分ヒジを曲げます。あまり難しく考えず、手のひらにコツンと振動を感じたら、積極的にヒジを引っ込めハンドルを引き上げるイメージです。そして、突起を越えたら今度は、ハンドルが下がる分ヒジを伸ばして元に戻します。このとき、自然にヒジが伸びるのを待つのではなく、積極的にヒジを伸ばすのがコツです。大事なのでもう一回書きます。コツンときたらヒジを曲げ、突起を越えたらヒジを伸ばします。なんとなく曲げ伸ばすのではなく、積極的に曲げ伸ばします。波状路ヒジの曲げ伸ばし

後輪についても、前輪と同じく、突起を通過するときの突き上げがあります。後輪の場合、突起に当たる瞬間を目で確認できません。ですから、ステップが「コツン」と足の裏を突き上げたらすぐ、軽くヒザを曲げましょう。この場合のヒザを曲げるというのは、しゃがむのではなく、ステップが上がった分の高さを、ヒザを曲げて吸収するイメージです。ヒザを曲げるときは、ヒジ同様積極的に曲げます。そして、後輪が突起を超えると同時にヒザを伸ばします。ステップが下がった分、足を伸ばして調整するイメージです。これも大事なのでもう一回書きます。コツンときたらヒザを曲げ、突起を越えたらヒザを伸ばす、それも積極的に。

波状路はヒザのクッションが大事

3〜4本突起を越えると勢いがついて速度が上がり、前輪が暴れてコース外に脱輪しそうになることがありますよね。そんなときは、慌てずリアブレーキで減速しましょう。そして、あらためて突起に対しまっすぐにアプローチしてください。

注意点としては、アクセルの開け方が少なく半クラがしっかりできていないと、後輪が突起に当たりこれがブレーキとなって、エンストすることがあります。特に、前輪が最後の突起を越えて安心していると、勢いが足りず後輪が最後の突起に引っかかることがあります。

また、くるぶしでフレームをしっかり挟んでいないと足元がふらつき、後輪が突起から降りたときの衝撃でうっかりリアブレーキを踏み、エンストする可能性があります。波状路でのエンストは検定中止ですので、気をつけましょう。

長々書きましたが、全てをいきなり実行するのは無理と思います。まずは、突起に対しまっすぐアプローチすることと、ヒジとヒザを曲げ伸ばしして、頭の位置が動かないようにすることを心がけてください。波状路では、暴れるバイクを力で抑えるのではなく、波状路を走るバイクの性能を信じてその上に安定して立ち続ける意識で乗り切ってください。

あ、それから、大抵の二輪教習コースでは、波状路のコースが終わると別の道路に接続していると思います。波状路が終わったら、一旦停止して左右を確認してくださいね。

今のあなたのチャレンジが、近い将来あなたが出会う、あなた自身の大型バイクにつながっていることを忘れすに!

以上、波状路でした。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。「こんなことで悩んでるのは私だけでは?」なんて感じる必要はないですよ。結構、みんな同じことで悩んでますから。気軽にコメントくださいね。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 伏見 より:

    久し振りにコメントさせて頂きます、万年体育1の伏見です。
    8月に普通二輪取得後、大型二輪で再入校し、大型二輪も延長無しで本日卒検合格しました。
    波状路で躓きかけましたが、こちらの記事を参考にさせて頂き、無事クリアできました。またGon-Kさんのお世話になりました!
    万年体育1でも大型二輪は乗れるぞ、と少し自信がつきました笑
    先月に250ccで公道デビューもしましたが、怖くて60km/h手前までしかスピードが出せず…また記事を参考にしながら、少しずつ慣れていこうと思います。
    最近の「バイク乗りあるあるネタ」面白いです。また更新楽しみにしてます。

    1. Gon-K より:

      伏見さん
      Gon-Kdです。コメントありがとうございます。
      一番大切なのはバイクに乗って楽しいと感じられることだと思います。体育は1でも5で問題ない!
      公道ってほんととにかく慣れなんですよね。きっと半年もすれば普通に周りの流れに乗って走ってると思います。
      楽しいいバイクライフを。

  2. リターンライダー より:

    本日卒検でした
    結果は波状路での足付きで検定中止…
    タイムを気にしないでスッと行っちゃえばよかったのにぃ…
    今まで波状路でのエンスト、足付きなんて1回か2回?くらいだっただけに今大きく凹んでおります。
    三日後に補修、四日後に再び卒検に挑んできます!

    1. Gon-K より:

      リターンライダーさん
      まだまだいけます!

  3. mamineco より:

    Gonさん

    いつもお世話になってます
    アラフォーで中免を目指してた
    者です。昨年無事に免許をとり
    今年は、念願のMXを始め、来月
    は、いよいよ大型をとりに行き
    ます。MX好きな私は、波状路が
    楽しみ過ぎて、今からドキドキ
    しています。アラフォーだった
    私も、もうアラフィフ近くなって
    来ました(笑
    若い方と違い、短いバイクライフ
    だと思いますが、長年の夢だった
    バイクにやっと乗れ、長さより
    深さを追求し、楽しむバイクLIFE
    にしたいと思ってます

    波状路❕楽しんで来ます

    1. Gon-K より:

      maminecoさん
      お久しぶりです。MXってモトクロスですよね(メキシコじゃないよね)。すごいじゃないですか。オフ車乗りに波状路は楽しみでしかありません。た・だ・し、二輪教習の波状路ってガンガン走り抜けるってより一定以上の時間をかけてよいしょよいしょと越えて行く感じなんですよね。ちょっと雰囲気がちがう。
      大型も頑張ってください!
      ちなみに、最近の研究では今の40代は100歳まで生きるだろという説もあるようです。つまり時間はあと50−60年はあります。

    2. 街もオフも直線女番長 より:

      アラフィフモトクロスライダーかっこいいです
      私のまわりでは、コースや林道ではアラシックスの方が多いです
      教習所での波状路はぜひとも前輪あげて一気に駈け抜けてください。
      卒業したら、大型でバンクにジャンプに弾けたアラフィフでいてください。

    3. Gon-K より:

      そ、それでは検定中止に・・・・!

  4. R-25っす より:

    マグロライダーでっす(笑)
    波状路…と、大型まで免許を習得できたらバイクの醍醐味が解ってヨリ、バイクライフが楽しくなるんですか??
    (R-25っすより)

    1. Gon-K より:

      R-25マグロっすさん
      少なくともバイク屋で視界に入る全てのバイクに乗る権利が与えられますよ。まぁ、お金の問題はありますけど。

    2. R-25っす より:

      全てのバイクに乗る権利…なんて魅力的すぎること言われてしまったら・・・。

      ありがとうございます♪

  5. タカ より:

    こんにちは、はじめまして、今日普通二輪の検定合格で、大型二輪の教習に進みたいと思ってますが、八の字、波状路と、普通二輪には無い課題があるみたいで、少し心配です、バイクも大きくなるみたいですよね!50歳に手が届きそうな年齢ですが、大丈夫でしょうか?

    1. Gon-K より:

      タカさん
      Gon-Kです。普通二輪免許取得おめでとうございます!よかったですね、いよいよバイクライフの始まりですね。
      大型の取得ですが、大丈夫だと思いますよ(すごい無責任なようでごめんなさい)。勿論バイクがデカいのでグラッときたときなんかは結構大変ですが、基本は同じです。八の字も波状路も勘所さえつかめばそんなに難しいものではありません。八の字なんか教習所によってはないとこもありますし(Gon-Kの時はなかったです)。
      少なくとも50代に手が届きそうというのはそんなに心配しなくてもいいんじゃないでしょうか。50代すぎてるかたから「大型とれたよ~」ってコメントいただくこともあります。
      むしろ、教習所乗りが身についてる今がチャンスです。
      がんばれ!

    2. タカ より:

      こんにちは、アドバイス、ありがとうございます、大型チャレンジしてみたいと思います、教習で行き詰ったら、アドバイスをお願いします。40代最後チャレンジで頑張ってみます!

    3. Gon-K より:

      タカさん
      頑張ってください!

  6. てっちゃん より:

    Gon-K様
    お世話になってます。
    大型二輪始まりました。第1段階3時間目、波状路やりました。
    結果は補習つきましたが、まぁ、このままハンコ貰っても、AT1時間と、みきわめしか残ってないので、補習ついたのは前向きに受け止めようと思います。
    クラッチとアクセルの操作と段差乗り越えの各々のタイミングがバラバラという教官の指摘でした。
    Gon-K様のブログ参考に次の教習日に挑みます。

    今日無難に乗り越えたら、乗るバイク探そうと思ったんですが、お預けです(笑)

    1. Gon-K より:

      てっちゃんさん
      Gon-Kです。波状路は「ヴォッヴォッヴォッ」とリズムよくいけば大丈夫です。

      昔バイク屋の店長に、「バイクの上手い人は排気音の口真似がうまい」と聞いたことがあります。波状路を思い出しながら自分の口で「ヴォッヴォッヴォッ」と言ってみるのもいいかも。

      頑張れ!

  7. しまごん より:

    アドバイス、ありがとうございます。頂いたことを心がけて最後の数時限にトライしました。自分はアクセルを入れる量や、クラッチの繋ぐ量、タイミングが微妙に足りなかった様に思えます。 完全には仕上げることはできなかったと思うのですが、先日の検定にて、恐れていたエンストもなく、無事に合格することが出来ました! これもGon-Kさんのお陰です。本当にありがとうございましたm(_ _)m

    1. Gon-K より:

      しまごんさん、おめでとうございます!!ついに大型乗りなんですね。素晴らしいです。いよいよバイクライフの始まりですね!

  8. しまごん より:

    はじめまして、いつもとっても参考にさせて頂いております。おかげさまで普通二輪は取得できたのですが、その流れで取得中の大型二輪の波状路で予想外に苦戦しております。。
    2・3個目からスピードの制御が効かなくなり、かといって丁寧に越えようとゆっくり進むと途中でエンストしてしまいます。。(後輪が引っかかるのか、後輪ブレーキを踏んでしまっているのか原因分けできておらず) そこでアドバイスをお願いしたいのですが、クラッチを繋ぐときは、完全につないでしまうものでしょうか?半クラをある程度保っておいたほうが良いでしょうか? また、エンストしては元も子もないので、エンストさせにくい方法などありましたら、アドバイスいただけると幸いです。 検定まで大型は時間が短く、自分で修正しきれるか心配です。 何卒よろしくお願いします。

    1. Gon-K より:

      しまごんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。一気に大型まで進んだんですね。すばらしいです。
      さっそく本題ですが、波状路の突起を超える際は、半クラ維持です。クラッチを8割ほど、それも一瞬「ヴォッ」とつなげ、突起を乗り越えたらクラッチをすぐに切ります。実はバイクは、半クラをつないだ瞬間に瞬発的な駆動力が発生します。その瞬発力を使って突起を乗り越えるイメージです。そして、突起を越えた後も、ある程度の惰性を維持して進む方が、エンストすることなく後輪が突起を越えられると思います。リズミカルに「ヴォッ、ヴォッ」とやってれば、それなりの惰性がついているはずなので、リアブレーキを踏んでしまっているのかもしれません。右足先の感覚に神経を集中して、意識的に右足首を上げ気味にしてみてはどうでしょうか。それから、くるぶしグリップも忘れずに。
      大型免許を取っておけば、バイク屋に展示してあるすべてのモデルに乗れる資格を持つこといなりますね。暑い日が続きますが、頑張ってください。

コメントを残す

*