バイクで公道デビュー 下り坂で曲がるときはリーンイン気味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクで公道デビュー下りの曲がりは気をつけろ

こんにちは、Gon-Kです。

今回のテーマは下り坂で曲がるときのコツです。曲がるといってもワインディングの下りとかじゃないんです。下り坂の途中にコンビニがあるとか、路地があるとか、要するに下り斜面で右折とか左折するときのコツです。コツは1つリーンイン気味!

たとえば下り坂の途中のコンビニ・・・わかってます、かなりピンポイントなネタです。でも、下りで曲がるって実は注意が必要です。路面が乾いていればさほど気にしなくてもいいですが、特に雨なんかふって路面が濡れてると要注意。

公道デビュー下りで曲がるときは注意

何がマズイかっていうと、バイクの傾きと路面の角度です。下り坂でバイクを傾けると、バイクを傾ける側は坂の上側になりますよね。つまり路面が上がってる。この状況だとそのままでもバイクと路面は斜めになってます。そんなときにさらにバイクを傾けると、低速なのに平地以上にバイクと路面の角度が急になります。普通なら速度が出ていて遠心力でバイクが起き上がろうとするような角度を、コンビニ前の低速でやることになるんです。で、遠心力が弱いんでコケやすい。タイヤと路面の摩擦が稼げないのでタイヤが滑りやすくなってコケちゃう可能性が大きくなります。

バイクが斜面で曲がるとコケやすい

そこで安定して走るためにオススメなのがリーンイン気味に乗ることです。リーンインって何だっけ?というあなたはこちら。なんでリーンイン気味かというと、下り斜面でこれをやるとバイクと路面が垂直に近くなってタイヤがしっかり路面にグリップして滑りにくくなるんです。

バイクの下りで曲がるときはリーンイン

特に路面が濡れていたりアスファルトの上に土がのってたりすると滑りやすいので、この地味なコツを頭の片隅においといてください。こういう何気ないシーンでの安定感が、あなたのバイクに乗れてる感を演出します(マジです)。それにコケると体も財布も痛いです。

なので、下り坂の途中にあるコンビニに入るときはリーンイン気味で入りましょう。リーンインといっても白バイみたいなリーンインは不要です。リーンイン気味で十分です、念のため。

リーンイン気味でいい

ちなみに、斜面を横向きにどこまでも走っていくときは、逆にリーンアウトっぽく乗ります。たとえば河原の土手みたいなところを横方向に走るとか(かなりレアケースと思いますが・・・)。なので、どんなときでも「この走り方じゃなきゃダメ」ということじゃなくて、その場にあった柔軟な姿勢で走りましょう。あんまり気負うことないですよね。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。「こんなことで悩んでるのは私だけでは?」なんて感じる必要はないですよ。結構、みんな同じことで悩んでますから。気軽にコメントくださいね。

PR

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*