二輪教習 アクセルを開けるのが怖い?ポイントは遠くを見ながらジワッと回す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余裕を持ったライディングは目線を遠くに

こんにちは、Gon-Kです。

「怖くてアクセルが開けられないです!」っていうコメントをいただくことがあります。それも結構な数。そう!初めはみんなアクセルを開けるのが怖いんです。でも大丈夫。目線をもっと遠くに、そしてグリップをジワッと回せば、バイクは安全に進みはじめます。


まわりの教習生がスイスイ走ってるのを見て、「怖くてアクセルが開けられない、わたしはビビリだ」って落ち込んでいませんか?当ブログでも、「自分はビビりなので怖くてアクセルが開けられないです!」ってコメントをいただくことがあるんです。でも考えてみてください。自転車のハンドルみたいな棒の端がくるくる回って、それで加速する構造ってどうなんでしょう。かなり特殊な操作だと思いませんか?それに加えて体一つで自動車並みに加速するんですから、バイクって本当に特殊な乗り物、最初は不慣れで当然です。まぁ、そこが楽しさの一つなんですが。

とはいうものの、そのままではバイクは前に進みません。そんなとき、次のアドバイスが少しでもあなたの背中を押す助けになればいいなと思います。

視線を遠くに

まずはあなた自身を信じて落ち着きましょう。バイク初心者によくあるんですが、手元の操作に気を取られて目線が下ばかり見ていることが多いです。下を見てるとバイクはふらつきがちになるし、景色が速く動くので、目がスピードに追いつきません。そうするともうパニックです。もっと前方の遠いところ(つまりあなたがこれから向かおうとする場所、例えば次のカーブとか)に目線をやりましょう。そうすることで自分がコース上のどこを走ってるのかわかるし、景色の動きもゆっくりに感じることができます。

目線は遠くへ

目線のことはS字クランクの記事でも触れてますが、実は発進でも直線でもとっても大事なんです。あなたの顔をあげて目線をちょっとだけ遠くにやるだけで、バイクの操作に余裕がでるはずです。

アクセルをジワッと開ける

目線を遠くに持ってきたら、次はいよいよアクセルです。アクセルで問題になるのがグリップの回し方。細かいことはアクセルのコツに書いてますが、ポイントはジワッと握り回すようにします。

まねき猫みたいに手首だけでカクカクとグリップを回すと、実はスムーズに動かないんです。回転範囲もせまいし。つまり、おそるおそるアクセルグリップを回したつもりでも、カクンと回って急加速。

アクセルグリップを猫まねき握りしてはダメ

目線が近くてアクセルがまねき猫になってると、急加速になりがちなのでアクセルを開けるのが怖くなります。反対に、目線を遠くにしてアクセルをじわっと開けられれば、アクセルを開けるときに余裕ができますよ。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。こんなことで悩んでるのは私だけでは?いえいえ、結構、みんな同じことで悩んでますから。

お知らせ!

バイク初心者サポートラボがKindle電子書籍になりました。

詳しくはこちら↓

バイク初心者サポートマニュアル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. いろは より:

    こんばんはーいつもお世話になってます。
    当然、わたしもアクセル回せない人です。だってSPEED出ますやん?
    どして、ゆるゆる発進したらダメなんでしょう?教習車は、アクセルなしの半クラではしりだすじゃないですか!!アクセル回したら怖いしうるさいし、なんだか納得いきません。
    いつも教習所でアクセル回してー!!って言われてます(笑)

    1. Gon-K より:

      いろはさん
      こんばんは、Gon-Kです。

      なんだか頑張ってますね。確かにスピードって目がついていかないと怖いですよね。
      街中の車って教習所内の車両の走行速度の10倍速く流れてますよね。信号が変わってからの発進も半クラでゆっくーりって感じじゃないし。少なくともその流れに乗れないと交通社会も安全に渡っていけない。自分だけがゆっくりなら安全というわけでもないのが公道ですから。

      まぁ、スピードは慣れなので焦らずいきましょう。それにバイクはある程度速度が出ている方が安定してますし。対向車や割り込みがない教習所内のうちに、いろんな速度を試してみましょう。大丈夫、きっとできますよ。

      頑張れ!

コメントを残す

*