二輪教習 クラッチレバーを軽い力で握るコツ2つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイキャッチクラッチを軽く

こんにちは、Gon-Kです。

クラッチレバーを握り続けていると、左手の指が痛くなることってないですか。ひどい場合は腱鞘炎なんてこともあります。辛いですよね。二輪教習ではクラッチ操作やクラッチレバー握りっぱなしが頻繁にあります。じつは、レバーの握り方やつかむ場所を変えるだけで、少ない力でレバーを引けます。握力がなくても二輪免許は取れます。一緒に二輪免許をつかみ取りましょう。

まず、指と手首の動かし方です。レバーを握って引き寄せる時に、指の力だけに頼ると、握力のない人にとっては辛いです。そこでオススメするのが、手首の返しと指の曲げでレバーを引く方法です。この方法だと、握力と手首の力の両方が使えるので、より楽にレバーを引けます。左手の手のひらをハンドルグリップの手前側に押し付けここを支えとして、手首を上に返しつつ指も曲げるイメージです。ハンドルグリップを支えにできるのでレバーの引きが楽になります。二輪教習クラッチを軽く握る

ただし、この方法には注意点があります。ハンドルグリップを支えにするのでハンドルを押してしまい、ハンドルに無駄な力を加えてしまうことがあります。二輪教習では「上半身をリラックスするように」と言われますが、これは、ハンドルに無駄な力を加えないようにする意味が大きいです。ハンドルに不要な力をかけると、ハンドルの自然な動きを邪魔することになってしまいます。ですから、このレバーの握り方は、信号待ちなど長時間クラッチレバーを握りっぱなしにする時に使うと良いです。S字やクランクなど走行中のギアチェンジで使うと、ハンドル操作が不安定になる可能性があるので、注意してください。走行中の素早いクラッチ操作は握力重視のパワー系の方が良いです。

つぎはレバーを握る位置についてです。クラッチレバーもブレーキレバーもただ握ればいいというものじゃないんです。じつは、レバーの外側を持つほど、テコの原理を使って少ない力で引くことができます。レバーの外側ほどハンドルグリップとの距離が遠くなるので、手が小さい人にとってはちょっと大変かもしれませんが、なるべく外側を握った方が、少ない力でクラッチを切ることができます。二輪教習クラッチの握る場所

それから、ハンドルの持ち方については、アクセルのコツも参考にしてみてください。

クラッチレバーについてネットのQ&Aを検索すると、力自慢の男たちが「鍛え方が足りない!」とか「なれれば気にならない!」などありがたい回答を寄せてくれています。これらはある意味正しいんだけれど、でも、これって手が小さかったり力が弱い人にとってはあんまりありがたくない回答ですよね。実のところ、教習所内のクラッチ操作の頻度は公道より高いと思います。特にレバーを握り続ける時間はかなり長いんじゃないでしょうか。公道では、バイクは基本的に走り続けることの方が多いので、クラッチを握り続けるという状況は少ないです(渋滞は別)。だから、二輪教習で手が痛くなるのはもっともだと思います。とは言っても、免許取得のためなら越えなきゃいけない壁ですね。二輪免許を受け取る頃には、きっとあなたの握力は強くなっています。

以上、クラッチレバーを軽い力で握るコツでした。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。なるべく記事にして皆さんとシェアしたいです。「こんなことで悩んでるのは私だけでは?」なんて感じる必要はないですよ。結構、みんな同じことで悩んでますから。気軽にコメントくださいね。

お知らせ

バイク初心者サポートラボがKndle電子書籍になりました。

詳しくはこちら↓

バイク初心者サポートマニュアル

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*